« 『トム・ヤン・クン!』 | トップページ | シネ・ビズ情報From「シネ番」 »

2006.03.10

『フライ,ダディ,フライ』

トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト第5位作品

↓DVD発売中!  ↓メイキングも発売中!
B000A16D32  B0009EVILC

制作発表時の記者会見にて
P6010224
スンシン役の岡田君&“おっさん”役の堤氏

岡田「役柄上、体を大きくする必要があってトレーニングで肉体改造をし、胸
   板も7~8cm厚くなった。でも撮影修了後には元に戻っちゃったけど」

堤 「僕はサウナに行くばっかリですから…マシンは3日坊主でした。
   スイマセン、役作り何もしてません(笑)!!」

                ◆◇◆

P:☆☆☆/キャスティングの妙。原作と映画のシンクロ率が高かったです。鈴木
  一さんを見事に演じきった堤さんに拍手。バスとの競争シーンとか、ついつい
  手に汗にぎっちゃいました。原作に忠実に鈴木さん目線で話が進んだことが共
  鳴できた要因でしょうね。オープニングの病院のシーンで水滴の音に心拍数を
  あてる演出がうまいな、と思いました。須藤元気のニヤけっぷりは嫌味なほど
  に石原の腹黒さを表してたなぁ…。そうそう、客層が大きく二分されていたの
  も面白かったです。岡田くんの(作り上げられた)カラダ目当ての人と中高年
  のオジサン。まぁ、自分はそのどっちにも属さないわけだったのですが。
 
A:☆/ハイ!ワタシは岡田君のカラダ目当てのオバサンです(笑)。いつのまに
  あんなにしなやかで俊敏で美しいカラダを造りあげたの?と目がクギ漬けにな
  っちゃいました。岡田君ばかりでなく、堤真一もアッパレだった。あのオヤジ
  (失礼)、近頃気になってしょうがない役者さんです。

ゴ:☆/堤真一って、作品選びがウマイよねー。当番付エントリー作だけでも、彼
  が主演した映画は、2005年度当シネマ番付1位の『ALWAYS 三丁目の夕日』
  そしてこの『フライ,ダディ,フライ』『姑獲鳥の夏』と3作もある。まあ『姑獲鳥~』は
  ワーストの方だったけどね(笑)。でもそれだけ印象に残る作品に主演してるって
  ことでしょ。なかでも主演として突出してたのがこの『フライ,ダディ,フライ』。

  (トレキャ!シネマ番付~’05下半期ベスト~より抜粋)

|

« 『トム・ヤン・クン!』 | トップページ | シネ・ビズ情報From「シネ番」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/9017994

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライ,ダディ,フライ』:

« 『トム・ヤン・クン!』 | トップページ | シネ・ビズ情報From「シネ番」 »