« 『トレンド・キャッチ!』(Vol.224)/2008年MY抱負、サイトリニューアル、ほか | トップページ | 祝ジョコビッチ優勝! »

2008.01.25

ジョコビッチが、やりました!

またまたReikoです。

ジョコビッチがまたまた、やりました!
USオープンに続いてのグランド・スラム決勝進出です!
しかも今回は、
USオープンの決勝で経験の差をまざまざと見せつけられた相手、
フェデラーを破る快挙。フ
ェデラーはこれまで4大大会の決勝に10回連続出場しており、
今大会も大本命と言われていたのです。

今日のジョコビッチは1セット目、サービスゲームをフェデラーにプレイクされ、
心理的に追い詰められた上、フェデラーの打球(ボレーとドロップショットの
中間くらい)を追って転倒。手首を傷めたように見えたので
「あ~、今日もフェデラーには勝てないか~」と天を仰ぎましたよ、私は。
(床に着いたのは、効き腕とは逆の左でしたが、
 ジョコビッチはバックハンドが両手打ちなので、
 多少は影響があるのではないかと心配していたのです)

でも、この転倒で緊張が解け、無駄な力が抜けたのかもしれません。
フェデラーのフォアハンドのミスも手伝って、7-5と逆転。
でも、フェデラーやナダルは2セット
先取されても形勢を逆転させることができるので、
例え、ジョコビッチがマッチポイントを握っても、
試合が完全に終わるまで気を抜けないぞと思っていました。

ジョコビッチに比較的有利に進んだ2セット目。
そして王者フェデラーの反撃を誰もが予想した3セット目は、
取得ゲーム数では互角の展開となりました。
何度かブレイク・ポイントを切り抜けたジョコビッチが6-5で迎えたサービス・ゲーム。
実は私、この時初めて「今日は勝てる!」と確信しました。
ジョコビッチの背中に自信が溢れているように見えたからです。
そしてサービスゲームをキープした彼は、タイブレークで逆転し、
天才フェデラーにストレート勝ちしました。

本トーナメントのジョコビッチはここまで全てストレート勝ち、波に乗っています。
でも決勝の相手はノーシードながら、シード選手をバッタバッタとなぎ倒して
勝ち進んできたジョー=ウィルフリード・ツォンガ
(英語解説者の発音は「スォンガ」に近い)。
モハメド・アリの若い頃によく似た彼も絶好調で、強敵です。
でもジョコビッチ・ファンの私としては、
ぜひ彼にグランドスラム初優勝してもらいたいのが本音。

そうそう、土曜は女子シングルスの決勝で、
アナ・イヴァノビッチがマリア・シャラポワと対戦します。
シャラポワ有利と見られているようですが、
私はやっぱりイヴァノビッチに勝たせたい。
セルビア人選手アベック優勝なんてことになったら、本当に嬉しいです。
 
 

|

« 『トレンド・キャッチ!』(Vol.224)/2008年MY抱負、サイトリニューアル、ほか | トップページ | 祝ジョコビッチ優勝! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/17849177

この記事へのトラックバック一覧です: ジョコビッチが、やりました!:

« 『トレンド・キャッチ!』(Vol.224)/2008年MY抱負、サイトリニューアル、ほか | トップページ | 祝ジョコビッチ優勝! »