« '09年春クール新ドラ速報 | トップページ | トレキャ!シネマ番付2008年ベスト&ワースト »

2009.03.25

祝!「WBC」2連覇!

お疲れ様です、Reikoです。

さて、昨日は、
生中継を観戦→験をかついで9回は観ずに買い物に行き、帰宅して仕事→
インターネットで結果を確認→夕方からのダイジェスト版を夫と観戦→
スポーツ・ニュースをはしご…という流れで、
サムライJapan対韓国の熱い戦いを存分に楽しみました。

もう、その興奮ぶりは、人口10万は下らない、この島(マレーシア)でも、
確実にNo.1だったと思います。

しかし、決勝にふさわしく、緊迫した、実に見所の多い素晴らしい試合でしたね。
特に両チームに「アンビリーバブル」(笑)なファインプレーが出て、
あんな守備を見せられたら他の国の選手もきっと、
日本と韓国の決勝という結果に納得せざるを得なかったでしょう。

日本が2連覇を果たすことのできた理由を私なりに分析すると、

1)原監督の投手起用策が巧みだった、
2)投手陣がその期待に応えてよく投げた(好調な投手が多く、球がよく伸びていた)、
3)日本の代表選手は皆、威圧感はないが、攻走守どれをとっても極めて水準が高く、
  常に相手チームにプレッシャーを与え続け、結果的にミスを誘発させることができた、
4)他チームに比べ、フィールドにおいてもベンチにおいてもチームワークと明るい
  雰囲気が際立っていた…

といったところでしょうか。

北京五輪では星野Japanの細切れ継投策にどうしても納得できなかったので、
原監督が投手とピッチングコーチを信頼している様子が伝わってきて、
なんだかじわ~っと嬉しかったです。
決勝で明らかに球威が衰えた岩隈選手を交代させるタイミングは
もう少し早くてもよかった気もしますが、投手のふんばりを信頼し、
ギリギリまで辛抱してましたね。
9回裏に同点に追いつかれても、おそらく「やられちゃったな~」と思いながらも、
ダルビッシュ選手を元気づける意図もあったのでしょう。
笑顔を見せていたのが、終始緊張の面持ちだった韓国の監督とは対照的でした。

対照的といえば、私が観ていたのは英語の解説だったのですが、
韓国選手の打球がぐんぐん伸びてセンター越えの同点ホームランになった時には
韓国人アナウンサーの、
延長10回にイチロー選手の適時打で勝ち越しの2点が入った時には
日本人アナウンサーの実況がそれぞれ挿入されたんですよ。

大興奮だった韓国語の実況に比べ、日本語の実況は
「イチローの適時打で、走者がホームに帰ってきた…」と、
なんだかドラマかドキュメンタリーのナレーションのような感じで、
英語の解説者2人も
「韓国の実況に比べると、日本の実況はずいぶん淡々としてますね」
と言っていました。
この解説者は
「王貞治さんの健康状態がよくなったと聞いて、我々も嬉しいです」
ともコメントしていました。

個人的には、ショートの中島選手が攻走守に大活躍だったので、もう大満足です。


|

« '09年春クール新ドラ速報 | トップページ | トレキャ!シネマ番付2008年ベスト&ワースト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/44462661

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!「WBC」2連覇!:

« '09年春クール新ドラ速報 | トップページ | トレキャ!シネマ番付2008年ベスト&ワースト »