« JR事故の衝撃(by関西スタッフ) | トップページ | 05年3月度「トレンド情報」総棚卸し »

2005.04.28

今度はトレーラーと衝突脱線

うさぎです、お疲れ様です。

JR福知山線、快速電車の脱線事故は
私も驚きショックでした。
謹んで亡くなった方のご冥福と
ケガを負った多くの人たちのご回復を祈ります。

そんなショックも冷めぬ翌日、4/27、
今度は茨城県でJR常磐線・羽鳥駅手前の脇山踏切で、
上野発いわき行き下り特急「スーパーひたち23号」が
トレーラーと衝突脱線という事故も起こりました。

実は私は今、仕事で茨城県の取手市に通っているのです。
JR常磐線を利用して。
羽鳥駅と取手駅は各駅で11駅離れていますが、
常磐線はしょっちゅう信号機の故障で運行ダイヤが乱れるんです。

仕事が終わり取手駅に行くと
下りの電車(羽鳥駅方面)は不通になっていて、
夜の11時だというのにホームには電車待ちの人であふれていました。
お酒でも飲んだ帰りなのか、若いサラリーマンが駅員さんに罵声を浴びせていたり、
駅の中は険悪な雰囲気でした。
私は上り電車(東京方面)だったので、
予定より数分遅れの電車に乗って帰ることができましたが。

いつ自分が被害者になるかわからない、
あのとき乗っていたら今頃は・・・。
あとから思い出して恐ろしさに震えることってありませんか?

私は地下鉄サリン事件のとき、
タクシーに乗ることを選択したため
サリンの被害者にならずにいます。
当時、浅草のビューホテルに家族で泊まり、
翌朝私の実家に行くために地下鉄に乗る必要があったのです。
でも子供たちが幼くてベビーカーで朝の地下鉄に乗るよりも、
タクシーでと奮発したのが運命の分かれ道だったのかもしれません。

あと1ヶ月間は、毎日JR常磐線に乗らなくてはならないので
少し不安を感じています。
二度とこんな事故が起こらないよう
JRにはもっとしっかり安全運転をしてもらいたいですね。

|

« JR事故の衝撃(by関西スタッフ) | トップページ | 05年3月度「トレンド情報」総棚卸し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/3889381

この記事へのトラックバック一覧です: 今度はトレーラーと衝突脱線:

« JR事故の衝撃(by関西スタッフ) | トップページ | 05年3月度「トレンド情報」総棚卸し »