« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.27

2位『SP』、6(番外)『ジャッジ~』、7位『ドリーム☆アゲイン』、8位『ハリ系』『もうひとつの象の背中』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「土曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------

●2位『SP』(土11CX)………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8
   
ゴ:☆☆☆/このドラマだけ11月に入ってからのスタートなのよね。岡田准一×堤
  真一×金城一紀(原作・脚本)といえば、映画『フライ,ダディ,フライ』でのチ
  ーム。加えて演出家は『踊る大捜査線』の本広克行氏だけに、否が応にも期待
  は高まる。ただし前クール、堂本光一×堤幸彦演出というゴールデンコンビを
  もってしても大コケしたケースもあるので、ヘンなジンクスが出来ないように
  祈ります!
   
お:☆/岡田君と堤真一とは、かっこよくないわけがない!まだまだ半月も開始に
  時間があるけど、楽しみです。

A:☆☆/そうそう、岡田&堤がSPでしょ。未見だけど間違いなくコレは来る!
  絶対イイ!だから早く観たいっす。
 
ラ:☆/SPにしては岡田君背が低いのが気になるけど、きっとそこらへん(劇中で)
  突っ込んでくれているか、まるで気にならないドラマになってることを期待!
  
P:☆/夏クールの『ライフ』といい、この枠は“当たり”かもしれませんね。SP
  という仕事柄、主演のふたりはスーツを格好良く着こなしてくれそう。
 
 ----------------------------------------------------------
 
●6(番外)『ジャッジ~離島の判事補奮戦記』(土9NHK)☆☆2
   
ラ:☆/島ならではの問題を抱えて、これからそれをどう乗り越えていくのか期待。
  と、言いながら、2話目観られなかった~。こういうのって、NHKならではの
  ドラマなんだろうなって思う。やらなきゃいけないドラマだけど、民放ではな
  かなか企画通らないってやつ。そういう路線を大切にしてドラマ作りをしてい
  って欲しいな。
   
 ----------------------------------------------------------

●7位『ドリーム☆アゲイン』(土9NTV)…………………☆1
   
ラ:0/日テレだから仕方ないんだろうけど、ジャイアンツのプロモドラマにしか
  思えずなんだか、ウンザリ。架空の球団にするっていうことは考えなかったの
  か?これって昔の映画『天国からきたチャンピオン』みたいな話になっていく
  んだろうか?反町くん野球選手にしてはお尻が小さすぎ~。ってそんなところ
  ばかり気になってしまった。
 
ゴ:☆/前クールの『パパとムスメの7日間』もだけど、入れ替わりモノって、外
  から見える姿を見せるパターンが多いなかで、コレは本人(と天国省の人)にし
  か見えない姿で見せている手法が新鮮といえば、新鮮か。ストーリーもわりと
  スリリングだし、いつもの「熱血な反町」とは少々違うイメージで、意外に面
  白くなるかもなあ。
   
 ----------------------------------------------------------

●8位『ハリ系』(土深NTV)…………………………………0
   
ラ:0/秋クールの最後の『ライフ』で触れた、中村友也くん主演なんだけど、今
  度はハリネズミ人間って、どんだけ~(苦笑)。なんだか私の期待する方向と違
  う方向へと役者人生進んでる?彼にはクールな役をやって欲しいのに~。万年
  肩こりに悩まされている私には、あのハリがあると嬉しいんだが、未だ、針怖
  くてやったことない(苦笑)。このボーダレスドラマ、まだ、なんとも、感想と
  言われても、はい……。

 ----------------------------------------------------------

●8位『もうひとつの象の背中』(土深EX)…………………0
   
ラ:0/映画の為の前哨戦ドラマなんだろうけど、チラッとしか観られなかったけ
  ど、う~ん、観なくてもいいかな。
 
ゴ:0/最近、映画と連動させるパターンが多いけど、どの程度、功を奏してるん
  だろうなあ。。。
 
ラ:『西遊記』『HERO』のプロモに関してはウンザリゲンナリしてしまったからにゃ
  ~。あそこまでやられると、お下品に感じてしまうッス。
    
 ----------------------------------------------------------


★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (4)

2007.10.26

4位『歌姫』、7位『モップガール』『死化粧師』『ULTRASEVEN X』、10位『オトコの子育て』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「金曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------

●4位『歌姫』(金10TBS)…………………………☆☆☆☆4
 
P:0/長瀬クンは普通のサラリーマンとかより一癖もふた癖もある役が似合いま
  すが、今回の昭和風な装いとかも似合いそう。『歌姫』という短めタイトルに
  も昭和のニオイが感じられますよね。セリフは全編土佐弁だというし。
  
お:☆/1話目、なかなか良かったです。長瀬君も、もちろん合ってるけど、無邪
  気に太郎を愛する鈴役の相武紗希も、かわいくていいです。『がんばっていき
  まっしょい!』の時と多少かぶりますが、まー、よし!高田純二と風吹ジュン
  の夫婦もとぼけてて、ほのぼのします。昭和っていいですね。あの時代に青春
  を過ごしてみたかったかも。。。

A:0/はいはい、ワタクシ昭和(後半ですが)に青春を謳歌いたしましたよん。
  昭和って聞くだけで甘酸っぱいモノが込み上げてきたりしますが、このドラマ
  は・・・、初回しか観てないけどなんか違和感あってしっくりこなかった。ず
  っと観れるか不安。長瀬君好きだけどヤバイよ。原因は相武ちゃん!?
 
ラ:☆☆/斉藤由貴ウケた~。最初、誰だかまったく分からなかったよ(笑)。遠山
  景織子もいい感じだし、勿論、長瀬君も秋山も高田純二も風吹ジュンも。毎度
  のことながら、磯山プロデュサーのキャスティングはいいなぁ。しかし、ずっ
  とこの方言で連ドラは私にはちとキツイ。2時間なら耐えられるけど、ずっと
  となると、苦痛になってくる可能性がある。だって、1話目にして長く感じて
  しまったんだもん。いい曲使ってるんだけど、場面に合わなかったりともった
  いないところが多い。どことなくNHKの朝ドラテイストな感じがするのは私だけ
  か?面白いんだろうけど何故か、観る側の私が、頑張って観るって感じなのは
  何故だ?
 
ゴ:☆/舞台出身のクドカンをドラマ脚本家として発掘した磯山P。クドカンに次
  ぐ新たな舞台発の「才能」をしっかり見つけておられたあたり、さすがです。
  ただ、今回、2話まで見た感じ、なーんか、私自身がドラマのリズムに乗り切
  れないっていうか、まさにNHKの朝ドラのノリ?っぽいというか、なんとなく、
  いつもの調子と違~う!ってな感じなのです。
   
ま:(番付外スタッフですがひとこと)長瀬くんの記事が早速「現代ネット」に出て
  いたので、チェックしました。「歌姫」の視聴率が9.4%とボロボロなのは、あ
  ゆとの破局が原因だって書いてありました。うーん、やっぱり、あの2人は別れ
  なかった方がよかったのでは・・・。あゆだって、もう落ち目なんだから、結婚し
  てイメージ変えたほうがよかったのにねえ。イノッチが結婚しただけに、イメー
  ジが悪くなったのかも・・・。イノッチは、結婚後に、夫婦2人で倒れていた老人
  を助けた話が新聞に載って、ますます好感度アップしちゃったし・・・。
 
 ----------------------------------------------------------
 
●7位『モップガール』(金11:15EX)………………………☆1
   
お:☆/1話見ました。これ、おもしろい!最初から中盤までは、トロトロと過ぎ
  たのですが、中盤以降の展開の仕方に引き込まれました。テレビ初主演の北川
  景子。谷原章介のちゃらんぽらんだけど、緊張感がある感じの2人のやり取り
  が結構いいです。これ、はずせなくなりそうです。
 
ラ:0/私はアウトでした。これってアメリカのドラマシリーズのパクリだよねっ
  て思ってたら、一応原作あるみたいだね(苦笑。アメリカのドラマのパクリだっ
  たらどんな風になってるんだろうって楽しみにしてたんだけど、残念ながら1
  話目にしてV録早送りしてしまいました。犯人あっちに行きましたでチャンチャ
  ンって……。
 
あ:(番付外スタッフですがひとこと)ですよね~。下のゴ編集長の意見も、ほんと
  そうですよね~。ラムさんがおっしゃってるのは『トゥルー・コーリング』の
  ことだと思うんですけど、ワタシも本家(じゃないけど・笑)に大ハマリだっ
  ただけに、やっぱこっちは今イチ~。ただ、北川景子は、これから経験積めば
  いい役者さんいなるかも!?トーク番組で見たら、性格的・気配り的にはプロ
  としてサイアクなヒトでしたけど(苦笑)。もしや「目指せ!エリカ姫」!?(笑)
     
 ----------------------------------------------------------

●7位『死化粧師』(金深TX)…………………………………☆1
   
ラ:☆/これは深夜ならではって感じで、楽しんで観てるんだけど、エンバーマー
  の正体を隠さなくちゃならないのは何故なんだろう?そこには何か秘密がある
  のだろうか?エンバーミングした後は体温が奪われるから、女を抱くっていう
  のはキャラ付けなだけなのか、それとも心の奥に何か深いトラウマを抱えてい
  るのか。じゃなきゃ、がっかりしてしまうな。
 
ゴ:0/上の『モップガール』もだし、“遺体ドラマ”が密かにブーム?下の『ド
  リーム☆アゲイン』も死者が主人公のドラマだし。遺体を扱うドラマでは、圧
  倒的に海外ドラマの方が深みやパワーがありますね。日本でこのテーマを扱う
  と、なんか薄いものになってしまうのはなぜかなあ。
   
 ----------------------------------------------------------

●7位『ULTRASEVEN X』(金深TBS)…………………………☆1
   
ラ:☆/う~む、1話目、なにがなんだかよく分からなかったけど、凝った映像だっ
  たね。アメリカのドラマを意識して色々な謎をちりばめてあるって、記事に書
  いてあったけど、どうなのかな。2話目を見逃してしまったんだけど、これ一
  歩間違えるとかなりつまらなくなる可能性があると思ったな。もう少し見守っ
  てみましょ(笑)
 
 ----------------------------------------------------------

●10位『オトコの子育て』(金9EX)…………………………▼▼-2
   
ラ:▼▼/まだ観てないけど、まったく観る気がおきないドラマのひとつじゃ。今
  更、男の子育てって……『クレイマー・クレイマー』から何年経ってるってー
  のさ。今は男の子育ても珍しくなくなってきたから、あえてやるって事なのか
  な?
 
ゴ:0/で、あの高橋克典がダメ親役でしょ?なんかもうドタバタコメディぶりが
  想像できてしまうというか…そういう意味でも、新鮮味ないかも。
    
 ----------------------------------------------------------


★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (1)

2007.10.25

『トレンド・キャッチ!』(Vol.221)/豆フード/食の手作りキット/自分分析、ほか

                                          2007.10.25       
 ■□■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
     流行ランキングマガジン『トレンド・キャッチ!』 Vol.221(10/25)  
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■□■
      
 □■□■□………………………… 目 次 …………………………□■□■□
 
 【1】編集長前説  ……………… 『ご挨拶/シルバーベリー』
      
 【2】きっと来る! ……………… 『今、豆料理店がトレンド!?』
                  ・スタッフお気に入り味噌汁の具ほか
      
 【3】トレンド卵ひとことレポ……  ┌・『手作りみそキット』
                     |・『手作り豆腐茶碗』
“豆フーズ手作りキット”プチ特集→|・『観食植物(豆編)』
                     └・『キッチン・ミル』

 【4】トレンドランキング…………┌・『自分分析ツールが人気』
   (9月度からPickUp!)   |・『探しもの発見サービス』
                    └・『秋冬は「クラシカル・エレガンス」』
                                  
 【5】編集部ブログ!………………・ジャンル別ランキング
                 ・「秋の新ドラ期待度ランキング!」
  
 【6】各種有料サービスのご案内… 3つのサービス提供中!
                   
 【7】各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!
 
 【8】トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!
                              
◆◆◆◆◆◆…………………… 編集長前説 ……………………◆◆◆◆◆◆
  
  こんにちは!
  編集長のGochy!です。
   
  前号での読者プレゼント
  に、ご応募いただいた方より次のようなご質問をいただきました。

     > 最近、ローズウォーターって、どんなものかな??
     > と、興味を持ってました。
     > 今回、丁度、特集?だったので詳しく内容がわかって
     > うれしかったです。
     > 特に殺菌消毒や血行促進があると知る事ができて
     > ますますローズウォーターに興味を持ちました。
     >
     > シルバーベリーフラワーエッセンシャルオイル
     > って、どんな匂いなんだろう
     > と思いました。
     > 次回は、シルバーベリーの木があるところなど
     > 教えていただければいいなぁ
     > と思います。

  ロハスプロデューサーの山下まーこさんにお聞きしたところ
  
    「シルバーベリーは、インドの標高の比較的高いところや
     アメリカ(北米)でも比較的気温の低くなるケベック州、アラスカ州、
     ユタ州、サウスダコタ州、ミネソタ州などに生育しているようです。
     9月~10月に実が熟します。」 

  とのことでした。ご参考になりましたか。

  高島屋新宿店には薔薇グッズ専門コーナー「薔薇のギャラリー」
  が春に新設され、宝飾品から食品まで扱ってます。
  薔薇好きの方は、一度そちらものぞいてみては?
       
