« 野口英世の母・シカに感動 | トップページ | 検索サイト利用実態のホントのトコロ »

2004.11.14

ハリラヤ(イスラム教徒の断食明け大祭)

Reikoです。
ここマレーシアでは、今日は「ハリラヤ」(イスラム教徒の断食明け大祭)の初日。
イスラム教徒のお家のイルミネーションが華やかになってきました。
我が家のお隣は、電飾に加え、昨晩から小さなオイルランプ(柄の上に
小さなお皿を載せ、明かりを灯したもの)を庭に並べてライトアップ。
 
夕べは、夜10時頃まで子供達が花火をして、はしゃいでいました。
金曜日に買物に行ったんですが、スーパーは暮れのアメ横のような混雑。
幸い、バターは買えましたが、卵がどこにいってもほとんど見当たりません。
本当に少しだけ、残っていたのは、高額な(しかも超小玉の)地鶏のものや、
有機飼料で飼育された鶏の卵だけでした。昨年のハリラヤは確か、じゃがいも
が売り切れだったと記憶しています。

↓(続きを読むへ)

 
私の住むところでは、今年から町の中心部のメインストリートを一部交通止
めにして、断食明けの軽食、ケーキ、飲み物などを売る露店をここに集約。
午後5時過ぎになると、ものすごい人出です。中には、鶏を金属パイプに5、
6羽ずつ刺してグリルしている人達もいて、これが大人気。食べ物の露店が
途切れたところからは、衣類やその他を扱う店もいくつか。その中のひとつ
が、ラジカセでアラブ風の音楽を流しているせいで、見慣れた町なのに、ま
るで他所の国に来たような新鮮な感覚を覚えました。

一方、中学生の長男は既に年末の長い休みに入ったところ。次男は先日、同
じ住宅街から同じ学校に通うイスラム教徒の女子からハリラヤのオープンハ
ウスへの招待状をもらってきました。ウチの次男へは、きちんと宛名を書いた
封筒入りのカード(手書きのメッセージ付き)が一枚渡されたのに、その他は
クラス全員分で一枚のカードだったそうです。
「あ、雄里(ユーリ)はクリスチャンだからかな?」とコメントしたんです
が、よく考えたら少数派とはいえ、彼のクラスには他にもキリスト教徒がい
ました。な~んだ、そういうことか~(笑)。

|

« 野口英世の母・シカに感動 | トップページ | 検索サイト利用実態のホントのトコロ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/1966509

この記事へのトラックバック一覧です: ハリラヤ(イスラム教徒の断食明け大祭):

« 野口英世の母・シカに感動 | トップページ | 検索サイト利用実態のホントのトコロ »