« 阿佐ヶ谷七夕祭り | トップページ | 05年6月度「トレンド情報」総棚卸し »

2005.08.08

韓国ドラマ

・Reikoです。

日本では『チャングム』しか話題になっていない
(しかも、それほど大きくない話題?笑)ようですが、
韓国大河ドラマで、今、私と息子達が思いっきり
はまっているのが、本国では1999年に放送され、
「ホジュン・シンドローム」を巻き起こしたという
『許浚』(ホジュン)です。

後世まで語り継がれる偉大かつ人間味溢れる実在の医師
(中国語タイトルでは「神医」の文字が使われている)、
許浚の波乱に満ちた一生を描いた全64話という大長編です。
 
マレーシアでは月~金の夕方6時から
毎日1話分ずつ放送していて、
現在、ちょうど40話まで観終わったところですが、
一昨日は
「え~、この続きが月曜まで観られないの~っ!?
ストーリーが気になって週末どころじゃないっ!」と
悶絶しそうになったほど、ハラハラどきどき。

最後まで観終わったら、絶対「ドラマ番付け」のコラムに
取り上げさせていただきたい骨太ドラマです。

>このドラマは骨太系とのことですが
>今シンドロームを起こしている韓国ドラマの
>「私の名前はキム・サムスン」は何系なんでしょうねえ。
>最高視聴率を記録して韓国では社会現象化してるってことなので
>そのうち日本でも公開されるのでしょうけど
>なんか最終回50%超えたとかいうからオバケですよね。

というGochy!さんのコメントを読んで
私の頭に真っ先に浮かんだのは
「女の本音激白系?」(笑)でした。
実は私も『許浚』絡みで情報収集中、
このドラマのことを知って、
『許浚』と並行して、いろいろ調べていたのです。
マレーシアのテレビ局(どこかは不明)は既に
このドラマの放映権を取得済みなので、
それがウチで視聴できる局であることを、
ひたすら願っています。
 
 
 

|

« 阿佐ヶ谷七夕祭り | トップページ | 05年6月度「トレンド情報」総棚卸し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/5615893

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ:

« 阿佐ヶ谷七夕祭り | トップページ | 05年6月度「トレンド情報」総棚卸し »