« 海外TV事情(28) 米国ミュージカル・コメディ『Glee』 | トップページ | 『必死剣 鳥刺し』 »

2010.07.11

2010年春ドラ終了後番付&総評

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。

 ◆◆◆◆◆◆…………… 春クール終了後番付&総評 ……………◆◆◆◆◆◆
  
    連ドラを最終回まで観ての「終了後番付」。
    本日は「春ドラ」の終了後ランキングとスタッフの総評をお届け!
    
                        ◆

    ※は、終了前で冬クールにまたぐ作品につき現時点での中間評価になります。
 
●1(番外)『ゲゲゲの女房』(月~金朝NHK)………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11(8)↑※
●2(2)位『Mother』(水10NTV)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10(8)↑
●2(番外)『チェイス~国税査察官』(土9NHK)……☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10(5)↑
●3(3)位『新参者』(日9TBS)………………………☆☆☆☆☆☆6(7)↓
●3(番外)『龍馬伝』(日8NHK)………………………☆☆☆☆☆☆6(5)↑※
●4(4)位『プロゴルファー花』(木24NTV)…………☆☆☆☆☆5(6)↓
●4(番外)『ハガネの女』(金11EX)…………………☆☆☆☆☆5(2)↑
●4(番外)『八日目の蝉』(火10NHK)………………☆☆☆☆☆5(7)↓終了
●5(5)位『タンブリング』(土8TBS)…………………☆☆☆3(5)↓
●5(8)位『臨場2』(水9EX)…………………………☆☆☆3(2)↑
●5(5)位『怪物くん』(土9NTV)………………………☆☆☆3(5)↓
●5(番外)『離婚同居』(火10NHK)…………………☆☆☆3(4)↓
●6(5)位『チーム・バチスタ2~(略)』(火10CX)……☆☆2(5)↓
●6(7)位『娼婦と淑女』(月~金昼1:30CX)…………☆☆2(3)↓
●6(7)位『女帝薫子』(日11EX)………………………☆☆2(3)↓
●6(8)位『ヤンキー君とメガネちゃん』(金10TBS)…☆☆2(2)→
●6(5)位『警部補 矢部謙三』(金11EX)……………☆☆2(4)↓終了
●7(8)位『トラブルマン』(金24TX)……………………☆1(2)↓
●7(9)位『おみやさん』(木8EX)………………………☆1(1)→
●7(番外)『大魔神カノン』(金深夜TX)…………………☆1(0)↑※

                             ↑IN!
---------------------<微妙ライン!?>---------------------------
                             ↓OUT!

●8(10)位『水戸黄門』(TBS月8)…………………………0(0)→
●8(10)位『まっつぐ~鎌倉河岸捕物控』(土7NHK)……0(0)→
●8(6)位『IRIS-アイリス-』(水9TBS)…………………▼☆0(4)↓※
●8(8)位『月の恋人~Moon Lovers~』(月9CX)………▼▼☆☆0(2)↓
●9(10)位『警視庁失踪人捜査課』(金9EX)……………▼▼-2(0)↓
●10(11)位『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』(木9EX)…▼▼▼▼▼☆☆-3(-1)↓
●11(12)位『激恋 運命のラブストーリー』(木24NHK)……▼▼▼▼-4(-4)→
●12(8)位『素直になれなくて』(木10CX)…………………▼▼▼▼▼-5(2)↓
●12(11)位『絶対零度~未解決事件特命捜査』(火9CX)▼▼▼▼▼-5(-1)↓
●13(13)位『三代目明智小五郎~ (略)』(火深夜TBS)……▼▼▼▼▼▼-6(-6)→

                   ◆

               <春ドラ総評>
 

A:ムシムシ・ジメジメ梅雨のさなか春ドラ終了&夏ドラがちらほらスタート。春
  クールは最初~最後まで魅せてくれた『Mother』『新参者』、通してビミョー
  だった『素直になれなくて』、途中まで投げ出しそうだったのにラストの妙な
  帳尻合わせに逆に惹かれた!?『月の恋人~Moon Lovers~』、周囲の評判は散々!
  けどワタシが一番ハマっていた『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』あたりが特
  筆すべきドラマだったかな。『同窓会~』黒木瞳のカマトトぶりには毎回あき
  れた(笑)。彼女は失笑モンのあのダメ夫(吹越満)をホントに捨てられたんでしょ
  うか?
  
ラ:春爛漫とはいかなかった春ドラ。鳴り物入りで始まった『月の恋人~』も、内
  容が伴わなければ、キャストをいくら揃えても無駄ということを証明してしま
  ったし、『素直になれなくて』もしかり。それに反して地味で重い題材ながら
  作り手側の伝えたいメッセージ性があった『Mother』は、最後までブレること
  なく丁寧にドラマを作った心意気が感じられた。『プロゴルファー花』も、バ
  カバカしさとナンセンスさに徹していて面白かった。結局、中途半端なドラマ
  はもう、ダメなのだ。やるなら徹底的にやってくれ!って感じ。これだけ、視
  聴率が落ち込んでると、作り手が手探りで結局生ぬるいものになってしまうの
  は分かるが、腹をくくったドラマ作りが求められてるんじゃないかと思うぞ。
  『月の恋人~』ラストにきて、主役がキムタクから篠原涼子に変わってる展開
  になってたね(笑)最初からその方が、面白くなったんじゃなかろうか?
 
ま:あっという間に始まって、あっという間に終わった春ドラマでした。終わって
  振り返ってみれば、どれも印象薄~い。『素直になれなくて』『月の恋人』、
  話題性たっぷりだったフジテレビのドラマは見事にコケましたねぇ。反対に
  NHKの朝ドラが復活~。昔から朝ドラファンだった私。最近、大河ドラマばか
  り注目されていたので、嬉しいです。

ゴ:確かに、クールまたぎの「朝ドラ」と「大河」も含めてだけど、最近はドラ番
  上位を、NHK作品が占めることが多くなったね。逆に民放では、これまで“神”
  的存在だった「キムタク月9」神話や「北川」神話がそろって崩壊…と、全体
  的に冴えない印象。そんな中でも、突出して素晴らしかったのが『Mother』。
  天才子役の出現と、いぶし銀大御所女優の力演に支えられ、2代3組の母娘の
  絆が、時にスリリングに、時に沈黙の奥深く細やかに描かれていて心に沁みた。
  さらに、お色気系だけでなくお色気抜きも磐石なことを証明した吉瀬美智子の
  『ハガネの女』と、細かいことは全て「さておき」、ひたすらセリフと演出の
  おかしさで楽しませてくれた『プロゴルファー花』、この深夜の2作は予想外
  の収穫だったかも。それ以外については、事件ものも、医療ものも、いずれも
  期待していた内容に及ばず…。
  ※スナナレつながり『必死剣 鳥刺し
  
お:ほんとに、印象薄いです。ワールドカップとかで感動しちゃってたから、ドラ
  マの必要性がなかったかも。リアルさが足りないのか?最初キモカユイ感じで
  注目の『同窓会』も、ほんと、カマトトが癖になる感じだったけど、ダメ。
  『素直になれなくて』も出だし好調だったのに、ダメ。最初からダメだった
  『月の恋人』は、最後はちょっと持ちかえしたけど、篠原涼子の痛い感じの、
  出来て尽くす女子には最後まで慣れなかった。あーほんと、『龍馬伝』と『ゲ
  ゲゲの女房』と『チェイス』とNHKの一人勝ちでした。

--------------------------------------------
期待度番付&中盤番付はこちらでチェック!

|

« 海外TV事情(28) 米国ミュージカル・コメディ『Glee』 | トップページ | 『必死剣 鳥刺し』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/48850197

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年春ドラ終了後番付&総評:

» 素直になれなくて Twitter 本 [素直になれなくて 最新情報]
韓流ドラマ 瑛太、上野樹里、ジェジュン(東方神起)『素直になれなく ... 素直になれなくて DVD-BOX 6枚組・・・発売予定日は2010年9月22日予... ... 最新記事. 瑛太、上野樹里、ジェジュン(東方神起)『素直になれなくて DVD-BOX 6枚組』. スポンサーサイト. ; ハイブリッドエコカーにまつわるQ&Aについて; ; 人材派遣に ...(続きを読む) 《无法坦相》典台෺... [続きを読む]

受信: 2010.07.12 14:45

« 海外TV事情(28) 米国ミュージカル・コメディ『Glee』 | トップページ | 『必死剣 鳥刺し』 »