                 ◆◇◆
    
   ♪本日の「きっと来る!」コーナーは
    ヘルシー&アンチエイジング志向のなかで注目される
   「豆料理のお店」をPickUp!
                          
   ♪「トレ卵ひとことレポ」コーナーでは、
    上記に関連して、
    「豆フーズ手作りキット」をプチ特集!
                         
   ♪「トレンド・ランキング」コーナーは
    ・『自分分析ツールが人気』
    ・『探しもの発見サービス』
    ・『秋冬は「クラシカル・エレガンス」』
      の3本をセレクト!
            
   ♪「トレキャ!ブログ」コーナーでは
    ・「秋の新ドラ期待度ランキング!」
    ほか、ページ別ランキングを。
                    
   ♪「各種有料サービスのご案内」コーナーでは
    「9月度トレンド情報総棚卸し」情報を追加。

   では、今週もトレキャ!のメルマガ+サイト+ブログで
   様々な情報をキャッチしてくださいませ。

               ◆

   ※本編は10/25配信のメルマガ最新号でお読みください!

| | トラックバック (0)

1位『医龍2』、5位『金八先生』、8(番外)『風の果て』、9位『おいしいごはん』、12位『ジョシデカ!』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「木曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------
 
●1位『医龍 Team Medical Dragon2』(木10CX)☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
   
A:☆☆/初回から食らいましたぁ。チーム・ドラゴンの復活を心から祝いたい!
  オペ中の朝田龍太郎(坂口憲二)と麻酔医・荒瀬(阿部サダヲ)のコンビネー
  ション、かっこよすぎます。こんなに面白いのに何で前作それほど観なかった
  のか?不思議でならんわ。
    
お:☆☆/前回、坂口憲二というだけで、おもしろくなさそーと見逃して、当ドラ
  番で盛り上がっているのを読み、後悔したドラマです。今回は、ちゃんと見た
  い!と思っていたのに、1話目半分見逃してしまった!はやくV録予約しとき 
  ます。
 
P:0/麻酔医役のサダヲさんをまた見られるのは嬉しいです。あの金髪のインパ
  クトはすごいですからね。一徳さん演じる野口の悪ぶり、とか、気合の入った
  オペシーン、今回もじっくり見せてもらいます。
 
ラ:☆☆☆/ウエルカム明真には笑った。今回の坂口憲二の登場の仕方にはも
  う少し工夫が欲しかったな。それと、すべての手術が成功したのもどうなんだ
  ろう?って思ってしまうひねくれモノの私です。あまりにも一度にたくさんの
  病気が重なって、お腹いっぱいになってしまったよ。最近、医者の手術ドキュ
  メントが多いから、ドラマというよりドキュメンタリー観てるような気になっ
  てしまいました。しかし、私、この役の中で一番好きなのは麻酔医の荒瀬だわ。
  荒瀬の麻酔のカウントが妙にセクシーに聴こえるのよん。あのカウントで落ち
  てみたい私です(笑)って思ってたのに、2話目にしてチームバラバラって……
  私の荒瀬は~?新たなチームを作るってことなのか?益々、面白そうじゃ!
  でも、荒瀬も出してくれ~!
 
ゴ:☆☆☆/麻酔の荒瀬(阿部サダヲ)大人気じゃ~ん(笑)。初回スペシャルから、
  「いきなり最終回か!?」と思うようなクライマックスの連続(笑)。このドキ
  ドキハラハラのストーリーとドラマチックな演出に息切れすることなく、ラス
  トまで盛り上がり続けてくれることを祈ります!
   
 ----------------------------------------------------------

●5位『3年B組金八先生』(木9TBS)……………………☆☆☆3
   
P:0/第8シリーズではどんな社会問題を取り込んで描かれるのかな。金八先生
  の東奔西走ぶりを見守りたいと思います。先生という職業は学校のことだけで
  なく生徒のバックグラウンドまで見ないとダメだから大変な仕事だなぁ、と毎
  回感心させられます。

ゴ:☆/さっそく「学校裏サイト」について触れてきましたね。今回で8シリーズ
  目ということですが、毎回、「今その時」の社会問題を写し出す、時代の鏡の
  ようなドラマなだけに、金八先生がこのリアルな問題にどう挑んでいくか?
  我々自身の行いにもつなげるべく、興味深く見ていきたいです。
    
A:☆/金八ももう第8シリーズかあ。思いおこせばワタシが中ボーだった頃に始
  まったこのドラマ。あれから28年経って、今やワタシの息子が中ボーなんだよ
  ねえ。桜中学3Bでこれから起こることはみんな他人事とは思えないことばかり
  だと思う。親としてヒトとして考えさせられる秋になりそうです。
  
お:☆/今回は何人ジャニーズが登場するかな?で、どんな卵がいるのか? 3Bの
  楽しみは、そこにもありますよね!それと、時流をどこに持っていくのか?今
  クール。楽しみです。

ラ:0/原作者の小山内さんとのトラブルはどうなったんだろう?クリアになった
  からやるってことなのかな? 1話目を見逃してしまったので、その辺の扱い
  がどうなっているのか確認できなかったんだけど。で、2話目チェックしたと
  ころ、原作者に小山内さんの名前があったから、和解したのかな?しかし、制
  服問題とかって私なんかも中学の時、なんで制服着なきゃいけなんだ?って3
  年生と先生で、話し合いしたんだよね(笑)。自分が描いた絵じゃないものを提
  出したりとか、昔から変わらない問題がずーっと続いてるってことに、なんだ
  か進歩してないなぁって感じだなぁ。

 ----------------------------------------------------------

●8(番外)『風の果て』(木8NHK)…………………………0
   
ゴ:0/これ、一話目、見逃しちゃったなあ。キャスティングは結構好みなんだけ
  ど。
 
A:0/そうそう、ワタシも佐藤浩市にそそられて初回観たよ。映画『スキヤキウ
  エスタン・ジャンゴ』のおバカな大将役とは大違いなサムライ・佐藤に食らいま
  した。けど毎回は無理かもね~。 
  
 ----------------------------------------------------------

●9位『おいしいごはん 鎌倉・春日井米店』(木9EX)…▼▼☆-1
   
ラ:▼/番宣予告の渡さんを見るたびに、な~んか無理してるなぁって思ってしま
  う。渡さんの役って昔だったら宇津井健さんがやる役だよね。なんだか、まっ
  たくこのドラマに関しては観たいっていう気にならないんだよね、何がいけな
  いんだろ?
 
ゴ:0/「藤原紀香ドラマはコケる」というジンクスのせいじゃ?(笑)
 
ラ:でも、石原軍団って藤原紀香とよくテレ朝で組むよね。何故なんだろう(笑)

 ----------------------------------------------------------

●12位『ジョシデカ!~女子刑事』(木10TBS)……………▼▼▼▼-4
   
ラ:▼/ごめんなさい。泉ピン子が出てるというだけで、観る気がまったく失せて
  しまう私です。多分、チラ観して、あとはずーっと観ないと思う。でも私が観
  なくても泉ピン子が出てるってだけで観る人も沢山いるだろうから(苦笑)。も
  う、予告で泉ピン子が「撃つな~!」って叫んでるシーンだけで、もうアウト
  でしたから、私。

ゴ:▼/番宣からして、もう一人の主演、仲間由紀恵の存在感はどこへやら(苦笑)。
  縦軸に謎解きの要素がある点にやや惹かれるものの、仲間由紀恵のパターンな
  演技と、ピン子のお祭り騒ぎ(笑)に、どこまでついてゆけるかが、やや不安だ。

ラ:あっ、確かに縦軸の連続殺人事件の謎にはちと興味ありだけど、やっぱな~。
  ダメかも(苦笑)
 
P:▼/泉ピン子が主演というと何だか2時間ドラマのような気がしてしまうのは
  気のせい?地味めな作品になりそうな。

A:0/近頃泉ピン子、みんなピッタンコさんに見えてしまうワタシです。
 
 ----------------------------------------------------------


★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (1)

2007.10.24

『秋冬は「クラシカル・エレガンス」』

今秋冬のトレンドは1960年代から70年代を意識した
クラシカルなエレガントスタイル。
60年代の映画から抜け出したようなレトロなエレガンスに注目が。
(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より

 ○『クラシカルエレガント』
 ↑神戸コレクション2007AUTUMN&WINTER~トレンドは60~70年代
 ○『レトロエレガンス』
 ↑今秋は上品で優雅なレトロエレガンスが人気
 ○『タフかわいい女』
 ↑強さの中にもエレガントな雰囲気がトレンドに!?
 ○『秋冬トレンドキーワード』
 ↑「りりしさ」&「魅惑的」、クラシックスタイル+カラフルな色
 ○『エナメル人気』(過去版で紹介済み)
 ↑近未来ファッションの60年代人気でメンズにも浸透
 ○『グレー』
 ↑おしゃれな人は流行の黒よりグレー
 ○『ロイヤルブルー』
 ↑上品で女らしいブルーがIN

 
 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2007-07 7)『秋冬ファッショントレンド』2★★★※(再)
 └→2006-03 7)『2007年秋冬トレンド~クラシック回帰へ』3★★★※

    

| | トラックバック (1)

『探しもの発見サービス』

モノだけでなくヒトも探し出す!
失せモノ、探しものを速やかに見つけるサービスやグッズに注目!
(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より

 ○『コジマ落し物お知らせサービス』 
 ↑客が家電品を紛失した際、元へ戻りやすくなる新サービス
 ○『落し物発見サービス』(過去版で紹介済み)
 ↑知っておくと便利な新サービス
 ○『追跡機能付き学校制服』
 ↑誘拐対策に子供の居場所が追跡できる学校制服を考案中
 
 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2007-01 7)『失せモノ発見サービス』3★★★※(再)


    

| | トラックバック (0)

『自分分析ツールが人気』

自分の顔、年齢、脳内、真相心理、相性など、
ユニークな切り口で自己を分析するおもしろツールが大人気! 
(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より

 ○『おもしろサイト』(過去版で紹介済み)
 ↑顔チェキ!、脳内メーカー、サバヨミ!…etc.
 ○『脳内メーカー』(過去版で紹介済み)
 ↑脳は何を考えているかを表示するゲームいまだ人気
 ○『カレンダーメーカー』
 ↑脳の中身の次は、スケジュールの中身を勝手に表示
 ○『ヒューマンプレーヤー』(過去版で紹介済み)
 ↑これを使ってひそかに相性確認?
 ↑自分を観察するゲーム
 
 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2006-11 6)『測定・診断ブーム』8★★(再)
 └→2006-04 7)『「なんでも自動化」「なんでも分析」ソフト人気』4★★★
 └→2006-10 2)『脳トレ系、診断系、育成系トイ人気』10★★★ (再)

    

| | トラックバック (2)

1位『働きマン』、3位『相棒』、10位『ネギま』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「水曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------

●1位『働きマン』(水9NTV)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
   
P:☆/菅野美穂は、春クールの『わたしたちの教科書』の積木珠子役よりこの
  『働きマン』の松方弘子役の方が合っていると思う。サバけてるところとか。
  仕事に冷めている新人・田中(もこみち)との絡みも楽しみ。この枠(水9)
  は働く女性のためのドラマって枠になりつつありますね。『ハケンの品格』と
  いい『ホタルノヒカリ』といい。

お:☆/深夜マンガで見てました。だから、菅野美穂のメイク、ほんとに原作のイ
  メージに近づけてて、そこに、感心してしまいました!働きたい、働いてしま
  う!という感覚はわからなくないです。。悲しいかな。そんな部分に共感して
  いきたいと思います。
 
A:☆/菅野美穂ウマイなあ。役柄によって変幻自在。今回は仕事に熱い松方弘子
  役がのりうつってる~。今後も期待してます!

ラ:☆☆☆/みんなの名前がウケる~。名前が出るたびに、本家の顔が浮かんでし
  まうのは私だけ?このドラマ、結構楽しんで観られそう。菅野美穂は本当にい
  い女優さんだね~。しかし、ラストの働きマン音頭はいらないな~。興醒めし
  てしまう。あんなに働いているのに悲壮感がないところがいいよね。余談です
  が、このヒロイン観てると、このメルマガの編集長とダブってしまうのは私だ
  け?(笑)
  
ゴ:☆☆☆/うひゃ、マジ? ヤバいなあ(苦笑)…どのあたりが?…とは、あえて
  聞きますまい(笑)。でも、役者陣、ほんと原作の絵から飛び出してきたような
  見事な作り込みだよね、特に松方、マユ、菅原役の3人はお見事。ドラマ運び
  も非常にテンポよく小気味よい。


 ----------------------------------------------------------

●3位『相棒』(水9EX)………………………………………☆☆☆☆☆5
   
ゴ:☆☆/ずっとこのドラ番で「劇場版を熱望!」し続けてた甲斐があって(笑)、
  いよいよ来春(GW)には映画も公開!もともとは2000年に「土曜ワイド劇場」の
  一本としてスタートしたことを思えば、ド偉い出世ぶりです!ついに6シリー
  ズ目に突入ですが、緻密でリアルな作品作りを今回も期待してます!
 
