« ラマダン | トップページ | プロモとしてのストリートライブ »

2004.10.16

メンズ“前張りショー”赤裸々レポートの巻!

・Gochy!です。

まず前置きのこちらをお読み下さい。
いやあ、↑コレから、かれこれひと月も経ってしまいましたが、
見えない“何か”( 笑)に、思いっきり急かされてるような気持ちになりましたので、
遅ればせながら『Bruut(ブルート)』体験レポをUPさせてもらいます。

040919_008.jpg


実はここ数日、どうしたことか
当ブログへのアクセス検索キーワードのトップに躍り出たのが「前張り」(爆)。
100数十件もコレっていったい・・・。
   
何を期待して皆さんはGoogleやYahoo!の検索窓に
「前張り」
と打ち込んでいるのでしょうか?
教えてください。

(いつきです。
 「血と骨」の撮影後ビートたけしさんが前張りをはがすのにとても痛かったので
 スタッフがヌーブラを持ってきて、そこにはある人の名前が書いてあり、
 病気になったらいやだからそれはつけない。と言ったとかいう
 芸能ニュースがあったのでそれでのことではないでしょうか。)

おそらくソレでしょう(笑)。
(「血と骨」についてはこちらをどうぞ) 

では、スタッフの赤裸々レポートです。

↓(こちら18歳未満の方はご遠慮下さい。マジで・笑)

 
  <マ=マリ、う=うさぎ、あ=あまり、ゴ=Gochy!、A=ABBY>

マ)メンズレビューといえば9月にオープンしたICONが有名。
  1年前に閉店した日本初男性ストリップ「J MENS TOKYO」の流れを汲む店で、
  なんとブリトニーのバックダンサーを務めた経験もあるという
  筋肉ムキムキの外国人ダンサーズによるセクシーダンスショーがウリです。
  ハグ&キスもあり、観客をステージに寝かせて…のショーもありという、
  よりオトナなショーであります。

う)20代のころよく一緒に仕事した友人(スタイリスト)がショーパブの男の子に
  惚れてしまって、毎晩のように友人のお供で(おごりだったし)行ってました。
  ホスト系の男の子たちがかしずいてくれてショータイムは涙が出るほど笑えました。
  ゴージャスだったなぁ~。そんな雰囲気に近いのかしら??
  そのパブって、ちょうどこの「Bruut(ブルート)」の近くだったんですよ。
  なっつかしー!
  そんなわけで20代の頃は六本木のショーパブで遊びつくしたワタクシです。
  事前情報では、裸の男優さんたちのコミカルステージというので
  期待と興奮でムラムラ~と。
 
あ)ショーパブや夜遊び場満載の六本木という場所柄、期待感一杯のトレキャ!
  入口からショー・コスチュームっぽい姿のスタッフのお出迎え。
  ちなみに、上も下も“ハンケツ”のてらてらショートパンツと素肌に共布のベスト、
  もちろん前全開。しょっぱな見たんで、さらに期待感倍増。
 
  (ただ、ショー系コスチュームはステージだけで見た方がいいなぁ。
   どうせならタキシードなんかで出迎えてくれちゃった方が、
   ショーとの落差が感じられてもっと、ぐっと(笑)くる気がしません?
   だってショーはもっと過激になる?と期待するじゃん。
   って、あれ以上過激に、しようがないんだから。)

  ショーの内容は5~6部の構成。
  最初の一斉ダンスの次には、銭湯が舞台のコント?ダンス。
  その後、半透明雨合羽を羽織った、それこそお待ちかね?
  の生まれたままの姿(一部除く)のダンス・・・と続く。
  様々なとっかえひっかえの衣装の中には
  “ヤクルトのボトル”なんてものも(笑)。
  前張りのみの姿は、こうしたショーに慣れてない初心者の方には、
  かなり刺激的かも。
  
