« こんな時だから見たい!新作レビュー 『イップ・マン 葉問』 | トップページ | こんな時だから見たい!新作シネマ3作 »

2011.03.31

こんな時だから見たい!新作レビュー 『津軽百年食堂』

  Gochy!です。

  私のお薦め新作は、4月2日公開の大森一樹監督津軽百年食堂
  森沢明夫の同名小説の映像化。父との確執から故郷を離れ東京に暮らす青年が、
  百年続く実家の食堂を4代目として受け継ぐまでを、初代曽祖父の人生を重ね
  ながら描いた作品です。
  
  オリエンタルラジオの中田が明治の曽祖父を、
  藤森が現代のひ孫役でダブル主演しており、
  いやもう、中田は、明治の記録映像か!と思うほど佇まいが“明治”してるし、
  藤森もお笑いのチャラいキャラを封印し、自身の将来に葛藤する青年を
  好演してます。

  地元に根ざし100年続く、4代続く、そうして命がつながっていく…
  ということの重みが、今、こんな状況下だからこそ、深く心に突き刺さります。
  祭に出店する映画のクライマックスで、
  そばを作るためのインフラ設備が間に合わず、
  急遽代わりにある物を使って奇蹟の出店を果たすシーンがあるのですが、
  グっと来ると同時に、
  被災地で炊き出しに創意工夫している人々の姿に思いを馳せたりも…。

  また、この映画の舞台になっている青森八戸も、この度の大地震で被害を受け、
  印象的なシーンで登場していた弁天島・厳島神社が、津波にのまれて無くなっ
  てしまいました。
  もう見ることができなくなってしまった美しい佇まいの弁天島・厳島神社が
  記録として残されているという意味でも、貴重な映像作品です。
    
  本作の収益の一部は日本赤十字社を通じて被災地復興のために寄付されます。
  映画も好き!被災地支援も何かしたい!という方はぜひご覧になって下さい!
   
  あ、この映画のもうひとつの主役が「津軽そば」ってなわけで、間違いなく、
  見終わった後、お腹減りますので。おそばが食べたくなりますので。
  私も一緒に行った友人ライターと、試写の後、
  しっかり、おそばを食べて帰りました!(笑)
    
  ●『津軽百年食堂』
   └→ http://tsugaru100-movie.com/ (4/2公開)
  

|

« こんな時だから見たい!新作レビュー 『イップ・マン 葉問』 | トップページ | こんな時だから見たい!新作シネマ3作 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/51261484

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時だから見たい!新作レビュー 『津軽百年食堂』:

« こんな時だから見たい!新作レビュー 『イップ・マン 葉問』 | トップページ | こんな時だから見たい!新作シネマ3作 »