ラ:☆☆☆/もう、これは何シーズン重ねても面白さが変わらないところがすごい!
  再放送の視聴率も確か10番以内に入ってるってところもビックリ!結構、ファ
  ン掴んでるんじゃない(笑)。じゃなきゃ、何シーズンもやらないだろうけど。
  でも、映画版でがっかりさせないでね~。

 ----------------------------------------------------------

●10位『ネギま』(水深TX)……………………………………▼▼-2
   
ラ:▼▼/なんだか安手のハリポタみたいな話だよね。ヲタクは喜びそうなキャス
  トだけど、私はストーリーもキャストもパスでした。

ゴ:0/最初から興味自体がわきませんのです。上の『キューティー~』ともども。


 ----------------------------------------------------------

★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (0)

2007.10.23

5位『スワンの馬鹿~』、6位『有閑倶楽部』、10位『キューティーハニー』、11位『暴れん坊ママ』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「火曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------

●5位『スワンの馬鹿~こづかい3万円の恋』(火10CX)…☆☆☆3
   
P:0/世の中の“お父さん”のお小遣い額って実際のところどれくらいなんでしょ
  うね。タバコも吸いたいし、お昼には美味しいものも食べたい。仕事帰りには
  飲みに行かないとやってられない。…となると3万円という額では足りなさそ
  うですが。

A:☆/うちのダンナ曰く「小遣い3万円では絶対足りない!」 でもやってやれ
  ないことはないわ。3万円で1ヶ月必死にやりくりする上川隆也をV録してダ
  ンナに観せ、小遣いの値下げを断行しようと思ってま~す(笑)。
 
お:0/大河好きの私には、上川隆也は、山内一豊だったり、かっこいい感じなん
  ですよね。その彼が、こづかい3万円のサラリーマンか。。。どう、崩してく
  るのか?すごく心配なんですが。。。
 
ラ:☆/地味なキャスティングなだけに、ストーリーが大事なんだけど、1話目に
  して次回、観逃しても悔いは残らないって思ってしまった。
 
ゴ:☆/確かにそんな感じだな(笑)。ただ、成宮君扮するIT社長の今後がちょい気
  になってます。
 
ラ:ははは、確かに成宮くんは気になる~(笑)

 ----------------------------------------------------------

●6位『有閑倶楽部』(火10NTV)……………………………☆☆2
   
P:0/漫画音痴と言われる私でも読んでいた一条ゆかりの『有閑倶楽部』。ジャ
  ニーズ主演でどういった実写版になるんだろう…。

お:0/私も読んでましたよー。でも、すっかり忘れてる。ただ、カリスママンガ
  家のあの有名マンガという記憶だけが残っているからこそ、実写版、大丈夫か?
  って心境です。しかも、赤西君、復帰はやっ!芸能界って、一体・・・。

ゴ:0/ほんと「芸能界って、一体…」と、突っ込みたくもなりますなあ。どうせ
  なら、松竹梅魅録役じゃなくて、世界の女をマタにかける美童グランマニエ役
  で堪能な語学力を披露できるくらいに、意味のある留学しとけよ!と皮肉のひ
  とつも言いたくなりますな(笑)。そうそう、菊正宗役の横山君、もうちょっと、
  眉は描いた方がいいと思うよ(笑)
    
ラ:☆☆/まだ、録画をチェックしてないんだけど……、原作が好きだっただけに、
  かなり不安な気分。これをドラマ化して欲しいと思ってきたけど……かなり、
  不安なのは何故だろう?この手のやつは、TBSかフジがテレ朝でやってもらっ
  た方がよかったような気がするけど、その不安な気持ちをいい意味で裏切っ
  て欲しいものです。原作好きなだけに……。
   
 ----------------------------------------------------------

●10位『ネギま』(水深TX)……………………………………▼▼-2
   
ラ:▼▼/なんだか安手のハリポタみたいな話だよね。ヲタクは喜びそうなキャス
  トだけど、私はストーリーもキャストもパスでした。

ゴ:0/最初から興味自体がわきませんのです。上の『キューティー~』ともども。
   
 ----------------------------------------------------------

●11位『暴れん坊ママ』(火9CX)……………………………▼▼▼-3
    
P:0/“暴れん坊”とくれば“将軍”と返したくなるのが30歳以上の人の常だと
  思います(笑)。それが“ママ”と来るから新鮮。大泉洋がパパということで子
  役の子の髪型もくるくるしてます。

お:0/ほんと、かわいいですよね!あのクルクル。でも、普段はあーじゃないみ
  たいですね。ちょっと、ソフトバンクのCMやらなんやらで、見過ぎ感がある上
  戸彩。ちょっと、あきたなあ。大泉洋は、ハケンの品格以来?あの役よかった
  ですよね。。今回は、どうなんだろーか?

ラ:▼▼/これって、TBSで昼帯あたりでやればいいようなドラマじゃないかと思
  うんだけど(苦笑)。ほんと、上戸彩にはもう飽きた。『金八』の時が一番よかっ
  た。本数出てる割に、あれ以上の役ってないんじゃないかな、彼女。大事に育
  てて欲しかったのに、残念だ。

ゴ:▼/コメディ系やると全部あのパターン化された演技になるよね、彼女。ほん
  と、カミソリのようなネガティブなオーラを周囲に放っていた『金八』の時の
  演技を超えられた作品ってないかも。

 ----------------------------------------------------------

★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (4)

2007.10.22

1位『ガリレオ』、8(番外)『お・ばんざい!』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「月曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------

●1位『ガリレオ』(月9CX)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9

P:☆/4年半ぶりに連ドラに主演する福山サン、白衣姿がとても似合ってますね。
  おまけにちょっと変わった天才を演じるなんて見ないわけにはいきません。福
  山サンと柴咲コウの組み合わせも何だか新鮮さがあって良いかも。

A:☆☆/久々ワクワクする月9がスタートしたね♪初回は福山先生よりコウちゃ
  んの方が印象に残った。遺体の検死中にこみ上げてきたゲ○を飲みこんじゃっ
  たり、ヘタな泣き真似したり、とにかくコウちゃんキャワゆい(笑)。福山先
  生は思ったよりあっさり薄味なんだよなあ。湯川准教授に阿部寛を想定したと
  ころ、ワタシ的にはピッタリはまったんだけどどんなもんだろ。 

ゴ:☆☆☆/ちなみに原作者(東野圭吾)が湯川にイメージしていたのは佐野史郎だ
  そうだし、やはり、福山は原作のイメージに比べると二枚目過ぎかもねえ。私
  もどっちかといえば阿部寛のオタクちっくな怪演技で湯川学を見てみたかった
  気も(あ、でも彼は教授役では既に日本科学技術大学物理学部上田教授@「ト
  リック」というハマり役がありました!笑)。まあ、今後、徐々に福山版湯川
  学も地味に(笑)ハジけていくかもなので、東野圭吾ファンとしては最大限の期
  待を寄せてます。
  そうそう、今号の『イケメン図鑑』コーナーではその福山氏をPickup!
  そちらも合わせてお楽しみ下さい!
   
お:☆/脇役陣も、いいですねーー。まさに、名?迷?役者揃い!なんか、外れな
  い気がします。特に、無類の女好き刑事役の北村一輝。打たれ弱い刑事の品川!
  品川は、バラエティーでも器用さを発揮してるけど、きっと、役者でもいけそ
  う!でも、「こたえてちょーだい」の再現ドラマに、そっくりな人出てません
  でした?その人に見えて仕方ないかも・・・。

ゴ:いたいた!品川のソックリさん。役者名は知らないけど(笑)
  
ラ:☆☆/イヤ~、久々にトリック事件モノで、これからも面白そうな予感。だが、
  これ、ストーリーが面白そうなだけに、逆に思い切ったキャスティングしてみ
  るって手もあったんじゃないかな。まだ、あまりメジャーどころじゃない人が、
  湯川准教授役でもよかったかも。初回の柴咲コウのキャラに少し苛立つ。トリッ
  クがある程度解明されつつある時に、もう少し犯人像の内面を考えるべき立場
  だと思うんだけど、あれじゃ単なる、脳のない刑事ってだけになってしまうと
  ころがもったいない。品川はまだ私には違和感がある。真矢さん&北村さんは
  相変わらず、裏切らないにゃ~。

ま:(番付外スタッフですがひとこと)『ガリレオ』いいですよねえ。
  原作の東野さんって、難しそうで、ちょっと敬遠していたのですが、このドラマを
  見たあと、すぐに原作を買いに走ってしまいました。
  これで、私も東野ワールドの仲間入り?

 ----------------------------------------------------------

●8(番外)『お・ばんざい!』(月~金昼1:30TBS/9/3~)…0
   
ゴ:0/コレ、食育テーマに、けっこうタメになることやってるんだよね。主婦に
  とっては昼ドラ見ながら、夜の御飯のレシピ情報も得られて一石二鳥なんじゃ?
  (そういえば、このドラマでも“幽霊”が大活躍!?)
  ちなみに、柿安本店では番組で紹介された料理を総料理長がアレンジして商品
  化し、期間限定で販売。先月は「カリカリ餃子とたっぷり野菜のサラダ」「七
  品目ネバネバギブアップサラダ」。10月には「おばんざい弁当」が登場。

 ----------------------------------------------------------

★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (1)

2007.10.21

7(番外)『風林火山』、12位『ハタチの恋人』

トレキャ!ドラマ番付
2007秋ドラ期待度番付より
「日曜枠」の各ドラマの評価は下記のとおり!!

 ----------------------------------------------------------

●7(番外)『風林火山』(日8NHK)……………………………☆1※
   
お:☆/さあ!最終章に入りました。これから、川中島の戦いに向けてのドラマが
  スタートします。跡取り争いなども激化するのだろう。おもしろくなりますよ!
  絶対!!

 ----------------------------------------------------------

●12位『ハタチの恋人』(日9TBS)…………………▼▼▼▼-4
 
ゴ:▼/さんまの独り言だけでドラマの8割が成立してるようなドラマだ…(笑)。
  さんまの一人ボケ&ツッコミ技が見事なのはわかるけど、それはお笑いの現場
  で充分堪能してますから。せっかく役者としてドラマに出るのなら、全くイメ
  ージ違うさんまを見たいものです…。     
   
お:▼/さんまが、「長沢まさみがかわいい!」とテレビで連呼しているのを聞い
  ているので、私利私欲ドラマに思えて仕方がなく、なんだか見る気がしない。。
  でも日曜ドラマって意外と観れちゃうんだよな。だから、中盤以降、観る気に
  なっている事を期待します。

P:0/なぜだか最近、長沢まさみがちょっと抜けてる子に思えてしようがないで
  す。う~ん、ぼーっと口を開けているところとか?クドカンドラマ『ガンジス
  河でバタフライ』の影響かな。

ラ:▼/1話目録画し忘れたんだけど、残念って思えなかった(苦笑)。一応、2話
  目は観てみるけど、どうなのかなぁ。今のさんまちゃん、連ドラやらない方が
  いいと思うんだけどな。

A:▼/そうそう、さんまと言えばやっぱり『~スーパーからくりTV』よね!   


 ----------------------------------------------------------

★夏ドラ「終了後」番付の各評はこちらでチェック!

★夏ドラ「中盤」以前の番付の各評もこちらでチェック!

          

| | トラックバック (0)

2007.10.18

テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2007-夏秋)

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」の常設コーナーより情報抜粋。
 
 ◆◆◆◆◆◆…………テレビ関連 トレンド☆フラッシュ!…………◆◆◆◆◆◆
   
 ■テレビ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      最近のWeeklyデータの中から、テレビ関連ネタをPICK UP!

