« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.27

シネマ関連トレンド☆フラッシュFrom「シネ番」(2011.9)

 メルマガ「トレキャ!シネマ番付」の常設コーナーより情報抜粋。
 
 ◆◆◆◆◆◆……………………シネ・ビズ情報……………………◆◆◆◆◆◆
 
   
 ■シネマ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
      最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!

 ◆……………………………………………………………………………【全42本】
          ~シネマ関連トレンド☆フラッシュ!~
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>


             「◎」印→サービス関連
             「○」印→作品・商品関連
             「△」印→人物ネタ
             「●」印→海外流行ネタ

      
◎『「夜明けの街で」公式ツアー』プロデューサー同行でロケ地を楽しむシネツーリズム
◎『新・カルチャー拠点』都心映画館跡地が様変わり
◎『マダム・タッソー東京』ロンドン発!触れる等身大フィギュア館日本初上陸
◎『Hulu』ハリウッド映画や海外ドラマが見放題のプレミアム動画サービス
◎『オール・ニッポン・エンターテインメント・ワークス』日本原作の映画企画会社設立
◎『「けいおん!」ラッピング電車』「本気ですごい」とネットで話題
◎『リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン』人気イベントとエヴァがコラボ
◎『映画入場数増』関東地区のシネマコンプレックスの客足回復
◎『TOEI TRYANGLE―東映トライアングル―』東映が約30年ぶりに洋画の新レーベル
◎『東映太秦映画村リニューアル』アニメ館など新設
◎『ムビチケ』ネットで映画の前売り券購入と座席指定ができる新サービス
◎『生中継イベント』映画館でライブビューイングを満喫
◎『新宿東宝ビル』新宿コマ跡地にホテルとシネコン核のビル
◎『ビートルズ来日45周年』記念レコードや「来日会見の壁」公開
◎『シネマで婚活=Cinekon』映画を共通の話題に婚活
◎『ポッター・モア』ハリポタの世界を仮想体験できる参加型ウェブサイト
◎『スター★ドーム』ドーム型映画館をホテル内に開業
◎『チャン・グンソクの部屋』最大4時間待ち!渋谷パルコ・パート1で開催
◎『プリンセストヨトミ タイアップキャンペーン』こだわりのソースも美味しそう
○『4D映画』映像だけでなく匂いまでが飛び出す4D映画が登場
○『劇場版テンペスト3D』NHK BSで現在放送中ドラマが3D映画化へ
○『ライフ』史上最大のネイチャードキュメンタリー
○『HTPC』ホームシアターパソコンの略
○『エアスカウター』世界初!メガネ型ディスプレー装置
○『100,000年後の安全』放射性廃棄物問題を描いたドキュメンタリー映画が人気
○『映画館大賞2011』1位は松たか子主演、中島哲也監督の「告白」
○『松本シネマブーム』松本人志「大日本人」がハリウッドでリメーク
○『逆転裁判』人気ゲームソフトを実写映画化
○『おらほの鉄道』映画で復旧支援
○『デスカッパ』前代未聞のモンスター映画
○『「ブッダ」ブーム』ブッダの映画や特別展が続々開催
○『ヱヴァコラボ浴衣』劇場版「ヱヴァ」と注目ファッションブランドのコラボ
○『ダース・ベイダー武者人形』ダース・ベイダーがモデルの黒ずくめの武者人形飾り
○『モロッコ雑貨ブーム』映画「SACT2」の影響でモロッコ雑貨ブーム
●『紅海アストラリウム』ヨルダンで「スター・トレック」のテーマパーク計画
●『史上最高のSF映画』1位はリドリー・スコット監督「ブレードランナー」
●『ピープル誌選2011年度女性ベストドレッサー』1位はブレイク・ライヴリーに
●『最も装いの素敵な女性』No.1は「エマ・ワトソン」に
●『世界で最もセクシーな女性』1位はロージー・ハンティントン・ホワイトレイ
●『フィリパ・ミドルトン嬢』キャサリン妃の妹への注目度が急上昇
●『ジャスティン・ビーバー』ツイッターのフォロワー800万人と世界2位
●『セックス・アンド・ゼン』世界初の3Dポルノ映画の初日の興行収益歴代1位に

 などなど。 

  ┌─────────────────────────────────┐
                 ★過去ネタ閲覧→ こちらから
 └─────────────────────────────────┘

 ◆……………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌─────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌
  └→『スマイルカット』『ショートヘア』『アップヘア&ヘアーポニー』等
  ○【ドラ番
  └『モバキャス』『声優ビジネス』『タイガー&バニー』等35本!
  ○【語学力
  └→『エシカル』『寝活』『キュレーション』『チャリジェンヌ』『イケ婿』等
  └─────────────────────────────────┘
  
 以上、<「トレキャ!シネマ番付」最新号(9/26号)>掲載分
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | トラックバック (0)

2011.09.26

トレキャ!シネマ番付2011年上半期総括

 ◆━━━━━━━━━━━━ '10上半期総評 ━━━━━━━━━━━━◆
              ~トレキャ!シネマ番付より

      今年上半期(1月~6月)に公開された作品を対象にしています。
      紹介作品の多くがレンタルされ始めた時期でもあります。
      この秋のDVD鑑賞の作品選びの参考にも!

       ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー M=MARS 
 

A:2011年上半期、記憶に残った映画は数々あれど、あえて推すなら
  『英国王のスピーチ』『ブラック・スワン』
  2作品とも今年度の米アカデミー賞を沸かせた逸品ね。

  作品賞、監督賞など4部門を制した『英国王のスピーチ』は現エリザベス女王の
  父ジョージ6世をモデルに、幼少時から悩まされてきた吃音を王が言語聴覚士の
  友情と王妃の愛情に支えられながら、矯正→克服した日々が描かれているの。
  ジョージ6世を演じたコリン・ファースの繊細かつ気品ある名演に感嘆。
  王と言えども一人のヒト。彼の生き様から必ず勇気がもらえます!

  続いてナタリー・ポートマンが最優秀主演女優賞を獲得した『ブラック・スワン』
  完璧さを求めるが故に、極限まで心身を追いつめ、やがて自滅していく
  プリマドンナをナタリーが熱演。
  カラダをバレエ仕様に絞って、ほとんどの舞踏シーンをこなしたという彼女、
  オスカーばかりか、ダーリン(この映画の振り付け師)とベビーまで
  手に入れちゃったね。2作品とも未見の方は、レンタルでぜひ!必見です。

  反対にオススメはできんが、未だに思い出すと変な汗が出てくるキワモノ2大
  作品もあげとこうか(笑)。
  まずは園子温監督の『冷たい熱帯魚』
  90年代に実際に起こった埼玉愛犬家殺人事件をモチーフに、人間の欲望と
  闇を徹底的にエロくグロく描いて魅せる本編、善良な男を底無しの闇に引き
  摺りこんでいく極悪人・村田役のでんでんがとにかくスゴイの!
  この怪演を見てからというもの、ワタシ、でんでん観が変わりました。

  もうひとつはラース・フォン・トリアー監督の『アンチクライスト』
  YouTubeで予告編を見かけて何じゃこりゃ?!と見に行ったの。
  冒頭のモノクロシーンの映像美には息を飲んだけど、
  その後のあまりに過激な描写には参った~(汗)。
  ある夫婦が不慮の事故で一人息子を亡くし、そこから始まる苦悩の日々を
  キリスト教のアダムとイブの原罪になぞらえて…というかなり宗教色の強い
  内容なんだけど、STORYより妻役のシャルロット・ゲンズブールの怪演ばかり
  が印象に残ってる。たしか2009年のカンヌ国際映画祭で彼女が女優賞を
  受賞したのがコレだったよね。今でも脳裏にヘンデルのアリアとプロローグの
  残像が甦ってきてモヤモヤ~。ヨカッタらレンタルでお験しあれ。
   
  ・英国王のスピーチ  
  ・ブラック・スワン 
  ・冷たい熱帯魚
  ・アンチクライスト 


M:先週福岡に出張に行ってたんですが、3月全線開通した九州新幹線が題材にな
  ってるのが、『奇跡』。是枝裕和監督は漫才コンビ「まえだまえだ」の兄弟を、
  ほとんどアドリブで演出したそうで、二人のタイプを最大限に引き出してる。
  前田航基、前田旺志郎の二人は、漫才師より俳優で将来に期待!!とくに、オダ
  ギリジョーと旺志郎の父子はすんごくイイ。

  さて、私にとっては早くも今年のベスト1にしたいのが、『アリス・クリードの失踪』
  たった3人の密室・監禁劇。
  それがねえ、もうめっちゃ意外な展開で、笑えるわ、ハラハラするわ。

  『クロエ』もそういう意味では、裏切られて気持ちいい映画。
  アマンダ・セイフライドって、『マンマ・ミーア』のような典型的なカワイコちゃんしか
  できないのかと思ったら、全然違うのね。スタイルも抜群だし脱ぎっぷりもいいし。

  『漫才ギャング』は、品川ヒロシ監督の2作目だから期待して観て、裏切られ
  なかった。ただ、最近テレビに出てるのを見ると、何となくカッコよくなっち
  ゃって、逆に裏切られた感がある。

  『阪急電車~片道15分の奇跡』は、原作者、有川浩の住む小林駅に私も10年住
  んでたんだけど、なじみの風景がいっぱい出てきて、懐かしくって嬉しかった。
  エキストラで行けばよかったなあ。ちなみに原作も出演者もいいし、物足りな
  いのは、宮本信子のセリフ回しかな。芦田愛菜ちゃんも戸田恵梨香も谷村美月
  も玉山鉄二も関西出身者で、関西弁完璧だったね。

  ・奇跡 
  ・アリス・クリードの失踪 
  ・クロエ 
  ・『漫才ギャング』 http://www.manzaigang.jp/
  ・阪急電車~片道15分の奇跡 
  
 
よ:上半期一番のお薦め作品は私も『ブラック・スワン』かな。
  ナタリー・ポートマンの素晴らしい演技とバレエに、ただただ「すごいなあ」と。
  友人はこれを見て某スケート選手とコーチを思い出したらしいけどね(笑)。
  でもやっぱり演技者とコーチってそうゆう関係にならないとダメなのかな?
  と映画と関係ないことを考えてしまったり。

  あと『八日目の蝉』も女優の演技がよかった。
  永作博美と井上真央もよかった
  けど、森口瑤子の演技も怖くてすごかったわ~。この映画を見ると、女性は強
  い!怖い!てことかな。男性はこれを見て反省してほしいね。『八日目の蝉』
  は映画をみて話題だったドラマ版も見たくなっちゃった。

  反対に俳優たちの演技は良いのに残念だったのが、
  なんか脚本がチグハグというか、訳わかんなかった『プリンセス・トヨトミ』
  いまだに大阪国の存在の理由と秘密にしてきた理由がよくわかんないです。

  ・八日目の蝉
  ・ブラック・スワン 
  ・プリンセス・トヨトミ
 
  
ゴ:「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、実話をベースにしたドラマには
  フィクションを超える凄みがある。というわけで、今年上半期も強い印象を残す
  実話モノからいくつかPickup。
  
  末期癌の妻をワゴン車に乗せて9ヶ月も全国を彷徨い、結果、妻を死に至らしめた
  「保護責任者遺棄致死」の罪で一人の男が逮捕された。
  1999年の事件だが、翌年、本人の手記が発表され社会的反響を呼んだので
  記憶している人も多いと思う。この手記をもとに、この夫婦の272日に及ぶ壮絶な
  愛の旅を映画化したのが『死にゆく妻との旅路』
  死にゆく妻を石田ゆり子、その妻とともに旅を続ける夫に三浦友和。
  ほとんど順撮りされたドキュメンタリータッチのロードムービーで、日を追うごとに
  変化している2人の姿もリアルだ。
  余命僅かな妻とワゴン車で日本各地をランデブー…一見、ロマンチックなファンタジー
  のようだが、衣・食・住、愛の営み…現実的な問題は尽きない。そして何より妻は
  末期癌で病は急速に進行しているのだ。
  印象的なシーンはたくさんありすぎてここで紹介しきれないけど、友和さんいわく
  「この生き方が間違っていたとは言えないし、正しいとも言えない」。
  まさにそんな2人。華やかな超大作の影に埋もれてしまいがちな地味な作品だが、
  おすすめの一作。“汚れ”な感じの友和さんがまたいいんです。

  あと、なにげに日活ロマンポルノ好き(^_^;)な私に
  非常に興味深かったドキュメンタリーが『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』
  18禁作品だが、AV界のカリスマ監督“ヨヨチュウ”の実像、
  AV業界の歴史・変遷を知る上でも貴重な1作。 
     
  ・死にゆく妻との旅路     
  ・YOYOCHU SEXと代々木忠の世界

| | トラックバック (0)

スタッフオススメ!現在公開中orこれから公開予定シネマは?

 ◆━━━━━━━━━━━━ オススメ新作レビュー ━━━━━━━━━━◆

                ~トレキャ!シネマ番付より

            ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー M=MARS 


ゴ:私からは実話ベースものの新作を3本Pickup。
  まずは、上半期総括でABBYが「ヘンな汗出た」(笑)と
  紹介している『冷たい熱帯魚』の園子温監督の新作恋の罪』。
  90年代に渋谷の円山町ラブホテル街で起きた実際の事件
  (いわゆる「東電OL殺人事件」です)からインスパイアされた本作。
  大人の事情で『踊る大捜査線』シリーズからは降板状態となり、
  近年はメジャーな表舞台から姿を消していた水野美紀が、
  園子温監督の下でフルヌードもいとわぬ文字通りの体当たりで、
  心も身体もむきだしで演じている新境地。
  でも、そんな彼女以上に強烈なインパクトを残すのが、夜は渋谷で“立ちんぼ”
  をするエリート助教授に扮する冨樫真と、彼女の母親役の大方斐紗子。
  このふたりの女優が放つ強烈なエキセントリックオーラには、全身がクギづけに。
  “女の業”“女の地獄”をのぞいて見たい方は、ぜひどうぞ。18禁ですけど。
  
