« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

著者インタビューVOL.4「怪談編」

 ~メルマガ『トレキャ!シネマ番付』『トレンド・キャッチ!』掲載インタビュー~
 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆トレキャ!著者インタビュー VOL.4      雲谷斎 氏
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  さて、本日のゲストは、「トレキャ!シネマ番付」のゲスト番付スタッフとしても
  お馴染みの雲谷斎さん
   
                unkokusai3
    
  雲谷斎さんは、「シネ番」でもご紹介している、お笑い映画レビューコンテンツ
  「ゴクラク映画感」のほかに、実話系怪談コンテンツを扱う「逢魔が時物語
  も運営されており、それらをシリーズで書籍&CD化して発売されています。
  怪談系メルマガでは読者数日本一のメルマガ発行者さんでもあるんですよ。  
  泉鏡花に代表される大正時代の怪奇ブーム以来、100年ぶりのブーム到来!?
  といわれる今だけに要チェック! 
  そこでトレキャ!と一緒に「逢魔が時物語」にまつわる様々な「怪」を読み解
  いて参りましょう!(読み解いた先に第3弾となる最新シリーズのプレゼント
  応募フォームがありますのでふるってご応募くださいね!)
 
                         ◆ 
                            雲=雲谷斎 氏  ゴ=Gochy!
 ┌―┐
 │★| 「逢魔」と「トレキャ!」の出逢いの「怪」
 └―┴―――――――――――――――――――――――――――――
 :『トレキャ!』と『逢魔が時物語』が出会うきっかけは『日経トレンディ
   だったんですよね。数年前に発行された『日経トレンディ』の「最強の情報
   WEBコンテンツはこれだ!~厳選使えるメールマガジン」という特集上で、
   「トレキャ!」はビジネスジャンルで、「逢魔が時物語」は趣味雑学ジャンル
   で取材されていました。
   あの特集で紹介されていたメルマガのうち、その後大きな企業にまで成長
   しているものもあれば、逆に今は無くなっているようなものもあり、ここ5、6
   年の間にメルマガも淘汰されていることを実感します。
   (そういう意味では、私たち、お互いにがんばってますよねー・笑)
   雲谷斎さんは当時まだ、広告マンとの二足のわらじでらしたわけですが、
   当時から、現在の書籍化、CD化のプロジェクトについては念頭にあったの
   ですか?

 :思えばトレキャ!さんとの出会いは古いですねぇ(しみじみ西の空を見る)。
   その『日経トレンディ』に仲良く一緒に紹介され、そこから「トレキャ!
   のメルマガを登録したんですから、わしも古い読者です。
  
   メルマガを始めた頃は「趣味」丸出しでしたねぇ。広告代理店のコピーライ
   ターやったので、書くことは好きでしたから、いつかは書籍化、CD化を!
   と、ずぅーっと目標にして腹巻の中に隠してました。
   まぁとりあえず読者数が1万人になったら、イッパツいてもたろかと新地通
   いもやめて、せっせと自費制作のための貯金してましたねぇ。読者からも
   本にしたらどや? という声が増えてきたのも追い風でした。

 ┌―┐
 │★│怪談コンテンツ 「OMA-PROJECT」の「怪」
 └―┴―――――――――――――――――――――――――――――
 :今、個人ブログの書籍化がブームになっていますが、「逢魔が時物語」では
  そのずっと前から自費出版で書籍、CD化されておられます。そのあたりの
  こだわりや、それが実現してこれた背景・理由など教えて下さい。

 :わし、子供の頃から怪談好きでしてね、人から聞いては書きためてました。
   いつかは本にしたいという夢を持つ紅顔の美少年やったわけです。アハハ。
   ネットの時代になり、メルマガが夢の半分をかなえてくれました。
   あとはカタチあるものにしたいと。つまり、書籍化でした。    
   メルマガ読者が怖い体験談を投稿してくれるでしょ、それをメルマガに 掲載
  するだけでものすごぉ喜んでくれはるんです。自分の書いた体験談が メルマ
  ガに載ったと言うて。 それなら本に載せたげたら、もっと喜んでくれはるに違
  いないですよね。
  ここなんです、追い風というのは。
  そこで立ち上げたのが「逢魔プロジェクト」という企画です。読者と一緒に み
  んなで怖い話を本とCDにしませんか? とメルマガで訴えたんです。
  大反響でしたね。「待っていました!」「絶対に買います」の嵐でした。
  さらに、予期せぬうれしいことがありました。手伝いたいという読者が何人も
  いらっしゃったんですよ。ボランティアですよ。
  現在もネットスタッフとして、約20人もの読者にお手伝いいただいてます。
  書くのは、わし本職ですよってに、選んだ投稿を加筆させてもろて、もっと読み
  やすく、もっと怖く原作を磨いてます。
                          
 ┌―┐
 │★│ 「OMA-PROJECT」CD製作の「怪」
 └―┴―――――――――――――――――――――――――――――
 :今回の新作も、“実物”を実際に体験したことがなくても、万人共通の認識
  として潜在している“恐怖”を音に変換したらまさにコレだろう!みたいな見事
  な効果音と音楽で、これぞ「逢魔~」の真骨頂ともいうべき仕上がりでしたが
  (ネットコンテンツの書籍化についてはブームでもありイメージしやすい人も多
  いと思うのですが)、こうしたCD製作は、どのように自主制作なさっているの
  ですか? 
 
 :スタッフの中には俳優で、芝居の演出もされている方、マンガ家の方、声
  優の方といったその道のプロの方も含まれていました。びっくりです。
   わし、ラジオCMとか制作してたので、CD制作もなんとかなるやろと思てた
  んですけど、芝居の演出をしてる読者の方が全面的に協力したるでぇと言っ
  てくれて、もう百万馬力ですわー。
  大阪の録音・編集スタジオも、CD第1弾から全面的に協力してくれて、 CD
  はそれこそプロ中のプロが集まって、面白がりながらクオリティの高い仕事を
  しようというノリでやってます。
                     
 ┌―┐
 │★│ 「OMA-PROJECT」“繁殖”の「怪」
 └―┴―――――――――――――――――――――――――――――     
 :この自費出版のシリーズを継続する中で、活躍の場もますます広がってい
   るようですね。
 
 :おかげさんで、怪談系メルマガでは日本一、3万人の読者がいてはります。
   サイトもえらい人気ですねん。怪談を自費出版したおもろい、けったいなヤツ
  がおるでぇということで、テレビや新聞にも何度か取材されたおかげでっしゃ
  ろか、マスメディアへも化けて出ることができました。
  小学館文庫から「逢魔が時物語」が文庫本になったり、
  ラジオでのレギュラー番組で怪談を朗読されたりしました。
  携帯のau公式コンテンツとして、携帯用「逢魔が時物語」を連載した後、
  「安倍晴明-霊能伝」という伝奇小説を連載中です。
  来年は別の出版社から「恐怖投稿・逢魔が時物語」を出す予定です。
 
 :ここまで来ると今度は“映像化”への欲も沸いてきませんか?

