« 【3月~4月@試写室】 | トップページ | 1位『弁護士のくず』、3位『医龍』、6位『7人の女弁護士』、8位『渡る世間は鬼ばかり』 »

2006.04.08

チャン・ドンゴン@『タイフーン』

1月@試写室でPickupした『タイフーン』が本日4/8公開。

2004年度トレキャ!シネマ番付上半期3位に輝いた『ブラザーフッド』
のスタッフが再び集結、朝鮮半島分断の悲劇を描く海洋アクションに挑む。
韓国映画史上最高額の製作費を投入、
韓国では「ブラザーフッド」の公開1週目動員記録を破り、
韓国興行史に新たな歴史を作った話題作。
さて日本ではどんな結果となるかご注目!

3/6の主演のチャン・ドンゴンら来日記者会見の模様はこちら。
P3060819 P3060815
左)主演陣の3名
右)左からキョンテク監督、イ・ミヨン、チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、デイビット・リー・マッキニス

P3060790_1

↑◆「最初は脱北者というより、海賊という役に惹かれた。
  でも実際に脱北者に会い、上辺だけを取り繕ってやってもダメだと思い、
  終わった後も隣人として他人事でないと関心を持ち続けている」

↑◆「ウラジオストックでの姉(イ・ミヨン)との再会のシーンが印象に残っている。
  あとはトイレで外交官を暗殺するシーン。
  このシーンをきっかけに主人公シンのキャラがかたまっていった」

 
P3060800

↑◆「やはりシン(ドンゴン)との再会のシーン。
  そして、ラストでシンとカン・セジョン(イ・ジョンジェ)が決闘するシーン。
  友人になりたいのになれないというあのシーンが印象的」

   
P3060796

↑◆「これまでロマンス系やコミカルな役が多かったので
  男性的な役にチャレンジしたかった。
  準備に十分時間をかけ、肉体を鍛え上げて臨んだ。
  (最も肉体がアピールされる)最初のシーンは
  あえて最後に撮ってもらったほど」

↑◆「印象的なシーンは、シンと姉が逃げるのを見ていながら、
  それを止めることができないでいるシーン」

  (↑このシーンは本当にグッときます!:ゴ)

                      ◆◇◆

◆『タイフーン
 
朝鮮半島に怒りを抱く海賊シンと、敵ではありながらシンに友情を感じてしまう将校
カン・セジョン。そして弟シンとの再会を願う姉チェ・ミョンジュが二人をつなぐ…。
南北分断が生み出した悲劇に核弾頭の争奪戦を絡めた一大エンターテインメント。

<見どころ!> 
韓国映画史上最高の製作費を投じて敢行したタイとロシア・ウラジオストック
での壮大なロケシーンと、そこで繰り広げられる二人の男の対決。
チャンドンゴンのセクシーな“金歯”と常にはだけている胸元も見所のひとつ!(笑)
  
監督:クァク・キョンテク
出演:チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、イ・ミヨンほか
配給:東映
公開:4月8日よりロードショー

 
 

|

« 【3月~4月@試写室】 | トップページ | 1位『弁護士のくず』、3位『医龍』、6位『7人の女弁護士』、8位『渡る世間は鬼ばかり』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/9487701

この記事へのトラックバック一覧です: チャン・ドンゴン@『タイフーン』:

» チャン ドンゴン 来日 [人気Blogランキング[今週26位]]
... 話題作。さて日本ではどんな結果となるかご注目!3/6の主演のチャン・ドンゴンら来日記者会見の模様はこちら。左)主演陣の3名 右)左からキョンテク監督、イ・ミヨン、チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、デイビット・リー・マッキニス↑◆「最初は脱北者という... [続きを読む]

受信: 2006.04.14 19:16

» タイフーン TYPHOON その2 [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ]
●『タイフーン TYPHOON』2006年4月8日公開。韓国では大ヒットなのですが・・・物語を知るとちょっとありえなさすぎで問題かも・・・。「アメリカが日本に核ミサイルを配置する目的で・・・」はまずありえない。まあ、娯楽映画として受け止めたいが....... [続きを読む]

受信: 2006.04.15 21:48

» 「タイフーン」〜引き裂かれた姉弟 [お茶の間オレンジシート]
2005年韓国  監督/クァク・キョンテク出演/チャン・ドンゴン イ・ジョンジェ イ・ミヨン台湾沖、アメリカが秘密裏に運搬していた核ミサイル用の衛星誘導装置が、”シン”(チャン・ドンゴン)という男の率いる海賊によって奪われた。事実が公になることを恐れてアメ...... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 22:03

« 【3月~4月@試写室】 | トップページ | 1位『弁護士のくず』、3位『医龍』、6位『7人の女弁護士』、8位『渡る世間は鬼ばかり』 »