« テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2011-冬期待度) | トップページ | ドミニク・サブロン×ハローキティ「ラスク」 »

2011.01.31

「からり」トマトシリーズ

帰省先や旅の途中で立ち寄られる方も多い「道の駅」。
  
ご当地ならでは商品が豊富に揃うほか、
最近は「道の駅」オリジナルで開発した商品なども登場し
遠方でも“お取り寄せ”商品として注目されていますよね。
  
最近いただいたもので、トマト好きの私が歓喜したのが、
愛媛県内子町の「道の駅」直売所内子フレッシュパークからり
地元の農家と消費者とともに独自に開発した、
内子産野菜を使ったオリジナル商品の数々。

P1050083_2

ジュースからソースまで、どれも味は絶品で、
いろんなメニューへのアレンジも広がります!


P1050096_2

「完熟トマトの黄金水」
まるで白ワインのような赤くないトマトジュース。
トマトもろ過すると最後はこんなにも透明感のある液体に!?
さらっとしたすっきりした飲み口はトマトジュースというよりトマトウォーター。
でも、トマトの風味はけして薄まることがなくクッキリと際立っています。
不思議~。
 
アルコールと割ってトマトジュースのカクテルにしても
グラスがどろっと汚れずに、見た目もキレイでグッドですよ。
私は焼酎割りがお気に入りでした(^_^)
 
ただ、キャップ式ではなく、口が栓抜きで抜くタイプなので
開栓後の保管が不便だったなあ。

 
P1050084

「パスタソース」
このパスタソース、巷で市販されているレトルトソースと全然違う!
まるでトマトをすりおろしたようなジューシーさ。
魚介類とも相性がいい感じなので、ボンゴレはもちろん
魚介の煮込み料理に使っても◎!
さらさらしていて、ソースというよりスープに近いテイストなのに
けして水っぽいわけでなく、パスタ麺にしっかり味がからむのは
原料にこだわりのトマトを使っているから?
   
生食用の規格外トマトで加工する商品が多いなか、
美味しさと安全性へのこだわりから
契約農家が“からり”商品専用に栽培したトマトを使っているらしいです。
下のソースやケチャップも同様。
 

P1050086

「トマトソース&トマトケチャップ」

パスタから卵料理、肉魚のソテー、カレーなどの隠し味と
万能に活躍してくれたケチャップとソース。
 
私は素材よりも香辛料の香りの方がやたらと強調されたソースは
あまり好きでないのですが
これは、トマトの素材が際立って、私好みでした。

ただ、とても美味しいからこそ、
最後の一滴までキレイにいただきたいものですが
残り半分以下になるとキレイに取り出すことができず。
ビンをさかさにして保管しておいても、うまくいきません。
スプーンですくい出すにしても、びんが長いので、スプーンの柄が汚れます。
もう少し、取り出しやすい容器だとうれしいなー。
 

P1050092

「もち麦 乾麺」

内子町産のもち麦を使った乾麺。
“もち麦”初体験でしたが、本当におもちのように麺がモチモチ!
この弾力と歯ごたえは初めて体験する食感です。
茹でて普通におそばのようにいただいても美味しいのはもちろんですが
上のトマトソース類でパスタのようにいただいても、
もちもちの食感が生麺パスタのようでイケました!

「からり」ブランドの商品は他にもいろいろあるみたいで
一部はこちらのサイトからもお取り寄せできるようですよ。

(ベジタブルソルベとシャーベットにも、めちゃ惹かれる~)

|

« テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2011-冬期待度) | トップページ | ドミニク・サブロン×ハローキティ「ラスク」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/50740152

この記事へのトラックバック一覧です: 「からり」トマトシリーズ:

« テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2011-冬期待度) | トップページ | ドミニク・サブロン×ハローキティ「ラスク」 »