 ◆……………………………………………………………………………【全43本】
            ~テレビ関連トレンド☆フラッシュ!~
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>

          「○」印→ソフト系ネタ
          「◎」印→ハード系ネタ
          「●」印→海外流行ネタ

○『深夜ドラマ』→23時以降の「深夜ドラマ」が軒並み高視聴率を記録!
○『どんだけ~の法則』→あの流行語が、今度は歌になって話題に
○『You Say YAZAWA 矢沢永吉フレーム切手』→郵便局民営化後初のオリジナル商品
○『鉄道アイドル』→新しいジャンルのアイドル誕生
○『マシ・オカ』→ドラマスタートで日本でもブレイク?
○『日曜夜のテレビは哀愁』→日曜夜の代表的テレビ番組のテーマ曲を収録したCD
○『惣菜と昼ドラ連動販促』→番組で紹介されたメニューを柿安ダイニングで販売
○『働きマン』→累計300万部突破の人気コミックがドラマ化
○『ULTRASEVEN X』→週末深夜に新ウルトラセブン登場
○『ニューあげちん男』→一緒にいるだけで運気アップ
○『イケメンヌード』→イケメンヌード、ブログでも女性間で話題
○『昭和ブーム』→昭和を題材にしたドラマや映画が相次ぎ制作
○『テニミュ』→漫画「テニスの王子さま」のミュージカルが人気
○『re-re(リーリ)』→牧瀬里穂さんプロデュースのアロマブランド
○『エナソルーナ』→佐田真由美デザインのアクセサリーSHOP
○『紀香ひな人形』→藤原紀香挙式の際の十二単と束帯姿が人形に
○『テクノポップ』→1980年代に流行したテクノポップが復活
○『復刻版LP』→予想以上に人気!懐かしのロック、ポップスetc
○『大人気!おしりかじり虫』→NHKみんなのうた発「おしりかじり虫」人気沸騰
○『劇場でTVドラマ再ブーム』→大画面で“ヨン様ドラマ”再びブーム
○『でもそんなの関係ねぇ!』→今年の流行語を狙えるか?
○『小島よしお』→裸がいいのか?動画で人気の芸人
○『イケメン調理本』→イケメンが出版した料理本が人気
○『有坂翔太』→料理界の王子様
○『都市伝説』→本やテレビの影響で都市伝説が再び話題!
○『「篤姫」鹿児島販促』→来年NHK大河「篤姫」で鹿児島PR
○『篤姫と鹿児島のガイドブック』→篤姫の人物像と鹿児島観光地、食をガイド
○『midomi(ミドミ)』→鼻歌で曲名検索できるサイトが日本上陸
○『ウルトラマン写真パネル』→ウルトラマン誕生40周年記念写真パネル限定発売
○『ウルトラセブン40周年金貨』→セブンの誕生40周年を祝うコイン
◎『ちょいテレ DH-KONE/U2R』→デジタルラジオにも対応のワンセグチューナー登場
◎『ドラえもん ひみつ道具 くうきピストル』→「空気ピストル」風音声認識リモコン
◎『BYJ携帯電話(仮)』→ヨン様仕様のケータイ!あの方がいつも私の手の中に!
◎『どんだけぇ~ボタン』→あの流行語が、おもちゃになって登場!
◎『3D映像の着せ替え広告』→世界初の広告が新宿高島屋に登場
◎『赤坂ACTシアター』→赤坂のTBS放送センター内に新名所登場
◎『ガンダム通話』→電話もガンダムで
◎『エアーミュージシャンverギタリスト』→これであなたも名ギタリスト
◎『しんちゃんパーク』→アニメの世界再現したテーマパーク
◎『神保町花月』→都内で4ヶ所目のよしもと劇場として笑いの館誕生
◎『アニソン喫茶』→アニメ大好きカフェ
●『歌って踊ってCM』→正しい番号をCMで宣伝
●『アギネス・ディーン』→世界中の雑誌の表紙を飾る人気モデルに注目
●『マシ・オカ』→「HEROES/ヒーローズ」で全米で大人気
●『ロックスターは短命!?』→売れてから5年以内の死亡率は同じ年代の一般人の3倍!

  などなど・・・。
 
 ┌─────────────────────────────────┐
                 ★過去ネタ閲覧→ こちらから
 └─────────────────────────────────┘

 ◆……………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌─────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌
  └→『NO-MU-BA-RA』『薔薇香酢』『FRAGRA WATER』『風味香水』等
  ○【シネ番
  └→『続編ラッシュ』『映画と飲食店のタイアップ企画』『DVD映画上映』等
  ○【マーケ
  └→ 『KY』『02娘01』『トドママ』『ヒトカラ/フタカラ/タカラ』等
  └─────────────────────────────────┘
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以上、<「トレキャ!ドラマ番付」’07夏ドラ終了後番付10/14号)>掲載分
 

★無料メルマガの購読はこちら
 

| | トラックバック (0)

2007.10.15

スポーツの秋に贈るラケット物(テニス&バドミントン)観戦記

                                 TEXT by Reiko


スポーツ観戦オタク(特にサッカーとオリンピックやアジア大会のような
大型イベント)の私、実はテニス、バドミントン、スカッシュといった
ラケット物も解説者並み(笑)によく観ているんです。

そこで本日は、テニス界とバドミントン界を沸かせる注目の選手達を
独断に基づき、ご紹介します。

◆テニス界のセルビア3羽ガラス

数年前からテニス界ではロシア出身選手がWTA(女子テニス協会)ランキング
20位以内にゴロゴロいる状態が続いていました(現在は、ちょっと減って6人)。
まあ、ロシアは大国ですし、昔からスポーツ選手の育成システムなども整って
いるので、それも特に不思議なことではなかったと思います。

ところが、この1年半程の間に人口わずか750万人のセルビア共和国(旧ユー
ゴスラビアを構成していた国のひとつ)出身の選手3人が、男女のシングルス・
ランキングでぐんぐん順位を上げ、現在ではそれぞれ5位以内に入る大躍進
を遂げています。

その結果、各国で行われるトーナメントでは、セルビア国旗を誇らしげに掲げ
この3人を応援する熱狂的な同国出身者が急増中。これって実はすごいこと
(詳細は後述)なのです。
 
①セルビアの息子-ノヴァク・ジョコビッチ(20歳、ATPランキング第3位)

私が彼にはまったのも、この1年半程のことです。まず、歳に似合わぬ老練な
テニスをするな~というのが第1印象でした。ショットの種類が豊富で、どれも
基礎がしっかりしている上、場面ごとの選択も見事。その時は、興奮して
「19歳なのにフェデラーみたいなプレーをする子がいる!」
と夫に話したのを覚えています。

その彼が今年、大ブレイク。まずはグランドスラム(4大大会)の全英と全仏で、
それぞれ準々決勝進出。そしてハードコートのATP(プロテニス選手協会)
マスターズ・シリーズのインディアン・ウェルズで準優勝。同マイアミでアンドレ・
アガシの記録(1990年、19歳330日)を抜いて最年少優勝(19歳315日)。
同モントリオールで、アンディ・ロディック、ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデ
ラーという世界ランキングでそれぞれ3位、2位、1位の選手を下しての優勝。
この3位から1位までの選手を連続して倒してのトーナメント優勝というのは、
1994年にボリス・ベッカーがストックホルムで達成して以来の快挙だそうです。
そして4大大会最後の全米で遂に決勝進出。フェデラーに破れたものの、グラ
ンドスラムでも十分戦える実力を示しました。

でも、私が「セルビアの息子」と呼んで、愛してやまない彼、ただテニスが上
手いだけじゃないんです。スポーツニュースをチェックしている方なら、彼が
全米オープンの準決勝進出を決めた試合後、ナダルとマリア・シャラポワの
真似(全米オープンの公式サイトかYouTubeでチェック)をして会場を沸かせた
ことはご存知でしょう?特にナダルのちょっとお下品な形態模写には、いつも
会場に応援にみえる本当のお母様も「な、何をやってるんでしょ、ウチの子は」
と驚愕の表情を見せていました。あれは、ロッカールームでやってる分には
大目に見てもらえるかもしれませんが、ナダルのファンやちょっとお堅い方に
は顰蹙を買ったと思います。ま、日本出身のマレーシアの母(笑)は「若気の
至りで申し訳ありません」とお詫びするしかありません。でも、ある人に言わ
せれば「優等生テニスをする」彼が、こんなお調子者だなんて、意外性があっ
て面白いと思いませんか?今までのテニス界には絶対いなかったタイプです。
事実、この物真似のせいもあり、彼のファンは急増中なのです。
 
他にもタキシード姿でプールに飛び込んだり、ボール・ガールの子をハグした
り、あと何年か経ってもこんなことをしていると「エキセントリック」とか言われ
ちゃいそうなことをするお茶目なノヴァク君ですが、決してイケメンというわけ
ではありません。あるブログでは「平井賢にそっくり」と書かれていましたが、
長身、細面、濃い顔という共通点はあっても、顔の造り自体は似てないと思
います。でも澄んだ目や笑顔がチャーミングで、あのタワシ頭をもうちょっと
上手くスタイリングできればいいのにな(テニスとは全然関係ありませんが)
と思います。彼って、どの学校にも1人はいた、とりわけハンサムじゃないん
だけど、運動神経抜群で、勉強もそこそこできて、ひょうきん者、しかも男子に
も女子にも、先生やお母さん達にも人気がある男子がそのまま大きくなった
ような感じなんですよね。そんな親しみやすさとカリスマが同居してる彼は、
「テニス界の悪童」として知られていたジョン・マッケンローが一押しする有望株
でもあります。でも、お願いだから、審判や線審に悪態をつくようにはならない
でね。

②にこやかなセルビア人-イェレナ・ヤンコビッチ(22歳、WTAランキング第3位)

勝利の後に歓喜と安堵の笑顔を見せることはあっても、試合中に晴れやかな
笑みを浮かべたり、敗者インタビューににこやかに応じるスポーツ選手は稀少
です。テニスの英語解説者や記者達が「Smiling Serbian(にこやかなセルビア
人)」と呼んで好感を持っているイェレナも、同郷のノヴァク・ジョコビッチ同様、
ユーモア溢れる陽気なテニス選手です。

彼女を初めて見た時、「東洋の血が混じってるのかな?」と思いました。黒髪
で、顔立ちも欧米人よりむしろ私達に近い感じがしたからです。テニス選手と
しては恵まれた上背とバランスのよい体型の持ち主ではあるのですが、ファッ
ションモデルのようなロシアや東欧出身の他選手達とはちょっと違うのです。
でも、いつも趣味のよいウェアを着こなし、ネイルもレッド系できれいにお手
入れしているし、おしゃれが楽しい年頃なんだな~(なんか、こう書くと私が
いかにもおしゃれができない「女を捨てた人」のようですが...苦笑)と微笑
ましい感じ。日焼け止めやメイクが落ちないように、タオルをそっと顔に押し付
けて汗を吸い取らせるのも、すっかり見慣れた光景になりました。

実は彼女、この1年半程で急激にランクを上げる前は思ったような成績が出
せず、「次のトーナメントでよい結果が出せなかったら、テニスはきっぱりあき
らめよう」と思っていたらしいんです。私、プレイイング・スタイルとしては、ガン
ガン攻めるタイプより「辛抱して守って、堪えて、踏ん張って」みたいな演歌の
歌詞を思わせる、泥臭いタイプが好きなんですが、イェレナはまさしく、このタ
イプ。グラウンド・ストロークが安定していて、フットワークも悪くないので、相手
が「これが私の決め球よっ!さあ、受けてみなさい」(お蝶夫人風。笑)と打った
ショットを、ぽわ~んとでもいいから、とにかく相手コートへ返し続けておいて、
相手が根負けしてミスをするのを待つ。または、ちょっと甘い球が返ってきた時、
すかさずオン・ザ・ラインやコーナーぎりぎりへ打ち返すんです。

で、私が「ヤンコビッチ・スペシャル」と呼んでいるのが、開脚レシーブ(笑)。
クレーコートではすべるから、結果的にこうなる選手もかなりいますが、
イェレナはハードコートでもよくするんですよ、これを。しかも、そのシーンが
リプレイで会場の大型スクリーンに映し出されると、「や~だ、もう」という照れ
笑いを浮かべるのが、またかわいい。
でも解説者の1人は「若いから、まだいいが、これからもあれを続けていくと
身体に支障がでるのではないか」
と心配していました。

調子がいい時の彼女はテニスを心から楽しんでいる様子がプレーや表情に
表れて、それがまたファンの心を掴むんです。どの大会だったか忘れましたが、
その国の選手と対戦した(サッカーで言うなら「アウェイの試合」)時、彼女の
放ったショットが「アウト!」になったんです。きわどい判定だったので、イェレナ
はネットに近寄って、ボールが付けたマークを確認しました。すると会場からは
非難めいた口笛や、試合続行を促す拍手が浴びせられたのですが、彼女は
にっこり笑うと「ちょっと確認しただけよ。まあまあ、皆さん、そう熱くならずに」
というジェスチャーを示したので、一瞬にして会場の雰囲気が和やかになった
んです。これなんか、彼女の大らかさが相手選手のサポーターにまで好印象
を与えた一例になると思います。

でも彼女、バリで開かれた大会では主審の度重なるミス・ジャッジにマジ切れ
したらしいです。でも「Smiling Serbian」を怒らせるなんて、やっぱり審判の質
に問題があったのではないかと思いますね、私は。
 
③天使の微笑みを持つ仕事人‐アナ・イワノビッチ
                         (19歳、WTAランキング第4位)

「テニス界のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ」などと呼ぶ人もいるらしいアナ。
確かに2人とも黒髪の美人ではありますが、ちょっとタイプが違うし、年齢も離れ
過ぎです。セクシーなキャサリンに対し、アナは「本校始まって以来の美少女」的
可憐な顔立ち。でも「コートの上の彼女は無慈悲なプレーヤーと考えられている」
という記述もありました。確かにそういった厳しさがなければ、ここまで急激に
ランキングを上げる(この1年間で19位から4位)ことはできなかったでしょう。

彼女の試合は、ジョコビッチやヤンコビッチの試合ほど、たくさんは観ていません
が、サーブもグラウンドストロークも、受ける方は相当重く感じるだろうな~と
いう印象です。大柄(187cm、73kg)な選手にしては動きもスムーズ。
昔は強打一辺倒だったそうですが、最近はショットの種類も増え、ネットプレーも
上手くなってきたと評価されています。

でも私、彼女の強みは、試合後のあどけない微笑みからは絶対に想像できない、
人並みはずれた精神力の強さにあると思うんです。
彼女がテニスを始めるきっかけは5歳の時にテレビで見たモニカ・セレシュ選手
(旧ユーゴスラビア出身、つまりアナとは同郷)。どうしてもテニスを習いたいと
考えたアナは近所のテニスクラブの電話番号を覚えて、両親(母は弁護士、父は
経済学者)を説得したそうです。5歳児がですよ!

