« トレキャ!シネマ番付2009年ベスト&ワースト | トップページ | スタッフオススメ!現在公開中orこれから公開予定作品は? »

2010.03.31

『トレンド・キャッチ!』(Vol.248)/暗闇、若者内向、流行顔、昭和歌謡、ほか

                                          2010.03.31       
 ■□■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
     流行ランキングマガジン『トレンド・キャッチ!』 Vol.248(03/31)  
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■□■
      
 □■□■□………………………… 目 次 …………………………□■□■□
 
 【1】編集長前説  ……………… 『暗闇イベント&昭和歌謡バー』
      
 【2】きっと来る! ……………… 『温故知新~「若者の内向化」編~』
      
 【3】トレンド卵ひとことレポ……┌・『はなれ目メイク』
                   |・『ふんわり太まゆ』
  『流行フェイス』プチ特集→ |・『まゆ毛の移植手術』
                   └・『編みこみヘア』

 【4】トレンドランキング…………┌・『「昭和歌謡」ブーム』
   (2月度からPickUp!)   |・『この春夏は「ブーサン」が来る』
                    └・『裾野広がるデコブーム』
                                  
 【5】編集部ブログ!……………… おすすめ記事Pickup!
                     ・「2009年度 トレキャ!シネマ番付」
                     ・「スタッフオススメ!新作レビュー」

 【6】各種有料サービスのご案内… 2つのサービス提供中!
                   
 【7】各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!
 
 【8】トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!
 
 ◆◆◆◆◆◆……………………… 編集長前説 ………………………◆◆◆◆◆◆
  
  こんにちは!
  編集長のGochy!です。

  本日配信の有料版『トレキャ!DX』(3月号)でも
  『ムーンライトプログラム&暗闇イベント』というテーマで、
  「月夜の下でのアウトドアレジャー」や「暗闇食堂」について
  Pickupしているのですが、
  ここ数年で、「暗闇」で食事やワークショップなどを体験し
  五感を刺激するイベントが定着してきたようです。

  先日、私も遅ればせながら
  「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」という、
  暗闇エンターテインメントを体験してきました。
 
  欧米で健常者が視覚障害者を理解するために始められ
  世界的に広まっている、暗闇ムーブメントのひとつです。
  http://www.dialoginthedark.com/
  
  完全に光を遮断した空間に、何人かとグループを組み杖を持って入り、
  暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、
  様々なシーンを体験するというもの。

  暗闇の中で草木の茂る森を探策したり、
  音と気配だけを頼りに皆で水鉄砲やボール遊びをしたり
  (人は目が見えなくても周囲の声と気配だけで、
   的確に目指す相手にボールをころがすことができるんですよね)、
  真っ暗闇のカフェでは、手探りでテーブルにつき、
  手探りでお金のやりとりをし、注文した飲み物で、皆で乾杯!
  (この「乾杯」が意外と難しい…その分ワインの味も格別!?)
  
  白い杖と、あとは互いの声と触れ合いだけが頼りの世界だけに
  初対面の人とも自然と距離が縮まり親近感が深まるので、
  企業の研修はもとより、「婚活」にもイイですよ!きっと(笑)
   
  日常とは違う非日常的環境下におかれた時
  自分自身はどう反応するか?といったことや
  これが日常である視覚障害者の方の不安感なども理解でき、
  とても刺激的で新鮮な体験でした。

  もしトレキャ!の読者さんの中で
  4月中に「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を
  体験される予定の方がおられましたら、
  暗闇カフェで使えるドリンク券をさしあげますので、
  ご希望の方は編集部まで → gotown@a2.mbn.or.jp

  そうそう、
  本日の「トレンドランキング・ピックアップ!」でも取り上げている
  『「昭和歌謡」ブーム』ですが、
  私も世代的に「昭和歌謡」は思いっきりツボ!(笑)。なので
  友人たちと、新宿やら自由が丘のバーなどに出かけたりしています。

  お店によっては、客が一緒に歌えたりするスタンドマイクなどもあって
  その個性はいろいろ。
   
  下で、スタッフのBONがコメントしているような
  「太め眉に前髪外向きカール、そしてがっちり肩パッド」(笑)
  な、70~80年代のアイドルたちの姿を当時の映像で拝めるのも、
  「昭和歌謡バー」のおもしろさのひとつ。
  
  ちなみに、あのビジネスの仕組みってどうなってるのでしょ。
  使っている映像は、どの店も総じて
  家庭での録画映像とかネットの投稿動画のような低画質。
  店内での使用に際しての、許可や権利関係とかって
  どんなふうになってるのかなあ。。。
 
            
                 ◆◇◆
    
   ♪「きっと来る!」コーナーでは、
     温故知新企画として、
    ・「若者の内向化」についてお届け。
                           
   ♪「トレ卵ひとことレポ」コーナーは、
    「流行フェイス」をプチ特集
                                
   ♪「トレンド・ランキング」コーナーは
    ・『「昭和歌謡」ブーム』
    ・『この春夏は「ブーサン」が来る』
    ・『裾野広がるデコブーム』
      の3本をPickup!
            
   ♪「トレキャ!ブログ」コーナーでは
    ・「2009年度 トレキャ!シネマ番付」
    ・「スタッフオススメ!新作レビュー」
     をPickup!

   では、本日もトレキャ!のメルマガ+サイト+ブログで
   様々な情報をキャッチしてくださいませ。
    
    
                ◆

   ※本編は3/31配信のメルマガ最新号でお読みください!

|

« トレキャ!シネマ番付2009年ベスト&ワースト | トップページ | スタッフオススメ!現在公開中orこれから公開予定作品は? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/47982545

この記事へのトラックバック一覧です: 『トレンド・キャッチ!』(Vol.248)/暗闇、若者内向、流行顔、昭和歌謡、ほか:

« トレキャ!シネマ番付2009年ベスト&ワースト | トップページ | スタッフオススメ!現在公開中orこれから公開予定作品は? »