« 2007年秋ドラ期待度ランキング | トップページ | スポーツの秋に贈るラケット物(テニス&バドミントン)観戦記 »

2007.10.14

「釜山国際映画祭」レポ

お疲れさまです、MARSです。

10月4日から12日まで開催された第12回釜山国際映画祭
日本では、木村拓哉以外はこれといって大きな話題には
ならなかったようですが、
現場にいなきゃわかんなかった裏ネタをちょっとお教えしましょう。

個人的には3回目の参加なわけですが、
エリカ様のドタキャンがたたったのか
台風もやってきたために、レッドカーペットは
猛烈な雨の中でスタート。
初日から取材でびっしょびしょになりました。

その1、カン・ドンウォン(写真中央)
Photo
 
今回の映画祭の韓国側のゲストの目玉は、
何といってもカン・ドンウォン
という摩訶不思議な映画の記者会見でやってきた彼。
しかし!会見に用意されたホテルの部屋は、
他の記者会見よりうんと狭くて、
木村拓哉のときの半分か3分の1かという狭さ。

日本だと記者席とカメラ席は分けてくれるのに、
韓国ではいっしょくたのため
毎度、会見のたびに記者だけでなくテレビカメラと
スチールカメラ、ビデオカメラのカメラマンが入り混じり、
戦争さながらの場所取りが。
たいていのカメラマンはかなり早く来てるわけだけど、
記者のテーブルの上にカメラの三脚を乗せるわ、
椅子やテーブルに土足で上がるわ、ルールなしです。

んで、今回はさすがに場所が狭すぎて、
ほとんどの人が何も見えない状況。
カン・ドンウォンが現れるまでに、
カメラマンたちが映画祭の主催者側に大声でクレームをつけ始め
予定開始時間を過ぎても罵声の嵐。

場所を変えるにも他の部屋に空きはなく、
一時は時間を延期するという提案も出て
「早くから並んでる俺らはどーなるんだ!?」と
罵声はさらにヒートアップ。

結局、スチールのあと映像カメラが撮るということで決着。
なーんや、それで納得するんやったら、
最初から全部そーゆールールにすればエエのに。
毎度こういう醜い争いを目にするのに、何でか懲りない韓国メディア。

その2、ソン・ヘギョ(写真左)
Photo_2
 
この映画祭のいいとこは、映画の会場に
スターがゲストに来てくれて、観客とQ&Aトークをしてくれること。
映画に出てるよりも実物のほうがキレイ
(あるいはハンサム)なことが9割で、
「え、あの人がこの人?!やっぱ映画俳優はちゃうな~!」と
感心することしきりなんだけど、
「お、おや…??」と思ったのがソン・ヘギョ(写真左)。

ドラマ秋の童話でソン・スンホンと禁断の愛に走り
不治の病に倒れる妹役で人気だった彼女は
清純イメージが売り物で、今回ファンジニという
時代劇映画でスクリーンデビュー。
この映画でも、顔がアップで何度も写り、
彼女の楚々とした美しさと肌の白さが売り物なんですが…。

ゲストでやってきた彼女は、一見、あゆ?風ギャルファッション。
しかも黒タイツに半パンツ。
スタイルが全然よく見えないし、あんまし似合ってない。。。
うーん、どうよこのコーディネートは。

その3、パーティ、パーティ、またパーティ
2

映画祭の間、夜はたいていどっかでパーティが行なわれ、
みんなハシゴして夜遅くまで走り回っているんだけど、
今年は残念ながら、会場で俳優たちと会えるシーンがあんましなかった。
明らかに今年は、俳優は俳優しか入れない会場でのパーティに
分けられてるみたいでした。
しかもねー、追っかけたいほどの目玉がいない。。。

そんな中で、パーティとしてかなり盛りあがってると思ったのは、
CJエンタテイメントという配給会社が
ノボテルホテルの地下のクラブでやってたパーティ。

ゲストライブパフォーマンスは、韓国で人気の2人組、clazziquai(クレージークワイ)。
 
バーカウンター内では、バーテンダーがボトルを回す
フレアバーテンディングを披露してくれて、楽しませてくれた。

今年は世界から集まった20代の新人監督にもいっぱい会えて、
いやー、20代で映画つくれるなんてすごいよなーと感心。
彼らが数年後、ビッグになってたりするのよ、マジで。

ちなみに、エリカ様ヌキでクローズド・ノートをひっさげ
釜山入りした行定監督は、ジャパンナイトっていうパーティに登場。
「5000枚のチケットが即日完売でびっくりした」と上機嫌でした~。

以上、遅めのレポでした!

MARS

|

« 2007年秋ドラ期待度ランキング | トップページ | スポーツの秋に贈るラケット物(テニス&バドミントン)観戦記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/16762311

この記事へのトラックバック一覧です: 「釜山国際映画祭」レポ:

» 読者モデル募集のお知らせ [ファッションサイトCREW]
鐓�鐔э蒐鐔種舟鐓�鐔誌讐鐓�CREWでは読者モデルを募集しています。 現在CREW全体のアクセス数は1日に6千、ページビューは5万にせまる勢いです。 そこで今後、CREWの読者モデルとして活躍してくれる方を募集しています。CREWの読者モデルになられた方には有名美容室やネイルサロンのヘアカタログの撮影、レポート、ブログ掲載、スナップ撮影やDVDの撮影などファッションモデルとして活動していただきます。 ... [続きを読む]

受信: 2007.10.21 15:14

« 2007年秋ドラ期待度ランキング | トップページ | スポーツの秋に贈るラケット物(テニス&バドミントン)観戦記 »