« 『支援ビジネスも登場!各地で「街コン」普及』 | トップページ | テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2012-冬期待) »

2012.01.17

2011年秋ドラ終了後番付&総評

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。

 ◆◆◆◆◆◆…………… 秋クール終了後番付&総評 ……………◆◆◆◆◆◆
  
    連ドラを最終回まで観ての「終了後番付」。
    今回は「秋ドラ」の終了後ランキングとスタッフの総評をお届け!
 
   
                  ■終了後番付■
                   (15点満点)     
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――
             前クールまでのバックナンバーはこちら
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    ※は、終了前で秋クールにまたぐ作品につき現時点での中間評価になります。
 
●1(1)位『カレ、夫、男友達』(火10NHK)…☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆14(11)↑
●2(2)位『家政婦のミタ』(水10NTV)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆13(10)↑
●3(4)位『妖怪人間ベム』(土9NTV)…………☆☆☆☆☆☆☆7(5)↑
●4(3)位『謎解きはディナーのあとで』(火9CX)☆☆☆☆☆☆6(6)→
●5(4)位『深夜食堂2』(火25TBS)……………☆☆☆☆☆5(5)→
●6(6)位『11人もいる!』(金11EX)……………☆☆☆☆4(3)↑
●7(4)位『蜜の味 ~略~』(木10CX)…………☆☆☆3(5)↓
●7(4)位『私が恋愛できない理由』(月9CX)……☆☆☆3(5)↓
●7(5)位『DOCTORS 最強の名医』(木9EX)……☆☆☆3(4)↓
●7(7)位『俺の空 刑事編』(日23EX)……………☆☆☆3(2)↑
●8(番外)『カーネーション』(月~金朝NHK)……☆☆2(4)↓※
●8(6)位『QP』(水25NTV)………………………☆☆2(3)↓
●8(7)位『専業主婦探偵~略』(金10TBS)……☆☆2(2)→
●8(7)位『相棒season10』(水9EX)……………☆☆2(2)※→
●8(7)位『ビターシュガー』(火11NHK)…………☆☆2(1)↑
●8(8)位『ランナウェイ~略~』(木9TBS)………☆☆2(1)↑
●9(8)位『南極大陸』(日9TBS)…………………☆☆▼1(1)→
●9(番外)『ラストマネー~愛の値段』(火10NHK)☆1(2)↓
●9(8)位『科捜研の女』(木8EX)…………………☆1(1)→※
●9(番外)『水戸黄門』(TBS月8)…………………☆1(0)↑

                             ↑IN!
---------------------<微妙ライン!?>---------------------------
                             ↓OUT!

●10(番外)『毒姫とわたし』(月~金昼1:30CX)…0(3)↓
●10(番外)『花嫁のれん』(月~金昼1:30CX)……0(0)→
●11(12)位『ここが噂のエル・パラシオ』(金24TX)▼-1(-3)↑
●12(11)位『怪盗ロワイヤル』(金24:20TBS)……▼▼▼-3(-2)↓
●12(13)位『秘密諜報員 エリカ』(木24NTV)……▼▼▼-3(-4)↑
●12(番外)『江~姫たちの戦国~』(日8NHK)……▼▼▼▼☆-3(-1)↓
●13(13)位『HUNTER~略』(火10CX)……………▼▼▼▼-4(-4)→
●13(13)位『僕とスターの99日』(日9CX)…………▼▼▼▼-4(-4)→
●14(13)位『私のホストちゃん~略~』(火25EX)…▼▼▼▼▼-5(-4)↓※

                   ◆

               <秋ドラ総評>
 
ゴ:2011年度年間ドラマ平均視聴率TOP10作品のうち、なんと7作品が
  この秋クール作品だったことからも、秋ドラの充実ぶりが、わかろうというもの。
  ちなみにその7作(関東地区ビデオリサーチ調べ、クールまたぎ作含む)とは、
  1位『家政婦のミタ』(24.8%)、4位『カーネーション』(12/7までで19.3%)、
  5位『南極大陸』(18.0%)、6位『江~略』(17.7%)、8位『相棒10』(16.2%)、
  9位『私が恋愛できない理由』(16.0%)、
  10位『謎解きはディナーのあとで』(15.9%)。
  年間1位の『家政婦のミタ』は、最終話でも40%超というオバケ数字をたたき
  出したが、そのミタを僅差で抑えて、当ドラ番の首位に輝いたのは『カレ、夫、
  男友達』。
  
