« 2010年春ドラ終了後番付&総評 | トップページ | 2010年夏ドラ期待度番付 »

2010.07.11

『必死剣 鳥刺し』

原作/藤沢周平「必死剣鳥刺し」
配給/東映
公式サイト/http://www.torisashi.com/
2010年7月10日~全国公開中

         ◆

トレキャ!のドラマ番付(春クール)では
期待度(+8P)から13Pも下落(-5P)という残念な結果となったドラマ
『素直になれなくて』で共演の2人(吉川晃司&関めぐみ)が、
現在公開中の時代劇映画『必死剣 鳥刺し』でも共演。
2人にとっては“スナナレ”での雪辱を果たす?作品に!
  
「行間に織り込まれたロマンチシズムを
セリフじゃなくて匂いで出した」
という吉川晃司、
時にはヤンチャが出ちゃって、監督から
「信長が出てるぞ!」
と注意されたこともあったとか。
 
吉川さん、ドラマでもセリフまわしが時代劇調!
と常々思ってましたが
やはり信長が全身に沁み込んでいるんでしょうか。
 
豊川悦司に
「(殺陣の時の吉川)マジ、怖かった…」
と言わせたラスト15分の迫力の殺陣シーンは、
背後の雨音さえも緊張感をもって迫り響く必至見(?)な大立ち回り。
 
「剣を使う時には、なかば死んでおります」という
秘剣「鳥刺し」が遣われる一瞬には息を呑む。

また、細かな所作や立ち居振る舞いまできちんと描いているのも特徴で
関めぐみが「所作を学べた」と語っていたように
武士の日常生活における、例えば女性のふすまの開け閉めひとつとっても
所作がたいへん美しく、何かの折に自分も取り入れたいと思ったり。。
(何かの折って何・・・笑)

7月5日都内完成記者会見にて。
右から平山秀幸監督、関めぐみ、岸辺一徳、池脇千鶴、
豊川悦司、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳
Photo_2

|

« 2010年春ドラ終了後番付&総評 | トップページ | 2010年夏ドラ期待度番付 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/48854703

この記事へのトラックバック一覧です: 『必死剣 鳥刺し』:

« 2010年春ドラ終了後番付&総評 | トップページ | 2010年夏ドラ期待度番付 »