ところが多様な民族、宗教、文化から成るユーゴスラビアが、チトー大統領という
求心力を失って崩壊します。もともと、この国はヨーロッパとアジアをつなぐ交通
の要所にあり、ドイツや旧ソ連といった列強の進出や支配に苦しめられてきたの
ですが、1990年代はそれまで同じ国の国民だった者同士の紛争や内戦が頻発
します。
詳しくは専門のサイトに任せるとして、以下はセルビア共和国大使館のサイトから
の引用です。「1990年代、国際社会は一連の旧ユーゴ民族紛争の主たる責任が
ミロシェビッチ政権にあるとして、ユーゴに対して国連による経済制裁措置を課す
とともに、国際機関へのアクセスも制限したため、国内経済は疲弊し、また国際的
にも孤立した。更に99年のNATO(北大西洋条約機構)空爆はインフラを破壊し、
経済の悪化に拍車をかけた」

どうですか?アナやノヴァク・ジョコビッチ、イェレナ・ヤンコビッチはこうした大変な
状況下でテニスを続けてきたのです。アナが住むベオグラードを中心に空爆が
行われたのは、彼女が11歳の時です。「コートもほとんどなかったし、なんとか
場所を確保できても、外で練習していると標的になるのではないかと心配だった。
結局、比較的危険が少ない朝に練習することにした」「海外でのトーナメントに
出場するには、バスで6~7時間かけ、ハンガリーまで行き、そこから飛行機に
乗らなければならなかった。海外に行っても(セルビア出身であるという理由で)
疑いの目で見られ、ビザを取るのも税関を通過するのもたいへんだった。でも、今
思えば、そうしたもの(セルビア人に対する国際社会の非難や憎悪)が(自身の
成功の)一助となっているのかもしれない」。これはアナ自身がインタビューの中
で語ったエピソードであり、彼女なりの分析です。

コラム①の前文で、
「...その結果、各国で行われるトーナメントでは、セルビア
国旗を誇らしげに掲げ、この3人を応援する熱狂的な同国出身者が急増中。
これって実はすごいこと(詳細は後述)なのです」
と書いたのも、実はセルビア人が経なければならなかった歴史や体験に思いを
馳せたからです。
もちろん、ミロシェビッチ指揮下の同国で行われたジェノサイドや組織的レイプは
批判されるべきですが、祖国の崩壊と経済的疲弊により海外に出稼ぎをせまら
れたセルビア人達が、これまでに体験した苦労や屈辱が察せられるだけに、あの
テニス・トーナメントらしからぬ熱狂的な応援ぶりも感慨深いものがあります。
実は私、ゼミ論も卒論もユーゴスラビア絡みのテーマに取り組んだため、いつにも
まして気合が入りまくった文章になってしまいましたが、今度、皆さんがテニスを
ご覧になる時、「○○ビッチ」(セルビア/クロアチア語の苗字に付くことが多い
指小辞で、日本では「○○ちゃん」のちゃんに相当する親しみを込めた
言葉だそう)という名前の選手が出場していたら、ぜひご注目(できれば応援して)
ください。

◆今、最もエキサイティングなバドミントン・ペア‐
古健杰(22歳)& 陳文宏(20歳)(世界ランキング第1位)

2006年のドーハ・アジア大会を前に、マレーシアのバドミントン男子ダブルスの
監督を任されたレキシー・マイナキー(インドネシア出身の元五輪金メダリスト)は、
実力はありながら、いまひとつ壁を越えられずにいた2組のペアを組み換えました。
こうして誕生した古健杰(クー・ケンキャッt。tは「ト」でもなく「ツ」でもありません)‐
陳文宏(タン・ブンヒョン)ペアですが、当の本人達も監督もまさか、これほど
早く、世界ランキングNo.1を達成できるとは思っていなかったはずです。

この2人、記念すべきデビュー戦の2006年ジャパン・オープンで準優勝。そして
国内の熾烈な選考争いを制し、アジア大会に出場しただけではありません。
なんと、いきなり金メダルを獲得してしまいました。

今年に入っても、テニスの「マスターズ・シリーズ」に匹敵するメジャー・トーナメ
ント「スーパー・シリーズ」のマレーシア、オール・イングランド、スイス、デンマー
クを含め、通算7勝。今期7勝目と言えば、テニスで地元のスイス・インドア・オー
プンを制したばかりのロジャー・フェデラーと肩を並べる記録です。種目は違えど、
あの「天才」フェデラーに匹敵する圧倒的な強さはすごいと思いませんか?しかも、
クー&タン選手の場合、ペアとしてはゼロからのスタートだったため、トーナメント
本戦に出場するには予選を勝ち抜かなければならない状態から、ジャパン・オー
プンの準優勝やマレーシア・スーパー・シリーズ優勝(予選通過ペアの優勝は大
会史上初)を勝ち取っているのです。

日本では一部のバドミントン・ファンを除き、余り知られていないかもしれませんが、
「今、最もエキサイティングなバドミントン・ペア」と言えば、間違いなく、この2人の
名前が挙がるでしょう。
男子のバドミントンは一昔前に比べ、明らかにシャトルの弾道が低く、ラリーも高
速化しているのですが、クー&タン選手はまさに、このバドミントン新世代の申し子
とも言える高速対応型ペア。特に、攻めの得意なクー選手が前衛、タン選手が
後衛の時、強さを発揮します。

実はこの2人、2歳違いで誕生日が同じなんですが、生い立ちのせいもあってか、
性格もプレイイング・スタイルもかなり違います。2歳年上で右利きのクー選手は、
ふだんはフレンドリーで気のいい若者らしいんですが、コートの上ではかなり強気。
サッカーでいくと、南米やアフリカのチームに多い「乗せてしまったら、もう手がつけ
られない」(笑)タイプ。
ホーム・ファンの前で、ショーマンシップ(派手なパフォーマンス)を発揮し過ぎ、ミス
をして試合を落とし、批判されたこともありました。

一方のタン選手は、バドミントンを始めた小学生の頃、家が貧しく、「お古のラケット
しか持たせられなかったが、文句を言ったことはない」(byお父様)。コーチに払う
レッスン料が払えなくなった時もあったそうですが、彼の才能を見込んだコーチが
月謝を免除してくれたという記事も読みました。タン選手はこの頃を「やんちゃだった
がバドミントンだけは真剣に取り組んだ」と振り返っています。今の彼を見ていると、
その堅実なスタイルにはこうした苦労人の一面が、その表情にはやんちゃ坊主の
面影と逆境に負けない芯の強さがよく表れているなと思います。 
 
若い2人がこの1年ちょっとの間に達成した偉業は数え切れませんが、敢えて2つ
ほど挙げさせていただきます。まず、今年3月、世界ランキング10位の時点で「わず
か3ヵ月でIBF(国際バドミントン連盟)公式ランキングを109位も上げたペアは未だ
かつてない」と評されたこと。
第2は、最も伝統あるオール・イングランド(第1回は1898年)で、マレーシアに25年
ぶりの金メダルをもたらしたことです(決勝戦の模様はYouTubeでチェック)。

実はこのペア、スイス・オープンで優勝した後、期待されたメジャー・トーナメントで
成績が振るわず、2人の間の確執も取り沙汰されました。でも、ここへ来て、マカオ、
デンマークと、決勝でベテラン・ペアを破って2連勝。コート上で戦術を話し合う、
励まし合う、ハイタッチを交わす‐といったシーンも増えてきました。

でも、今回、このコラムを書くにあたり調べてみたところ、クー&タン・ペアの成績は
2連勝(もちろん、これはこれで十分偉業であるのですが)した後、中休みして、また
2連勝というパターンなんですよね。しかもホームよりアウェイの大会の方が調子が
いいんです。ま、ホームにはホームのプレッシャーもあるでしょうし、世界の頂点に
立った今、「打倒!クー&タン」と徹底的に研究される中で、勝ち続けていくのは難
しいかもしれません。実際、今年8月にホームのクアラルンプールで行われた世界
選手権では、坂本修一&池田信太郎組に準々決勝で負けてしまったのですが、
この時、日本ペアは「国立スポーツ科学センターのビデオ分析班の分析が役立った」
と語っています。

今年はまだ、フレンチ・オープン(10/30~11/4)、チャイナ・オープン(11/20~
11/25)、香港オープン(11/27~12/2)が、来年にはオリンピックが控えています。
クー&タン選手がこれからも怪我をせず、好調を維持し、バドミントン・ファンを
増やし続けるようなエキサイティングな試合を見せてくれることを祈ります。

| | トラックバック (0)

2007.10.14

「釜山国際映画祭」レポ

お疲れさまです、MARSです。

10月4日から12日まで開催された第12回釜山国際映画祭
日本では、木村拓哉以外はこれといって大きな話題には
ならなかったようですが、
現場にいなきゃわかんなかった裏ネタをちょっとお教えしましょう。

個人的には3回目の参加なわけですが、
エリカ様のドタキャンがたたったのか
台風もやってきたために、レッドカーペットは
猛烈な雨の中でスタート。
初日から取材でびっしょびしょになりました。

その1、カン・ドンウォン(写真中央)
Photo
 
今回の映画祭の韓国側のゲストの目玉は、
何といってもカン・ドンウォン
という摩訶不思議な映画の記者会見でやってきた彼。
しかし!会見に用意されたホテルの部屋は、
他の記者会見よりうんと狭くて、
木村拓哉のときの半分か3分の1かという狭さ。

日本だと記者席とカメラ席は分けてくれるのに、
韓国ではいっしょくたのため
毎度、会見のたびに記者だけでなくテレビカメラと
スチールカメラ、ビデオカメラのカメラマンが入り混じり、
戦争さながらの場所取りが。
たいていのカメラマンはかなり早く来てるわけだけど、
記者のテーブルの上にカメラの三脚を乗せるわ、
椅子やテーブルに土足で上がるわ、ルールなしです。

んで、今回はさすがに場所が狭すぎて、
ほとんどの人が何も見えない状況。
カン・ドンウォンが現れるまでに、
カメラマンたちが映画祭の主催者側に大声でクレームをつけ始め
予定開始時間を過ぎても罵声の嵐。

場所を変えるにも他の部屋に空きはなく、
一時は時間を延期するという提案も出て
「早くから並んでる俺らはどーなるんだ!?」と
罵声はさらにヒートアップ。

結局、スチールのあと映像カメラが撮るということで決着。
なーんや、それで納得するんやったら、
最初から全部そーゆールールにすればエエのに。
毎度こういう醜い争いを目にするのに、何でか懲りない韓国メディア。

その2、ソン・ヘギョ(写真左)
Photo_2
 
この映画祭のいいとこは、映画の会場に
スターがゲストに来てくれて、観客とQ&Aトークをしてくれること。
映画に出てるよりも実物のほうがキレイ
(あるいはハンサム)なことが9割で、
「え、あの人がこの人?!やっぱ映画俳優はちゃうな~!」と
感心することしきりなんだけど、
「お、おや…??」と思ったのがソン・ヘギョ(写真左)。

ドラマ秋の童話でソン・スンホンと禁断の愛に走り
不治の病に倒れる妹役で人気だった彼女は
清純イメージが売り物で、今回ファンジニという
時代劇映画でスクリーンデビュー。
この映画でも、顔がアップで何度も写り、
彼女の楚々とした美しさと肌の白さが売り物なんですが…。

ゲストでやってきた彼女は、一見、あゆ?風ギャルファッション。
しかも黒タイツに半パンツ。
スタイルが全然よく見えないし、あんまし似合ってない。。。
うーん、どうよこのコーディネートは。

その3、パーティ、パーティ、またパーティ
2

映画祭の間、夜はたいていどっかでパーティが行なわれ、
みんなハシゴして夜遅くまで走り回っているんだけど、
今年は残念ながら、会場で俳優たちと会えるシーンがあんましなかった。
明らかに今年は、俳優は俳優しか入れない会場でのパーティに
分けられてるみたいでした。
しかもねー、追っかけたいほどの目玉がいない。。。

そんな中で、パーティとしてかなり盛りあがってると思ったのは、
CJエンタテイメントという配給会社が
ノボテルホテルの地下のクラブでやってたパーティ。

ゲストライブパフォーマンスは、韓国で人気の2人組、clazziquai(クレージークワイ)。
 
バーカウンター内では、バーテンダーがボトルを回す
フレアバーテンディングを披露してくれて、楽しませてくれた。

今年は世界から集まった20代の新人監督にもいっぱい会えて、
いやー、20代で映画つくれるなんてすごいよなーと感心。
彼らが数年後、ビッグになってたりするのよ、マジで。

ちなみに、エリカ様ヌキでクローズド・ノートをひっさげ
釜山入りした行定監督は、ジャパンナイトっていうパーティに登場。
「5000枚のチケットが即日完売でびっくりした」と上機嫌でした~。

以上、遅めのレポでした!