マ)まずびっくりしたのが、「Bruut」のステージが客席と同じ高さ、
  というか、高さ云々以上にものすごい至近距離だったこと。
 
  もう振動はおろか、息遣いまでバッチリ聞こえそうなくらいの距離です。
  モロ見えです。
 
あ)客席とステージが近いので、迫力は大。
  いよいよお待ちかねのショーが開始。
  
う)まぶしい照明がついたと思ったら、
  至近距離数十センチ先に5人のショー・キャスト「ブーツ&パンティーズ」の顔が! 
  熱い視線に見つめられドギマギ。

040919_005.jpg

 
マ)踊りながら射るような視線で見つめるわけですよ、彼らが、しかも裸。
  なんかもう頭の中でズキューンって音がしてですね(多分撃ちぬかれた音)、
  私の中でタガというタガ全て外れました。
  これは大変得がたい体験でありました。いやぁ、
 
う)レインコートをガバッと広げた時に見えた股間にぶら下がる
  ヤクルトやひまわりの花には、つい顔の筋肉が緩んじゃいました~。
 
マ)んもう「ブーツ&パンティーズ」にはイチコロでしたね!
  すらりと引き締まった肢体がドンズバ。
  
  テーマ曲に合わせたダンスのあと、コミカルなステージ。
  行きすぎなお笑いブームに正直、食傷ぎみな方も多いと思いますが、
  このステージではなんてったってカラダ、
  というかカラダの特にアソコ張ってますから(前張りも貼ってますけどね)!
  
ゴ)「前張り」講座(前張りの張り方)も映像で披露してくれます。
  
マ)お風呂のショーやファッションショーでは、
  トレキャ!テーブルを始め、あちこちのお客が巻き添えに。
   
  でも、某所から出たアレ、
  うさぎさんはありがた~くいただいていましたが、
  後ろのお客は思いっきり残してました。
  男性連れだったせいでしょうかね。
  ちなみにその日、1名だけいた男性客は思いっきりネタにされてました。
 
ゴ)ちなみにアレとは「白い液体」(笑)。
  そしてうさぎさんは、さらに特別な“祝福”を受けることになったんだ。
 
う)モニターに映し出された携帯番号に自分の携帯で番号を押す「早押しゲーム」で、
  わたくし、トレキャ!根性で1等賞獲得! 
  股間にぶら下がる携帯電話が光ったと思ったら、
  私の携帯画面が通話状態になってるぅ。

  誘われるままステージに立ち、
  メンバー5人からお尻を押し付けられる“祝福”を。
  ライトのまぶしさにボ~としていたら5人分のお尻を触ってしまいました(喜)。
  賞品は“土手でひろった空き瓶”に5人のサイン入り。
 
  040919_016.jpg

  最高の粗品ですわ。
  それにしてもステージに立つと、ものすごいまぶしいんです。
  目線の下半分の客席しか私には見えなかったですよ。
  上に目線を向けると眉間にシワが寄りそう。
 
ゴ)あとでその“最高の粗品”の画像をUPしときます。
 
あ)その後、客をひとり選んでステージに上げ、参加させてしまうコーナーへ。
  ちと隠微な(笑)レストラン劇ということで、内容は・・・。
  
マ)その劇で一番巻き添え…いや、嬉しいハプニングに巻き込まれたのは、私。
  そんなの舐められない!吸えない!そんな太いの無理です編集長!
  と怯える仔犬の目をした私を、哂いながら見るトレキャ!メンバー。

ゴ)ムッフッフッフ…(笑)
    
マ)ああ、さっきまであんなに優しかった貴女たちはいずこ…
  そんな、同行者の自分に対する本心まで見えてくるかもしれません、ハイ。
 
  でも、○○をかけられたり××をつけられたり、◎◎◎をされたりといった
  Mの私にはたまらないSな仕打ちでも、手つきは非常にソフト。
  「宝物のように扱われている感」を感じたせいか、単にMッ気のせいか、
  ゾクッときましたね~。
  ていうか普段、目隠しとか手錠とかつけられてるワケじゃないですけどね!
  イヤほんとマジで!
  そして私の恥ずかしい姿はバッチリと写真におさめられたのでありました、
  とほほー。

ゴ)その“恥ずかしい写真”を後でUPしてあげようかのう。
  ヒッヒッヒ…。
 
  いやしかし、画像はネタバレになってしまうのでどうしようかな。
  これから行く人のためにバラさないほうがいいもんなあ。
  まあ、思いっきりモザイクを入れてなんだかわからなくしとけばいいか。

sho-2.jpg

 
マ)このショーに参加させられる客はダンサーたちに任意で選ばれますが、
  グループで行った場合は端の席にいる人が確率高いかも。
  
  ちなみにショーの内容は1日4ステージ、時間によって異なるそう。
  私たちがとばっちりを食っ、じゃない、
  体験したのは10:00~の回でした。
  24:00の回からは調教ネタもあるとか… 
  編集長も今後の仕事も捨て置いて六本木に残ろうと思いました、マジで
  (編集長、思っただけですからホントに!)。
 
ゴ)いや、マジでいい素質してると思いました。
  鍛えがいがあるというものよ(ピシッ!)←ムチの音
  
あ)そして客もサビの振付けを教わり参加する、キャストの一斉ダンスでフィナーレ。
  下ネタ絶対NG!なんて方は、楽しめないと思われるけど、
  様々なショー・パブに行きまくってマス!なんて方はちょっと物足りないかも。
  ただ、キャストの方々は、文字通りの“身体張ってマス!”演技で体当たり。
 
う)そうした中で踊ったり、客席に色っぽい笑顔を向けられるなんてさすが。
  終盤、噂のお楽しみコーナー「チップタイム」。
  ダンサーのパンティに店内で販売している偽造紙幣を押し込むのです。
 
マ)そう、ここではチップ(5枚1000円)を購入し、
  ダンサーの社会の窓(開けてくれるのよ~・笑)やパンツの隙間に差し込める
  サービスがあります。
  私、チップをすべて同じ男のパンツに入れました
  (しかも先輩方が買ってくださったチップ)

usa-amari-mesen.jpg
  
  だって顔も体も私の好みそのものズバリだったんだもの!
  なんかもう、なんで自分が今まで男関係失敗してきたか、
  その原因がよーくわかった気がしましたねぇ(笑)。
 
う)ジッパーを下げて開いてくれた社会の窓をさらにこじ開けて、
  チップを奥深くまでグイグイと押し込む私。

usagi-mesen.jpg
  
  女もすごく大人になると、恥じらいよりもえげつなさが勝ります。
  「痛い?」と聞い たら「大丈夫です」と答える表情がかわいくて、
  さらに押し込む私。
  前張りしている股間も気になったが、
  乳首が立っているのも非常に気になった夜。。。
 
  堪能させていただきました!

ゴ)もう、マジで目つきヤバイんだが>うさぎさん。
  グイグイ押し込んでいるうさぎさんの画像もUP予定なのだが
  うさぎさん本人は、目線に黒入れなくていいっていうんですけどね、
  編集長の私の立場としては微妙ですね。
  アレは果たしてストレートに見せていいものかどうか・・・(迷)
     
あ)ショー内容としては、それほど過激ではないので、
  ショー・キャストの方が、ショー後に言ってらした通り「ビギナー向け」かと。
  まぁ、海千山千の?我らトレキャ!スタッフには、ちと物足りない感が。
  なんせ最高にエロい(?)振りが“しこしこする手の振り”って位なので(笑)。
 
  でも、なによりも、男性の前張りのみの姿を、
  ダイレクトに目にすることができるトコは、そうはないでしょう。
  
マ)ノッてきた~!さあもっとカモン!
  と思っていたらフッと終わってしまったのは実に残念、
  というか不完全燃焼気味でした。
  
  それくらい、あっという間に感じた…という言い方もできるかもしれません。
  次回ショーチェンジする内容に期待ということで!
  彼ら24歳ですからね(注:自称)
  夢の世界進出目指して、ぜひ頑張ってほしいなぁ。
  24歳ねぇ。へぇ、ほー、ふーん(笑)。
  
ゴ)まあ、夢を売る踊り子さんですからね、
  間違っても、プラス20歳はいってそう・・・なんて思っちゃダメです。
   
あ)最後に、お気に入りキャストを客席に呼べるお話タイムがあるから、
  いろんな疑問はその時にぶつけちゃってください。
 
マ)あっという間だった、その「ふれあいタイム」。
  ダンサーさんを指名して席に呼ぶことができるシステムなんですが、
  私とNさんとのふれあいなんて10秒くらいだったわよ!
  10秒は言いすぎにしても明らかにオマケ~。
  でも、ほかのお客さんとの兼ね合いもあるので、
  必ずお話できるってワケじゃないのです。
  そこは一応、オトナのエンタメスポットなのでオトナの女の対応で。
  でもまぁ、さっきまで超ハイだったダンサーさんが
  いきなりクールダウンして素に戻るのは、ショーとは違う意味で面白いです。

あ)頑張ってるヒトを見ると無条件に応援したくなるワタシとしては、
  ここも声を大にして応援したいトコだが、
  正直、一度行けば十分な気分で終了~なので、
  これをお読みのみなさん!ワタシの代わりにいらして応援してくださいね(笑)。
 
  最後にあまりから、もうひとこと!

  諸事情により、しばらく夜遊びをしていなかったため、なかなかに楽しみにし
  て参加。キャストの方々は、かなりの覚悟の元に頑張っていらっしゃることを
  実感する。そんでもって、彼らいはく「これはビギナー・コースですから」の
  セリフの通り、酸いも甘いも噛分けてきた!?トレキャ・スタッフにとっては
  正直、ちと物足りない感が。ちなみに、1日4回のショーのメニューは、全て
  異なる内容とのことで、他のメニューについては不明だが、私達が観覧?した
  メニューについては、確かにショーパブ“ビギナー”向けかもね。

  だから、どっか少しエロの匂いのする(笑)ショーを、六本木という舞台で観て
  みたい!という、ショーパブ入門の方にはオススメ。但し、より過激なものを
  ご希望のプロ!?の方には、物足りないと思われる。
  それにしても“色気”って難しいものですな。肌が98%露出されてれば、色っ
  ぽいってものでもナイんだなぁ。結構、健全な印象を受けつつ、もう少し色っ
  ぽさ大でもヨイのでは?と思ってしまった、ワタシ(笑) キャストの方々は、
  ほんとに頑張ってるなぁと思ったからこそ、もう一捻り、脚本のパワー・アッ
  プを大期待!色気ってすっごい大事じゃないですか!<と、色気“0”の私に
  は言われたくないだろうな、と思いつつ(苦笑)
  例えば、肌になんか塗ったらどうでしょ? みなさん、ちょいと乾いた感じが
  気になるんですわ。だから、健全な感じなんでは? やっぱ、下品の手前?の
  色気!これで、次回はぜひ魅せてくださいましな。

  
A)先週末、私もメンズレビュー行ってきました!
  編集長から色々薀蓄を頂いた六本木「ブルート」でございます。
  案内されてビックリ♪最前列ど真ん中のお席、
  こんなに目の前でショーをやるんか?いっいじられそう!!
  と仲間一同チョイ緊張。
  店内を見ると、“本日は満員”と言うマネージャーの言葉とは裏腹に
  半分は空席。
  「はとバスツアー来たりして・・・」と話していたら、
  ほんとにバスガイドに引率されたバアちゃん達がぞろぞろと(笑)。
  
  この日はワタシら一行が一番若かったです。男性客は皆無でした。
  ピンクなオープニング→ペットボトルショー(私の仲間も白い液体を
  飲まされたり、黒い液体をかけてもらったり・笑)→おふろショー
  →競馬ショー(仲間の予想が当り、タダ券ゲット♪)
  →ブリーブショー(股間の文字でお題を当てるゲームで、
  私は「まんびき」を「○んたま」と自信たっぷりに答え、
  「あなた、プロの芸人さん?」と踊り子さん。
  私は最後の答え合わせまでマジ「○んたま」だと思ってた。・笑)
  踊り子さんの前張りには感心しましたね~。よく張れてて感心した。
  鮪男さんの前張りビデオ欲しいなあと思いました。
  彼は私のお気に入りです。チップも彼に♪
  友人曰く「阿藤海に似てる。」
  似てた、確かに(笑)。
  スゲエ面白かったんで、来月の後輩とのお食事会に組みこんじゃえ~と
  画策しております。
 
  ◆◆◆
 
ゴ)さらに、メンズレヴュー第2弾!(外人イケメン編)も、ぜひどうぞ。
  (さらにカゲキな内容になってます!)
  

|

« ラマダン | トップページ | プロモとしてのストリートライブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/1691453

この記事へのトラックバック一覧です: メンズ“前張りショー”赤裸々レポートの巻!:

« ラマダン | トップページ | プロモとしてのストリートライブ »