« シネ・ビズ情報From「シネ番」 | トップページ | シャーリーズ・セロン@『イーオン・フラックス』 »

2006.03.11

シン・シティ

トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト第9位作品『シン・シティ

↓DVD情報
↓ブック発売中(洋書)  ↓サントラも発売中
1933104007     B0007XT7TK


制作発表時の記者会見にて(2005.9/26)
P9260415  P9260412
左から、フランク・ミラー、デヴォン青木、ブリタニー・マーフィー、ミッキー・ローク
右写真中央は、ミッキーとボクサーつながりのご縁で花束ゲストの輪島功一。

フランク「『シン・シティ2』の脚本はもうすぐ出来上がり、1月から撮影が
           始まるが、キャストは何人か戻ってくれる予定」

                ◆◇◆

ゴ:☆☆/少女の身を案じる老警官、一夜を過ごした娼婦の仇討ちに挑む犯罪者
  など、悪徳の街シン・シティに生きる男女を描くハードボイルド群像劇。ロバー
  ト・ロドリゲス監督が、人気コミック「シン・シティ」を原作者フランク・ミ ラーを共
  同監督に招き、俳優以外はすべてCG映像という手法でカット割もアングルも原
  作にほぼ忠実に再現。これまでに見たことのない映像にまず、度肝抜 かれま
  す。「エロかっこいい」ならぬ、「グロかっこいい」映画!
   
雲:☆☆/わしの尾てい骨をゾクッとさせたのは、小憎たらしい映像処理や。モノ
  トーンを基調にして、ポイントになるとこだけ色つけとるんや。警察も手を出せん
  無法地帯、こんな夢のような暴力シティ(どんな夢やねん)での話や。男がたっ
  た一人で敵をやっつける一匹狼の美学と、女が妖しく魅力的に描かれとって、
  これぞ映画、活動写真やと思う。カラーやとかなりエグいシーン満載やけど、嫌
  悪感がないのは画像処理と悪のおとぎ話感じゃろう。リアリティを徹底して排し
  た「ワルの街」は、これでなかなか魅力的ではあったのじゃ。

A:▼▼▼/またまた人気アメコミの映画化かよ、そんな軽い気持ちで観に行った
  ら、あまりのえげつなさにギャフン(涙)。次から次へと並み居るハリウッドスター
  がカメオ出演するもワタシには全く意味をなさず。暴力描写が苦手なもんで、
  上映直後から既にウンザリ。退席を迷っているうちにデニトロ兄さんがいつのま
  にか生首になってて・・・。あれは笑った。笑うしかないでしょ。観ようによっては
  スタイリッシュな映像よねなどと自分をはげましつつ鑑賞続行するも、イエロー・
  バスタードって化け物には堪忍袋の緒が切れました。あの黄色いヤツの股間が
  撃たれてドヒャー…

  (トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト~より抜粋)


|

« シネ・ビズ情報From「シネ番」 | トップページ | シャーリーズ・セロン@『イーオン・フラックス』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/9035657

この記事へのトラックバック一覧です: シン・シティ:

« シネ・ビズ情報From「シネ番」 | トップページ | シャーリーズ・セロン@『イーオン・フラックス』 »