MARS

| | トラックバック (1)

2007年秋ドラ期待度ランキング

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。

              ■『期待度番付!』■
                 (15点満点)     
 ―――――――――――――――――――――――――――
        前クールまでのバックナンバーはこちら
 ―――――――――――――――――――――――――――
    ・「※」印は前期からの続投作です。
    ・番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、
     1クール3回の当番付に対応してない作品及び昼ドラ。

 
●1位『ガリレオ』(月9CX)…………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
●1位『働きマン』(水9NTV)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
●1位『医龍 Team Medical Dragon2』(木10CX)☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
●2位『SP』(土11CX)………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8
●3位『相棒』(水9EX)………………………………☆☆☆☆☆5
●4位『歌姫』(金10TBS)……………………………☆☆☆☆4
●5位『スワンの馬鹿~こづかい3万円の恋』(火10CX)☆☆☆3
●5位『3年B組金八先生』(木9TBS)………………☆☆☆3
●6位『有閑倶楽部』(火10NTV)……………………☆☆2
●6(番外)『ジャッジ~離島の判事補奮戦記』(土9NHK)☆☆2
●7位『モップガール』(金11:15EX)……………………☆1
●7位『死化粧師』(金深TX)……………………………☆1
●7位『ULTRASEVEN X』(金深TBS)……………………☆1
●7位『ドリーム☆アゲイン』(土9NTV)…………………☆1
●7(番外)『風林火山』(日8NHK)…………………………☆1※
●7(番外)『ちりとてちん』(月~金朝8:15NHK)…………☆1
 
------------------<微妙ライン!?>-----------------

●8位『浅草ふくまる旅館』(月8TBS)……………………0
●8位『京都地検の女』(木8EX)……………………………0
●8(番外)『風の果て』(木8NHK)…………………………0
●8位『ハリ系』(土深NTV)…………………………………0
●8位『もうひとつの象の背中』(土深EX)…………………0
●8(番外)『愛の迷宮』(月~金昼1:30CX)………………0
●8(番外)『愛のうた!』(月~金昼1:00TBS)……………0
●8(番外)『お・ばんざい!』(月~金昼1:30TBS/9/3~)0
●8(番外)『熱血ニセ家族』(月~金昼1:30TBS/10/29~)0
●9位『おいしいごはん 鎌倉・春日井米店』(木9EX)…▼▼☆-1
●10位『キューティーハニー THE LIVE』(火深TX)………▼▼-2
●10位『ネギま』(水深TX)……………………………………▼▼-2
●10位『オトコの子育て』(金9EX)…………………………▼▼-2
●11位『暴れん坊ママ』(火9CX)……………………………▼▼▼-3
●12位『ジョシデカ!~女子刑事』(木10TBS)……………▼▼▼▼-4
●12位『ハタチの恋人』(日9TBS)…………………………▼▼▼▼-4


                ◆◇◆◇◆     
     
ゴ:今回は職場を舞台にしたコミック&小説の原作モノ3作品がTOP1にキレイに並
  んだね。若手俳優中心だった前クールに比べ、今クールは中堅&ベテランクラ
  スによる見応えのあるドラマが楽しめそうな予感。
  そして、目を見張るのは深夜枠の数の充実ぶり。“数の”とあえて言ったのは、
  深夜が実はおいしい枠かも…と見るや、我も我も!という感じで、深夜枠が希
  少だった頃に比べると、早くも乱造、質の低下ぶりが見受けられ始めた気がし
  ないでもないから。そんな中、深夜枠らしからぬ?ゴールデンコンビ(ジャニー
  ズ岡田准一×本広克行演出)の登場も。今度こそ期待していいですかあ? なに
  せ前クールの深夜枠ゴールデンコンビ(「すし王子」)は大コケしただけに…苦笑。
  
A:今クールは久々キターって感じ!全てではないけれど初回を観た限りでは『ガ
  リレオ』『医龍~』はイケる♪未見でも期待度ダントツ高いのは『SP』。近頃
  グッと冷えこんできたから早めにコタツ出して、秋の夜長をドラマで楽しもう
  と思ってま~す。

P:『ガリレオ』『働きマン』『3年B組金八先生』『モップガール』『SP』と、
  秋クールは楽しみにしている(期待している)ドラマがたくさん。中でも深夜
  枠の『モップガール』と『SP』が意外と健闘してくれそうな予感。

お:マンガを読まない私は、何を期待していいか、わからない。なんか、わっ、お
  もしろーい!ってハマれるドラマ、あったらいいなあ。定番の『金八』と前回
  見逃して後悔した『医龍』は、とりあえず、安全かな??
 
ラ:すでに、観たいドラマが絞られてしまったってどうよ?もう少し悩ませて欲し
  いのに、はっきり観たい、観たくないってすぐに振り分けられてしまったぜ。
  この現状って現場はどう思ってるのかね。

                    ◆
 
個々の作品に対するスタッフのコメントは
こちらのメルマガの「’07秋ドラ期待度番付」(10.21)号でお読みくださいませ!
 

| | トラックバック (1)

2007.10.06

『朧の森に棲む鬼』(舞妓 Haaaan!!!つながり)

■『朧の森に棲む鬼

トレキャ!シネマ番付<07年上半期番付>(9/30配信号)より抜粋。
●4位『舞妓 Haaaan!!!』(東宝)…………………………………☆☆☆☆☆☆6
A:☆☆☆/阿部サダヲによる阿部サダヲのための映画!堤真一&柴咲コウとの相
  性も抜群、全編勢いのある傑作おバカ映画に仕上がってました。ブリーフ一丁
  の阿部サダ、舞妓姿のコウちゃん、それぞれファンにはたまらなかったと思い
  ます。コウちゃんから前をたばこでジュっとやられた阿部サダ…、あ~ヤバイ、
  また観たくなってきた(笑)。

P:☆☆/「何を置いても阿部サダヲ。」サダヲ氏なくしてはこの作品の魅力はゼ
  ロですね。(サダヲの“ヲ”は重たい“を”です、みなさん間違えることのなき
  よう)。サダヲ氏がスクリーンに出るたびに笑いがこみあげてきて大変でした。
  久しぶりに映画を見て馬鹿笑いをしちゃいまいたよ。堤さんもクドカンにかか
  るとこんな風になっちゃうなんて。そこにぽけーっとしたOL役の柴咲コウとか
  『帰ってきた時効警察』でまかで君を演じていた小出沙織嬢とかが絡んできて
  賑やかでした。
 
よ:☆/「ななはぁぁぁぁん」と絶叫するどーみても高校生に見えない阿部サダヲ
  に笑わしてもらいました。そうそう、舞妓さん役をやった女優さんがすごく可
  愛かったですね。私も舞妓体験ツアー行こうと思っちゃった。

ゴ:0/映画は未見ですが、阿部サダヲ出演作でオススメ映画といえば、10月6日
  公開のゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』。
  “ゲキ×シネ”とは演劇でもない、映画でもない、まったく新しい映像エンター
  テインメントカテゴリー。実際に演じられた舞台劇を映画上映を前程に撮影、
  編集したもので、この朧の森に棲む鬼は、間に休憩を挟む3時間超えの作
  品ながら、舞台の臨場感+カメラが切り撮る映像とハイテク編集の迫力は、鳥
  肌モノ。主演は市川染五郎。舞台出身ならではサダヲっちの魅力も全開です!
  私はこの作品で役者染五郎にホレました!(笑)

あ:(番付担当外スタッフですがひとこと)ワタシも朧の森に棲む鬼はサイコー
  !だと思いましたヨ。「染五郎なんて単なる女たらし」って思ってたのに、実
  はあんなにスゴイ役者さんだったなんて! そしてもちろん阿部サダヲさんも、
  ね。あの舞台でも映画でもない“ゲキ×シネ”は、ぜひぜひたくさんの方に観
  てもらいたいなー。今、イチバンのオススメです!
  
Ⅰ:朧の森に棲む鬼観ました~。
  ほんと面白かった!
  休憩含め約3時間、飽きずにのめりこんで観れました。
  Gochy!の言うとおりだね~
  染五郎、やっぱさすが歌舞伎役者ですな、上手い!
  今までヒゲ濃いなっていうくらいしか印象なかったんだ(笑)、
  他の役者さんも!(一人TV向き?な感じの人がいたけど)尊敬!
  アベサダヲ、さいこ~。
  この作品は水の使い方もすごいね。
  アップのショットや撮り方でCGやアニメのようなスピード感があったな~
  これ通しで生の舞台でやったんだなぁって思うとまた感動。
  映画館の大きなスクリーンで観るのも、
  音響、映像美、役者の演技、etc際立っててホント圧倒されるし、
  いいもんだね☆
  「ゲキ×シネ」って私は初めてでしたがアリですね!

| | トラックバック (1)

ライター追記@『SUMO-lah』

 トレキャ!シネマ番付(07.10.06号)に掲載のコラム
『SUMO-lah』<マレーシア編>」へのライター追記です。
(コラム本編は本日配信の上記メルマガでお読みいただけます。)

Reikoです。

初の監督作品『Buli(マレー語で「イジメ」の意)』を観て以来、注目してい
たアフドリン・シャウキ(本人や出演作ポスターは彼のブログ〔英語&マレー
語〕でチェック。顔も身体も拡大の一途をたどっているな~と思っていたんですが、
武蔵丸との2ショット〔笑〕を見たら、全く可愛いもんでした)。

その彼が相撲をテーマにした映画を撮るというので、楽しみにしていたのです
が、待てど暮らせど「完成」という話を聞かない…。で、忘れかけた頃になっ
て、「ハリウッドの大作と封切が重なり、苦戦中。監督がブログで支援を訴え
ている」という新聞記事に出くわしました。

そして数ヵ月後のある日、高校1年の長男が「今日、学校で観たよ、『SUMO-
lah』。面白かった」と言うのです。先生が「たまには息抜きに」ということで
VCDを見せてくれたということでした。ま、この先生が、簡単にあきらめな
い姿勢や努力の大切さを、ユーモアを交え描いた、この映画から生徒達に
「何か」を学んでほしいと、思っていたかどうかはわかりません…。

ところで、アフドリン・シャウキ本人は、建築と芸能の学位を持ち、歌手、俳
優、ラジオパーソナリティ、司会、そして映画監督と、非常に多才な人ですが、
テレビや映画では(マレーシア芸能ライターのアサ・ネギシ曰く)「デブで
ダメな奴」がはまり役。
かなり昔、私が「シンガポールのバカップル」ということでご紹介した、同国
を代表するコメディ番組『プア・チュウカン』にも、そんな役でセミ・レギュ
ラー出演しています。

ただ『Buli』のときは、優秀なコンピュータ技術者であるにもかかわらず、
学生時代に受けたイジメのせいで、劣等感が強く、思ったことも口に出せない
男性の役だったんです。それが『SUMO-lah』では、口だけは達者な怠け者で、
仕事も半人前のくせに給料アップを願い出るという、観客の中にもけっこう
該当者がいそうな(笑)ダメ男。

そうそう、『SUMO-lah』には、この『プア・チュウカン』で主役を務めるグミ
ット・シンが、アフドリンのライバル、アキラ役で出演しています。
でも、アフロヘアと大きなほくろ、白いワイシャツの裾出し、黄色い長靴姿の
プア・チュウカンを見慣れたウチの息子達は、「ほんとにあれ、プア・チュウ
カンなの?」と、狐につままれたような顔をしていました。なんたって、常に
サロンから出てきたばかり…といった髪形でばっちり決め、アフドリンから
「おい、そこの冬のソナタ!」(笑)なんて呼ばれるアキラですから、チュウ
カンとは全然違います。

それから寿司屋の先輩で、恰幅のいい方を演じるアウィは、マレーシアを代表
するロックバンド、ウィングスのれっきとしたボーカルです。この映画の挿入
歌も彼が歌ってるんじゃないかな。アフドリン同様、声量豊かで、上手いです
よ(この挿入歌じゃ、よくわからないと思いますが)。

力士にしては痩せ型のもう1人の先輩役はコメディ系の役者ですが、この映画
ではアウィと2人、きっちり脇役に徹し、「いかにも日本人ボスに信頼されそ
うな、しっかりとした性格をよく表現していた」(当人がまさしく、このタイ
プで、日系製造業で現地人トップだった夫の談)のもよかったと思います。

ただヒロインのシティに扮したタイの女優、インティア・チャロエンプラー
をもっと、かわいく撮れなかったかな~と思います。彼女は、声だけ→後姿→
傘で顔が見えない→道行く男性が振り返る、という非常に思わせぶりな登場
の仕方をするんですが、映画館での観客の反応を伝える新聞記事によると、
正面から撮った彼女がスクリーンに映った瞬間、「なんだ、がっくりじゃん」
「期待はずれ~」という声が聞こえたそうです。
でも、着物の選び方や着付け、髪型でもっと「いい女」に見せることができた
と思うんですよね。確かに和服にはエキゾチック過ぎる顔立ちですが、細面
なんだし…。
ペラッペラ(笑)な胸をもうちょっと補強すれば、あの柳腰がいきて、和服が
すっきり決まったはずです。

