« '08年4月クール新ドラ速報 | トップページ | 『2008年シネマトレンド・キーワード』 »

2008.03.07

第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート(前編)

「アウトサイダー達が輝いた年」           
                                 TEXT BY Reiko

「80」というキリのよい開催回数の割りに華やかさに欠けた今年のアカデミー
賞授賞式。その第一の理由は、昨年11月5日に始まった脚本家組合のスト
ライキだろう。インターネット配信の2次使用料を最大の焦点とする組合と映
画会社/テレビ局側の交渉が決裂し、ストが決行されたことで、ゴールデン
グローブ賞授賞式は中止に追い込まれ、オスカー(アカデミー賞の愛称)の
授賞式開催も危ぶまれていたのだ。そんな「ハリウッドの危機」に輝いたのが、
主演、助演の各男優/女優賞を獲得した4人の外国人俳優ら「アウトサイダ
ー達」である。また、作曲賞(『つぐない』のダリオ・マリアネッリ)と美術賞(『ス
ウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』のダンテ・フェレッティ)を手に
したのはイタリア人だったし、本命視されていたディズニーの『魔法にかけら
れて』を退けて歌曲賞を獲得したのはアイルランド映画『ONCE ダブリンの街
角で』の「Falling Slowly」だった(個人的には、末恐ろしいような11歳の少女を
フィーチャーしたゴスペル、「Raise It Up」(『August Rush』)が良かったが...)。
 
だが、何も外国人ばかりがアウトサイダーとは限らない。ノミネート者紹介の
段階で既に「(妊娠してしまった女子高生が、生まれてくる子のために金持ち
の養父母を探すという)候補作『JUNO/ジュノ』って、もしかして自伝?」と
思ってしまった脚本家のディアブロ・コディは、個性的なヘアメイクといい、
アニマル柄のドレスといい、「只者ではない」感じ十分。このデビュー作で見
事オリジナル脚本賞をゲットした彼女、以前はストリッパーだったという変り
種。司会者のジョン・スチュワートによると、彼女、その前職のために脚本料
を減らされたとか。思わず「いつの時代の話ですか?」と言いたくなる。

名前が出たついでに言えば、スチュワートの司会は(ストの余波もあり)「ハ
リウッドの祭典」らしい華やかさやあっけらかんとしたユーモアには乏しかっ
たが、知的な印象を与えた。特筆すべきは、歌曲賞受賞者の1人(マルケタ・
イルグロヴァ)がスピーチをコマーシャルに遮られたため、舞台裏から彼女を
呼び戻し「せっかくの機会です。今の想いを語ってください」と促したのは、
実に思慮深い行動だった。

今年、最も興味深かったのは、名誉賞を受賞した98歳のプロダクション・デザ
イナー、ロバート・ボイルの功績。簡単に言うと、映画の場面となる背景/セ
ットをデザインする仕事で、授賞式では彼の手がけた作品の一部が映像で紹介
されたが、実に見ごたえがあった。どんなに素晴らしい演技も、場面にリアリ
ティや深み、あるいは想像力をかき立てる何かがなければ、白々しく映るかも
しれない。そこがプロダクション・デザイナーの腕の見せ所だ。もし、ボイル
の仕事を集約し、例えば左ぺージに彼の絵コンテと簡単なコメント、右ページ
に実際の映画の場面と監督や俳優のコメントが入った本が出版されたとしたら
ぜひ手にしたいと思う。

(次回後編は「ファッション・チェック」を予定)

|

« '08年4月クール新ドラ速報 | トップページ | 『2008年シネマトレンド・キーワード』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/40409617

この記事へのトラックバック一覧です: 第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート(前編):

» dvd プラダ 着た 悪魔 が激安 [dvd プラダ 着た 悪魔 が激安]
dvd プラダ 着た 悪魔 が激安,dvd プラダ 着た 悪魔 が激安,dvd プラダ 着た 悪魔 が激安 [続きを読む]

受信: 2008.03.07 17:19

« '08年4月クール新ドラ速報 | トップページ | 『2008年シネマトレンド・キーワード』 »