 :今のところ予定はないですねぇ。これだけCGなどの映像技術が先鋭化
  したら、読者は少々のもんではビックリせんでしょう。
  読んだり、聴いたりして脳内映像をイメージしてもらう方がええと思います。
  チャチなものでがっかりしたという経験、みんなありますからねぇ。
   
 ┌―┐
 │★│お祓いしてもやっぱり起きた、こんな「怪」
 └―┴―――――――――――――――――――――――――――――
 :今回の新作にもさまざまな怪奇現象が起きてるようですが、特にキョーレツ
  なエピソードを聞かせてください。

 :本を送った読者からお叱りのメールがきたんです。
   落丁本で、しかもその方に霊感があるのか、届いた封筒を開けた瞬間何や
   らものすごい邪悪な気配が本と一緒に出てきたらしいんです。
   「何かよくないものを封入されましたか?」と質問されて、ウロ来ました。
   もちろんそんな事するはずないし、すぐに送り返してもらいました。
   落丁してた箇所、いちばん怖い話のページやったんです。
   さすがに清めの塩を振って、棚に「禁 持出し」として置いといたんです
   けど、無くなってるんですよね、知らん間に……。
   これの百倍ぐらいキョーレツな話があるんですけど、これは言えません。
   永久に封印します。南無阿弥陀仏……。
  
 ┌―┐
 │★│「コワいもの」に魅せられてしまう心の「怪」
 └―┴―――――――――――――――――――――――――――――
 実話怪談ブームや、世界的なジャパニーズホラーブームにも見られる
  ように、人はコワイものへの好奇心が旺盛です。私もホラー、オカルト、ミステ
  リー、サスペンスの類は大、大好き!
  以前、雲谷斎さんが“怖いもの見たさ”は“人間の第4の本能”とおっしゃ
  っていたのがとても印象的で、「まさに!」と思ったのですが、雲谷斎さんご
  自身が、ここまで「怪談」に魅了され、こだわる理由を最後にお聞かせ下さい。
     
 :あの世とこの世の間にある、ゆらゆらとした境界でそれは起こっているから
  ですかねぇ。
  嘘か真か、現実か想像か、居るのか居ないのか……このゆらぎの部分が魅
  力なんです。説明のつかないものの存在が素敵なんです。
  たった一人で山の中でテントを張って一夜を過ごしたことがありますか?
  霊的な何か、神的な何かが皮膚感覚として伝わってくるんですわぁ。
  そうすると、怪異はあっても不思議じゃないなぁと思えてくる。
  これで「怪談」世界と交信ができ、底の深さに首まで浸かってしまいます。

:皆さんもぜひ、「あの世とこの世の間にある、ゆらゆらとした境界」と交信
  してみませんか?
  交信してみたい皆さんのために、下記のプレゼントをご用意いたしました。 
  何が起こっても責任もてませんが“何か”起きたときはご報告下さい。(怖)
 
                        ◆
                       
  ┏━━━━━━━━━━━【読者プレゼント!】━━━━━━━━━━━┓
                   ~締切10月末日~

     記事内でご紹介している
     「逢魔が時物語3」の書籍とCDのセットをトレキャ!読者3名様に
     文庫本を読者5名様にプレゼントいたします!
 
               P9250390

            こちらのフォームよりふるってご応募下さい!
     
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

| | トラックバック (0)

2005.09.29

『Shall we Dance?』

shallwedance
DVD10/28発売!


ゴ:☆☆/このリメイク、夫婦関係の描き方はオリジナル版よりもずっと好きかも。
  主人公が妻に「心の空白を君に打ち明けたくなかったのは一番大切な君を傷つ
  けたくなかったから」というセリフがあるのですが、このあたり、オリジナル
  と違うアプローチですよね。それ以外のディテールでは比較的オリジナルに忠
  実にいろんなシーンが再現されているし、また脇役のキャスティングも途中か
  ら竹中直人や渡辺えりこに重なって見えてきちゃうほどのハマりっぷり。
                (トレキャ!シネマ番付~’05上半期ベスト~より)

3月28日の来日記者会見にて
P3280199 P3280211
3ヶ月ダンスの特訓をして本作に臨んだギア。

「オリジナルが非常に素晴らしい作品だったため、最初オファーを断っていたほど。
 でもパーフェクトなものにどう変化を加えることができるかが
 我々にとってのチャレンジになった。
 オリジナルに忠実にありながら、アメリカ文化のフィルターをかけて描いた」

| | トラックバック (0)

2005.09.25

「第18回東京国際映画祭」記者会見

10月22日~10月30に渡り開催される
第18回東京国際映画祭(TIFF)の第二回記者会見が9月20日に行われ、
国際審査委員
オープニング作品、クロージング作品、クロージング・ナイト作品
コンペティション」部門、「特別招待作品」部門
アジアの風」部門、「日本映画・ある視点」部門
のラインナップが発表された。

個人的にはオープニング、クロージング、クロージング・ナイトの3作品とも、
中国・日韓合作・日本と、アジア系で占められたりと、
全体的にアジア色が強まった反面、ハリウッド的な華やかさに欠ける印象も。。。
  
 
P9200375
角川歴彦チェアマンと
国際審査員をつとめる桃井かおり、鈴木光司。
 
P9200362 
「映画は小説家としての自分の原点であり、
映画化のおかげで自分の小説が世界中に知ってもらえた。
今回はその恩返しをしたい」


P9200368
「(「SAYURI」など)海外のスタッフと映画を作ってみて
国の違いより皆が“映画人”であるこを実感。
映画は芸術。一作一作誠実に観て応援したい」

特に鈴木氏の語りは外人並みのボディートークで熱かった!(笑)
(Gochy!)

| | トラックバック (0)

2005.09.19

『のだめカンタービレ』

・よっしーです
最近はまっている漫画のだめカンタービレは、すごくおもしろいです。
指揮者を目指すオレ様な男の子と
ピアニスト志望の変わった女の子のお話ですが
クラシックを全然知らない私でも楽しめて
ちょこっとクラシックのことがわかる漫画です。
この漫画からクラシックブームがおこりそうな予感・・・・。
ちなみに題名のカンタービレは
「歌うように」だそう。

・Gochy!です。
もうブームは起きておる!
↓・・・ぎゃほ~♪買っちゃいました(佐久間学のライナーノートも爆笑モノ)。
PA060423
------------------------------------------------------
◎『のだめカンタービレ』
あの千秋さまがCDデビュー!:産経
「のだめカンタービレ」(講談社kiss連載中)の千秋真一が指揮するR☆S
オーケストラ(ライジングスターオーケストラ)が「ブラームス/交響曲第一
番ハ短調作品68(全曲)」を演奏するという趣向のCDがキングレコードか
ら発売。実際の演奏者の名前は明かさないが、指揮者は「のだめー」を
熟読し、千秋ならこう指揮するであろうという演奏を再現しているという。
------------------------------------------------------
私も、愛読コミックのひとつがその「のだめ~」です!
なかでも、マリンバ奏者の真澄ちゃん(♂)の大ファンでして、
もじゃもじゃヘアの彼(彼女?)の登場シーンが楽しみで!
 
 
・えみゅです。
 『のだめカンタービレ面白いですよね!
かなり人気あるらしいですよ。
作者の二ノ宮知子サンの他のマンガもなかなか面白いです。

・ふたたびGochy!です。  
「のだめ」以外だと今映画も話題のNANAも、
ストーリー展開の巧みさとキャラ造詣の深さで
かなりはまっているコミックのひとつなんですが、
こちらではなんといってもクールだけど
一番信用ができそうな男、ヤスのファンです。
(髪型は真澄ちゃんと正反対のハゲですが・笑)
 
あと働きマンも結構好きかな。
ここではヒロインのがんばりぶりはもとより
デスクや編集長役のキャラにも共感しながら読んでます。
 
 「できない理由ばかりあげつらうんじゃなくて
  どういう方法ならばできるのかを考えてみろ!」
  
とか、ビビビっとくるような共感度の高いセリフ多いし(笑)。
   
他にも何かおすすめのコミックとかあったら教えてください。
最近、TUTAYAではDVDをレンタルするよりも
コミックや書籍をレンタルする頻度が多くなってる気がする。。
TUTAYAのブックレンタルって安いよね。
ただ、まだ試験導入段階なのでシステムが手作業(アナログ方式)
なのがたまにキズですが。

| | トラックバック (3)

2005.09.17

『隙間時間活用ビジネス』

 待ち時間を活用たり、従来のクローズタイムに集客をしたり、
 “ながら”サービスを取り入れたりと「隙間時間」に着目した
 不満を満足に変えてくれるサービスが人気!
 
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 ○『限界待ち時間』
 ↑人気スポット待ち時間の限界、遊園地は「30分」が最多:日経産業 8/12
 ○『待ち時間にネット通販』(過去版で紹介済み)
 ↑美容院の待ち時間に買物楽しむネット通販続々誕生:日経 8/2
 ○『ランチタイム料理教室』
 ↑パリで昼休みを利用した料理教室が話題:日経MJ 2005/08/24
 ○『夜間レジャー』(過去版で紹介済み)
 ↑営業終了後のナイトタイムで集客図る首都圏の観光地:WBS 8/23
 ○『夜の森探検ツアー』
 ↑ハウステンボスが企画する新サービス:ハウステンボス 8/6
 ○『フリースタイルダイニング』 
 ↑好きな時間に食事ができるサービス:日本航空 8/26

| | トラックバック (0)

2005.09.16

『健康志向のお酒、続々』

 健康志向を背景に、健康成分の配合や、素材の効能など、
 健康効果を全面に押し出したお酒が相次ぎ登場。
 
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 ○『健康日本酒』
 ↑健康面から日本酒の良さを訴えて市場を拡大:京都 8/23
 ↑健康面から日本酒の良さをアピール:日経MJ 8/29
 ○『V.S.O.P SILKY(シルキー)』
 ↑糖分ほぼゼロのブランデー登場:日経 8/4
 ○『GABA配合のあまざけ』 
 ↑健康機能やリラックスに関係する成分「GABA」を配合:月桂冠 8/2
 ↑GABA成分配合の甘酒登場:日経 8/9
 ○『クエンリッチ』
 ↑梅のクエン酸をたっぷり含んだワイン:キッコーマン 8/8
 ↑国産の梅を100%使用したワイン登場:日経 8/10
 ○『タマネギのリキュール』
 ↑北の誉酒造、血液さらさら成分を含んだリキュール開発:日経MJ 8/19
 ○『ハチミツ酒(ミード)』
 ↑菊水酒造、“世界最古の酒”を開発:日経MJ 8/17
 ○『焙煎樽仕込み梅酒』 
 ↑ウイスキー樽で貯蔵した梅酒:サントリー 8/24、日経産業 8/26 
  ほか。

| | トラックバック (0)

2005.09.15

『銀座カンカン』(新宿歌舞伎町)

あまりです。

7月のトレキャ!Weekly版でもレポ(下記参照)しました、
新宿の『銀座カンカン』に行ってきましたヨ。
 
(今回はいつものマスコミレセプションじゃなくて
 まさに覆面調査!?笑)
   
各こあがりが、全てなんかの店になってて、楽しめます。
ワタシ達のお店は『七色電機商会』でした(笑)

ご覧のとおりお店の中は、すっげ~よく造り込んでありました。

kankan1 kankan2 kankan3
電器屋店内            電器屋入り口          紙芝居型メニュー
 
メニューは、すいとんとか大阪イカ焼き(でも入ってるのはたこ??)
とか、なつかしマカロニグラタンとか。
駄菓子がお通しで(笑)、取り放題なのは、ちょいと嬉しい!?
 
結構年配のオジサマとかもいらしてて、
「自分らよりも上の年代の方が、懐かしいってのがあるんじゃない?」
の声も。
 
でもな~。
もうちょっと美味しいもんがあってもよかったんじゃないかと思うんだけどなぁ。
あれじゃ、昭和には旨いもんがなかったみたいじゃんかぁ!(^-^;
  
あまり味にとんちゃくしない人でさえ
「マズくはないけど、美味しくもない」
と、のたまってました(^-^;
味は保証できませんね(^-^;
 
一度行けば十分かも?
------------------------------------------------------
◎『大衆酒場・銀座カンカン』
  ドリームリンクが展開する昭和30年代の繁華街や商店街を再現した
  テーマパーク型の居酒屋が7月9日新宿歌舞伎町に登場。店内には
  駄菓子屋やバー、電器店、貸本屋、玩具店などが並び、客はそれぞ
  れの店先で飲食できる。駄菓子屋の定番の冷やしラムネや学校給
  食のコッペパンも。電器店には同社が収集した冷蔵庫、白黒テレビ
  などを置き、当時の雰囲気を忠実に再現。毎月、紙芝居やあめ細工
  を実演し、雰囲気を盛り上げる。8月5日に開店した目黒店は「カフェ
  ー・浅草オペラ」として浅草のカフェをイメージ。いずれもモデル店で
  FC展開を予定。(関連情報→日経MJ 7/10、日経7/25、ほか)
------------------------------------------------------
                           (トレキャ!Weekly版

| | トラックバック (1)

2005.09.14

『かみあわない人』

  今週、お取引先からリサーチリクエストのあったテーマに「キッズビズ関連」
  「温泉関連」などの一般的なものに混じって「人格障害」というものが。最後
  のテーマはトレキャ!への依頼としてはかなり異色なのですが、これはジョブ
  支援系のコミュニティに関係されているあるクライアントさんからの依頼で
  「職場における妄想性人格障害型トラブル」(もしくはそれに関連するような
  “症候群”)についての記事をお探しとのこと。
      
  「職場における妄想性人格障害型トラブル」というのは、仕事のやりとりをす
  るなかで“人の動機を悪意のあるものと解釈する=疑い深くて、柔軟性が
  なく、思い込みが激しい
”という傾向を持つ人が、組織やチームの中で、
  ひと波乱を引き起こすということを指しており、「誰かが私を殺そうとしている!」と
  いった極端な症状ではなく、あくまで職場においての対人関係のトラブルに限定し
  てのお話とのこと。なので妄想性人格障害と断定してしまうのは危険としても、
  その疑いがある人たち…くらいに思っていただくほうがいいかもしれません。
      
  かくいう私も、ネットで仕事をしていると、一度も直接お会いしたことのない
  相手とこの手のトラブルに遭うことがないとはいえない立場なので、これは他
  人事ではないなあ、と身につまされたこともあり、本日は、先方にご許可をい
  ただき、お聞きした内容をかいつまんでご紹介させていただきます。
 
  下記のうち3つ以上があてはまれば
  「妄想性人格障害」が“疑われる”のではないかということです。

続きを読む "『かみあわない人』"

| | トラックバック (0)

2005.09.12

『家家厨房』(恵比寿店)

『家家厨房 ジャージャーチュウファン』(恵比寿店)

「安くて、キレイで、おいしい食堂」をテーマにした上海家庭料理の人気店。
飯田橋銀座店などに次ぐ店舗として恵比寿店が9月12日オープン。
オープンに先駆け9月8日に行われたマスコミ向けレセプションの
スタッフ(台湾在住暦10年のれいちん&香港+台湾+韓国食べ歩きラム)レポート。
レセプションでも覆面調査員(ミステリーショッパーズ)並みにダメ出しもあり?
  
れいちん@台北です。
色々あって今はれいちん@東京です。
今回、恵比寿駅東口にオープンした上海家庭料理「家家厨房」のレセプションに
参加させてもらってきました!

 
ラムです。
マスコミレセプにお腹を空かせて、空かせて行ってまいりました~。
家家厨房」は「かかちゅうぼう」ではなく「ジャージャーチュウファン
と読むのだそうな。
 
まず、店の外観の印象は中華っぽくな~い感じで、ちと、レトロカフェ風なんだけど、
地味かなぁ…店の前というか、横を通り過ぎてしまいそうだったな、私は。
恵比寿の街に即した、通りに溶け込むデザインを目指したっていうけど、
溶け込みすぎて、見落としてしまう危険性も……
ただ、オープンテラスもあるので、
「ん?なんだこの店は?」
と足を止めるかも……
でも、テラスがオープンになってないと…気づかない可能性も……。
 
<店舗(店内)>
店内のインテリアはとってもお洒落。中国風の調度品がピッタリくる落ち着いた空間。
特に現代風の茶器はため息もの!レベルが高いと感じました。
台北でもあれほどのお洒落な茶器はなかなか見当たりません。
さすが流行の先端を行く上海!と関心しました。

 
やはりレトロモダンなんだろうけど、ちょっと無機質な印象を受けてしまった。
やっぱり、上海家庭料理を売りにしているからには、
もう少し温かみが感じられた方がいいかも。
厨房の横がトイレっていうもどうかなぁ……。
  
さて、いよいよ、席に案内されたぞな…私のお腹の中は「がるるるる」
と期待に腹を鳴らしておっただよ~。
 
席に着いてもオシボリ無し。
中華はオシボリあった方が何かとウレシイんだが、ナプキンも無かったぞ。
ちっちゃい、お口拭くくらいの紙ナプキンは一枚づつあったけど……
ドンと置いておいて欲しかったぞ。
 
オープン前だからなのかなぁ?オープンしたらあるのかなぁ?
と、とっても小さな事が気になる私でした。
テーブルがまた、真ん中になべ用の四角い大きな木枠があってそれが邪魔で、邪魔で、
これもちょっと考えた方がいいと思うんだけど、今からじゃちと無理か~。
 
<お料理>
最初、上海家庭料理だって予備知識無しで行ったせいか、
最初に出された前菜、ピータンのフリッターみたいなのとか、
レンコンとキュウリとクラゲの酢の物やオクラやチャーシューなんかが
ちんまりと乗ったお皿を見て
「ん?これは中華の創作料理の店だったのか」と納得して食してしまった。
でも、入り口で渡された紙には「上海家庭料理」??と気づき、上海では
コジャレタ物を食しているのだなぁと妙に関心してしまったのだが、これは
創作料理だったらしい。
 
05-09-08_19-19 05-09-08_19-27
    
このお皿に乗ってたチャーシュー?は温かい方が、美味しいかも。
飲茶もあって、ぷりぷりエビ蒸し餃子とコラーゲンたっぷり特製小龍包を食したが、
やはり、日本ではあのエビのぷりぷり感を出すのは難しいのか、今まで日本で
中国のエビ餃子やエビワンタンみたいにぷりっぷりの食感に出会った事が無い。
やはり、ここでも出会えなかった……。
 
上海の家庭料理(“上海人にとってのご飯と味噌汁”的イメージ)を
そのまま本当は出したかったらしいが、
やはり、日本人の口に若干合わせた味に仕上げてるとの事だが、
私は、そのまんまの上海家庭料理を食してみたい派なので、
ちょっとがっかり……
しかし、材料や調味料なんかが手に入りにくい物がある中で、
そのまんまの味を出しているメニューもあった。
 
昔、流行った火鍋とおんなじ鍋で、やっぱり二色のスープで肉や海鮮、野菜なんかを
煮て食べるんだけど、ひとつはとんこつスープに近くてちょっとピーナッツの味がする
スープと、スープカレーのようなカレー風味のスープ。
 
05-09-08_19-43
 
頂いた火鍋は最近上海で流行っているらしい黄色いカレースープと白湯(パイタ
ン)スープの鴛鴦鍋(真ん中から区切られた鍋の両方にそれぞれ別のスープを入れて
食べる中国式鍋料理)でした。これ以外に赤い辛味スープとの組み合わせもあるそうです。

 
この鍋は、上海の家庭の味をそのまま出してるそうな。
この鍋の肉はラムだけなのかどうかは、分からない……
オープンまでには、すべての料理について従業員が答えられるようになっている事を祈る!
とんこつっぽい方のスープが薄味なので、薬味を後から持ってきますと言われたので、
待ってたんだけど、待てど暮らせど来にゃ~い。
 
仕方が無いので、他の料理を食べる事に…エビだ~い好きの私は大エビのチリソース
を食べたのだ。エビの大きさには満足満足……ただ、ちょっと甘さが強かったかな。
後は、鶏肉とカシューナッツの炒め黒酢の酢豚中国の醤油を使った黒い炒飯
 
05-09-08_19-57  050908_195700 05-09-08_19-58
 
この黒い炒飯は一度食べてみた方がいいかも、なんだか不思議な優しい味でした。
本当は、上海焼きそばや麻婆豆腐も食べたかったんだけど、品切れして食べられなくて 残念!
 
台湾に10年間暮らしていた私は、日本の中華料理をあまり真剣に食べたことがないのです。
そういう意味で「へぇ。日本風にアレンジするとこんなお味になっちゃうんだぁ
という発見が出来てとても好奇心を刺激されました。
出されたお料理の中で高菜の醤油チャーハン以外はほとんどが
日本風にアレンジされていたと思います。

 
そうこうしているうちに鍋がグツグツ言い出したので、
薬味が来る前に鍋を食べる羽目になってしまったなり。
薬味はというと、ワゴンでテーブルをひとつひとつ回っているじゃぁあ~りませんか?!
丁寧に、一人一人のお客様の注文を聞いて薬味を10数種類ぐらいのなかから
好きな組み合わせをチョイスしてオリジナルの薬味
を作ってくれるのだ。
  
05-09-08_20-08 050908_201100←イケメン店員のオススメブレンド。
 
本来なら、すごーくウレシイ事なんだろうけど、なかなか私達のテーブルにたどり着いて
くれにゃい。これは、マスコミレセプションだから、同じ料理が出てるわけで、仕方が無い
事なのかもしれないけど、ちょっと待たされ過ぎ。
薬味も色々あってどれをブレンドしたらいいか迷ってしまう。迷った時は、お店の人に
お勧めの薬味をブレンドしてもらうといいね。
 
私は自分でチョイスして失敗してしまったから……(笑)
鍋のスープより、更に味の無い薬味を作ってしまったのだよ…ははは。
 
カレースープは煮詰まりやすいところが難点で、白湯スープとの沸点に大きく差
があって火加減の調節をこまめにしなくちゃいけないところが面倒でした。
しかしお味はまずまず。
が、各自がDIYで作るお薬味を入れたら、ぐんと美味しくなりました
また最後に出る麺もなかなかのお味で大満足!
ただ、お薬味のワゴンサービスはノラクラでちょっとせっかちな私は
「早く~。待てないよ!先に食べちゃうよ!」という感じで頂けませんでしたね。

 
あの薬味ワゴン、これから冬に鍋頼むお客様が多くなると思うんだけど、
ちょっと方法を考えた方がいいかも。ワゴンひとつで回っていたし、
しかも、通路がワゴンより狭いから通るたびに椅子を引かなきゃならんのよ。
テーブルに置くのも無理そうだし、
どこかに置いておいて、セルフサービスでっていうのもいいかも、待たされるくらいならね。
 
聞いたら、自分で作りたいって言う人もいるって言ってたし。
で、鍋の最後はラーメンを鍋のスープに入れて、ふたつの味のラーメンが楽しめるのよ。
鍋の後はやっぱり、ご飯か麺類をスープに入れたくなるのはアジア共通なのかも。
ただ、麺が来るのも遅かった…。
 
やっぱり本オープンの前はばたつくのね~、これって、
テレビのドキュメンタリーで新しいお店がオープンするまでってやってるけど、裏では、
きっとあれと同じ事が繰り広げられているんだろうなぁ……等と、色々想像してしまった
……テヘヘ。かーなり待たされたから、ゴ編集長は麺を諦めようとしていたけど、
私は来ないと絶対食べたくなるたちなので…
って単に食い意地がはってるだけなんだが、来るまで粘って待ってたら、
デザートが運ばれてきてしまって「麺が、麺がまだなんですーぅ!」
と麺を要求しましたざーます。そして、無事麺を食べましてよ。
 
オープン前のレセプションということで、まだまだ準備万端
ということではなかったようですが、改善の余地あり?と思えるところを少々。
まずお醤油差しの使い勝手が最悪。
こっそり観察していましたが、どのテーブルでもお醤油やお酢がこぼれて
テーブルの上がびしょびしょになっていました。デザインは可愛いのに残念!

 
最後に、ジャスミンティを使ったデザート(チャイニーズブランマンジェ)が出てきたんだけど、これが美味しかった!
 
これはピカ一のお味でした!
台北で数々の中華風デザートのお店を食べ歩いている私が唸ったくらい
お上品でシノワ~なお味です。是非お試しを!

 
05-09-08_21-41

<総評>
日本の中華料理全般に感じることですが、味つけが多少日本風にアレンジ
されていることでせっかくの中華料理の野趣味が消されているように感じまし
た。またエビなどは、香港、台湾で出されるエビより小さめでちょっと見劣りす
るかなという気もしました。今後に期待です。
 
 
全体的に、お料理はちょっと甘めで優しい味でした。
これは、好き嫌いが分かれるかもしれないけど、
上海の人が日常食べている家庭料理を日本に紹介したいという
お店のコンセプトを踏まえて、一度是非食べに行ってみるといいかも

そうすると、上海に行って味比べをしたくなる事間違いなし!
かくいう私も、上海に行って味比べをしたくなったでありんすよ。
メニューも沢山あるし、あと中国茶の茶葉も各種売っているので、
試してみるのもいいかも。
 
P9140360←お土産にいただいた中国茶(嬉!)
 
お店が終わる時間が23時とちょっと早い気がしたんだけど、
恵比寿だから、もう少し遅くまでやっていてくれるとウレシイ人が多いような気がするんだけどな。
以上「家家厨房」恵比寿店レポでした~!

れいちん追記)
今日、お昼休みに通りかかってみたら、ランチメニューも出ていて、お粥セット
があってちょっと嬉しくなりました。
台湾や香港ではお粥は朝食べることが一般的なので、ランチタイムにお粥を食べ
られるところが少ないんです。だからちょっと「キャ~」って感じでした。

| | トラックバック (1)

2005.09.11

Sホテルのガーデンバーベキュー(怒!)

ラムです。

先日、ディズニーランドのそばのSホテルのガーデンバーベキューってやつに
行ってきたんですけど、これで、この値段!?ってなくらいお粗末なもので、
Sホテルの質を疑ってしまった。
8月中はバンドも入っていたらしいんだけど、9月に入ってたので、バンドも無く、チラシには

「新鮮なシーフードをはじめ、上質な素材から産まれるS(ホテルの名前)
ならではの味わいを味わいをお楽しみください」

なーんて書いてあるわけなんだけど、新鮮なシーフード?
エビとホタテが銀の串に刺さってるやつのみ!
上質な素材って肉は牛と豚と鳥があったさ、あったけど、
シェフが固く焼いてくれちゃって、まわりでも、四苦八苦してナイフで切ってたわさ
 
それでも切れなくて、思わず、ナイフの刃を見ているお父さんがいて笑ってしまった……
あとはジャガイモ、プチトマト、トウモロコシ、サラダ類があって普通、
いくらバイキング形式でも、フルーツくらいあるはずなんだけど、無いんだな、これが、
サラダコーナーに缶詰のフルーツ小さく切ったのはあったけど……
で、デザートが小さなカップアイスだけ……
これで、飲み放題、食べ放題でひとり8500円!
前売りチケット買うと500円安くて、8000円なんだけど、どー考えても高いっ!

しかも、夜だよ、夜!

ビジネスホテルのモーニングの方が、まだ料理あるし美味しいってーの。
ホテルのランチバイキングももっと安くてバラエティに富んでて美味しいやね!
かなり、Sホテルには失望してしまいましたぞ。

ひとつひとつが凄く物凄く美味しいならまだしも、美味しくない!
一体なに考えてんだろ!と怒ってしまいましたわい。
書かずにいられなかったのだ!
客をバカにしてるとしか思えないわい!あっ、また怒りが……。

| | トラックバック (0)

2005.09.09

『実話系ホラーブーム』

こちらの記事もあわせてお読みください!

------------------------------------------------------
◎『実話系ホラーブーム』
書籍からゲームまで100年周期のブーム!
今年のホラーブームは「新耳袋」完結や「妖怪大戦争」などいつもの年
よりもジャパニーズホラーのパワーはすごい。実話系怪談ブームの火
付け役「新耳袋 第十夜」(第10巻が最終巻)や、昔ながらの妖怪もの
で絶版になっていた書籍が復刻。100年周期のブームといわれ、大正
時代の泉鏡花や芥川龍之介以来。朱川湊人氏「花まんま」直木賞受
賞もその兆しとみられている。
(関連情報→TokyoWalker 8/16、DIME 8/18+9/1号、ほか)
------------------------------------------------------
                             (トレキャ!Weekly版

| | トラックバック (0)

2005.09.05

05年7月度「トレンド情報」総棚卸し

7月度中に配信したトレキャ!の各種メルマガ
このブログで取り上げてきた注目すべきモノ・コトたちを並べてみました。

05年6月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年5月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年4月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年3月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年2月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年1月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
○『男女別カレー』○『アサヒ 酵母ナンバー』△『大学女子硬式野球部』
○『男のための上質スタイル』△『FPwoman』◎『女性専用車両限定広告』 
○『フリーターの一極消費』○『お肌IQ180あぶらとり紙』○『柄コスメ』
◎『マリーベル・キャンディーズ』◎『プレタポルティー』
◎『インルーム エステティック ステイ』○『ベビーズスイート』
○『英国は男性の独身天国』◎『男性お一人様』
○『自分にご褒美/自分磨き』○『自家需要/自分のために』
△『GABAマンツーマン次世代型英会話ラーニングスタジオ』
◎『セレブマーケット』○『願望かきたて型テレビ番組』
◎『銀座ヴィヴァレット』◎『シニア向け旅行会社』○『コンラッド東京』
○『GOLD OF THE ANDES』○『団塊シニア趣味市場』◎『消費ナビゲーション市場』
○『パティシエ出張』◎『自分流ステータス』◎『ロケで街活性化』
◎『大和ロケセットめぐり』◎『ロケ地観光タクシー』○『韓流ドラマ世界的人気』
○『やねせんの新名所~書肆めぐり』◎『個性的な古本屋』○『人形霊』
○『台場怪奇屋敷』○『ひんやりスポット』○『~ドクロ・ナキモチ~棺桶墓場』
○『世界遺産商戦』○『世界遺産「知床」』○『知床ツアー』
○『乳酸菌入りうどん』○『旅行便利サービス』○『丸の内ガイドツアー』
○『HATOBUS+(はとバスプラス)』○『工場見学レジャー』○『最新修学旅行事情』
◎『考古品発掘ボランティアツアー』○『畜産体験ミステリーツアー』
○『ホテル探検ツアー』○『ボランティア体験ツアー』◎『修道院』○『週末出家』
◎『キャンプブーム』○『ホテルサービス最新事情』◎『航空テーマパーク』
○『カジュアルセレブ Hawaiiツアー』◎『サマーキャンプ』△『バレンシアガ』
○『名作椅子を伝説の北欧家具工房でオーダーする旅行』○『タベラ』
◎『恋するハニカミ!in東京ドームシティ』○『ウェスティンワークアウトルーム』
△『NARUTO忍者ドーム05~この夏、キミも忍者になる~』◎『りらくの森』
○『りそな銀行店頭キャンペーン』◎『英国紅茶べノア』◎『はなわの牛丼屋』
◎『週末解毒できるリゾート』◎『CLUB REINO』◎『横浜みなとみらい万葉倶楽部』
○『SAKURA』○『ホテルの健康メニュー』○『美人時間』◎『お試しサービス』
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
○『コーヒー飲み比べドットコム』○『フェイスニング』
○『ravie de la vie恵比寿』○『Relax body 渋谷パルコ店』
○『唇トレーニング』○『歌でイビキが治る』◎『乙女ロード』
○『新ラダーシリーズ』◎『ブックハンター養成講座』◎『塩ビ本』
○『ハイパークラフト』◎『トランポリン215』○『DVDザバディ』
◎『よしもと赤ちゃん水族館』○『レッサーパンダのぬいぐるみ』
◎『立つ動物たち』○『ハシビロコウ』◎『夜の動物園』○『市民ZOO運動』
○『ナイトプール』◎『ホテル・ザ・マンハッタン』◎『深夜サウナ』
○『味噌汁は夜』◎『朝活用』◎『朝専食品』◎『ゼリー飲料』
○『おいしい朝のカルピス』◎『東京ミッドタウン』△『難波サンケイビル』
◎『歴史的建物再生』○『白銀屋』○『Kura・凛』○『レトロで再開発』
◎『巧の街 しもすわ・あきないプロジェクト』○『エレック三味線』
○『クラシックブーム』◎『モーツァルトダイエット』
◎『ノルディックウォーキング』○『ワッツ』○『アシュタンガヨガ』
◎『寝ヨガダイエット』○『ヒップホップ中高年人気』◎『護身ビクス』
◎『ボリウッド・ダンス』○『カポエイラ』◎『空中ブランコダイエット』
◎『ジャイロキネシス』○『クレイジーファイブ』○『キャニオリング』
○『サラカラ for ワークアウト』○『フットサルスタイル』
○『ブランド体操服』○『カピバラさん』○『スター・ウォーズ写真付き切手』 
○『アンパンマン』◎『S.I.C』○『コンビニでキャラ合戦』
◎『ムーミン童話の世界辞典』○『ディズニーキャラ家電』
○『仮面ライダー復活』◎『ドラえもん貨幣セット』○『エピソード3』
○『スター・ウォーズ写真付き切手』◎『「スター・ウォーズ」グッズ』
○『ライトセーバーバトル』○『履くスター・ウォーズ』○『カンティーナ』
◎『70~80年代玩具復刻』△『デルタックス』◎『人生ゲームM&A』 
○『コンビニPB復刻人気』○『ちょうだいなくん』
○『Walkiebits(ウォーキービッツ)』○『ファービー2』 
○『Digoro(ダイゴロー)』○『ロボフィー』◎『泣き声翻訳分析サービス』
○『脚型ロボット』○『ネットワーク基盤ロボット』○『植玩』◎『珍植物』
◎『フラワーピン』◎『次世代型プラネタリウム』○『ホームスター』
△『地球儀ブーム』◎『渋谷プラネタリウム復活』○『夏映画注目作品』
○『ストーンパレット』○『宇宙情報満載トイレットペーパー』
△『NIPPONのうた』◎『かんたん短歌』○『三宅一生』
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
○『年下オトコ×年上オンナ』○『戦争と人間』○『機動艦隊』
○『戦国自衛隊1549』○『PIKADONプロジェクト』◎『日本映画』◎『邦画ブーム』
○『マツケンサンバIII』○『バレリーナ・シューズ』
○『バレリーナシューズ メイド・トゥ・オーダー』○『でかジャケCD』
◎『紙ジャケット』◎『アイポディスタ』○『iPod Mini用ケース「印籠-INROU-」』
○『ソーシャル・ファブリック』○『バーチャル衣料』○『SUDOKU』◎『数独』
◎『トレンド劇団』◎『レイジングスピリッツ』『ディズニー・オン・アイス』
○『地下の世界』○『レボリューション(仮)』◎『300本ボーリング』
○『ソナタ』○『大長今(テジャングム)』○『韓流オールスターサミット』
○『頭文字D』◎『定刻列車』○『Live 8』○『盛況!愛知万博』
◎『全日空キャビンアテンダントフィギュア』○『世界スリッパ卓球大会』
○『秋葉原エンタ祭り』◎『“電車男”登場商品』○『ブエノスアイレス』
△『将来の大物芸能人?』△『オトアヤ』○『どれどれの唄』
○『ブラックバスの脱臭剤』◎『とんがり君』△『新聞購読率』
△『スーパーニューイング iV330』○『ヤフー、テレビ番組情報サイト』
◎『第2日本テレビ』◎『フジテレビ On Demand』◎『個人放送局』
○『SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)』◎『mixiホリック』
○『インターネット憩いの学校』◎『ネットいじめ◎『ブイログ』