A:今秋のドラマは各局まんべんなく見応えありましたね♪
  中でも『カレ、夫、男友達』『家政婦のミタ』『蜜の味~』、
  この3強にハマりました~。
  『家政婦のミタ』のあのお約束「承知しました」には毎回笑わせてもらったな。
  ミタの雇い主からのどんなムチャぶりにも応えちゃうところがツボ。
  その「承知しました」連発だった最終回の視聴率、フタを開けて見たら40%!?
  暮れの紅白じゃあるまいに(笑)主役の松嶋菜々子、久方ぶりの主役ドラマ
  大ヒットだったけれど、今後しばらくミタのイメージ付いて回りそう。かえって
  やりづらくなるんじゃないか?
  NHKの『カレ、~』も三姉妹三様の恋愛模様にかなり魅せられました。
  夫からの酷いDVの果てに心中未遂まで起こして、結局夫に未練を残したまま
  別れることになった長女のSTORYがイチバン印象的だった。あんなに酷いこと
  されたのにそれでも断ち切れない夫への気持ちって何?愛って本当に不思議。
  叔父&姪カップルの禁断の愛を描いた『蜜の味~』、
  あの2人、とうとう愛を貫きましたねえ。2人の仲を割こうとする叔父妻の菅野
  ちゃんと姪元カレの溝端君、最終回までイイ具合にブっ壊れてたのに、
  ラストでのあの失速ぶりにはオヤオヤ~!?
  変な予定調和にちょっとガッカリな最終回でした。

ま:秋ドラマは久しぶりに充実していましたね。
  高視聴率をたたき出し、社会現象にまでなった『家政婦のミタ』、
  毒舌台詞が話題になった『謎解きはディナーのあとで』。
  NHKの『カレ、夫、男友達』も、最後まで目が離せない展開で、面白かった!
  !『妖怪人間~』は、変身シーンを、毎回、ちょこっと変えるなど、演出にも工夫を
  凝らしていたし、アニメとは違う世界観を出していて、見応えありましたね。
  納得のラストに、泣いちゃいましたよ。

お:秋ドラは、録画を見るのが大変なサイクルで結構、満足でした!
  特に、『カレ、夫、男友達』には、やられましたねー。
  『ビターシュガー』も違和感を感じながらも見続けてしまい、
  大河ドラマで挫折した私も、昨年のNHKドラマは、
  借りを返していただいた感じです(笑)。
  ミタさんは、世間の評判をうけて、見出しまして、その時がミタさんの大告白
  の日だったので、最後三回と、特番で巻き返してしまいました!
  失速したのは『南極大陸』。母は絶賛してましたが。
  あと、まあまあだったのは、『蜜の味 ~略~』と『私が恋愛できない理由』かな。
  最初の期待度より平均的な終わり方でしたけど…。

ラ:秋ドラはブッチギリ視聴率の怪物ドラマが久々に出てびっくり~(笑)。
  まさか誰も40%行くとは思ってなかったんじゃないかなぁ…
  あっ『家政婦のミタ』だけどねって言わなくても分かるか(笑)。
  内容的には普通のドラマだったけど、そのよくある家族崩壊の話に対して
  ミタさんがどう反応するのか?ミタさんの謎って?
  ってとこだけで見続けてしまった(笑)。 だから、もったいないよね、
  ミタさんの過去は謎のままでもよかったんじゃないかと思ったよ~。
  ミタさんの過去ネタは横山秀夫の小説でも遺族に「一生笑わないで下さい」
  って言われて笑うのをやめた刑事がいてそれと同じだったからね~。
  おっと、『家政婦のミタ』の話題だけで終わってしまいそうじゃ~(笑)。
 
  その他のドラマでは大河ドラマ以外のNHKドラマは良かった~
  『カレ~』『ビター~』とかしっかりとしたドラマ作りしてたよね~。
  あとあまり話題にならなかったけど民放では『ランナウェイ~』は
  地味で突っ込みどころ満載ではあったけど、意外に面白かった…。
  『相棒』はもう別ものになってしまったし『深夜食堂』もちと残念な感じだっ
  たし、『南極大陸』に至っては途中で挫折してしまったしと…色々あるけど、
  結局『家政婦のミタ』の視聴率にビックリして他のドラマがぶっ飛んでしまっ
  た秋ドラって感じでしょうかね~(苦笑)。
 
--------------------------------------------
期待度番付&中盤番付はこちらでチェック!

|

« 『支援ビジネスも登場!各地で「街コン」普及』 | トップページ | テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2012-冬期待) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/53758775

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年秋ドラ終了後番付&総評 :

« 『支援ビジネスも登場!各地で「街コン」普及』 | トップページ | テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2012-冬期待) »