« 真夏にシクラメン | トップページ | 『キム・サムスン現象』 »

2005.08.14

「ヘイズ」の恐怖

お疲れ様です。Reikoです。

今回の絶好調期間はものすごく短命に終わり、
また気が滅入るような状態(肌に何の問題もない人達から見れば、
きっと、ものすごく深刻な病気だと思えるはず)で、
「どうして、また…」と泣いていたら、日本大使館のメールで
半島マレーシアがこんなこと(以下、大使館メールをコピペ)に
なっているのを知りました。

以前、2度目のスマトラ沖地震の際にGochy!さんが
「マレーシアって、そんなに地域差があるなんて驚き」と
おっしゃっていましたが、マレーシアは地理的にはマレー半島部と
ボルネオ島の2州に大別され、私の住むラブアンというところは
ボルネオ島の北側中心より、むしろフィリピン(日本ほ方向)に
近いところにあるんです。

だから、今、ラブアンにいて、ヘイズが原因と思われるアレルギーで
泣いている私が、半島マレーシア(特に盆地になっている首都周辺)
なんかに住んでたら…と思うと、ゾッとします。
ちなみに下の大気汚染指数の「危険」レベルの下に
「非常に不健康」と「不健康」の分類があって
半島マレーシア各地はどこも今、そのどれかに相当する
有害な大気レベルにあるそうです。

以下、在マレーシア日本大使館メールより              

11日午後5時半までのヘイズに関する報道を以下のとおりお知らせ致します。
1.ベルナマ国営通信社報道(11日午後5:30)
(1)アブドラ首相は、クアラスランゴール及びポートクランを対象としてヘイズ非常事態宣言を発出した。
(2)本日午前11時の時点で、クアラスランゴール及びポートクランにおける大気汚染指数(API)が、それぞれ531,529の危険レベルに達した。
(3)アブドラ首相は、同宣言の中で、(イ)両地域のヘイズ非常事態宣言は今後決定される期日まで有効である、また、(ロ)同宣言は夜間外出禁止やスランゴール州政府機能のいかなる変更をも含むものではない旨述べた。

2.RTMニュース(11日午後5時)
(1)連邦政府は、クアラスランゴール及びポートクランを対象としてヘイズ非常事態宣言を発出した。
(2)右宣言は、(同地域内の)全ての政府機関及び民間会社等の閉鎖を含む。但し、病院、薬局、スーパーマーケット等の場所は閉鎖の対象ではない。
(3)ヘイズ対策として、マスクの着用、定期的に水を飲むこと、屋外での活動を控える、または行わないことが求められる。
(4)スランゴール州首席大臣は、同州内の託児所、大学を含む全ての学校を日曜日(14日)まで閉鎖する旨述べた。

 
とりあえず非常事態宣言は昨日、解除され、
首都周辺では状況が改善されたものの、
今度は北部のペナン島やランカウィ島という観光地が
影響を受けている模様。

昨日の新聞の一面トップは
「7人死亡-へイズの犠牲者か?」という見出しで、
もともと呼吸器系の疾患のあった高齢者が
この数日間に呼吸困難で相次ぎ死亡したのは
ヘイズと関連があるのではないかという見方を示唆。
他にも
「インドネシア、(マレーシアからの山林火災対策)支援を拒否、
バケツの水で鎮火活動」と泥炭地の火災を本当にバケツの
水で消そうとしている警察官達の写真を掲載。
毎年、この時期になると繰り返される「人災」にもかかわらず
一向に改善されない事態に
マレーシアのマスコミも政府関係者も苛立ちを隠せません。

今日の新聞では、インドネシア側がようやく支援を受け入れた
という話ですが、
この数日以内に立ち上げられたヘイズ関連のブログでは
投稿者の怒りがすさまじく、これが「反インドネシア感情」に
直結しないよう、表現があまりにもキツイものは即削除、
あるいはもう少し穏やかな表現に変えて掲載するなど、
管理者も苦労している模様。

日本で、このへイズのことがどれだけ報道されているか
わかりませんが、
このブログに掲載された写真を見れば、
それがどんなにひどいかわかっていただけると思います。

このブログから新聞に転載された写真の一枚目は
影のようにぼんやり見える高層ビルの間をこれまた
亡霊のような飛行機が飛んでいて
「確か、空港はこの辺のはずなんだけど…」という
ブラックユーモアの効いたキャプション。

もうひとつはヘイズの真っ只中で、くしゃみ鼻水が止まらず
着ているブランド物のTシャツを鼻にあてがい、顔をしかめる
ロン毛の男性で、
「頼むから、今すぐ山焼きを止めてくれ!!プタリンジャヤの
Koh Chit Soonより」というもの。
 
 
 

|

« 真夏にシクラメン | トップページ | 『キム・サムスン現象』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/5616723

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘイズ」の恐怖:

« 真夏にシクラメン | トップページ | 『キム・サムスン現象』 »