それと、日本語が話せるマレー女性によって行われたというシティの吹き替え
がやっぱり不自然でしたね。「日本人とマレー人のハーフ」らしさを出したい
という原作者の意向で、そういうことになったらしいんですが、あれでは、
字幕に頼らないと、何を言ってるかわからないと思いますよ、日本人にも。
あと、アキラとシティが話す日本語が妙に「芝居がかって」いて、マレー語で
書いた台本を日本語に直訳したのかとさえ思いました。

全体的に見て、台詞の流れがスムーズで、映像も編集も切れがあるシーンと、
「これは無駄じゃないのか」と思えるシーンのギャップがかなりあると思いま
す。ま、マレーシア映画に対しては、無意識に「ここをこうすればもっと良く
なる」という観方をしてしまう私ですので、かなり厳しい批評になってしまい
ました。

| | トラックバック (2)

2007.10.05

07年09月度「トレンド情報」総棚卸し

9月度中に配信したトレキャ!の各種メルマガ
このブログで取り上げてきた注目すべきモノ・コトたちを並べてみました。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎『体験ギフト』○『客室乗務員体験ツアー』◎『サムライ道場』○『専業主夫』
◎『ニューツーリズム』○『パターンオーダー型旅行』◎『エコなのりもの』
○『ダイナミックパッケージ』○『世界初のハイブリッド車両』○『貸自転車』
○『大人かわいいビジネス』○『フリーストア』◎『キャラコスメ』○『怒らせDVD』
◎『コレスポンデンスカード』○『おふろ用ふれあいシート』◎『お一人さま仕様』 
○『おふろ用インド式2桁九九表』○『おふろ用家族ふれあい新聞』◎『ヴェリブ』
○『口ぐせで性格がわかる!?』◎『MySupermarket.co.uk◎『有楽町イトシア』
◎『銀座・有楽町が変身』○『ニッタビル』 ○『リタイア・モラトリアム』
○『東京都心部でよく行く繁華街は』○『霞ダイニング』○『若者ターゲットの銀座』
◎『マロニエゲート』○『KUNIGIWA(クニギワ)』○『新生プランタン』◎『プラ地下』
◎『プランタン銀座』○『MADE IN GINZA PROJECT』○『丸の内モヤイ像』
○『シェフズ&スペシャリティダイニング』○『秋冬オープン待機スポット』
◎『ザ・ペニンシュラ東京』◎『ペニンシュラ東京ホテル』○『マーブルラウンジ』
○『ハッピーマンデーのホテルプラン』○『携帯サイト予約』○『水中エクササイズ』
○『ホテルイースト21東京』○『ジュエリー・クリスマス』○『ヌードヨガ』
○『チョコヨガ/ワインヨガ』○『アートヨガ』○『アクロヨガ』○『ドガ』
○『京王プラザの鉄ちゃん・鉄子の宿プラン』○『ビリーズブートキャンプ・ライブ』
○『フェイシャルヨガ・バス』○『ヨガフェスタ横浜』◎『ジャイロトニック』
○『日舞エクササイズ』△『ヨガフェスタ』○『ズンバ』○『DVDエクササイズ』
○『最新エクササイズ機器』○『人気の健康グッズ』○『お腰癒す』
◎『空港銘酒蔵』◎『クレープ自販機』○『DSが私の先生』○『ソムリエDS』
○『「話す・聞く」技術に注目』○『グルメ関連ソフト』○『おしりかじり虫』
◎『大人気!おしりかじり虫』○『HEX BUG』○『アンチエイジングミュージック』 
○『エイジングケア』○『アンチエイジングドック』○『米国サプリ動向』
◎『漢方が飲めるbar』○『麻布十八番』◎『医食同源カフェ&レストラン』
○『おもしろサイト』○『脳内メーカー』○『ヒューマンプレーヤー』
○『Veepers(ヴィーパーズ)』○『人気の貯金箱』○『貯金箱型玩具』
○『大人がハマるおもちゃ』○『IPPINmono販促』○『ラブジェンカ』
◎『しゃべる植物』○『LTTLE JAMMER PRO(リトルジャマープロ)』
○『PRIVATE OCEAN(プライベートオーシャン)』○『UMINE(ウミネ)』
◎『幻想空間 万華鏡』◎『1000円以下玩具激戦』◎『おしゃべり人形』
○『トイカメラ』○『エアーミュージシャンver ギタリスト』
○『エアーギタープロエレキギター』◎『ベネチアン・マカオ・リゾート』
○『ベネチアン・マカオ』○『毎日エンジョイカレンダー 人生ゲーム2008』
○『HP2メガモト』○『マジックホイール』○『幻のダム』○『DVD映画上映』
○『巨大建築物写真集』○『メタルブーム再燃』○『水族館宿泊プラン』
◎『劇場でTVドラマ再ブーム』○『アロマ水族館』○『ラウンジ系ダイニング』
○『昭和ブーム』○『復刻版LP』○『グループサウンズ映画』◎『エコパーク』
○『テクノポップ』○『尾瀬国立公園』○『囲碁で脳トレ』○『ピストバイク』
◎『ピアノ映画ブーム』○『ハリー・ポッターシリーズ映画』○『デコ電』
○『イラク戦争、対テロ映画』○『カジュアルシアター TH-AX200』
◎『百貨店でおケイコ』◎『高機能プリントシール機』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『バーチャル東京』○『セカンドライフ』○『メタバース』○『鼻歌検索』
◎『midomi(ミドミ)』◎『セカンドライフは流行らない』◎『笑顔検出』
○『ソーシャルミュージック』○『顔認証』○『プリ面ぐるみ』
○『リアルタイム笑顔度測定技術』◎『スマイルシャッター』
◎『生体認証(顔パス)入場システム』○『心づくしカレー』○『パワーセット』
○『おもしろサイト』○『Veepers(ヴィーパーズ)』◎『動画サイト大人気』
◎『キュアルスタジオ』◎『iPod touch』 ○『電子ギフトカード』
○『ニアバイナウ』○『R2-D2型のDVDプロジェクター』○『サンププロ』
◎『Rolly(ローリー)』 ○『ギガビート T401』○『Xacti DMX-HD1000』
○『昭和のレトロ黒電話』○『カラーコードで観光PR』○『デザインQR』
○『レストラン予約サイト』○『ツアートレーサー』○『ひかりモバイルmyPC』
○『パーソナルフィールドスピーカー』○『デジタルビデオカメラ』○『新型PSP』
○『ヘッドホン型スピーカー』○『Google マップ』○『電子書籍サービス』
◎『ビューティフルピープル・ネット』○『So-net メールdeギフト』
○『商品企画のための体感デモ機「ビューモ」』○『おやじケータイ』
○『エキュート立川/グランスタ』○『ハニーズバー』○『ミニ駅ナカ』
◎『瓶牛乳』○『駅のプレミアムバー』◎『有料お試しサービス』○『点字缶詰』 
◎『0円サービス』◎『マクドナルドのCO2削減運動』○『社会企業家』
○『寄付型販促(CSRマーケ)』○『三次元モデル』◎『3D映像の着せ替え広告』
○『ナプキン広告』◎『コケコッコークラブ』○『真夜中の贅沢』 
○『名古屋喫茶店モーニング』○『カフェの朝食メニュー』○『朝食とうふ』
◎『目的細分化栄養ドリンク』○『イメージコンサルタント』○『宅配人気』
○『good coupon!』○『78割(ななはちわり)』 ○『セルフレジ』
○『出版社のPR誌』○『おやじの日』○『クラシカルエレガント』
○『レトロエレガンス』○『タフかわいい女』○『ワンピース』○『新作コスメ』
○『ハイウエスト』○『秋冬トレンドキーワード』○『大人ボーイッシュ』
○『小さめアウター』◎『ライダーズ・ジャケット』○『革ジャケット』
○『男前ジャケット』○『ロイヤルブルー』○『秋のファッション小物』
◎『グローブ』○『メタリックバッグ』○『民族調ファッション』
◎『ブーティー』◎『ブーティ(超短ブーツ)』◎『カラータイツ』
○『秋バッグ』○『クロックス』○『クロックス青山店』○『クロックス新作』
○『伊勢丹メンズ館』○『男の部屋』○『男性下着』○『オトコも日傘』
◎『伊勢丹新宿店メンズ館8階』○『メンズボディアップ』○『SKIM GYM』
◎『男性専用スパ、オープン』◎『男の身だしなみグッズ』○『つけヒゲ』
○『男性向けビューティサロン』○『試着代行サービス』○『Men'sパフェ』
○『おとなの野菜 For MEN』 ○『大容量デザート』○『スキンズ』
◎『のびるスニーカー インチウォーム』○『バイオギア』○『立体Xシャツ』
○『アルルタイツ つま先Ag』○『ボディシェイパー』○『柔流』○『太眉』
○『ヘアソリッド』◎『ミディアム』○『足底穴あきソックス』◎『秋デニム』
◎『ハラキャミ』 ○『フリップフロップ』○『頭専用タオル』○『腰パン』
○『テントコート』○『ロングニット』○『カラーオーダージーンズ』
○『ブラ用アップリケ』○『注目ヘアアクセ』○『インフィオレ』
○『おしゃれ新スポーツアイテム続々』○『肌チェッカー』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『原点回帰商品』○『落ち綿ふきん』○『段ボール製品』○『信州の山肉』
◎『ご当地缶詰』○『らーめん缶』○『うどん缶』◎『スープカレー』
○『スープカレー缶』◎『手作りフードキット』○『いえそば』○『料理玩具』
○『レンジで豆腐』○『おいしい保存食』○『グリコの保存食』○『酒飴』
○『レスキューフーズ白いごはん』○『あったか非常食』○『塩マドレーヌ』
○『ドン・ペリニョンのかき氷』○『スイーツ×酒のコラボ』○『クリスピー2』
○『ポテリッチ チーズフォンデュ』○『四角いスイーツ』○『新感覚のスイーツ』
◎『ライトスイーツ専門店』◎『Smooch』◎『本格バーガーブーム』△『香ル美徳』
◎『香(こう)』○『本格肉汁系バーガー店』○『Amore Pocket Park cafe』
○『スバムバーガー』◎『ご当地お魚バーガー』○『おさかなマイスター』
◎『高齢者向け施設』○『ホワイティーン プリオーラ』○『re-re(リーリ)』
○『アロマ機能つきスチーム式加湿器「EHF 701」』○『嗅覚ディスプレイ』
○『シャルダン マイアロマ』○『香』○『AXEのフレグランススプレー』
○『FRAGRE』○『コーヒーで記憶力アップ』◎『緊急地震速報』
◎『「コーヒーで健康になる」という研究結果続々』
○『歩いて家に帰る地図 川越街道版』◎『地震ハザードステーション』
○『ナマジー』○『新潟に泊まろう!温泉ライナーワンコインバス』
○『鉢植え=簡易トイレ』◎『Life Saver』○『尿を飲料水に変える装置』
○『ながれ』○『コジマ落し物お知らせサービス』○『落し物発見サービス』
○『追跡機能付き学校制服』◎『ぱそこんキッズキー』◎『ICタグ新製品』
○『メタボ対策にはジョギングよりサッカー』○『打倒メタボカード』
○『脂肪が付く順番は?』○『肥満は伝染する!?』○『健塩くん』
○『食べたらネット』○『日常動作の消費カロリー』◎『ゾーンダイエット』
○『ノルディックウォーキング』◎『ウォーキングスタイルHJ-151』
◎『牛角×ZONE DIET SET MENU』◎『ロハス フレンチ アムール スペリュール』
○『女性は大学に進学すると太る!?』◎『「おいしい!100Kcal」シリーズ』
○『ダイエットには休憩を挟むのがコツ』○『ダイエットは一生の仕事!?』
○『EAP(employee assistance program)』○『最新福利厚生事情』
◎『ユニーク福利厚生』○『子供の抱き方でストレスがわかる!?』
○『不眠対策』○『∞プチプチ』○『USBミサイルランチャー』○『盆栽』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『メガネカフェ』◎『親子カフェ』◎『高野山カフェ』○『∞プチプチ』
○『カフェ・ローズユミローズ』○『ヒーリング・ソープ』○『富士登山』
○『カラーセラピーデザート』○『水中エクササイズ』◎『高野山カフェ』
○『酸素カプセル』◎『新スタイル精進料理』○『とまとしょうゆ』
○『HONA azabu (ホナ アザブ)』○『とまとピーラー』◎『トマトのお酒』
◎『トマトのかき氷』○『プレミアム緑茶市場』○『綾鷹(あやたか)上煎茶』
○『辻利』○『プレミアムチョコレートシリーズ』◎『プライムタイム』
○『デザートポッキー』○『ギャバン あらびきブラックペッパー』
○『ポテリッチ チーズフォンデュ』○『駅のプレミアムバー』
○『秋スナック&秋スイーツ』○『秋素材スイーツ』○『外食秋の味覚』
○『カフェ新メニュー』◎『コンビニ秋メニュー』◎『秋の新作スイーツ』
○『食堂 me mamma(メ・マンマ)』○『CAFE Mame-Hico(カフェマメヒコ)』
◎『クロレッツホット』○『とうがらし梅茶』○『ハバネロ明太子』
○『唐辛子シャンプー ホットボウ』○『カフェ戦争』◎『マックカフェ』 
○『カフェ新メニュー』○『新・マックカフェ』○『野菜ソムリエ直営の店』
○『ベジー』○『野菜と果実の健康レシピ ビューティーミックス』
○『プロフェッショナルイヤークリーナー』○『スプーンパッティング』
○『おうちエステ』○『ふるさと弁当』◎『バランス弁当』○『イースね!』
△『新陳代謝促進弁当』◎『ご当地グルメ店』○『億万長者のための貯金箱』
○『大館曲げわっぱ『黒』鶏めし』○『京のおばんざい弁当シリーズ』
○『おもしろ雑貨』○『デザイン雑貨』○『次世代オーブン』
○『ホームベーカリー』○『和素材健康食品』○『フルーツパスタ』
◎『最新注目フード』○『東京版ミシュラン』◎『食べごろ表示』
○『おなか満腹コラーゲンチョコ』○『ワールドグルメスポット』
○『De’Longhi's TOKYO(デロンギーズ トーキョー)』○『健康カフェ』
○『デロンギーズ トーキョー』○『モダン各国料理』○『クンメー』
○『カルシファーズ・グリル アラ トスカーナ』○『Vifu(ビフウ)』 
○『南インド料理ブーム』○『進化したヘッドスパ』○『髪専用美容液』
○『唐辛子シャンプー ホットボウ』○『ヘアケア商戦第2幕』
○『鉄陣 ebisu (てつじん えびす)』 ○『じゅうじゅう千徳』
○『ポスト岩盤浴』◎『フーレセラピー』◎『レシピ雑穀米』
○『つくね入り玉こんにゃく』○『生麩入り豆腐ハンバーグ』
○『めくってキレイ!マスク』○『大かまど飯 寅福(とらふく)』
○『RISOTTO & Co.(リゾットアンドカンパニー)』○『キャラメル味』
○『東ハト ナンデスカ?』○『AOU(Antioxidant Unit)』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○『和柄スニーカー』○『和柄印鑑ケース』○『江戸前金魚』 ○『和雑貨』
○『自動車の内装を漆塗りに』◎『マイエコグッズ』○『デザインごみ袋』
◎『エコグッズ三種の神器』○『ルートートのエコバック』◎『王子ブーム』
◎『イケメン調理本』○『ペット用こたつ』○『ペットロガー』○『猫カフェ』 
○『パピーズダイニング』○『デリシャス デリバリー プラス わん』
○『ドッグスリング』○『キッチンドッグ!』◎『マンション客船』
○『ネコ好きカレとイヌ好きカレへのアプローチ方法』○『全席禁煙』
○『女性のおしゃれは種の保存本能?』○『できちゃった婚』
○『男女のヤキモチの違い』○『女の子の考えるいい男って?』
○『オトコの結婚適齢期はいつ?』○『エアカーテン付天井空気清浄機』 
○『携帯灰皿』\◎『日本語俗語辞書』○『プッシズム』○『ナリコミュ』 
◎『含浸技術応用フード』◎『子供向け弁当デリバリー』○『金融教育』
◎『小島よしお』○『でもそんなの関係ねぇ!』○『硬い食べもの』
○『ペン回し』○『独身男性を競売にかけるチャリティ・オークション』
○『フラグ立ってる?』○『修悦文字』○『ご当地シートマスク』
○『宇宙ホテル』○『自由に使える長枕』○『サプライズ個室』
◎『黒い衛生雑貨』○『再チャレンジ試験』○『完熟「一期座(いちござ)」』
○『パパ検定』○『アニソン喫茶』○『自給自足給食』○『ごはん持参給食』
○『ヒット商品』○『おトイレカフェ』◎『コラボキューピー』
○『ご当地ディズニーシリーズ』○『ガンダム通話』○『戦艦大和じゅうたん』
○『リカちゃん』○『シャーロックホームズ風キティ』○『神戸鉄人カレー』
△『負けるな!晋ちゃんまんじゅう』○『ゲゲゲの霊界符~日本全国妖怪道~』
○『FUJIYA SWEETS/BAKERY』○『水木しげるロード』○『ルロロマニック』
△『紀香ひな人形』△『伊達杏子』○『ハイドロブロンコ』○『スナボー』
○『新感覚ボールゲーム』◎『もやしもん』○『チェコアニメ』○『VOCALIST』
○『テレビ王国ランキング! レポート』○『クライミングウォール』
○『むだや』○『EasyURL』○『来年の年賀状』 ○『秋に欲しい服』
○『ウールセーターが家庭用乾燥機に入れられる!?』○『フリースター』
◎『デビュー・ブランド』○『ブティック青山』○『フルッティ ディ ボスコ』
○『最新カレー事情』○『総長カレー』○『氷カレー/アイスクリームカレー』
○『北欧産マツタケ』○『黄金比率プリン』○『コンビニおでん合戦』
○『フレンチ鉄板焼き店』○『ハイチュウドリンク バレンシアオレンジ』
○『広島風つけ麺店』○『SPRAY』 ○『チェコ風カフェ』○『炊飯器』
○『目の疲労に蒸しタオル』 △『スレンダーシェイバー』○『チェコ雑貨』
○『ポンプ内蔵のスチームアイロン』○『デオドラントスチーマー』
○『シンメトリー』△『最新フォトグッズ』○『9月はじまり手帳』
○『横浜国立大学クレジットカード』○『ナガイモ酢』○『神戸山の手プリン』
○『宿題代行ウェブサイト』○『女性は一生に111個のバッグを持つ!?』
○『騒音で寿命が縮む!?』○『Triumph SmartGuide』○『PSE法廃止』
○『青色パフォーマンス集団』○『都会のお昼寝スポット』○『首さげ筆記具』
○『世界最速の連写ができる次世代デジカメ』○『新打ち水』○『ねばり屋』
○『マンゴタンゴ』○『ホノルルクッキーカンパニー』○『ハヤシライスパン』
○『赤坂ACTシアター』○『東京の新劇場』○『活版印刷』○『恋空』
○『すいそく・こうさく!ぷくぷく島図鑑』○『2007年MotoGP レプリカ外装キット』
○『49サイト』○『桃鉄物産館』○『ERGODEX DX1』○『即席カップ』
○『ジャーナルスタンダード レサージュ』○『日清chinシリーズ』
○『桃恋茶(とうれんちゃ)』○『マスカット・オヴ・アレキサンドリア』
○『ラム酒』○『「伝説への扉」グランプリ』 ○『上期流行のバー』
○『布ナプキン』○『クイックミリタリーソロテントFR』○『エイドアオート』
○『街ナカ足湯』○『栃木・蔵の街かど映画祭』○『うなぎケーキ』
○『人気ラーメン店「一蘭」、関西に出店』○『巨大トースト』
○『カレー店が出す濃厚チーズケーキ』○『ロックスターは短命!?』
○『雲州人参入りくにびき稲香麺(いなかめん)』○『hammam』
○『コスチューム・ジュエリー』○『鎮痛剤の常用に要注意!』
○『日常生活の祈祷の言葉』○『エッチな気分で鼻血は出る?出ない?』
○『停学中の子どもが街中をぶらついたら親に罰金が』△『特船オキアミ』
○『しゃっくりの止め方ランキング』○『ボブの絵画教室』○『モンハン』
○『入浴剤屋』○『詰め替えタイプ 消えいろピット』○『サンドプルーフ』
○『ビューティトワレシリーズ』○『コバエがホイホイ』△『アデノウイルス36』
○『貯蓄型医療保険』○『フェイシャルリフレクソロジー』○『塩味生八ツ橋』
○『オープンデッキ型の定期観光バス』○『100円で都内バスツアー』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎『東京ガールズコレクション』○『女性誌と共同企画スーツ』○『ねりから』
○『山田優×王様のブランチ×ソードフィッシュ』○『ママバター』○『カツ丼』
○『衣料品のリサイクル』○『クグロフ』○『かおり梨』○『チェー』
○『チョコデニッシュ(キットカット入り)』○『復活かっぱえびせん』
○『野菜の戦士』○『山崎50年』○『Verre et Cour(ヴェルエクール)』 
○『ヴェルエクール』○『ロッテリア100円メニュー』○『母乳成分』
○『移動たこ焼き店 たこの壺』○『進化したサプリメント』○『クオリ』
○『肉球クリーム』○『栄養いきいき真空チルド』○『ピンポイントハンガ』
○『ソフトクリームの入浴剤』○『うすはりグラス』○『敬老の日グッズ』
◎『水上タクシー』◎『金色タクシー』○『カブトムシ・モノレール』
○『鳴門鯛 粒選り大吟醸』○『きりたんぽアイス』○『贅沢茶漬』
○『なごり雪』○『クリストファー・ノーマン』○『Rev 7』
○『世界で最も外食費の高い都市は?』○『海外挙式プラン』
○『かわいい子には道路を一人で横断させろ!?』○『無脂肪ヨーグルト』
○『変な名前の子供が急増中』○『ローランドのV-Drums』○『テニミュ』
○『通勤ブランドフォーマル』○『エネゲートのエコワット』
○『ニールズヤードのアロマパルス』○『お月見メニュー』○『Fリーグ』
○『サイコロコスメ』○『柿安プリンセスポーク』△『ULTRASEVEN X』
○『日野セレガ・プレミアム』○『アニメや漫画専攻の大学院』
○『JAPAN国際コンテンツフェスティバル』○『罰ゲームトランプ』
○『PZコレクション ワインパズル』○『Tea Boutique』○『バラ市場』
△『シビックタイプRのレース専用特別仕様車』○『PC復旧』
○『PX-7550S』 ○『ノイズキャンセリングヘッドホン』
○『スパイス&ハーブプロジェクト』○『ピンキーガールズ』
○『しっとりモイスチャー手袋』○『あるようでなかった出張バッグ』
○『αリポ酸入りコスメ』○『レインボー化粧品店』○『博多 華善』
○『エナソルーナ』○『北海道チョコポテト』◎『発泡日本酒』
○『スターバックス ディスカバリーズ パリ(砂糖不使用カフェオレ)』
○『地頭鶏(じとっこ)』○『白髪の原因は?』○『えびす茶寮』
○『めぐりズム蒸気でホットアイマスク』○『キーピーズ』○『iControl』
○『ビフィズス菌とビール酵母食物繊維を含む食品の整腸作用』
○『パワーアップしたナノケアシリーズ』○『パナソニックのオキシライト』
○『クルン』○『ワインボトル スピーカー ワイナック』○『天ぷら 松』 
○『長い1本麺 腰帯麺』○『カヌー駅伝&やきとリンピック』』
○『水陸両用船、神戸に登場』○『ジャズドリーム長島』△『10円まんじゅう』
○『秀才文具パック』○『人気旅行先調査』○『高級モンブラン』
○『恋の切り札 小悪魔A(アンサー)』○『ラブ運上昇キリン』
○『ダイヤモンドジュエリーショー』○『トニー・ブレア前首相の妻の自伝』
○『幕末ファン専用しょうゆ薩長同盟』○『チョコと楽しむ甘い映画』
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


07年8月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年7月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年6月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年5月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年4月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年3月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年2月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
07年1月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
06年1~12月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです
05年1~12月度「トレンド情報」総棚卸しはこちらです

★ダイジェスト版を無料メルマガで購読してみる→こちらでご登録を!

| | トラックバック (0)

2007.10.04

『東京少年』完成披露記者会見

トレキャ!夏ドラ終了後番付では第9位と振るわなかった
『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』ですが、
このドラマに続いて、
堀北真希が新作映画東京少年で再び男役に挑戦!
こっちはドラマ以上に見応えあるか?
  
今回はただ男装をして男のふりをするってんじゃなく
二重人格の少女<みなと>が
自分の中に潜む男の人格<ナイト>と繰り広げる
究極のラブストーリーという、複雑な役どころ。

Nor_0067
一人二役の堀北真希とシュウ役の石田卓也@完成披露記者会見

堀北いわく
「まさか自分相手にラブストーリーをやるとは思いませんでした(笑)」
 (中でもとても印象的で切なかったシーンは)、
 二人が鏡越しにキスをするところ」
  
ドラマでの“男装”と、映画での“男役”。
その違いを彼女がどう演じて分けてみせるかも見所のひとつかも!
 
◆『東京少年
 ・公開/2008年2月2日 新宿トーアほか全国順次ロードショー
 ・監督/平野俊一
 ・主演/堀北真希
 ・あらすじ/幼い頃に両親を亡くした<みなと>には何でも話せる文通相手の
  <ナイト>がいた。彼のことはどこの誰かも知らないが、実は<ナイト>は彼
  女の中の影の人格。そんなある日、みなとはシュウ(石田卓也)と出会い、
  恋をする…。
       


| | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »