« 海外TV事情(30) 豪州料理対決番組『ジュニア・マスター・シェフ・オーストラリア』 | トップページ | 『トレンド・キャッチ!』(Vol.262)/ヴェルファーレ今昔、いるいるパーソン、アフター4、聯合艦隊司令長官 山本五十六、ほか »

2011.07.15

2011年夏ドラ期待度番付

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。
            
              ■『期待度番付!』■
                 (15点満点)     
 ―――――――――――――――――――――――――――
        前クールまでのバックナンバーはこちら
 ―――――――――――――――――――――――――――
    ・前期からの続投作は除いてます。
    ・番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、
     1クール3回の当番付に対応してない作品及び昼ドラ。

    ★下記ラインナップ作品の主要キャストと1行概要はこちらでチェック!
     
●1位『それでも、生きてゆく』(木10CX)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
●2位『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』(火10CX)☆☆☆☆☆☆☆☆8
●2位『陽はまた昇る』(木9EX)…………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8
●3位『ドン・キホーテ』(土9NTV)………………………☆☆☆☆☆☆6
●4位『勇者ヨシヒコと魔王の城』』(金24TX)…………☆☆☆☆4
●5位『IS~男でも女でもない性~』(月10TX)…………☆☆☆3
●5位『バラ色の聖戦』(日23EX)………………………☆☆☆3
●6位『ピースボート-Piece Vote-』(月24NTV) ………☆☆2
●6位『胡桃の部屋』(火10NHK) ………………………☆☆2
●6位『ブルドクター』(水10NTV) ………………………☆☆2
●6位『名探偵コナン 工藤新一への挑戦状』(木24NTV)☆☆2
●6位『美男(イケメン)ですね』(金10TBS) ………………☆☆2
●6位『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(金11EX) …………☆☆2
●7位『全開ガール』(月9CX) ……………………………☆1
●7位『荒川アンダー ザ ブリッジ』(火24TBS) …………☆1
●番外『明日の光をつかめ2』(月~金昼1:30CX)………☆1
●7位『ろくでなしBLUES』(水24NTV)……………………☆1

------------------<微妙ライン!?>-----------------

●8位『水戸黄門』(TBS月8)………………………………0
●8位『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査』(火9CX)………0
●8位『新警視庁捜査一課9係 season3』(水9EX)………0
●8位『京都地検の女』(木8EX)……………………………0
●8位『桜蘭高校ホスト部』(金24:20TBS)…………………0
●8位『(略)~イケメン☆パラダイス2011』(日9CX)………0
●8位『華和家の四姉妹』(日9TBS)………………………0
●9位『金魚倶楽部』(土23NHK) …………………………▼-1

 
                ◆◇◆◇◆     
  
A:あっという間に梅雨明けして、猛暑なのに節電という厳しい夏がやってまいり
  ましたぁ。
  ドラマも気温同様、熱いラインナップかというとワタシにはそうでもないようです。
  今まであまり見ていなかった続編が多くて目新しさに欠けてるっしょ。
  そんな続編ドラマの中でひとつだけはずせないのは『チーム・バチスタ~』!
  これは原作本も読んだし、絶対イケそう。
  他には『陽はまた昇る』『それでも、生きてゆく』あたりが大人の視聴に堪え
  得るドラマとして期待大。
  後はやんちゃな松田くんに会えそうで楽しみな『ドン・キホーテ』、昭和の名
  作に負けないドラマになるか!?NHKの『胡桃の部屋』も目が離せないね。

ゴ:こっそり深夜枠が増えている今クール。
  前クールの“子役祭り”からうって変わって、ラインナップは、警察・事件モノと、
  男装・イケメン・学園モノに作品集中。
  さらに家族モノも目立つなかで、いずれともテーマがカブらずに、際立つ個性
  を発揮しているのが『勇者ヨシヒコ~』『荒川アンダー~』『ドン・キホーテ』『バ
  ラ色の聖戦』あたりか。
  個人的には、ゆる~い感じで楽しめそうな『勇者ヨシヒコ~』『荒川アンダー~』、
  逆にズシリと重いテーマをストレートに剛速球で投げてきそうな『それでも、生
  きていく』に注目しつつ、
  前クールで過信は禁物と悟った続編モノには冷めた目線で、
  夏クールの新ドラを楽しみたいと思います。

ラ:う~む。なんで、こんなに“男装”祭りなの?今後は局同士で談合してくれないか?
  あとは相変わらず、シリーズもののpartいくつ?って感じだし。またまた、海外
  ドラマのレンタルに走りそうな私ですわい(苦笑)。
  それにしても、いきなり新ドラ始まって、あたふたした~。地デジ対応のテレビ
  もまだ買ってないから、もしかしたら、途中、見られないドラマも有りそうだけど、
  見られないことが残念って思えるドラマが今クールにはないんだよね~。
  それが一番残念だよ。
  
お:わりと、楽しみなクールです。続編が多いのですが、1クール目を見てない物
  が多いなー。
  そんな中、骨太系に飢えている私は、『陽はまた昇る』と『それでも、生きてゆく』
  に注目。じっくりと展開を見守りたい2つのドラマ。俳優さんも骨太で、楽しみです。
  その他、『美男(イケメン)ですね』は、韓国版を見てるので、
  日本でどのようにアレンジされるか!?が楽しみ。

ま:年に1回はイケメン揃いのドラマが集結しますね~。
  『美男(イケメン)ですね』『桜蘭高校ホスト部』『花ざかりの君たちへ~』。
  各ドラマに出演している子を覚えるだけでも大変だわ。
  一方で、この夏、私が一番期待しているのが『それでも、生きてゆく』。
  内容もさることながら、芸達者な役者が集まっているだけに、
  演技に注目したいです。


----------------------------------------    
※個々の作品に対するスタッフのコメントは
こちらのメルマガの「’11夏ドラ期待度+春ドラ総括」(07/15配信号)でお読みくださいませ!
 
 ★ドラマもいいけど、シネマもネ!
  

|

« 海外TV事情(30) 豪州料理対決番組『ジュニア・マスター・シェフ・オーストラリア』 | トップページ | 『トレンド・キャッチ!』(Vol.262)/ヴェルファーレ今昔、いるいるパーソン、アフター4、聯合艦隊司令長官 山本五十六、ほか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/52213005

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年夏ドラ期待度番付:

« 海外TV事情(30) 豪州料理対決番組『ジュニア・マスター・シェフ・オーストラリア』 | トップページ | 『トレンド・キャッチ!』(Vol.262)/ヴェルファーレ今昔、いるいるパーソン、アフター4、聯合艦隊司令長官 山本五十六、ほか »