  2作目は実話漫画を映画化したツレがうつになりまして。
  コレ、NHKで藤原紀香×原田泰造で連ドラ化されてるけど、
  個人的には宮﨑あおい×堺雅人(「篤姫」コンビ)のこの映画版の方が、
  夫婦の空気感というか、ペットのイグを含めた、
  あのやさしくってやわらかいムードがなんともステキで、好きな作品。

  もひとつは僕たちは世界を変えることができない。
  カンボジアに学校を建てようと奮闘する大学生の実話ものだが、
  かなりの部分をキャストのアドリブにまかせているんじゃ?
  と思えるほどのドキュメンタリータッチで引き込まれた。
  試写で見たとき、現地ガイドが向井理扮する主人公に向かって、
  役名じゃなくて「向井さん」って呼んでたシーンすらあった気が(笑)。
  あれ、劇場上映の際は修正されてるのかな…。
  
  最後は、実話モノじゃないけど、純粋に楽しめる探偵エンタメものとして、
  絶賛公開中の探偵はBARにいる
  早くも続編決定で、大泉洋×松田龍平による新たなバディシリーズとしても期待。

  ちなみに劇中で2人がおいしそうに
  ポリポリと食べまくっておかきは、コレ↓です。
  P7270039 P7270045_2
  まじウマいです。食べだすと止まらないです。

  ・『恋の罪』 (11/12公開)
  ・『ツレがうつになりまして。』 (10/8公開)
  ・『僕たちは世界を変えることができない。』 (公開中)
  ・『探偵はBARにいる』 (公開中)

 
A:ヴィンセント・ギャロ、久々の最新作を見にワクワクで渋谷のミニシアターへ。
  このヒトはキワモノなんだか名優なんだか…、
  90年代後半に『バッファロー’66』を見て以来、気になって仕方ない役者さん。
  今回はイエジー・スコリモフスキ監督と組んで、紛争地域で米軍に追われる
  アラブ人兵士ムハンマドに扮しているの。
  雪深い森林地帯~雪原を彼は逃げて逃げて逃げまくる。
  逃げ続けるために行く手を阻む相手は問答無用で殺す。
  生き延びるためなら乳児を連れた女性から母乳さえ奪う。
  ムハンマドには全編セリフなし。生きるため本能のままに逃亡する男の姿だけを、
  90分足らずで息つく暇もなく見せ切るスコリモフスキ監督の手腕はホントにお見事♪
  ギャロ様、コレを見てさらに気になる役者になりました。
  
  ・『エッセンシャル・キリング』 
  

M:ドラマでやってた時から、おもしろいなあとは思ってたけど、
  どこかで「ツボ押さえすぎなヤラしさが、ちょっとなあ…」と思ってた。
  が。映画がこれほどやってくれるとは!そう、モテキです。
  最近になく、「新しいものを見た」という快感に浸りました。
  このところの邦画はドラマで当たったやつの「二匹目のドジョウ」だったけど、これは違う。
  大根仁監督がプレスシートで「ドラマ(つまり自分)を敵にしてつくった」と
  表明しているとおり、かなり実験的かつ挑発的な映画になってる。
  「エロい長澤まさみ」など、演出の指示も明確で的を得てるし、
  観客の見たいものを引き出してると思う。
  あのセカチュウコンビの女の子が死ななかったら、
  って勝手に想像するのもありかな、と。
  それにしても、森山未來、やるなあ。
  お母さんが神戸でダンススタジオやってるだけあって、
  ミュージカル俳優出身だし、ダンスが超うまい。
  パフュームの曲に混じっても、違和感のないのがスゴイ。
  それと、音楽シーンで登場する「女王蜂」っていうバンド、ライブを見に行きたくなった。
  今後絶対注目です。

  それとラッセル・クロウのスリーデイズ
  タイトルがイマイチだけど、
  愛する妻の無実を晴らすために、ここまでやるかぁ~?!的なストーリーが斬新。
  フランス映画のリメイクなんだって。

  ・『モテキ』 
  ・『スリーデイズ』 


よ:絶対見ようと思ってるのが2010年韓国映画No1だった、
  ウォンビン主演のアジョシ
  前回の『母なる証明』から、180度違う男っぽい役に期待大。
  さらに韓国の芦田愛菜ちゃん的存在のキム・セロンちゃんの演技も楽しみ。
  もう1本楽しみにしてるのが東京ではすでに公開してて、
  順次全国公開になっているハウスメイド
  残念ながら名古屋では初秋公開なので、楽しみに待っています。

  ・『アジョシ
  ・『ハウスメイド


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | トラックバック (0)

2011.09.25

『Tolong! Awek Aku Pontianak!』(マレーシア編)

『Tolong! Awek Aku Pontianak!』
(「助けて!僕の彼女はポンティアナック!」)』

                          Text by Reiko

『瘤取り爺さん』や『鶴の恩返し』から、『妖怪人間べム』を経て、
北米ドラマの『Blood Ties』や『The Gates』まで、
人間と、それ以外の存在の共生や交流に惹かれる傾向はあっても、
「観客を怖がらせることが唯一の目的」みたいなホラー映画は、
全く受け付けられない私。

『Blood Ties』関連サイト(英語)
『The Gates』関連サイト(英語)

一方、私が住むマレーシアでは、霊に憑かれれたという人の話や、
学校・職場で起きた集団ヒステリーの話などが
全国紙に取り上げられたりすることもあり、
ホラー映画ファンが一般人口(特に多数派のマレー人)に
占める割合はかなり高いと思われます。

とはいえ、国内映画市場の規模や予算、見ごたえのある映画を制作
できる人材(特に脚本家)不足などもあって、
昨今のホラー映画過飽和状態については、
「低級な映画でも観に行く観客がいるから、同じような駄作が次から
 次へと制作・公開されるのだ。その国で制作される映画の質は観客
 の知的レベルに見合ったものにしかならない」
という辛口の批評がされるほど。

ただし、コアなホラー映画ファンは、米国や日本、韓国、タイなどで
制作された作品を好むらしく、マレーシア映画界は現在、ホラーとい
うよりホラー・コメディが主流になってきています。

今回ご紹介する『Tolong! Awek Aku Pontianak!』もホラー・コメディ
に分類される作品で、「映画コラムを執筆するなら、食わず嫌いはダメ
だよね。とにかく偏見を持たずに観てみよう」と思ったわけですが…。

◆『Tolong! Awek Aku Pontianak!』関連サイト(英語)

結果は…、ムムム…。

インターネットなどにも好意的なコメントが寄せられたりしていました
し、我が家の長男や夫も「まあ、いいんじゃない」ということだったん
ですが、何だかなあ…。

これは、私がマレーシアの映画制作陣に
「単に国内で商業的に失敗しない - という消極的な姿勢ではなく、
 国外の映画ファンにもアピールするような映画を作る心意気を
 見せてほしい」
と期待していることの裏返しかもしれないのですが...。

いくつかシーンを割愛して、第三者の発言という形で
あっさり片付けられていた状況を具体的に描いた方が、
主役の2人の絆が強まるのをもっと説得力ある形で
自然に描けたのにと思ったり、
コメディだからって、脇役達の髪型をこんな形する必要があるのか
(喜劇役者は笑われるのではなく、笑わせるのが仕事だろ)?と思ったり、
大人のコスチューム・パーティのはずが、なぜかハロウィーンで
仮装した子供みたいに見えるのはなぜだろう?と思ったり。

でも、キャスティングは悪くないと思います。

誰に対しても誠実で、職場でも勤勉かつ発想豊富でありながら、
お人よしが災いして、無能な上司に手柄を横取りされるボブには、
多彩な役柄をこなせると評価上昇中のザヒリル・アジム(Zahiril Adzim)。

呪いをかけられポンティアナック(マレーシアの民間伝承に登場する
魔性の存在で、難産の末に命を落とした女性の霊がこの世を彷徨い、
人[通常は男性]の内臓を食らう)に変えられながらも、
大都会クアラルンプールの片隅で、人を殺めず、
ひっそり暮らす美人姉妹のマヤとリヤナには、
サジー・ファラック(Sazzy Falak)とリヤナ・ジャスメイ(Liyana Jasmay)。

特に、この世のものとは思えないほど(笑)大きな眼を持つサジーが、
敢えて無表情に演じるマヤはミステリアス。

一方、妹のリヤナはコケティッシュ。軽薄で気取った印象を与えるクアラ
ルンプールの若者言葉がすっかり板についているという設定です。

でも、この映画で圧倒的な存在感を放つのは、
マヤ&リヤナの邪悪な姉、ナディア役のヌルル・ワハブ(Nurul Wahab)。

メークも、赤を基調とした衣装(マレーシア航空やシンガポール航空の
キャビン・アテンダントの制服に用いられているケバヤもしくはクバヤ
と呼ばれるデザイン)も表情も、妖艶な女性に身を変えて
獲物をおびき寄せるポンティアナックに、まさにぴったり!

彼女のプレゼンスというのは、
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』に悪役で登場し、
主役の3人を完全に食ってしまったデミ・ムーアのそれに近いと思います。

この作品、全体的に見て、
自信を持ってお薦めできる水準に達しているとは思えないのですが、
「もう観ちゃったよ」という方や世界の怪談に興味のある方向けに、
以下、ポンティアナックについてのトリビアをご紹介します。

「ポンティアナック(Pontianak)」という言葉はマレー語の
「Perempuan(女性)+Mati(死)+Beranak(出産)」の短縮変化形
と考えられています。

そこで、難産で命を落とした女性がポンティアナックになって、
この世を彷徨い続けないよう、お葬式の時には以下のような予防策が
取られるといいます。

ポンティアナックの特徴である甲高い叫び声があげられないよう、
遺体の口にガラス玉を収める。

ポンティアナックとなって飛行しないよう、脇の下に卵を収めるか、
手中に針を握らせる。

ポンティアナックの存在を告げるのは、犬の鳴き声、ポンティアナック
自身の泣き声・叫び声、プルメリアの芳香に続くとてつもない悪臭などで、
ポンティアナックが遠くにいる時は、犬が激しく吠え、
ポンティアナック自体の金切り声も大きく聞こえ、
逆に、それが近くにくると、犬は哀れっぽくクンクン泣き、
ポンティアナックもすすり泣いているように聞こえる-と考えられているようです。

1977年に出版された短編集「The Consul’s File」の中で、
Paul Therouxという人が、ポンティアナックは、
夫が夜鷹・街娼と関わりを持たないよう、
マレー系の女性達が創作した魔物であると、推測していて、
なるほどと思いましたし、この『Tolong! Awek Aku Pontianak!』にも、
いかにもそれらしいシーンが登場します。

ポンティアナックは鋭い爪で獲物の腹部を切り裂き、臓器を貪り食らうと
言われているほか、襟足に穴があって、そこに釘が刺さっている限りは、
美しい女性の姿を保てるけれど、釘を抜いた瞬間、恐ろしい形相に戻って
しまうとか…。この点を抑えておいていただけると、この映画を観た時に、
「おっ、そういうことか」と納得できるはず。

また、ポンティアナックは、インドネシアでは一般にクンティアナックとか、
短縮形でクンティと呼ばれており、インドネシア人の中には、
「ポンティアナック?それを言うなら、クンティアナックだろ?ポ
 ンティアナックはカリマンタン州(ボルネオ島南部)の都市の名前」と、
あたかもマレーシア人が勘違いしているように言う人もいるようですが、
インドネシアのポンティアナック市も実は、そこに初めて居を構えたサルタン
(国王)が、この魔性の存在に付きまとわれたことから、
そう名付けられたそうです。

また、シンガポールでもポンティアナックに関わる伝承や目撃談には事欠き
ませんし、タイにはポンティアナックによく似たPhi Song Nangという魔物が
いて若い男性を襲うという言い伝えがあるようです。

インターネットのポンティアナックに関するサイトには、
メキシコから「こちらには、ポンティアナックと同じような特徴を持った
la Lloronaと呼ばれる魔物がいる。ただし、la Lloronaは赤子を溺れさせて
しまった母親の霊が、その子を探し続けているのだそう」
という投稿がありました。

また、フィリピンにはティヤナックまたはティアナックと言って、
ポンティアナックと発音の似た魔物がいるらしいのですが、
こちらは赤ちゃんの姿と泣き声で獲物をおびき寄せる吸血鬼の一種だそうです。

今回は、本業が立て込んだせいで、原稿執筆が遅れたおわびと、
ハロウィーンを意識して、
「ポンティアナック・トリビア版」としてお送りしました。

◆『Tolong! Awek Aku Pontianak!』関連サイト(英語)

今回も、なぜか公式サイトが見つかなかったのですが、
英語レビューのうち、上記はかなり詳しく書かれていた上、
写真も多数紹介されていたので、ご紹介します。

このサイトには、トレーラーに加え、挿入歌のビデオも含まれています。

『Blood Ties』関連サイト(英語)

『The Gates』関連サイト(英語)


| | トラックバック (0)

2011.09.23

『マダム・タッソー東京』(9/30オープン)

ロンドン発!世界8カ国で5億5千万人以上を動員する
触れることができる等身大フィギュア館が、日本初上陸!

世界各地で著名人の等身大フィギュアを展示している
アミューズメント施設「マダム・タッソー」
9月30日~2012年1月4日まで、
お台場のデックス東京ビーチにて期間限定で開館する。

気持ち悪いくらいリアル…

2930_2
(©マダム・タッソー)

レディー・ガガ、ジョニー・デップ、マイケル・ジャクソンなどの
お馴染みの海外セレブに加え、今回の日本上陸に際し、
坂本龍一、葉加瀬太郎、『鉄腕アトム』の3体のフィギュアも登場させ、
今後はさらに日本のスター2名のフィギュアを登場させる予定だとか。
 
「触れ合いたい」日本人の有名人について投票を行うほか、
「来場者からの要望が高い場合はアトラクションの常設も計画されている。
 
最大の特徴は、展示フィギュアに実際に触ることができるため、
レディー・ガガと肩を組んだりして撮影できること。

1930
(©マダム・タッソー)

ちなみに、等身大フィギュアは製作に約4ヶ月、
1体あたり約15万ポンド(約1900万円)かかるという。

「マダム・タッソー東京」には、
各地に展示されているフィギュアの中から厳選したものが展示され
東京オープンのために、ファッションスタイルも一新。

奇抜なファッションでも有名なガガの等身大フィギュアが
どんな衣装をまとって登場するかも、お楽しみのひとつかも。

| | トラックバック (1)

2011.09.22

「PSY(サイ)」@キャナルシティ劇場

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       福岡で、カナダ発のアートサーカス!
       「PSY(サイ)」@キャナルシティ劇場
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            TEXT by MARS

                  ◇

2011年3月に九州新幹線が全線開通し、
福岡と鹿児島が結ばれて、一段と人が集まるようになった博多。
玄関口である駅ビルも「JR博多シティ」として生まれ変わり、
これに対抗するように、9月16日には、
繁華街である天神に「バーニーズニューヨーク福岡店」も出店。
天神のあちこちのファッションビルがリニューアルされてて
3年半ぶりに訪れた博多は、
活気に満ち溢れてるなあという印象を受けました。

さて!
その博多駅と天神の中間地点にある
大型商業施設「キャナルシティ博多」でも、「イーストビル」が開業。
昨秋に「キャナルシティ劇場」として生まれ変わった劇場で今、
カナダのモントリオールからやってきたサーカスカンパニー
「7 Fingers」のユニークなショウPSY(サイ)が、
9月17日から25日まで行われています。(全10公演)
それを観てきたので、さっそくご報告!

タイトルの「PSY」とは、英語なら心理、心理学を意味する
psychology(サイコロジー)の略で、
現代人の30%が、精神的に問題を抱えているといわれる今の社会を舞台に、
11人の出演者たちが、不眠症、依存症などを抱えた人を演じます。

タイトルに謳っているように、これはサーカス。
出演者はみな、フランス、カナダなどの有名サーカス学校を経たツワモノ揃いで、
空中ブランコやハンドバランスといったサーカス演目を見せますが、

E267a238acb86e1d68ea468b900bf5fa
(©Peggy_Faye)

Psy_hthcpeggy_faye
(©Peggy_Faye)

Psy_trapezecluce_tg
(©Luce_TG)

そこにつながる演出は、演劇やダンスがメイン。
セリフは、舞台の両脇に字幕が出たり、ナレーションが流れるので、心配ナシ。

これがいわゆる現代サーカス(コンテンポラリーサーカス)で、
ただサーカスとしてのスゴ技を見せるのでなく、
人と人のつながりを、演劇的に表現しています。

秀逸だったのは、大道具のつくり。
2階建ての小さいアパートメントをイメージした箱型の小さい白い家を中央に置き、
2階の寝室と1階の玄関を階段で結んでいます。
その階段は自在に動かせて、サーカスの技を行うための重要な役目を果たします。
チャイニーズポールも、2階から自在に上がり下がりして、
自然な流れでスゴ技に移っていくのが、見どころ。

Psy_polecpeggy_faye
(©Peggy_Faye)

Psy_pole2david_poulin_2
(©David_Poulin)

ティダーボードという、シーソーのような器具にジャンプして
人が空中を跳ぶ演目では、天井に当たるのでは?!と思うほどのジャンプ。
そんなギリギリに挑戦しつつ、ダンスの振り付けなどもかなりおもしろく、
クスッと笑ってしまうシーンがちりばめられています。

真っ白い家の壁に、マルチメディアによって動く映像を投影し、
家具や時計を映し出すかと思えば、都会の様子を映し出し、
一瞬で場面展開が図れる仕組み。
その家の3階、2階、1階に人が立ち、床部分に空いた穴を通して
全員で行うジャグリングは、圧巻です。

突拍子もない展開もいくつかあるのだけど、
おそらくは夢や幻覚を表現していて、
人が「なりたい自分」を模索して
「自分探し」を一生懸命行っているさまを表現しているのかも。
つまり、ただ「すごい」と思わせるだけでなく、
ちょっと考えさせる、テーマをもったサーカスなのです。

ちなみに「7 Fingers」は、ナショナルサーカス学校を卒業した7人が
シルク・ドゥ・ソレイユなどでも活躍したのち、
モントリオールで2002年に設立。
彼らのショウは、演出家をもたず、自分たちの生活感を出しながら
自分たちで話し合い、作っていくのが特長。

今まで「ロフト」「トレーシーズ」「ラ・ヴィ」などの作品で
世界を周っていて、世界的にも注目され、今回は4作品目の新作。
しかも、正式な来日公演はこれが初めてで、
このあとはフランス公演へ行ってしまいます。

彼らを次に日本で見られるチャンスは、ゼッタイ少ないので、
ぜひぜひ、足を運んでみて。

             ★   ★   ★

 ※関連記事
 └→◇『シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京「ZED」
 └→◇『「キダム」の舞台裏をお教えしましょう

 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | トラックバック (0)

2011.09.05

『街を挙げての合コン「街コン」がブームに』

※8月度ランキング<その他>9位
 
地元の飲食店と協力し、食べ歩きを組み合わせた
街を挙げての合コンのスタイルが、
宇都宮市の「宮コン」を先例に、
滋賀県守山市、岐阜県関市、松山市、長野県諏訪市、
大阪枚方市、横浜エリアなど、全国各地に拡大中。

(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 
 ○『街コン』
 ↑街を挙げた合コン、全国各地に広がり
 ○『濱コン』(過去版で関連情報紹介済み)
 ↑横浜で1000人の男女が出会いとグルメを楽しむ合コン

 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2011-06 2)『震災後の絆ニーズで“婚活”再活性』12★★★※(再)
 └→2010-11 1)『最新「婚活」事情』 11★★★※(再)
 └→2010-05 3)『自治体あげて婚活支援』7★★  (再)
 └→2010-04 8)『ユニーク婚活VSお見合い復活』2★★  (再) 

| | トラックバック (0)

2011.09.03

『節電サマーの流行ヘア』

※8月度ランキング<ファッション>4位
 
現代版震災復興ヘア「スマイルカット」や、
芸能人にも多いショートヘア、
首まわりの暑さをしのぐ編み込みやアップなどのまとめ髪など、
今夏は、ドライヤーをかける時間も少なくて済む
節電と暑さ対策を兼ねた髪形が流行中。

(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 
 ○『スマイルカット』
 ↑復興への思いもこめた節電カット
 ○『ショートヘア』(過去版で紹介済み)
 ↑これも節約の影響か?ショートヘア人気
 ○『ヘアーポニー』
 ↑節電の夏、アップにまとめた髪のポイントに
 ○『三つ編み&編み込み』
 ↑いまアレンジヘアで人気なのはこの二つ
 ○『シュシュクリップ』
 ↑クリップにシュシュがついたヘアアクセが人気
 
 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2011-06 1)『進化するクールビズ&クールスタイル』22★★★ (再)
 └→2011-05 1)『クールビズより軽装~スーパークールビズ』16★★★※(再)
 └→2010-07 7)『ヘアトレンド&人気ヘア小物』4★
 └→2010-07 2)『今夏のメイク&コスメトレンド』6★★★ (再)
 └→2010-07 1)『クールビズ/セーブビズ/ウォームビズ』14★★★※(再)

| | トラックバック (0)

2011.09.02

『POPすぎる校歌続々』

※8月度ランキング<ニューウェーブ>10位
 
曲調がアニメソングみたいと話題となり
カラオケ化の予定もある愛知県至学館高等学校、
“Let's be together”で始まる群馬県高崎健康福祉大高崎高校、
南こうせつ夫婦作詞作曲の大分県明豊高校など、
時代と共に高校校歌にも新潮流。


(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 
 ○『J-POPすぎる校歌』
 ↑カラオケ化の予定も!甲子園で野球よりも話題の校歌
 ○『POPな校歌』
 ↑英語やアニソン調も登場!校歌が時代と共に変化

 ※バックナンバーの関連記事もチェック!


| | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »