« 『ベル・ド・ジュール(belle de jour)』 | トップページ | 今度はトレーラーと衝突脱線 »

2005.04.28

JR事故の衝撃(by関西スタッフ)

MARSです。
 
日常的に、あの線に乗っていつも大阪に出ているので、
とんでもない事故が起こり、ショックです。
亡くなった方があまりに多く、ご冥福を祈るばかりです。

事故のあった月曜は別件の用事があったため、
仕事先から言われていた月曜の取材を
金(22日)にしていたので、
当日電車には乗っていませんが、
いつも見る車窓が何度もテレビに映し出されて
体が震える思いです。

息子も、同じ高校の卒業生や、隣の高校が遠足で
USJに行って事故に遭って亡くなっており、
ショックを受けてます。
ほんと、やり切れないですよね。
息子も、その2日前に学校から遠足で、
USJに行ってましたから
よりリアリティを感じるのだと思います。

何より、
たった23歳の人が運転してたことに驚きました。
電車の運転士って、それほど簡単になれるのを
知りませんでした。(つい今日だったか、昨日だったか、
別のJRの運転士がオーバーランしたのが21歳とか)
若い人が必ずしも未熟で不適格とはいえないでしょうが、
車の保険だって、26歳未満は保険料が高いってことは
事故率が高いってことですよね?

それと、
もし事故が起こりかけても、ヒューマンエラーを
カバーできる二重、三重のストッパーがあるものだと
思ってました。自動制御装置も当然ついてるものだと。
でないと、
心臓発作とか起こしたらどうなるんでしょう?
JR西日本の記者会見も不遜な印象だったし、
「今年の夏の役員ボーナスが12人(13人?)で1億円あるのを
今年は全額返上する」って、
えええーっ、そんなにもらっててこれかい、と
憤りを感じました。

ちょっと前にも確か、
新幹線の速度オーバー報告件数が
かなりあったという記事を目にしたし、
飛行機だって、とくにJALは厳重注意を受けてたし、
実際に出張で乗ると、
「この運転、まじで大丈夫か」と
思える出来事はいっぱいありますよね。
(遅れて出発したのを取り戻すハイスピード運転なんて
けっこうありますよね)

昨日は阪急電車を使って大阪に出ましたが、
あまりにも乗車率が高くなってて、
途中の駅では
乗れない人も多いという現状だそうです。
これもこれで危ないと感じたり…。

JRの駅に行って、「大阪から
代替バスがあると聞いたのですが」と聞いたら、
「あると思います」というので、
「思いますって、思うだけではなくて、あるのなら
どこから出ているんですか?」
「どこかから出ているというのは聞いてますが…。
このたびはご迷惑をおかけしまして…」
てな感じで、こらアカンと、問合せ電話番号だけ
もらってきました。

あと、
よく「こういう事故(自然災害)が東京で起こったら」みたいな
検証やコメントがニュースなどの番組で
出ることがありますが、
私はああいう報道は納得できないです…。

それより、メディアと国土交通省には、
事故再発防止のために、公共交通機関各社の
運転士資格の取り方、教育の仕方、
企業としての安全対策なんかのアンケートを
大々的に、そして定期的にやってほしいですー。
誰に、どんな企業に
命を預けてるのかを明確に知りたいですね。
 
わっちです。
昨日の事故ですが私をはじめ知り合いの人もとりあえずは無事でした。
ただ知っているところ、乗っている電車ですので衝撃は大きいです。
あの死者を読み上げるテレビは震災以来で怖いです。正直。

昨日朝は休みだったのですが話によると普通の電車でも先頭車両がすいていて
他の車両が混雑、しかもやや遅めだそうです。

|

« 『ベル・ド・ジュール(belle de jour)』 | トップページ | 今度はトレーラーと衝突脱線 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/3889203

この記事へのトラックバック一覧です: JR事故の衝撃(by関西スタッフ):

» 狂気の労務管理と無責任会社幹部が真の原因かもしれないな。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 末尾でご紹介したニュース記事で注目したのは下記箇所「1秒単位で電車の遅延状況を [続きを読む]

受信: 2005.04.29 17:10

« 『ベル・ド・ジュール(belle de jour)』 | トップページ | 今度はトレーラーと衝突脱線 »