« 番外『篤姫』6位『佐々木夫妻の仁義なき戦い』 | トップページ | 4位『薔薇のない花屋』 »

2008.03.02

「炎、マジック&笑い」ショー(マレーシア)

お疲れ様です。Reikoです。

昨晩は太っ腹な友人のおごりで、家族皆で
「炎、マジック&笑い」というショーを堪能してまいりました。

当地(マレーシアの小さな街)に1991年から住んでいる私達ですが、
まさかあんな立派なイベント・ホールがあるとは夢にも思いませんでした。
私達がここに来る以前から住んでいた友人の1人も、初めて来たと言ってましたし、
一体、年に何度くらい使われているんでしょう?
ステージがちょっと小さいのが珠に瑕だけど、
そこを改善すれば、かなり名の知れたアーティストも呼べるはずです。

昨晩のショーは、
当地のキリスト教系組織が教会建設の資金集めのために開いたものでしたが、
イスラム教徒も大勢観に来ていました。
演目は、シンガポールのファイヤー・フライ(「蛍」の意)というグループによる
火や蛍光素材を使った舞踊パフォーマンスと、
マジックがほぼ交互に続き、
途中でファイヤー・フライのメンバーでもある英国人兄妹(もしくは姉弟)の
脱力系ミュージックの演奏が入る、というものでした。
 
独立記念日などを除けば、当地でこうしたショーが行われることはほとんどありませ
んから、有料(チケットは30、50、80リンギの3種類)でも、家族連れを中心にかな
り大勢の観客で賑わっていました。
 
ファイヤー・フライのパフォーマンスは、パフォーマーのレベルや振り付けに結構、
バラつきがあって、モダンバレエに中国風の音楽や要素を組み合わせ、
非常に優雅で美しい動きを見せた女性ソロや、大道芸(火の付いたフラフープを回す)
とジャズダンスを組み合わせた男性ソロ、男性3人による幻想的かつ力強い演目は
よかったけれど、火を使うというだけで振り付けは限りなく退屈...なものもありました。
 
マジックはスタンダードな出し物中心でしたが、マジック好きの我が家の息子達は
TV以外で初めて見るショーをかなり楽しんだようです。
 


|

« 番外『篤姫』6位『佐々木夫妻の仁義なき戦い』 | トップページ | 4位『薔薇のない花屋』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/40354353

この記事へのトラックバック一覧です: 「炎、マジック&笑い」ショー(マレーシア):

« 番外『篤姫』6位『佐々木夫妻の仁義なき戦い』 | トップページ | 4位『薔薇のない花屋』 »