« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.29

06’春の新ドラ期待度ランキング

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。

              ■『期待度番付!』■
                 (15点満点)     
 ―――――――――――――――――――――――――――
        前クールまでのバックナンバーはこちら
 ―――――――――――――――――――――――――――
    ・「※」印は前期からの続投作です。
    ・番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、
     1クール3回の当番付に対応してない作品及び昼ドラ。

 
●1位『弁護士のくず』(木10TBS)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
●2位『ブスの瞳に恋してる』(火10CX)…………☆☆☆☆☆5
●3位『クロサギ』(金10TBS)……………………☆☆☆☆4
●3位『医龍』(木10CX)…………………………☆☆☆☆4
●4位『トップキャスター』(月9CX)………………☆☆☆☆▼3
●4位『富豪刑事デラックス』(金9EX)……………☆☆☆3
○番外『宮廷女官 チャングムの誓い』(土11NHK)☆☆2※
●6位『特命!刑事どん亀』(月8TBS)……………☆1
●6位『警視庁捜査一課9係』(水9EX)……………☆1
●6位『7人の女弁護士』(木9EX)…………………☆1
○番外『功名が辻』(日8NHK)………………………☆1※
●6位『純情きらり』(月~土8:15NHK)………………☆1
●6位『マチベン』(土8NHK)………………………☆1

------------------<微妙ライン!?>-----------------

●7位『ギャルサー』(土9NTV)………………………▼☆0
●7位『下北GLORY DAYS』(金深夜EX)……………0
●7位『名奉行!大岡越前』(火7EX)………………0
○番外『柳生十兵衛七番勝負・島原の乱』(木8NHK)0
●7位『京都地検の女』(木8EX)……………………0
○番外『クッキ』(木10NHKBS2)………………………0
○番外『すてきにコモン!』(月~金昼1:00TBS)……0
○番外『新・いのちの現場から2』(月~金昼1:30TBS)0
○番外『偽りの花園』(月~金昼1:30~CX)……………0
●8位『てるてるあした』(金11:15EX)…………………▼-1
●8位『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)……………▼-1
●9位『アテンションプリーズ』(火9CX)……………▼▼-2
●9位『おいしいプロポーズ』(日9TBS)……………▼▼-2
●10位『プリマダム』(水10NTV)……………………▼▼▼▼-4


                ◆◇◆◇◆     
   
P:この春は番組名を見ただけでも刑事モノや弁護士モノがずらずらずらっと軒を
  並べてますね。ちょっと硬派な春ってことなんでしょうか?(笑)
 
A:今クールのワタシ的目玉ドラマはなんといっても『弁護士のくず』。コメディ
  初挑戦の豊川悦司、ものすごく期待してます♪ 

お:前クールがかなり、ツボだったが故に、今回はなんか盛り上がれない感じです。
  私の期待?を裏ぎってー!

ラ:なんだか、コミック雑誌の見出し見てるようなこのクール。コミック原作が多
  いから仕方ないんだろうけど、題名見てるだけで、来週号の巻頭ページは……
  てな感じを受けてしまう。オリジナルを丁寧に作っていこうってなプロデュー
  サーがいないんだね。他人のふんどしで、土俵にあがっても「で?だから何?」
  ってな感じの、つまらない人間達が作ってる寄せ集めのコミック雑誌って感じ
  でしょうか?せめておまけに期待するしかないかな。それにしても、弁護士物
  ははずさないからって、これだけ、多いのもいかがなものかと思うよ。
 
ゴ:前クールで8本が原作持ち、そして今回春クールも原作モノが7本も。続編モ
  ノ、リメイク作を加えると新規のオリジナル脚本ってほんっと少なくなってる
  よね。これからは、脚本家志望の人は、まずはマンガの原作者としての道を目
  指したほうが、人生、切り拓けるんじゃないの?大学にマンガ学部もできたこ
  とだし。実際ストーリー自体、今ドラマよりコミックのが断然おもしろいから。
   
ラ:もうすでに、漫画原作書いてる脚本家多いだよ(笑)。話は変わるけど、前回の
  クールで、話題にも上らなかったけど、金曜深夜テレビ東京でやってた『GARO
  牙狼』。雨宮慶太のなんだけど、結構面白かったよ。続編期待してるんだけど。


                     ◇
 
個々の作品に対するスタッフのコメントは
こちらのメルマガの「06春ドラ期待度番付」号でお読みくださいませ!
 

| | トラックバック (0)

2006.03.28

コモンウェルス競技大会

お疲れ様です。Reikoです。

トレキャ!ドラマ番付(06.3.30号)に掲載予定の連載コラム
「海外テレビ(ドラマ)事情(15)『コモンウェルス競技大会』<編>」へのライター追記です。
(コラム本編は明日夜配信の上記メルマガでお読みいただけます。)

日本人のほとんどがWBCに熱狂していた時期、
コモンウェルス諸国在住の日本人で
「日本ではWBCで盛り上がっているみたいだけど、
こっちでは皆、CGに夢中」とブログに書いている人が
かなりいました。
でも、やはり祖国日本が参加していないせいか、
冷静なコメントが多くて、
マレーシア選手の一挙手一投足を息を詰めて見守り、
感極まって泣いたり、心底悔しがったりしていた私とは、
大違い(笑)。

それと、

続きを読む "コモンウェルス競技大会"

| | トラックバック (0)

2006.03.17

◇『スタッフが選ぶ 2005年度 MYベストBOOK』(スタッフ pooh76 編)

◆◆◆◆◆◆……………2005年度 MYベストBOOK……………◆◆◆◆◆◆
  

 セレクトの対象は、2005年度に発行された本(含むコミック)。
 そのなかから、2005年度のMYベストBOOKを最大3冊までスタッフが選出。


                                     TEXT by pooh76
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とりあえず気になった新刊本はすべて図書館にリクエスト、というのがここ数
年の読書スタイルになってます。本当、図書館様様です。で、読んで感銘を受
けた本はあとで自腹購入。二度手間なんて言わないで下さいね(笑)。ちなみに
そんな自分の(唯一の)愛読雑誌は『ダ・ヴィンチ』です。

                 ◆◇◆◇◆ 

●『魔王』(伊坂幸太郎著、講談社刊)

☆☆☆/2005年、いちばん感銘を受けた本はこれです。読んでいる最中から肌
が粟立って作品にのめり込んでいる自分を感じられましたから。政治がテーマ
になっていてこれほど夢中になった作品は珍しいかも。こういう読みきり短篇
を載せている「エソラ」(季刊誌)もすごいと思いました。伊坂さんでいうと、
上半期に刊行された『死神の精度』のほうもオススメです。読んでしばらく「消
灯ですよー」が口癖になっていたのは秘密です(照)。伊坂さんでいうと、上半
期に刊行された『死神の精度』のほうもオススメです。
 
●『東京タワー』(リリー・フランキー著、扶桑刊)

☆☆☆/今でもまだ口コミ、本屋のPOP、新聞雑誌の書評その他各所で大絶賛さ
れている本作。読んだ人は絶対、リリーさんのおかんに惚れると思います。飾
らない自分を書いたリリーさんにも拍手。幸い私には“この世でいちばんこわ
いこと”がまだ訪れてませんが、いずれそういうときが来るんだなぁ…と考え
させられました。読み終わってから改めて装丁と題字を見ると泣けます。それ
と、久しぶりに東京タワーに登りたく(あるいは、眺めたく)なりました。

●『東京奇譚集』(村上春樹著、新潮社刊)
   
☆☆/『アフターダーク』以来1年ぶりとなる刊行なので買うときからわくわ
くしてました。『スプートニクの恋人』で毛色が変わって、『アフターダーク』
でまた毛色が変わって今度はどんな毛色になっているんだろうと思っていたら、
初期作品の匂いが。昔からの春樹ファンにとっては懐かしさを感じる作品でし
た。
                 ◆◇◆◇◆ 

3冊まで、ということなのでここまで。以下は次点ラインな本です。
                   ▽
●『この本が、世界に存在することに』(角田光代著、メディアファクトリー刊)

☆☆/角田さんが描く“本をめぐる物語”が9篇。どれもこれも読んだあとに
心がふわっと温かくなるものばかりで、中でも「彼と私の本棚」という短篇が
好きです。好きな人と本棚を共有するのって憧れているので。本棚と失恋の関
係性を疑似体験した気分になりました。エッセイ風のあとがき「交際履歴」で
は著者の本に対する想いが書かれていてそれさえもひとつの短篇かのようです。
  
●『風味絶佳』(山田詠美著、文藝春秋刊)
  
☆/詠美さんの作品というと粘着質な恋愛というイメージがあったんですけど、
この作品は全くもって別物。恋愛小説だなぁ、としみじみ感じられる短篇集で
した。どの作品にも手に職を持った男の人が出てきて、彼らが本当、魅力的に
書かれているんですよ。キャラメルの箱を模した装丁にも目を奪われます。

●『いじわるな天使』(穂村弘著、アスペクト刊)

☆☆/ここ最近個人的に注目している歌人・穂村さんの、94年に大和書房から
新書として出ていたものがタイトルを変えて復刊されました。ブラックユーモ
アに満ちた短篇がたまらなく、中でも「ユニコーン・イン・シュガーキューブ」
最高です。短篇でここまで世界観を作り上げられるのか、とはっとされられま
したから。安西水丸さんのふんわりとした画も素敵です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    
             <編集長からもヒトコト>
  
      スタッフがどんな本を読んでいるかは、私も興味津々!
      未読のものは、ぜひ読んでみたいと思ってますが
      選出にも各自それなりに個性が反映されているのでおもしろいです!
      次回はスタッフ ABBYのセレクトをご紹介いたします!
      どんな本が飛び出すか!?お楽しみに!(ゴ)     

| | トラックバック (0)

2006.03.16

ライター追記@『トム・ヤン・クン!』

お疲れ様です。Reikoです。

トレキャ!シネマ番付のこちらの記事へのライター追記です。

トニー・ジャーというアクション・スターのことは、
数年前、マレーシアの英字紙に掲載された
前作『Ong Bak』(原題およびマレーシア公開時のタイトル。
邦題は『マッハ!!!!!!!!』)のレビューで

「タイのジャッキー・チェン。
ワイヤー・アクションやCGを使わない生身のアクション
が炸裂する、この映画を観れば、貴方も絶対ムエタイに
挑戦したくなる!」という感じで絶賛されていました。
で、これはトレキャ!のネタとして面白いと思ったので、
その記事の要約はUPしておいたんです。

その後、DVDソフトの販売店を覗く度に、
『Ong Bak』のポスター(普段はマッチョ系が苦手な私でさえ
「超かっこいい!」と思う背中のアップ)が気になってました。
それでも購入に踏み切れなかったのは、ひとえに
「タイのジャッキー・チェン」という表現が胡散臭かった(笑)
からなんです。
「○○(地名、国名)の××(有名人)」という例えは
よく使われますが、実際は××の足元にも及ばなかったり、
比較の対象が間違ってたりするでしょう?
なんか「名物に美味いものなし」みたいな?(ちょっと違うか…笑)

そうこうするうちに、この映画が日本で公開されて話題になり、
トレキャ!の有料版やシネ番でも紹介され始めました。
そして、我らが編集長のコメント
「記者会見で、トニー・ジャーの跳躍力が本当に半端じゃないことを
目の当たりにして、びっくり!」を読んで、ようやく入手したんです。
ここまで本当に長い道のりでした(笑)が、
なるほど、皆さんが絶賛するとおりでしたよ。

そんなわけで今回の『トム・ヤム・クン!』は、
当地での封切直後、早々にDVDを予約して、一家で楽しみにしてました。

本文でも紹介しましたが、
トニー君(と彼の少年時代を演じた子役君)は象と一緒のシーンが
実に自然で、いい感じです。

今回、コラムを書くにあたり、参考にさせてもらったウェブサイト
(「トニー・ジャー」でググると、実に64万9000件もヒット)の中に
ぞうさん屋」さんのサイトがあり、
ここでは「トニー・ジャーは、これまで放置されていた象の骨を納める、
きちんとしたお墓を作るため、カティン(誰でも主催でき、参加者が
お寺にお金を寄付することにより、徳を積むことができるとされる
仏教のお祭りで)を主催した」と紹介されていました。

彼が映画の中で見せた、象達に向けるあの優しい眼差しと、
彼らを奪った者達に対する怒りは、
実は演技ではないのかもしれません。

上記サイトは、象の保護を目的としたフェア・トレード(公正貿易)
を推進し、象のフンを100%使用して作った環境に優しい紙なども
紹介してますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。

マレーシアでも、密漁や森林伐採による野性動植物種の減少は
深刻な問題ですし、第三世界を中心にした女性や子供の商品化には
強い怒りを覚えているので、つい、この映画に肩入れしちゃいます。

でも、この映画の鑑賞中は、純粋にアクションを楽しむもよし、
随所に挿入されている、タイ人の本音だったり、コミカルだったりする
ディテール(そっくりさんや、他の映画の1シーンの「象」バージョンも
登場)にまで注意を払うもよし。

あ、最後に、 「タイトルバックは絶対お見逃しなく!」
ジャッキー・チェンの映画や前作同様のNG集ですが、
これを観ると、改めて、本編のアクション・シーン撮影のしんどさが
わかるし、前作同様、助演で大活躍する「タイの南伸坊」(笑)氏が
慣れない英語の発音に舌を引きつらせて悪戦苦闘していて笑えます。
 
 

| | トラックバック (1)

2006.03.15

『マニアック&フェチ系アイドル』

ファンの好みも細分化し、アイドルも超個性派?時代に突入!
  
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 ○『受刑者のアイドル』
 ↑刑務所慰問を続けるアイドル
 ○『ボラドル』
 ↑番組の企画から登場したボランティアするアイドル
 ○『ぷにドル』
 ↑ぷにぷに感が受けているみたい
 ○『ウンドル』
 ↑ウンコ座りに萌え!!
 
 
 

| | トラックバック (0)

2006.03.14

『オタ萌えビジネス』

ポスト「メイドカフェ」の座を狙えとばかりに、新たな切り口の萌え系カフェ
が続々登場!とりわけ女性をターゲットにしたものが話題だ。
  
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 ○『執事カフェ』(過去版で紹介済み)
 ↑燕尾服の紳士たちが給仕してくれる!
 ○『執事付きバレンタイン宿泊』
 ↑執事がお世話する1泊100万円のゴージャスプラン
 ○『メイド立ち飲み』
 ↑メイド喫茶のオヤジ版
 ○『乙女カフェ』
 ↑男装の麗人が給仕してくれる!
 ○『オタクエロ』
 ↑オタク世界の実写化
 ○『お宝市場』
 ↑不要なオタクグッズはここで処分
 
 
 

| | トラックバック (0)

2006.03.13

『大人の「塗り絵」が密かに人気』

絵心が無くてもアート気分を楽しめ、ストレス解消などのセラピー効果に加え、
脳の活性化も期待できると、塗り絵が大人たちの間でブームに。
 
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 ○『塗り絵セラピー』(過去版で紹介済み)
 ↑名画を下絵にした「大人の塗り絵」が人気:日経Health 2006.3(P10~)
 ○『大人の塗り絵』(過去版で紹介済み)
 ↑“脳力アップ”で静かなブーム:ダカーポ 3/1(P128~)
 ↑想定外の大ヒット!大人が楽しむぬり絵:WBS 2/14
 
 
 

| | トラックバック (0)

2006.03.11

シャーリーズ・セロン@『イーオン・フラックス』

2004年度トレキャ!シネマ番付下半期1位に輝いた『モンスター』
アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した シャーリーズ・セロンが
本日公開の『イーオン・フラックス
eaon1
をひっさげて3年ぶりの来日。

映画では髪をブラックに染めてイーオンになりきっていたセロンだが、
記者会見当日はいつもの美しいブロンドをタイトにまとめて登場!
P3080824 P3080836
生でもほんとにビューティフォ~♪

P3080826 P3080830

◆『今回はいかにセリフを言わずに、体を使って表現するかが問われた。
  体を使ってストーリーを語ることはバレエで学んだが、そのルーツに再度
  チャレンジしたかった』

◆『肉体改造のため毎日1日5時間、マーシャルアートなどトレーニングをした。
  シルク・ド・ソレイユの人からは柔軟性も鍛えてもらった』

 
  (※シルク・ド・ソレイユについては 
    トレキャ!のこちらこちらの記事も要チェック!)

◆『指導者の言いなりになるのはなく、ヒロインはいろんな疑問を抱きながら
  自分で考えて行動するタイプ。そんなところは自分と似てるかも。
  でも、ジャーリーズ・セロンとしてどう反応するか、と、イーオンならどう反応
  するかは別のこと。常にそれを意識しないといけないと思っている』
 
                      ◆◇◆

◆『イーオン・フラックス』(AEON FLUX)
eaon2
(C)2005 Paramount Pictures. All Rights Reserved

2011年、品種改良による麦から発生したウィルスによって人類の99%が死亡。
生き残った500万人の人類は汚染された外界から壁で隔てられた都市内で政府
の圧制の下に暮らしていた。その400年後、反政府組織に属する全身武器の
革命戦士イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)に虚偽と秘密に覆わ
れた未来都市の君主暗殺への指令が下る…。

<見どころ!> 
手足の長いセロンが「シルク・ド・ソレイユ」の選手から訓練を受けたという
アクロバティックなアクション!『モンスター』をはじめ、役作りには定評の
あるセロンの戦士ぶりをじっくりとご堪能あれ!(ゴ)
 
監督:カリン・クサマ
出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカスほか
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
公開:3月11日より日劇1ほか東宝洋画系にてロードショー

| | トラックバック (1)

シン・シティ

トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト第9位作品『シン・シティ

↓DVD情報
↓ブック発売中(洋書)  ↓サントラも発売中
1933104007     B0007XT7TK


制作発表時の記者会見にて(2005.9/26)
P9260415  P9260412
左から、フランク・ミラー、デヴォン青木、ブリタニー・マーフィー、ミッキー・ローク
右写真中央は、ミッキーとボクサーつながりのご縁で花束ゲストの輪島功一。

フランク「『シン・シティ2』の脚本はもうすぐ出来上がり、1月から撮影が
           始まるが、キャストは何人か戻ってくれる予定」

                ◆◇◆

ゴ:☆☆/少女の身を案じる老警官、一夜を過ごした娼婦の仇討ちに挑む犯罪者
  など、悪徳の街シン・シティに生きる男女を描くハードボイルド群像劇。ロバー
  ト・ロドリゲス監督が、人気コミック「シン・シティ」を原作者フランク・ミ ラーを共
  同監督に招き、俳優以外はすべてCG映像という手法でカット割もアングルも原
  作にほぼ忠実に再現。これまでに見たことのない映像にまず、度肝抜 かれま
  す。「エロかっこいい」ならぬ、「グロかっこいい」映画!
   
雲:☆☆/わしの尾てい骨をゾクッとさせたのは、小憎たらしい映像処理や。モノ
  トーンを基調にして、ポイントになるとこだけ色つけとるんや。警察も手を出せん
  無法地帯、こんな夢のような暴力シティ(どんな夢やねん)での話や。男がたっ
  た一人で敵をやっつける一匹狼の美学と、女が妖しく魅力的に描かれとって、
  これぞ映画、活動写真やと思う。カラーやとかなりエグいシーン満載やけど、嫌
  悪感がないのは画像処理と悪のおとぎ話感じゃろう。リアリティを徹底して排し
  た「ワルの街」は、これでなかなか魅力的ではあったのじゃ。

A:▼▼▼/またまた人気アメコミの映画化かよ、そんな軽い気持ちで観に行った
  ら、あまりのえげつなさにギャフン(涙)。次から次へと並み居るハリウッドスター
  がカメオ出演するもワタシには全く意味をなさず。暴力描写が苦手なもんで、
  上映直後から既にウンザリ。退席を迷っているうちにデニトロ兄さんがいつのま
  にか生首になってて・・・。あれは笑った。笑うしかないでしょ。観ようによっては
  スタイリッシュな映像よねなどと自分をはげましつつ鑑賞続行するも、イエロー・
  バスタードって化け物には堪忍袋の緒が切れました。あの黄色いヤツの股間が
  撃たれてドヒャー…

  (トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト~より抜粋)


| | トラックバック (0)

2006.03.10

シネ・ビズ情報From「シネ番」

 メルマガ「トレキャ!シネマ番付」の常設コーナーより情報抜粋。
 
 ◆◆◆◆◆◆……………………シネ・ビズ情報……………………◆◆◆◆◆◆
 
   
 ■シネマ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
      最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!

 ◆……………………………………………………………………………【全51本】
          ~シネマ関連トレンド☆フラッシュ!~
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>

          「◎」印→ソフト系ネタ
          「○」印→ハード系ネタ
          「●」印→海外流行ネタ

 ◎『文庫版+映画前売り券』→「ダヴィンチコード」文庫版、前売り券付で販売
 ◎『邦画に注目』→興業収入もハリウッド映画並に。大作続く日本映画界
 ◎『長州ファイブ』→長州藩5人の志士を描く映画の制作へ
 ◎『アニメキャラビジネス』→映画公開に先駆けキャラ商品の開発に着手
 ◎『東京観光「映画タイアップコース」』→↑史上初!のはとバスコース
 ◎『宮崎駿監督新作短編アニメ映画』→三鷹の森ジブリ美術館で3/13日まで上映
 ◎『ヤフー映画制作参加』→ヤフーが映画制作に出資
 ◎『立体映像版チキン・リトル』→ディズニーアニメを立体映像で上映
 ◎『ロケ地見学ツアー』→「 単騎、千里を走る。」でも。
 ◎『ゲド戦記』→「ハウル」に続くジブリの新作が来年7月公開
 ◎『映画などで街活性化』→映画制作から劇場改装まで
 ◎『「コアラ課長」コラボカフェ』→映画にちなんだコラボメニューも!
 ◎『ヘレン・ケラーを知っていますか?』→下関市で日本のヘレンケラー映画化
 ◎『ポーション』→FFワールドの超定番アイテムをリアルで商品化
 ◎『仕立て屋スタジオジブリ』→「マックロクロスケ」シャツもあるよ
 ◎『犬神家の一族』→市川崑×石坂浩二の黄金コンビで30年前の恐怖再び…
 ◎『みんなが泣いた映画』→みんなはこんな映画で泣きました
 ◎『グレタ・ガルボ』→モンブラン初の女性向け筆記具誕生
 ◎『洋画の日本語吹き替え』→高齢化社会の影響で劇場でも日本語吹替え人気
 ◎『YOKOHAMA恋愛サミット2006』→日韓俳優による恋の講座&コンサート
 ○『携帯電話向け試写会』→日本で初めての試み「シムソンズ」試写を携帯で
 ○『1ビットシアターラックシステム』→狭い部屋でも映画館並みの臨場感
 ○『第二次シネコンブーム』→シネコン開業ラッッシュと新サービス
 ○『CINEMART(シネマート)六本木』→日本初のアジア専門映画館誕生
 ○『シアターN渋谷』→老舗ミニシアター跡に新シアター誕生
 ○『一角座』→国立博物館でインモラルな世界を上映
 ○『超高級映画館』→奈良の老舗旅館が超高級映画館にリニューアル!
 ○『デジタルシネマ』→撮影から上映まで全てデジタル処理した映画公開
 ○『サーモキー』→温度の差をもとに人間だけをくり抜いた画像リアルタイムで
 ○『USJ新アトラクション』→今夏から来春にかけ続々導入!
 ○『UMD』→映画ソフトの救世主に?DVDに代わる新メディア
 ●『ブロークバック・マウンテン』→カウボーイ同士の悲恋を描いた話題の映画
 ●『カウボーイブーム』→映画「ブローバック~」の人気が追い風に
 ●『ジャポニズムの大流行』→「SAYURI」公開で米で日本の伝統文化関連商品人気
 ●『ブリンク』→レオ様主演で映画化!?人の直観力をテーマにしたnonfiction
 ●『非主流系映画』→日本、韓国、中国モノが特に人気
 ●『FFF』→ポルノを森林保護活動に役立てる団体
 ●『ハリウッドは陰鬱系』→米世相反映?政治色の強い陰鬱シリアス映画が人気
 ●『ニットカフェ』→女優J.ロバーツの影響で米でも手編みが人気
 ●『レイチェル・ゾエ』→ハリウッドのおしゃれ番長といえばこの人!
 ●『ファッション界でモノクロの復活』→火付け役は映画
 ●『カチューシャ』→海外セレブの間でもブレイク中!
 ●『セレブの自分イメージ香水』→歌手や俳優、スポーツ選手に実業家まで
 ●『ナルニア国物語第2章製作決定』→今年最話題の映画の続編が正式決定
 ●『ロイ・リー』→アジアホラーを売り込むカリスマ・リメーク王
 ●『煙の立つところにセレブあり?』→喫煙中をパパラッチされるアイドル急増
 ●『オープンシーズン』→ソニーピクチャーズの総CGアニメ
 ●『ロッキー・バルボア』→ハリウッドは過去の名作のリメークが流行中
 ●『クライング・フィスト』→「殴られ屋」が韓国映画のモデルに
 ●『イエスの1年間』→映画化も!イエスと応え続けた体験本が話題!
 ●『エイト・ビロウ』→「南極物語」のリメーク版が米国初登場1位に


 ┌─────────────────────────────────┐
                 ★過去ネタ閲覧→ こちらから
 └─────────────────────────────────┘

 ◆……………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌─────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌
  └→『パワースポット』『ヒーリング・カード』『ゴースト・スクール』等
  ○【ドラ番】→
  └→ 『劇中CM』『デスノート』『殺陣教室』『ウルトラマンの街』等
  ○【マーケ
  └→ 『女友達との過ごし方』等
 └─────────────────────────────────┘
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以上、<「トレキャ!シネマ番付」最新号(’05下半期番付3/11号)>掲載分

| | トラックバック (0)

『フライ,ダディ,フライ』

トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト第5位作品

↓DVD発売中!  ↓メイキングも発売中!
B000A16D32  B0009EVILC

制作発表時の記者会見にて
P6010224
スンシン役の岡田君&“おっさん”役の堤氏

岡田「役柄上、体を大きくする必要があってトレーニングで肉体改造をし、胸
   板も7~8cm厚くなった。でも撮影修了後には元に戻っちゃったけど」

堤 「僕はサウナに行くばっかリですから…マシンは3日坊主でした。
   スイマセン、役作り何もしてません(笑)!!」

                ◆◇◆

P:☆☆☆/キャスティングの妙。原作と映画のシンクロ率が高かったです。鈴木
  一さんを見事に演じきった堤さんに拍手。バスとの競争シーンとか、ついつい
  手に汗にぎっちゃいました。原作に忠実に鈴木さん目線で話が進んだことが共
  鳴できた要因でしょうね。オープニングの病院のシーンで水滴の音に心拍数を
  あてる演出がうまいな、と思いました。須藤元気のニヤけっぷりは嫌味なほど
  に石原の腹黒さを表してたなぁ…。そうそう、客層が大きく二分されていたの
  も面白かったです。岡田くんの(作り上げられた)カラダ目当ての人と中高年
  のオジサン。まぁ、自分はそのどっちにも属さないわけだったのですが。
 
A:☆/ハイ!ワタシは岡田君のカラダ目当てのオバサンです(笑)。いつのまに
  あんなにしなやかで俊敏で美しいカラダを造りあげたの?と目がクギ漬けにな
  っちゃいました。岡田君ばかりでなく、堤真一もアッパレだった。あのオヤジ
  (失礼)、近頃気になってしょうがない役者さんです。

ゴ:☆/堤真一って、作品選びがウマイよねー。当番付エントリー作だけでも、彼
  が主演した映画は、2005年度当シネマ番付1位の『ALWAYS 三丁目の夕日』
  そしてこの『フライ,ダディ,フライ』『姑獲鳥の夏』と3作もある。まあ『姑獲鳥~』は
  ワーストの方だったけどね(笑)。でもそれだけ印象に残る作品に主演してるって
  ことでしょ。なかでも主演として突出してたのがこの『フライ,ダディ,フライ』。

  (トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト~より抜粋)

| | トラックバック (0)

2006.03.09

『トム・ヤン・クン!』

※メルマガ「トレキャ!シネマ番付」(3/12号)の連載コーナーには収納できな
 かったコラムを、ブログに掲載。

◆◆◆◆◆◆………………海外発!シネマ情報…………………◆◆◆◆◆◆
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇ 『トム・ヤム・クン!』 (GW公開予定作品)
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                      TEXT by Reiko

                   <タイ編>

        タイが世界のアクション映画ファンに贈る超大作!
  
                   ◆◇◆◇◆ 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、初めての主演作品『マッハ!!!!!!』(!は一体いくつあれば正解なのか?
笑)で、「ジャッキー・チェン、ジェット・リーの真の後継者現る!」と話題を呼んだト
ニー・ジャーの『トム・ヤム・クン!』です。前作を観た人ならわかると思いますが、
彼は今後、タイのエンタメ業界最大のドル箱になると予想されています。そんなわ
けで、この映画には約3億バーツ(約9億円)の制作費が投入され、昨年7月末に
開かれたワールド・プレミエには同国政府を通して、各国の配給会社が多数招待
されたとか。こうした言わば「国家的プロジェクト」だけに随所に気合の入りまくった、
かなりの娯楽大作に仕上がっていると思います。
                       ◇                 
ストーリーは、象と家族同然に育った青年が、中国系マフィアによってオーストラリ
アに連れ去られた象の親子を取り戻しに行く…というものですが、冒頭のシーンが
実に牧歌的で、これが激し過ぎるほどのアクションが続いた後のラストにうまく活か
されています。前作ではタイトルバックのNG集以外、笑顔のショットはなかったと
記憶しているトニー君ですが、今回は象と一緒のシーンで素朴な笑顔、信頼や安
らぎを感じさせる表情が見られ、私の中での好感度がさらにアップ。

象の登場する場面の演出や、この映画のコンセプトにはきっと、お父様が象使いで、
実家でも象を飼っているというトニー君の経験や思いが色濃く反映されているので
しょう。それと、タイでの撮影シーンには、海外市場を意識してか、「古式ムエタイを
含めタイの伝統文化を残し、広めたい」というトニー君の意向からか、有名な水掛け
祭や伝統舞踊、象使いや市井の人々の日常が描かれた興味深いシーンが続きます。
                       ◇
肝心のアクションですが、今回もトニー君の鍛えぬかれた身体から繰り出される動
きや技は実にダイナミックかつ多彩で、本当に凄いスターが現れたものだと感心し
ます。前作では、本格的な格闘シーンまでにかなり間があったと思いますが、
今回は手に汗握る場面がタイミングよく入り、スピーディな展開。悪役の皆さん(笑)
もいろんなタイプがいて、格闘技好きには堪えられないはずですし、中国系マフィア
の下っ端として欧米ストリート系ギャングが大挙して登場する場面は、香港産の一
般的なカンフー映画にはない、「今」を意識した作りかもしれません。

ただ、映画が大詰めを迎える最後の30分弱が私的にはToo muchでした。もちろ
ん不要とか、そういうことではなく、あくまでも「やり過ぎ」という意味で。ネタバレ
ご免で言わせてもらえば、「100斬り」ならぬ、「100人折り」的シーン、骨の折れる
音がわざとらしくて、気持ち悪くなっちゃいましたよ。あと怪物(のような人)達を相
手に死闘を展開するラストのトニー君も、「象と一心同体」という意図はわかります
が、あの格好はかなり疑問です。でも、前作の文化遺産の略奪同様、保護動物
の密漁&密輸、国際的人身売買など、タイの直面する深刻な問題もきっちり描か
れた、一見の価値ある映画だと思います。
                   ▽  
☆当コラムについて、ライターの追記をこちらにUP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】
  
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>
  ・『キング・オブ・ボリウッド~シャルク・カーン』<インド編>
  ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>
  ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>
  ・『新星“ニコラス・サプトラ”は要チェック』<インドネシア編>

 ┌───────────────────────────────┐
              ★過去ネタ閲覧→ こちらから
 └───────────────────────────────┘

| | トラックバック (0)

2006.03.05

06年02月度「トレンド情報」総棚卸し

2月度中に配信したトレキャ!の各種メルマガ
このブログで取り上げてきた注目すべきモノ・コトたちを並べてみました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

○『2006春 最新デジカメ』○『アブソルート・アイスバー』◎『スタジオライフ』
○『大奥』○『そうざいの会』○『洒落男(シャレオ)』◎『ヒゲトリマー』
◎『ニットカフェ/ニットアウト』○『チア☆ボーイズ』○『押忍!手芸部』
○『男性のブラ購入』◎『男性のプチ整形』○『男クサイ男の復権』
○『紙ジャケ再発CD』○『109に男性フロア』◎『スピリチュアル・ワールド』
○『月刊psiko(プシコ)』○『エハラー現象』○『占い市場』○『旅ネット四国』
◎『ヒーリング・カード』○『開運お守りブザー』○『お守り系アクセサリー』
○『沖縄料理のCD』○『HIGH and MIGHTY COLOR』○『沖縄黒糖パン』
○『沖縄カップ麺』◎『らくがきパズル』◎『点滴バー』○『ポワヴリエ』
◎『サビだけクラシックCD』○『フォーク復活』◎『DJ選択ラジオ』
○『セレブ・シャンパン・ゴールドコース(シーズ・ラボ表参道)』○『都心スパ』
○『湯巡り万華郷』○『タカミ メディカルスパ』△『ユーバスRoyal』
◎『表参道ヒルズ』○『MEETS PORT(ミーツポート)』○『せとうち夢中館』
○『よしもとゲームアミュージアム』○『横浜にブロードウェー』○『時雨殿』
○『投資が進む娯楽商業施設』○『東京ディズニーランドホテル』
◎『はとバス子供ガイド』○『新人歌手同行ツアー』◎『有料制キッズパーク』
○『醤遊王国』○『若者島体験塾』○『修学旅行を動画配信』○『FOMA SA800i』 
○『ジュニアケータイ』○『外国籍児童向けフリースクール』○『womama』
◎『教育シッター(アートシッター)』○『瞬間変身フッテパットゼリー』
◎『おまけ機能つき防犯ブザー』○『マタニティアロマ プラン』
○『ベネッセ次世代育成研究所』◎『脳力ゲーム』○『脳トレ計算機』
◎『ピオンズ PC版』◎『立体パズル』○『今、携帯ゲームが面白い!!』
○『楽しい脳トレ 監修版』◎『脳の若返り』○『楽ちん北海道スキーツアー』
◎『ニンテンドーDSLite』○『邦画に注目』○『犬神家の一族』
○『CINEMART(シネマート)六本木』○『なりきりギター・ヒーロー ギタカラ!』
○『コンプリートセレクション 仮面ライダー新1号 変身ベルト』
○『塗り絵セラピー』◎『大人の塗り絵』◎『ぱちんこ 冬のソナタ』
○『「冬のソナタ」パチンコ台』○『スカイワン』○『TOMITECH エアロソアラ』
○『ガチャガチャ』○『グリコ小さな絵本』○『スポーツ吹矢』○『リアルおもちゃ』
○『ミニ絵本』○『ポップアップ絵本』○『古典芸能ブーム』○『紅天女』
○『泡沫(うたかた)の恋』△『現代版組踊』○『名探偵コナングッズ』
○『岡本太郎ブーム』○『PUFFY本』○『CancamとLEON』○『お姉さん系Cancam』
○『全日本ウィンタースポーツ専門学校』○『スポーツウエア』
△『トリノツアー苦戦中』△『サッカー日本代表時計』◎『カーリングが人気』
○『+F50 TUNIT(プラス エフ フィフティ チューニット)』 
○『インテリゴーグル』○『ケルティック.ウーマン』○『WBC』
◎『シーソー・シューズ』○『バランストレーナー』○『トリノオリンピック商戦』
○『ベビースターワールドヌードル』○『ムーヴ ラテ MOYU(モユ)』
○『殺陣教室』◎『budoukon(武道魂)』◎『漢方スクール』
○『ボディコア・エクササイズ』△『ねこにゃんぼぅ』○『昭和アニメのキャラ』
○『TOKYO Hipsters club』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『りはめより100倍恐ろしい』○『携帯電話向け試写会』◎『メールdeギフト』
◎『3.5世代携帯端末』◎『携帯春の新機種』◎『携帯新機能』○『neon』 
○『ソニーマウストーク』○『USBでキレイになる???』○『DVD-LX97』
○『USBで秘密基地をつくろう』○『Finger Print Access Ver2.0シリーズ』
◎『どうなる?地上デジタル放送』○『ワンセグ・サービス』◎『新SDムービー』
○『メモリーカードビデオカメラ』○『μ720SW』○『LUMIX・DMC-FX01』
○『ハンディカム HDR-HC3』○『2006春 最新デジカメ』○『トーキングピクチャー』
○『色光(しきこう)ピアノ』○『犯罪を減らす色は「青」』
○『W41CA』○『なるパネ』○『携帯電話向け多言語対応地図情報サービス』 
◎『言花 KOTOHANA』○『200VビルトインIHクッキングヒーター』 
○『しゃべレター』○『ワンタイムパスワード』○『HDDデータ復旧サービス』 
○『盗撮カメラ設置対策検知通報装置』○『顔認証技術』○『たんふんぼう』
○『Finger Print Access Ver2.0シリーズ』○『X800 3Dバイザー』
◎『ファインド・イット・ユニバーサル・リモート』○『JWord』
○『レーザーシールド・インスタント・セキュリティー・システム』
○『JWordレギュラーナンバーTELLINK』○『「ケータイメアド」サービス』 
○『ここデンチュ』○『お買い物ナビカート』○『ネットスーパー』
○『おサイフケータイ』○『au ショッピング モール』○『エクスプレスポス』 
△『通販旬報』○『STYLICS』○『DVDレコーダー』△『SA8001』
△『P-03Universal』○『ラップ口座』○『ぐるなびシニア~50歳未満お断り~』 
○『食べログ.com』○『たびペディア』○『趣味ログ』 
○『舞妓ブログが大人気』○『アルファブロガー』○『バイラルCM』
◎『サービスロボット』○『Meet Ball』○『食器片づけロボット』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『新型“人形”プリクラ』○『卒業メモリアルベア』○『卒業記念ベア』
○『MEDIC INFO CASUAL』○『DNA入りペンダント』○『食材宅配ビジネス』
○『フラワーレシピ』◎『REフラワー』○『フロレアル』○『フェイクグリーン』
◎『プリペイドギフトカード』○『チケットレスギフトサービス』○『テラカード』
○『しゃべレター』○『7つ星ホテルのシェフがプロデュースする機内食』 
○『空スイーツ』○『格安結婚式』○『超富裕層向け海外挙式ツアー』
○『ベスト就職本』○『求人広告の動画配信』△『ATX300』△『転職サービス』
○『就職ショップ』○『多様化する人材派遣サービス』◎『弁護士ドットコム』
○『プライベートなソムリエ』○『コンビニ野菜ソムリエ』
◎『ユア・セクレタリー(あなたの秘書役)』◎『パーソナルスタイリスト』
○『ポルシェで送迎』○『定額サービス』○『ばら売り』◎『アイデア茶碗』
○『食器洗い乾燥機』◎『サプリメントつきコンビニ弁当』
○『雑穀エキスパートのお弁当』○『OOH(アウト・オブ・ホーム・メディア)』
○『FREE FORMAT』○『電車で演劇』○『BB・つばめ』○『びゅーちふるず』
△『両さん銅像』○『古民家民宿』○『ニッポン全国名産品タウンページ』
△『奄美しちもんにゃ?奄美っち、すごいんど~』○『プロントプロント?』
○『New パンダ アレッシィ』○『メルセデス・ベンツ特別仕様車』
◎『ポール・バセット』△『GABAN POTATO CHIPS』○『なんつッ亭 味めぐり』
○『Cafe Boulder(カフェ ボールダー)上野広小路店』○『スーパーセンター』
◎『コンビニ新サービス』◎『新形態のコンビニ』◎『エーピー・エンタ』
○『進化し続けるコンビニ』○『ナチュラルローソン』
○『増える駅ナカコンビニ』○『駅ナカコンビニ』○『ファストカジュアル』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎『マリンテイスト』◎『ボーダー』◎『花柄ワンピ』○『モノクロの復活』
○『古代ギリシャモチーフ』○『白』○『フィット・オン・トラウザーズ』
○『スピード LeLe nata(ルルナータ)』○『四都物語』○『No More Tears』
○『Cisty』○『オリビエセーフティーダイオード』◎『Eテキスタイル』
○『ミゼッゼ』○『ジーノ・アミノファインルージュ』
○『ヴィナージュ ナチュラル』○『スタイリス ボディ タイトナー』
○『チョコレートコスメ』○『チョコで美しく!』◎『チョコスパ』
○『マシュマロローション』○『チョコレート・カフェ』○『髪飾り』
◎『カチューシャ』○『アプレシオ エクステンション』○『キャトルボーテ』
○『ネイルステーションエクスプレス』○『ZARA』○『クイック豊胸手術』
◎『ショートパンツ』○『春ブーツ』○『春ウエスタンブーツ』
○『エディターズ・バッグ』○『恵方巻き』◎『ソイハム』
○『W(ダブリュー)シリーズ』○『ゴマペプ茶』◎『メルロー・リスベラ』
○『高濃度茶カテキン飲料によるアレルギー性鼻炎の改善効果』 
○『アホエン健康油』◎『ビューティスイーツ』
○『ひなまつり米粉と豆乳クリームのケーキ』○『べにふうき緑茶』
○『カツオ節』○『肝油』○『飲酢』○『機能米』○『健康系カクテル』
◎『世界の卵酒』○『バランスアップ ベイカーズ くるみと黒糖』
○『まゆたま』○『足裏デトックスシート』○『ラディカルデトックス』
○『カップル・バレル』△『腸キレイ食』◎『デトックス鍋』
◎『メルロー・リスベラ』△『シャトー・メルシャン甲州きいろ香2005』
○『カフェ・ド・パリ 桜の香り』○『バロークス』◎『ジビエ』
○『エゾシカ料理』○『エゾシカ肉フェア』◎『ダチョウ肉ブーム再来?』
○『羊肉の串焼き』○『グラパラリーフ』◎『オーガニックレストラン』
○『旬菜食健 ひな野』○『たら坊くん』○『赤汁』○『ベジテリア』
◎『スナックパイン』◎『ミラクルフルーツタブレット』○『中国汁粉』
○『あったかスイーツ』◎『みそフレンチ』○『烏龍茶飯』◎『和食パン』 
○『ギッフェリ』○『あんぱん博覧会』◎『パンケーキ・デイズ』○『パンの耳』
○『大人が楽しむ未体験レストラン&バー』○『アブソルート・アイスバー東京』
○『アブソルート・アイスバー』○『アイスバー』○『アイス・バー』
○『マダム・シルキュ』○『泡沫(うたかた)の恋』○『WATERLINE』
△『ガールズバー』○『茶わんかすてら』○『瞬間変身フッテパットゼリー』
○『な・め~る』◎『マミドバーガー』○『花粉飛散予測情報』
○『ホテルの花粉症緩和プラン』○『ポラン・シールド(花粉症対策)』
○『ドクター・アロマッチ』◎『花粉症対策フロア』○『最新空気清浄機』
○『佐藤博士の花粉の季節ミスト』○『花粉症対策グッズ』
○『ホシ姫サマ 壁付けコンパクトサイズ』○『メガネレンズの曇り止め』
○『炊飯器調理』○『バレンタイン高級プレゼント』
○『クールビーン&ココアボン』○『今年のバレンタインの傾向』 
○『今年のバレンタインチョコは?』○『モデルが選ぶチョコレート』
○『バレンタイン和菓子』○『おおきな勇気をくれるパイの実』
○『韓国焼酎チョコレート』○『幸福の豚チョコレート』
◎『チョコレートビール』○『ショコラ男性』○『男性好みのスイーツ』
○『高カカオチョコ』○『アセロラ黒酢ショコラ』○『盤菜』
○『食品パッケージ』○『ペットボトル入りワイン』○『ウイスキー復権』
△『シャトー・メルシャン甲州きいろ香2005』○『バロークス』
○『古代米を使った日本酒』○『ウイスキー復活』○『白州18年』
○『いまきてクーポン』◎『2006年に流行するもの』○『リサイクルアート』
○『ゴムの木玩具』○『エコビレッジ』○『ぜんまい式自転車』
○『UD(ユニバーサルデザイン)研究所』○『ウォッシュレット NEW SB/SC』
○『カフェバー』◎『お直しサービス』○『三角ブラジャー』
△『UDウォッチ』○『旬彩酒房 憲晴百(けんはっぴゃく)』○『営業甲子園』
○『ケータリングデリバリーgigi』○『シャンパン』○『Revers』○『塩』
◎『丼ブッフェ』◎『10円まんじゅう』○『TacoSmile』◎『梅酒バー』
○『プラムガーデン梅椿 銀座店』△『横浜カレーミュージアム黒カレー』
○『FISHCAKE&DELI(フィッシュケーキアンドデリ)』○『ディアスープ』
◎『チーズセミナー』○『珍ようかん』○『ローフード』
◎『マスター・オブ・フード』◎『スチームフード』○『水タバコ』
△『砂漠系コスメ』○『SKI DUBAI』○『栃の味(み)』○『九州駅弁ランキング』
○『青森おでん』○『地サイダー』○『広島ゆめてらす』
○『横浜 復元ビールの会』○『B1グランプリ』
◎『Town's Navel(タウンズネイブル)』○『宮古ビデンス・ピローサ』
○『宮崎の酒 かすなもん(一番いいもの)』○『角館オードパルファム』
○『いわて銀河プラザ』△『まりひめ』○『ニート就農支援事業』
○『週末農業』○『The SCARE』○『別荘付きマンション』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『泣きの健康効果』○『週末号泣』○『みんなが泣いた作品』○『笑い療法士』
○『口腔ケア用品』○『ドライマウス(口腔乾燥症)』◎『オゾン治療』○『ドルツ』 
○『結婚契約書』○『夫婦の性生活満足度』○『性犯罪護身グッズ』
◎『セックス レスキュー』○『恋愛指南ブーム』○『喫煙者はモテない!?』
○『ランチ・デート仲介サービス』○『男は容姿、女はユーモアのセンス』
◎『復縁屋』○『AKB48』○『秋葉原学校』◎『キバ女』○『受刑者のアイドル』
○『ウンドル』△『ボラドル』○『ぷにドル』○『オタクエロ』○『お宝市場』
◎『執事カフェ』○『乙女カフェ』○『執事付きバレンタイン宿泊』
○『メイド立ち飲み』◎『コスプレカフェ』△『ハプニングバー』◎『美女と野獣』
○『縛られストラップ』○『エポカ』○『モーニングアフターピル』
○『HIV在宅自己検査キット』○『チェックワンデジタル』◎『エロコト(仮)』
◎『LOHASなエログッズ』○『FFF』○『スロー・セックス』○『オナホール』
○『オナカップ』○『ニート就農支援事業』◎『ネオニート』○『若者島体験塾』
○『ペット仏壇』○『高級ペット向けサービス』◎『ランズ・バー』
○『「ペット可」マンション』○『犬用リンスインシャンプー』
○『ペット用ファブリーズ』○『ペットのホームステイ』○『うさぎカフェ』
○『わんこの広場』△『立つアライグマ』○『愛犬用マット』
○『犬のフリーダンス』○『アジアでも犬ブーム』○『小型犬ブーム』
○『ミミチュア』◎『耳ケア』○『眉ケア中心のサロン』
○『おしゃれをする際に手本とする有名人・芸能人』△『レーザー刺しゅう羽二重』
◎『かぎ針編み』○『「最も粋な英国女性」歴代一位はケイト・モス』
○『ニューヨーク国際ギフトフェア』○『京都・季刊誌』△『金沢撫子』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『美少女刑事モノ』○『1ビットシアターラックシステム AN-45T1』
○『映画などで街活性化』○『カウボーイブーム』○『エイト・ビロウ』
○『プチ秘湯』○『フリッジギアーズ』○『反復運動過多損傷(RSI)』
○『男性の乳がん』◎『低脂肪信仰はキケン』◎『ブレイクスルーカフェ』
○『カード納税』△『無線LANを活用した店舗情報の配信実験』
○『細菌まみれのカートの取っ手』○『スピードレイ3000(SpeedRay 3000)』
○『大阪におい地図』○『オレキエッテ』△『マジスパ』△『流転の記、時守』
△『山の魂(こん)』△『陽水公園』○『氷のタケノコ』△『黒色薩摩切子』
○『ガンを嗅ぎわけられる犬』◎『The Flavor Point Diet』○『ロートルリブ』
○『e・l・f・(エルフ)』○『ウォッカ品切れの危機』○『うさぎ屋』
○『スカイスカウト(SkyScout)』○『尾道帆布製ランドセル』
○『和歌山関空ショールーム』○『外国人向け献立表』◎『みやことシリーズ』
○『九大あかでみっくらんたん』△『B.S.ocean』○『冷菜つけ麺 凛・凛』
○『スーパーで住民票を取得』○『大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館』
○『QQデザート』○『モスライスバーガー カツカレー』○『阿木山麗子』
○『大阪ナイトカルチャー』△『榎忠展』○『社内監視システム』
○『筋肉ミュージカル』○『ストーカーと呼ばないで』○『cafe-B』
△『たまごっちのカードゲーム』◎『クリーニング店のサービス』
○『地上で熟睡するコアラ』△『機動戦士ガンダムカードビルダー』
○『SUUNTO G6』○『気まぐれデイジーのお気に入り』
◎『新癒し系キャラクター』△『つるりとさらり』○『目標達成サイト』
○『大田原牛』○『多視点画像解析システム』○『はなれ碧のヨナ』
○『ゼスト』○『今日からマ王!』○『ひな人形持ち寄り展示』
○『モデくる』○『ケータイウォレット』○『ズバリ要約』 
◎『日本サイバー大学』○『竹千代』○『真ん中demoマウス』○『異色投資』
◎『進んだ自動販売機』○『時代屋』○『銀行会員サービス』△『投資クラブ』
○『変貌するひな祭り』○『東京-上海当日便(仮称)』○『ドゥ・ラ・メール』
○『食のVMD』○『pbi(ペーベーイー)、epom(エポム)』○『アクシー』
△『Chloe Aoyama』△『Maxi表参道店』○『cherry』○『Cher 代官山』
△『ブラッドラインbyBB』○『オープントゥパンプス』◎『スキニーデニム』
○『MACとディズニーのコラボリップ』○『コントワー・デ・コトニエ(CDC)』
○『黒崎えり子デザインのホワイトデー限定ペンダント』○『個性派ランプ』
○『ハイテク素材の宝飾品』○『ネイルスタジオ asa』○『マッサージチェア』
○『ガルシア マルケス ゴーシュ』△『アクセサライズ』○『CREO』
○『アーチハンモック』○『こっそりシェイプアップ』○『ナチュラルヌードル』
○『華羅魔無威(からまない)』○『通販の珍商品』○『SUQQU(スック)』
○『ろうそくシリーズそよぎ』◎『アナモーフィックカップ』○『~カワ造語』
◎『ゆるゆるマッサージ』○『くすりを包んで飲むゼリー』○『キダルト』
○『エランシル リポリデューサー』○『顔鍼』△『新モルツ』○『BARカルマ』 
○『ギンザ・ビューティー・イン』○『昭島育ちのカリンちゃん』
△『八丁みそ煮込みうどんまん』○『「マーロウ」の焼きプリン』
○『とりあえずから揚げ』◎『カップ酒』△『アサヒ本チューハイ』
○『キャンパスカフェ』○『炭火焼鳥鶏あえず』△『抹茶ミルキー袋』
○『ハバネロ牛丼』○『エチゼンクラゲ くらげポンチ』◎『チャメ』
○『にゅうめんでっせ』△『ビッグスイーツ』○『NUDA(ヌューダ)』
○『栗原さんちのおすそわけ ココナツバナナプティング』○『宴会サプリ』
○『体のカビ.jp』 ○『栗原さんのココナツバナナプディング』
○『Cafe&Dining JAPAGO(ジャパゴ)』○『電気用品安全法』○『セミAV』
○『ミストプラス』○『置き型ファブリーズ』○『サーモフォーカス』
○『α-gel(アルファゲル)』○『皮革製品用洗剤』○『マグロのぼり』
○『ゴルフ灰皿ライターセット』○『ホワイトライン・プチモ』
○『アロマシャンプー』○『変わるキッチン』◎『ペットボトル加湿器』
○『ayur chair』◎『フィジオンXP』○『リトラコン』△『ハトヨラズ』
○『アンチエイジング専門クリニック』△『チルド(冷蔵)カップコーヒー』
○『水虫予防せっけん』◎『ドラム式洗濯乾燥機「アクア」』○『シエス』
○『インテリアに進化するリビングキッチン』○『今年の学習机』
○『オノト ザ センテナリー ペン ゴールド』◎『パーソナルATM』
○『飲む寒天』○『SARA』○『無料健康ソフト』○『電波利権』
○『いびき録音枕』○『フェチの一般化現象』○『デブ専』○『CFNM』
○『風船プレイ』○『痴漢カフェ』△『コンドーム2500万個、無料配布』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


06年1月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年12月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年11月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年10月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年9月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年8月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年7月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年6月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年5月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年4月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年3月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年2月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

05年1月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

| | トラックバック (0)

2006.03.03

Yahoo!360°

今、話題のYahoo! JAPANのSNS「Yahoo!360°」に
さっそく招待状をいただいたので登録してみたところ、
mixiにない機能(ひとことメッセージとか)もあったけど、
mixiにはある機能がない?
 
このブログを日記に設定したかったんだけど
なんかその機能がないような・・・。
(とりあえず見つけられなかったんだけど
 私の見落としかな。)
ないとすれば 
まだベータ版とかだからなのか、
それとも外部日記へのリンクは機能に入ってないのか。。

ま、もともとわたし“SNSオンチ”なんで
わかってないこと多いと思うんですが^^; (ゴ)

| | トラックバック (0)

2006.03.02

【1月~2月@試写室】

今、トレキャ!では、恒例の2005年度シネマ番付の配信準備のため
番付スタッフからランキング対象としてエントリーされてきた
約50本ほどのラインナップにシネマ班全員で☆付けやらコメント入れやらで
てんやわんわでありますが、
見たことは確かなのに思い出せない作品が多すぎる。。
 
昨日食べたごはんのメニュー同様、
昨日見た試写の内容すらすぐに思い出せなくなっている自分のためにも
試写記録をここにモメっとくことにした!
次回「本年度上半期シネマ番付」の際のMY資料としてもきっと役立つはず(ゴ)


■1月@試写室

●『サウンド・オブ・サンダー』( 3/25公開)【☆☆】

●『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(3/11公開)【☆☆☆】←超おすすめ!

●『リトル・イタリーの恋』(3/25公開)【☆☆+】←おすすめ!

●『ウォーターズ』(3/11公開)【▼】
完成披露記者会見ではゲストの倖田來未のが本人たち以上に脚光を浴びてたし^^;

●『燃ゆる時』(公開中)【☆☆+】←おすすめ!

●『タイフーン』( 4/8公開)【☆☆】
来週、主演のチャン・ドンゴンら来日記者会見

■2月@試写室

●『リトル・ランナー』( 3/4公開)【☆☆+】←おすすめ!

●『トム・ヤン・クン!』(GW公開)【☆】(今度は早回しもCGもアリ?笑)

●『ジャケット』(5/20公開)【☆☆】

●『明日の記憶』(5/13公開)【☆☆☆】←超おすすめ!(特にオジサンに)
(試写室でも隣の席のおじさんがしゃくりあげて泣いてました。
 私はというと・・・「他人事じゃない」度で☆3つ・笑)

●『ニュー・ワールド』(4/22開)【☆☆++】←おすすめ!

●『マンダレイ』(3/11公開)【☆☆】←カルトなおすすめ!

●『ステップ!ステップ!ステップ!』(3/11公開)【☆☆☆】←超おすすめ!
NYから子供たちと先生が緊急来日!3/4の「2006・ジャパンカップダンス」に出演決定!

■3月@試写室

●『イーオン・フラックス』(3/11公開)【☆+】
来週、主演のシャリーズ・セロン来日会見

●『ぼくを葬る』(4月公開)【☆☆】

●『グッドナイト&グッドラック』(5月公開)【今月試写予定】
アカデミー賞主要6部門ノミネートで2月は試写室連日満員!
今月絶対みたい一作!

ほかにも今月はホラー、オカルト系を集中的にチェック予定!(ゴ)

| | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »