« 監禁モノ、2本立て! | トップページ | 韓流ダイエット「生食」体験レポ(ABBY&あまり編) »

2004.11.16

ハウルの城内見学(レポbyいつき)

先日、日テレプラザ内にハウルの城が現れた。
 
iriguti.jpg
 
これは、ジブリ映画ハウルの動く城が20日に始まるのを控えて
ハウルの宣伝のひとつとして城内の様子を紹介しているもの。
もうおなじみになったハウルの城全景模型もプラザ内に展示されている。
 
siro_zenbou.jpg
 
顔をモチーフにした入り口を入ると、
そこは鉄片の寄せ集めで外観をつくった城の内部に似つかわしい、どこか寂しげなところ。
また、トイレや風呂はとても汚く、トカゲのような虫が泳いでいる始末。
 
t_b.jpg bath.jpg
 
外との出入りをするドアは4つの場所につながっていて、
 
闇の国         キングズベリー      湖               町
yami.jpg door_siro.jpg door_lake.jpg door_town.jpg
に出られるなどのしくみがわかる。
 
中でも、前回作「千と千尋の神隠し」では、
かえる役だった我修院達也が演じる役は今回とても重要だ。
 
ハウルとの契約で城の全ての動力などのエネルギーをまかなう火の悪魔カルシファーは、
暖炉に縛りつけられている。
 
fire.jpg

そのリアルさは、子どもたちにはとても不思議に感じられたようで何回も見入っていた。

↓(続きを読むへ)

                   
ハウルと町でであった主人公ソフィーは亡き父の帽子店をひとりで切り盛りしているものの
本当は何を自分でもしていいのかわからないでいた。
その日の晩ソフィーは、荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の姿に変えられた。
町でそのまま暮らすのが困難なため、ハウルの城へころがりこんだ。
                   
そんなところからはじまる話には、キングズベリーの王室つき魔女サリマン、
荒地で助けたカブの頭をしたカカシのカブ、ハウルの城に住むハウルの弟子マルクル、
なぞの犬ヒンなど個性的なキャラクターが登場。
 
中でも、ハウルは強大な力を持つ魔法使いでジェンキンス、ペンドラゴンと
3つの名を使い分ける。
師匠サリマンのいるキングズベリーからの招請にも応じず
無為に日々をすごしている。
どんな理由があるのか・・・・。
 
個性的なキャラクターが楽しみなストーリーは今回はひた隠しにされてきた。
日本テレビでは、「カウントダウン もののけ&ハウル」と称して
15日~18日の期間、23時40分から
ジブリ作品にゆかりのある声優などが「ハウル」への思いを語る。

また、公開初日にあたる20日10時30分~11時25分まで
ハウルの動く城の映画公開記念スペシャルを放送する。
ここでは、制作秘話が明かされる。 (TEXT by 夢瀧 樹)

|

« 監禁モノ、2本立て! | トップページ | 韓流ダイエット「生食」体験レポ(ABBY&あまり編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/1973748

この記事へのトラックバック一覧です: ハウルの城内見学(レポbyいつき):

« 監禁モノ、2本立て! | トップページ | 韓流ダイエット「生食」体験レポ(ABBY&あまり編) »