○『携帯音楽プレーヤー』○『BGMをiPodで』○『アルミニウム高級贈答品』
○『職人商店』○『OZZIO musica CUBE(オッジオ・ムージカ・キューブ)』 
○『2005年上半期 Eビジネスキーワード』◎『デジタル一眼レフカメラ』
○『ディマージュX1』○『U(アンダー)10万一眼デジカメ』
◎『携帯電話をキーボードとマウスに』○『ATM不正使用防止システム』
◎『携帯カーナビ』○『シューティング』○『新タイプのメール広告』
○『カフェマガ』○『雑誌に動画CM』◎『USB涼製品』○『サスティック』
◎『筋肉マウス』○『ピンバッジつきパスポート』○『HDMX-SU』
△『世界最強の磁石』○『Miragraphy』○『TBS×ツタヤ』◎『アフィリエイト』
○『enGirl』○『検索結果が「飛び出す」機能』
◎『新しい記録媒体のビデオカメラ』△『無刻印キーボード』○『スカイプ』
△『高速移動向けモバイルルーター』△『フェイズコントロール技術』 
○『カラー電子ペーパー』○『ハイテクちょうちん』○『食育の時間』
○『こそだてママ・マーケット』○『livedoor 小説』 
○『苦情・クレーム博覧会』○『Co-et(コエ)』◎『ドコイク?』
△『トーキングエイドライト』
○『ポータブル ブルーバックセット[blue-m](ブルーム)』 
○『マップファンドットネット』△『スキミング』○『SNS事業の多様化』
○『あいパッド』△『ICカード対応キオスク端末』
○『ビューティーモールエキサイト』△『ディプリトーク』
○『インテリジェント バイク HS-20』○『SOLIO』
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
○『超VIPルーム結婚式プラン』◎『スヌーピーとともに結婚式』
○『パティシエ出張』○『組立くん』○『ミニ自動販売機型冷蔵庫』
○『高架下ビジネス』○『eパートナー』◎『遺言メール配信サービス』
◎『遺品処理サービス』◎『最新葬儀ビジネス』○『サイトの適法性助言サービス』
△『芸人見習い店長』○『守る君』○『手紙手帖』○『トイカメラ』
△『一家に1枚周期表』△『木ーボード』○『紙のキーボード』
○『あつまろ安心メール』○『シェリー』○『iアプリ電話帳』
○『世界最小級のプライバシー保護型認証方式』○『自由に設定できる錠前』
○『合鍵を作れない鍵』○『エントランスポール「e-キャビネ」』 
◎『US.LAND』◎『US.MART 銀座店』○『300BAR 2号店』△『ダイソー』
○『THANK YOU MART 原宿3号店』◎『98円生鮮コンビニ』○『STORE100』
◎『100円コンビニ』○『カフェプランナー』○『ミステリーショッパー』
○『酢ムリエ』◎『水のソムリエ』◎『カドー・ドゥ・チャイモン』
○『ミステリーショッパー改革』○『北海道食の鉄人』◎『投資クラブ』
◎『悪徳ファンド』◎『トップアイランド』○『シャンパンガーデン』
○『アポロ1ビル』○『ダイニングパーク横浜』◎『大衆酒場・銀座カンカン』
○『昭和テーマの居酒屋』◎『新しい巨大居酒屋』
◎『お伽噺~FANTASY STORY』◎『神谷町オープンテラス』◎『オダチャンズ』
○『realco(レアルコ)』○『個人向け横断幕』○『通販空き箱で中古本買取』
○『温泉水せっけん』◎『レシートに食材アレルギー情報』○『トミー直営店』
◎『ゆとりの空間』○『CSA運動』○『プリントはんこ・LIGHT』○『エプリオ』
◎『デュアルビュー液晶』◎『カラオケエンターテイメント』
△『一戸建て購入の専門サイト』△『Yahoo!グルメ 出前注文サービス』
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
○『おもサク』◎『ミュージカルバトン』◎『高級ジーンズ』
○『世界限定プレミアジーンズ』○『父の日ギフト戦力商品』
○『ワンタッチネクタイ』◎『タイハング』○『三越コレクションアンダーウェア』
○『襟カフス』◎『フラワーピン』○『クールビズ講座』○『浴衣でクールビズ』
○『コントロールヒップ』○『ヒップアップグッズ』○『美尻アイテム』
◎『世界初!酸素を通すマニキュア』◎『紳士向けソックス革命』
○『スコーロン』○『コミュニケーション・コンサート』
○『addidas-1(アディダス・ワン)』○『アラメダ』◎『TUNE WEAR』
○『ゆかたで下町夏美人』○『機能浴衣』○『ペイズリー柄』○『今冬コート傾向』
◎『ヴィクトリアン』○『ミリタリー』◎『ファーベスト』○『パープル』
○『金ボタン』◎『ラウンドトゥパンプス』○『バッグチャーム』◎『ふんどし人気』
○『ジルスチュアートのコスメ』◎『マリーベル・キャンディーズ』
◎『プレタポルティー』○『蓄光グッズ』○『フランク・ミュラー東京直営店』
○『名古屋嬢メイク』△『トランスソーラー』○『レプリカ商品』
○『2005年流行水着』○『ブランク』○『JELLY BEANS』○『ASH & DIAMONDS』
○『グラスホルダー』○『かごバッグ』△『リラックスできる水着』 
○『アナスタシア』△『スパトリートメントセーラムソープ』
○『ユニバーサルデザイン学ぶ教材』○『ラブリードクロ』
○『JUNK FOOD(ジャンクフード)』○『マキアージュ』
△『RbK Tokyo(アールビーケー・トーキョー)』○『ジップ・アンド・クリップ』
○『しわシャツ』○『ゴリエTシャツ』○『NEW YORK RUNWAY NEXT』
○『Relaxing Beyond(リラクシング ビヨンド)』○『ソムノニクス』
○『グリシンに快眠効果』○『グリナ』○『宇津こども夜ぐっすりアロマシート』
○『夢すいすい』○『セラピナ』○『スリープ アルファ』◎『ASSA(アッサ)』
○『貴和製作所・ラフォーレ原宿店』○『アトリエ e.m.(イーエム)』
○『パウチ食品』○『NuleNule』○『セラピカ』○『リセッシュ』
◎『ミミウォッシュ』◎『LG洗濯自浄機能・乾燥機能つき洗濯機』
○『シャキッと食感シート』○『ワサオーロ』○『こんにゃくアイス』
◎『アイスコロッケ』○『スノーフィル』○『リッチなアイス』
◎『マイナス○度フード◎『マジックアイス』◎『瞬間凍結商品』
◎『冷凍食品ディナー』◎『自分流アイス』○『夏向きチョコ』
○『冷たいハーブ飲料』○『夏のおでん』○『冷却美容』◎『クールインテリア』
○『ホテルレストランの夏メニュー』○『ニュー冷麺』○『くりぬきインテリア』
△『着せかえできるスイッチングハブ』○『和室七変化!』◎『岩盤浴』
○『ゲルマニウム温浴』○『東京1年祭り』○『KT-2 STONE』◎『パワーストーン』
○『まりもちゃん誕生石ストラップ』○『石畳ウォーキング』
◎『ウェル・ビーイング』○『バナジウム天然水』○『抗加齢医療』
◎『STM-COMET』○『冴え緑茶』△『リズのカレー屋さん』
◎『グランド ハイアット 東京 チャイナルーム』
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◎『ヨガメニュー』○『健糖脂圧(けんとうしあつ)』○『杉能舎香草酒なぎさ』
◎『びわ茶』○『Senoby(セノビー)ミルクオリゴ』○『カシス-i』
◎『梅ぼし飲みたい』○『ダークチョコレート』○『L物質』○『燃焼上手』
○『セノビー ミルクオリゴ』○『サポートヨーグルト』
○『ローカルモーション サプリメント』○『冴え緑茶』○『サプリード』
○『美果汁(びかじゅう)』○『キクイモそばがき』◎『寒天使用商品』
○『寒天ダイエット』○『寒天GABA』◎『たねやの「五六(ごろ)あわせ」』
○『寒天ブーム』○『ネスカフェ シェイク』◎『ロシアンたこ焼き』
△『たこ焼き焼そば』◎『ルネサンス事業』○『地域ブランドアドバイザー』
◎『らいすわいん』◎『シークワーサー』○『餃子学会』○『カレー倶楽部』
○『味付けもろみっ娘』◎『野草酵母パン』○『地場キュウリ』○『四角いスイカ』
○『がぶりこ』○『こだわり明太子はじまり』◎『かつめし』○『スノーフィル』
○『マシュマロアイス』◎『ローメン』○『ワインフェステバル』
◎『純国産ワイン人気』○『ジョーカー』○『米兆ゆうき』○『返金保証』
◎『フラックスシード(アマニ)』◎『ヘンプ』◎『脱ファストフード戦略』
○『高級バーガー』◎『甘味ビール』○『プレミアムビール』
○『果汁そのもの発酵のお酒』△『白ワインのような香りのさわやかな発泡酒』 
○『アロマーモ』○『豆乳よーぐるとぱっく』○『果汁に豆乳をブレンドした飲料』
○『豆富彩果(とうふさいか)』◎『豆乳市場』○『男前豆腐店』
○『300種類目コロッケ』○『ハイテクト マッサージ&ブラッシング』 
○『怖い歯周病菌』△『アパガードMプラス 砂時計セット』 
○『脱毛を阻止する脱毛抑制剤を開発』◎『頭皮ケアサービス』
◎『マタギが街へ降りてきた』○『ダブルカレー』○『究極のカレーパン』
◎『やきカレー』○『大リーガー育成カレー1号』◎『酢イーツ』
○『黒酢使用のソース』◎『梅ぼし飲みたい』○『五代庵GINZA』○『うめーぐあい』
○『ワサオーロ』○『ガラムマサラ』○『トウガラシの酒』◎『サプリ家電』
◎『ダブルクラスMR-W55H』◎『ナノスチーム』
◎『自動製パン機(ホームベーカリー)』◎『高機能白物家電』
◎『カーシェアリング採用マンション』◎『マンション・コンシェルジュ』
○『マンションコミュニティライフ』○『トイレリフト』
○『つまずき転倒防止用スリッパ』○『高カロリーカップ麺』
△『世界で最もセクシーな菜食主義者』○『エアーリッチ』 
△『アパガードMプラス 砂時計セット』◎『子連れ限定カフェ』
△『夏のインフルエンザ』○『つめ水虫』△『収穫増コシヒカリ』
○『変わりトマトメニュー』◎『ヴェルデ・レッツサンド』◎『ディー・ゾーン』
○『漢方サプリメント』○『キリンビールのウイスキー』○『ムシガードはるだけ』
○『ハイドロタン』○『最新科学的がん予防』○『和風のチョコボール』 
○『パペットクーラー』◎『おしゃれ漬物』○『2006夏のカフェドリンク』
○『風船ホルダー』○『蛍光ランプ』○『手のひら椀』○『ストレートネック』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎『おやじブラッシュアップスクール』◎『40代男性の消費動向は4M』
○『鍛えた体リラックス系ファッション』○『ブサイケ』◎『ちょいモテ願望』
◎『イケメンよりナイスバディ』◎『メンズエステ』○『シャネル紳士服』
○『メトロセクシャル』◎『男スイーツ』◎『同窓会ブーム』
○『同窓会用郷土料理』○『強め系』○『ホタルノヒカリ=干物女』
◎『よりしなやかに「おやじ化」する女性達』○『立喰酒場 BUCHI』
◎『サムスン現象』◎『「サムスン」関連グッズ』○『キム・サムスン製菓教室』
○『傲慢男性人気』○『ECHIZEN』○『紙の箸』◎『旧紙幣グッズ』
○『愛犬用アイス』△『犬のお願い』○『チェックマンCDV』
○『わんわんチェッカー』○『Fifi&Romeo麻布』○『犬の夏バテ予報』
△『プロワン・ドッグ』○『ペットのアルツハイマー』○『ワンちゃん夏バテ予防』
○『ベトナム初のペット向け施設』◎『ペット用おいしい水』○『愛犬用テント』
◎『介助犬』○『犬用酸素マスク』△『Canine Cooler』○『愛犬向け冷熱マット』
◎『園山真希絵』◎『エーライフ』◎『お見合い温泉』○『奈良出会いセンター』
○『元恋人のHP』◎『成田ED』◎『離婚ケーキ』○『フリーターの一極消費』
○『ベビーズスイート』○『貴和製作所・ラフォーレ原宿店』
○『アトリエ e.m.(イーエム)』○『女子学生の就職先に銀行が人気』
○『天才養成』○『日本一住みよい都市』○『脇役志向』
◎『bling-bling(ブリンブリン)』◎『生花グリーティングカード』
○『使い捨て水着』◎『ドン引き』○『FM802ブランド戦略』◎『手ぬぐい』
◎『極細ボールペン』○『つきたて風味』◎『17℃』△『スープカリー匠』
◎『天然素材洋服』◎『国境なきピエロ団』◎『耳なし食パン』
△『Zinopin(ジノピン)』△『Ithaa』○『ポニーテール』○『LIVE‐STRONG』
◎『家族の絆コレクション』◎『ハリー・ポッターと混血の王子』○『DTG』
◎『アーケードゲーム』○『通勤ラッシュ・ストレス』△『ZAPP』
◎『ダッチー・オリジナルズ』○『ショッピング関連専門検索エンジン』
○『バーサリーフ』◎『Song Sleuth』』○『ブックカバー広告』
○『クイア・アイ・フォ・ストレート・ガイ』
○『擬似満腹感を与える埋め込み型ハイテク機器』
○『ガシャポン世界進出』○『鳥のフン害と車の色に関連性』
○『ゲームキャラ貸し出しサービス』○『燃料電池個人向けリース』
○『無料景品オンラインマーケティング』○『1TouchConnect』
◎『ターミナル・カクテル』○『エリート・ゲーマー』○『なりたい髪形』
○『リンジー・ローハン』○『ベニクラゲ』○『女子アナ弁当
△『むれ源平石あかりロード記念限定きっぷ』△『博多の森温泉 月の湯』
○『ラーメンステーション』○『川床テラス』○『関門海峡花火大会』
○『9・11を映画化』○『おいしいあじさい』◎『団塊世代国内移住』
○『Canary Trois(カナリートロワ)』◎『東京坊主バー』○『バーゲン共通割引券』
○『温泉カルテ』○『黄金風呂』○『ヒトの動きにあわせて暖める電気カーペット』 
◎『高級マッサージチェア』○『ファミリー キュキュット クエン酸効果』
△『ぼこたん』△『ティーソリッドSV-RX1』○『竿くるくる』○『ボ撮るんです』
△『ネオボールZリアル』△『ユレナビ』 ○『シャンテビック』
◎『裏メニュー』◎『ピエール・エルメ・パリ』
○『ビッダーズのお取り寄せスイーツ』○『移動店舗用キャラバンカー』
○『フードファシズム』○『キッコーマン スープごはん』◎『マンゴー』
○『ソーラー換気扇』△『ブルーオニオン スタイル』◎『蚊帳』
○『opini(オピニ)』○『ピースリング』○『hagumi(はぐみ)』
◎『手ぶらんブレラ』○『古典的デコラティブ』◎『ホテルレストランの個室化』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

| | トラックバック (0)

2005.09.03

ファッションショー&ライブ

麻布のWAREHOUSE
金曜の深夜から土曜の朝にかけて行われた
オールナイトイベント「NeoN」で朝帰り。

ファッションショーとライブの2部構成で
第一部がロック系ファッションブランド「NO ID.」の秋冬ファッションショー。
 
P9030345 P9030349
  
メンズモデルは、なんとなく「ビンセント・ギャロな人」たちがいっぱい(笑)。
 
そもそもは、もうひとつの目玉であるライブの部が
私のお友達の知り合いの若手俳優綾野剛
(「仮面ライダー555(ファイズ)」の澤田役で人気に)
がボーカルをやっているバンド「Mr.A」のファーストライブ
P9030356
ということで、そのお友達に誘われて行ってきたのですが
なんかうちらが場内の平均年齢を思いっきり引きあげてきた気がします^^;(ゴ)
 

| | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »