« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.17

2012年冬ドラ期待度番付

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。
            
              ■『期待度番付!』■
                 (15点満点)     
 ―――――――――――――――――――――――――――
        前クールまでのバックナンバーはこちら
 ―――――――――――――――――――――――――――
    ・前期からの続投作は除いてます。
    ・番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、
     1クール3回の当番付に対応してない作品及び昼ドラ。

    ★下記ラインナップ作品の主要キャストと1行概要はこちらでチェック!
     
●1位『平清盛』(日8NHK)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12
●2位『運命の人』(日9TBS)…………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11
●3位『ラッキーセブン』(月9CX)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10
●4位『最後から二番目の恋』(木10CX)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
●5位『孤独のグルメ』(水25TX)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆8
●6位『ストロベリーナイト』(火9CX)…………………☆☆☆☆☆☆6
●6位『ハングリー!』(火10CX)………………………☆☆☆☆☆☆6
●番外『タイトロープの女』(火10NHK)………………☆☆☆☆☆☆6
●7位『家族八景~略~』(火25TBS)………………☆☆☆☆☆5
●7位『ダーティ・ママ!』(水10NTV)…………………☆☆☆☆☆5
●7位『聖なる怪物たち』(木9EX)……………………☆☆☆☆☆5
●7位『13歳のハローワーク』(金11EX)………………☆☆☆☆☆5
●7位『理想の息子』(土9NTV)…………………………☆☆☆☆☆5
●8位『デカ黒川鈴木』(木24NTV)……………………☆☆☆☆4
●番外『鈴子の恋』(月~金昼1:30CX)…………………☆☆☆☆4
●9位『本日は大安なり』(火11NHK)…………………☆☆☆3
●9位『ティーンコート』(火24NTV)……………………☆☆☆3
●9位『ステップファザー・ステップ』(TBS月8)…………☆☆☆3
●9位『最高の人生の終り方~略』(木9TBS)…………☆☆☆3
●9位『ミューズの鏡』(土26NTV)………………………☆☆☆3
●10位『白戸修の事件簿』(金24:20TBS)………………☆☆2
●10位『恋愛ニート 忘れた恋のはじめ方』(金10TBS)…☆☆2
●10位『妄想捜査~略~』(日23EX)……………………☆☆2
●11位『逃亡者おりん2』(火25EX)………………………☆1
 
------------------<微妙ライン!?>-----------------
 
●12位『数学・女子学園』(水25NTV)…………………0
●13位『さばドル』(金25TX)……………………………▼-1
●14位『~略~グラビアアイドル裏物語』(金24TX)……▼▼-2
●14位『早海さんと呼ばれる日』(日9CX)………………▼▼-2
 
                ◆◇◆◇◆     
  
A:新年明けましておめでとうございます♪
  年末年始の特番フィーバーのほとぼりも冷めて、ぼちぼち新ドラ始動ですね。
  まずスペシャル版を復習してのぞんだ竹内結子の『ストロベリーナイト』。
  初回からイイ感じにグロくてガッチリ持ってかれました。
  散々だった昨年の大河、今年は『平清盛』で一気に巻き返しそうだね。
  初回からかなり見応えありました。
  清盛父・忠盛役の中井貴一がシブくてステキだったな。
  そんなわけで貴一繋がりの『最後から二番目の恋』もキョン×2との恋愛模様、
  期待してます。
  未見で期待大なのは、瑛太に松潤に大泉洋、松嶋菜々子まで出ちゃう
  月9『ラッキーセブン』。ミタの直後に松嶋菜々子がどう出るか?
  楽しみだなあ。
  それと山崎豊子氏の原作以上になるんじゃないかと期待MAXな『運命の人』。
  モッくんが選んで出るドラマはハズレがないからね。
  アブナイ男女関係をはらんだ重厚な人間ドラマになるでしょう。早く見たい!
  
ラ:新年を迎え、各局ドラマの方向性を模索しているのか、いつも気になる同じ様
  な内容の被りドラマが少ないような気がするにゃ。
  今回は期待したいドラマがいつもより多いかも(笑)。
  まだまだ、復興に向け、困難な状況が続く日本。そんな時だからこそドラマが
  できることってあると思うんだよね。 声高に「頑張ろう!日本!」なんてドラマ
  じゃなくても、みんな頑張ってるんだから、今の私は力の抜けたドラマや
  逆に弾けまくってるドラマを見て肩の力を抜きたい気分!
  『孤独のグルメ』『ラッキーセブン』『13才のハローワーク』『ステップファザー~』
  『平清盛』、そして忘れちゃいけない骨太そうな『運命の人』。
  今の時代に必要な『最高の人生~』なんかも期待です!
  惰性で見なきゃいけないドラマがない事に一番期待!

お:刑事物、探偵物、推理ものが多いですねー。
  なんか、冬ドラ、私的には盛り上がっていません。
  番宣もすごくみるけど、興味をそそられないのです~。
  ただ、救いは復活大河ドラマ『平清盛』と、山崎豊子原作『運命の人』。
  久々に本木雅弘と松たか子、そして、私の好きな真木よう子。
  重厚そうです~。たまりません!
  あと、怖いもの見たさで『理想の息子』。ハマれないとは思うけど、コメディー
  な京香様も見てみたいもんです。
  全体的に期待が低いだけに、何か見つかったら、
  うれしいクールになりそう(笑)。
 
ま:冬は、地味なんだけど、じっくり見せてくれる大人のドラマが多いのかな~。
  大河ドラマ『平清盛』以外に、これは面白そう!!
  と思うドラマがイマイチないのですが…。
  この評価が途中でいい方向に変わってくれると、嬉しいんですけど。
  
ゴ:今クールへの期待度は、けっこうスタッフによって高・低わかれましたねー。
  ただ、前作が非常に残念な内容だったNHK大河への期待度は、
  全スタッフ一致して、並々ならぬものがある模様(笑)。
  全体的には、今期はめちゃくちゃ“探偵モノ”が多いよね。
  素直に“プロ”(探偵&刑事)が謎解きをするものはもとより、
  家政婦とか、准教授とか、泥棒とかウェディングプランナーとか、
  エンディングプランナーとか、学生とか、医者とか、殺し屋とか…
  事件の“プロじゃない”人たちが、それぞれの土俵で
  コトの真相に迫る作品が多いのが特徴。
  まあ、企画としての面白みが出しやすいからだろうけど、
  企画の現場は、次はどんな職種に謎解きさせるのか、
  常にネタ探し必死なんだろーな。
  個人的に、小説もミステリー要素のあるものしか読まないくらい、
  謎解きモノが好きではあるけど、でも、なにも主人公に謎解きさせたり、
  コトの真相に迫らせたりしなくても、
  いくらでも高評価と高数字を得られる作品は作れるってことを、
  あの『家政婦のミタ』が証明してみせたわけだから、
  もっとオリジナリティある作品、今後も見たいですねえ。
  まあ、ミタさんの場合も、主人公以外の人々が
  主人公の隠された真実に迫って謎解きしたドラマではあったけどね。

    
----------------------------------------    
※個々の作品に対するスタッフのコメントは
こちらのメルマガの「’12冬ドラ期待度+夏ドラ総括」(01/17配信号)でお読みくださいませ!
 
 ★ドラマもいいけど、シネマもネ!
  
 

| | トラックバック (0)

海外TV事情(31) 『The Pillars of the Earth』(邦題:ダークエイジ・ロマン 大聖堂)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連┃載┃コ┃ラ┃ム┃◇海外 TV事情(31)<ドイツ/カナダ/イギリス合作編>
              『The Pillars of the Earth』
              (邦題:ダークエイジ・ロマン 大聖堂)
━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      TEXT by Reiko

         「ベストセラー小説を壮大なスケールで映像化」
                (BSプレミアム公式サイト)
          http://www9.nhk.or.jp/kaigai/daiseidou/

                       ◇

約1000ページという長編にもかかわらず2000万部という世界的ベストセラーと
なったケン・フォレットの『The Pillars of the Earth』(邦訳版:「大聖堂」)。

これは、中世イングランドの架空の町キングズブリッジ(※)を主な舞台に、
大聖堂の建築を縦糸として、その完成に情熱を傾ける設計士兼熟練石工と
敬虔・高潔な修道院長、
王位継承者の死の真相に関わるゆえに数奇な運命を辿る母子、
血で血を洗う後継者争いに終始する王家、混乱に乗じて権力の拡大を目論み
権謀術数を巡らす司教と豪族、領土と爵位を取り戻すため数々の苦難に耐える
元伯爵令嬢と弟らの生涯が交錯し織り成された、壮大にして緻密なタペストリー。
  
「大聖堂」(cathedral)という言葉で私が思い出すのは、
 「作業中の石工に『何をしているのですか?』と尋ねたところ、
  ある者は『石を切っています』と答え、
  別の石工は『大聖堂を作っています』と答えた」
という話。
仕事に対する取り組み方やjobとworkの違いを端的に表現した例として
記憶しています。
この短期連続ドラマには、その制作に関わった人達の多くがおそらく、
前述の二番目の石工と同様のビジョンや使命感、
誇りを持って仕事に当たっていたのではないか、
そう思わせる崇高さが漂います。
まず、オープニングのイラストレーション動画とテーマ音楽からして凄い!
その力強さとスピード感に、本編への期待は否が応でも高まります。
知名度より舞台その他の演技で高い評価を得ている実績を優先した
と思われるキャスティングも、セルジオ・ミミカ・ゲッザンによる演出も絶妙。
 
特に私の目を引いたのは、自ら設計した大聖堂の完成を見届けることなく
惨殺された石工トム役のルーファス・シーウェル、
墜落・荒廃した教区を大聖堂の建設を通して立て直そうと苦心・奔走する
修道院長フィリップ役のマシュー・マクファデン、
国王の世継ぎを乗せ難破した船に同乗していた吟遊詩人の血を引き、
トムとは義理の父子・師弟となるジャック役のエディ・レッドメイン。
シーウェルは髭の似合う野性的なイケメン中年。
マクファデンの魅力は何といってもその美声と、
少し悲しげな優しいまなざしにあります。
一方、複数のブログで「イケメン」と形容されていて、
 「最近の日本人は『イケメン』の定義にずいぶんと寛容なのね
  (『美人過ぎる』も同様)」
と思わずにいられなかったのがエディ・レッドメイン君。
アヒルっぽい口とそばかすが印象的な顔だけを見れば、
むしろトム・ソーヤー役なんかがぴったりくると思うんですが、
シェイクスピアの作品などで、高貴な身分の役柄を演じることが多いのは、
名門イートン校でウィリアム王子の同窓、ケンブリッジで美術史を学んだ
超エリートであることが影響しているのかもしれません。
彼は今後数年の内に大ブレイクしそうな予感がします。
 
なお、本作品[全8回]は、近くDVDの発売(1月18日)と、
BSプレミアムでの再放送(1月22日深夜より6夜連続)が予定されています。

                      ◇

 ※イギリスには“キングスブリッジ”という街は存在するようですが、
   この物語(原作本)で大聖堂建設の舞台となったのは、
   実在のキングスブリッジとは別物の、原作者ケン・フォレットが生み出した
   架空の町キングスブリッジだそうです。

| | トラックバック (0)

テレビ関連トレンド☆フラッシュFrom「ドラ番」(2012-冬期待)

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」の常設コーナーより情報抜粋。
 
 ◆◆◆◆◆◆…………テレビ関連 トレンド☆フラッシュ!…………◆◆◆◆◆◆
   
 ■テレビ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      最近のWeeklyデータの中から、テレビ関連ネタをPICK UP!

 ◆……………………………………………………………………………【計46本】
            ~テレビ関連トレンド☆フラッシュ!~
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>

             「◎」印→サービス関連
             「○」印→作品・商品関連
             「△」印→人物ネタ
             「●」印→海外流行ネタ

◎『ロンドン五輪商戦』3Dテレビなどテレビ商戦、特需に期待
◎『VOD(ビデオ・オン・デマンド)』映像配信市場で競争激増
◎『「麒麟の翼 劇場版・新参者」公開記念オフィシャルツアー』ツアー特典満載
◎『吉本100周年』1年中でアニバーサリーイベント実施
◎『よしもと47ご当地市場』住みます芸人たちがおすすめ!大阪初の常設物産店
◎『EVANGELION STORE TOKYO-01』原宿に新世紀エヴァンゲリオンの公式店舗
◎『仮面ライダー・ザ・ダイナー』仮面ライダー公式コラボレストランが人気
◎『携帯ゲーム×ドラマ』ゲーム結果でドラマ変えや、ドラマ視聴でゲーム優位に
◎『カラオケ店向けライブ中継』業界初!歌謡コンサートを生中継配信
◎『スター★ドッグスクール』わんちゃんのタレントスクール
◎『ギャグマンガコース』京都精華大学のマンガ学部に新設
◎『「なでしこ」切手セット』試合中の姿が切手に
◎『2012限定 AKB48 オリジナル年賀状』AKB48オフィシャル年賀状発売
◎『「らき☆すた」オリジナル切手』埼玉県内の一部郵便局で限定発売
◎『iTunes Rewind 2011』今年最もダウンロードされたアプリ・音楽・映画
◎『かゆがりGIRL』お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄が考案したアプリ
◎『マンタビ』漫画に登場する札幌市内の風景を巡る観光ルート地図
◎『ひろしま清盛』清盛キャラ画像を提供
◎『レディー・カガ』石川県加賀温泉郷で働く女性60人のPR用ネーミング
○『踊る大捜査線 THE FINAL(仮)』「踊る大捜査線」ついにファイナルに
○『「平清盛」ブーム』大河ドラマに「清盛」が登場する年は景気よくなる!?
○『純米大吟醸 大輪田泊』「平清盛」のタイトルロゴを使用した日本酒
○『モチモチ・モテモテ』“マル・モリ”に続くのは“モチ・モテ”!?
○『Kポップカバーダンス』Kポップのダンスをカバーする人が増加
○『アニキ☆マフラー』アニソン界の帝王のマフラーを商品化
○『ヱヴァラーメン』濃厚&ピリ辛!レイとアスカをイメージしたラーメン
○『キャラクターおせち』人気キャラの超本格おせちが続々
○『全録』テレビの複数チャンネル全部を録画する機能
○『2011年 年間カラオケリクエストランク』1位はAKB48「ヘビーローテーション」
○『「エースをねらえ!」鍋スープ』他社には無いインパクトのあるパッケージ
○『ウキウキダンシング♪スピーカーチョッパーマン』ワンピース人気キャラスピーカー
○『スライム肉まん』発売と同時に購入希望者が殺到し捕獲困難!
○『天使のアニメソングを…』ゴスペルで歌う日本のアニメソング
○『完全記録「山口百恵」』山口百恵8年間の芸能活動記録集が予約限定発売
○『ナイーブ ボディソープ(スイートストロベリー)』映画怪物くんとコラボ
○『日本聴こう!』日本コロムビアが創立100周年事業でベスト盤発売
○『人気モノにみる3つの傾向』多人数化、体操系ダンス、奉仕系キャラ
○『マンガ手帳2012』漫画の吹き出しに書き込むユニークな手帳
△『ミタごっこ/ミタファッション』小学生の間で流行「家政婦のミタ」社会現象に
△『悪メンシェフ、挙杉慎一』“ポスト川越”、王子様系イケメンシェフの次は彼!
△『神戸・清盛隊』大河ドラマと共に神戸を盛り上げる美男美女集団
△『“ものまねシンガー”荒牧陽子』20人超の声を操る奇跡の歌声としてブレーク
△『NEWS加藤成亮が小説家デビュー』ジャニーズ初!今後は作家活動も並行
△『猪苗代湖ズ』震災からの復興の象徴として紅白出場はたす
●『ライジング・スター(仮題)』クリケット版「巨人の星」がインドで放送
●『ハリポタ新テーマパーク』LAに建設、将来は日本進出も

などなど・・・。
 
 ┌─────────────────────────────────┐
                 ★過去ネタ閲覧→ こちらから
 └─────────────────────────────────┘

 ◆……………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌─────────────────────────────────┐
   ○【本拠誌
   └→『スマホ用手袋』『EVOLG』『SureTouch!』『着せ替えセンサジャケット』等
   ○【シネ番
   └→『「夜明けの街で」公式ツアー』『Hulu』『ムビチケ』『4D映画』等
   ○【マーケ
   └→『街コン』『フレネミー』『ハイタッチ会』『イケダン』等
  └─────────────────────────────────┘
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以上、<「トレキャ!ドラマ番付」’12冬ドラ期待度番付(01/17号)>掲載分
 

★無料メルマガの購読はこちら
 

| | トラックバック (0)

2011年秋ドラ終了後番付&総評

メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」より。

 ◆◆◆◆◆◆…………… 秋クール終了後番付&総評 ……………◆◆◆◆◆◆
  
    連ドラを最終回まで観ての「終了後番付」。
    今回は「秋ドラ」の終了後ランキングとスタッフの総評をお届け!
 
   
                  ■終了後番付■
                   (15点満点)     
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――
             前クールまでのバックナンバーはこちら
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    ※は、終了前で秋クールにまたぐ作品につき現時点での中間評価になります。
 
●1(1)位『カレ、夫、男友達』(火10NHK)…☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆14(11)↑
●2(2)位『家政婦のミタ』(水10NTV)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆13(10)↑
●3(4)位『妖怪人間ベム』(土9NTV)…………☆☆☆☆☆☆☆7(5)↑
●4(3)位『謎解きはディナーのあとで』(火9CX)☆☆☆☆☆☆6(6)→
●5(4)位『深夜食堂2』(火25TBS)……………☆☆☆☆☆5(5)→
●6(6)位『11人もいる!』(金11EX)……………☆☆☆☆4(3)↑
●7(4)位『蜜の味 ~略~』(木10CX)…………☆☆☆3(5)↓
●7(4)位『私が恋愛できない理由』(月9CX)……☆☆☆3(5)↓
●7(5)位『DOCTORS 最強の名医』(木9EX)……☆☆☆3(4)↓
●7(7)位『俺の空 刑事編』(日23EX)……………☆☆☆3(2)↑
●8(番外)『カーネーション』(月~金朝NHK)……☆☆2(4)↓※
●8(6)位『QP』(水25NTV)………………………☆☆2(3)↓
●8(7)位『専業主婦探偵~略』(金10TBS)……☆☆2(2)→
●8(7)位『相棒season10』(水9EX)……………☆☆2(2)※→
●8(7)位『ビターシュガー』(火11NHK)…………☆☆2(1)↑
●8(8)位『ランナウェイ~略~』(木9TBS)………☆☆2(1)↑
●9(8)位『南極大陸』(日9TBS)…………………☆☆▼1(1)→
●9(番外)『ラストマネー~愛の値段』(火10NHK)☆1(2)↓
●9(8)位『科捜研の女』(木8EX)…………………☆1(1)→※
●9(番外)『水戸黄門』(TBS月8)…………………☆1(0)↑

                             ↑IN!
---------------------<微妙ライン!?>---------------------------
                             ↓OUT!

●10(番外)『毒姫とわたし』(月~金昼1:30CX)…0(3)↓
●10(番外)『花嫁のれん』(月~金昼1:30CX)……0(0)→
●11(12)位『ここが噂のエル・パラシオ』(金24TX)▼-1(-3)↑
●12(11)位『怪盗ロワイヤル』(金24:20TBS)……▼▼▼-3(-2)↓
●12(13)位『秘密諜報員 エリカ』(木24NTV)……▼▼▼-3(-4)↑
●12(番外)『江~姫たちの戦国~』(日8NHK)……▼▼▼▼☆-3(-1)↓
●13(13)位『HUNTER~略』(火10CX)……………▼▼▼▼-4(-4)→
●13(13)位『僕とスターの99日』(日9CX)…………▼▼▼▼-4(-4)→
●14(13)位『私のホストちゃん~略~』(火25EX)…▼▼▼▼▼-5(-4)↓※

                   ◆

               <秋ドラ総評>
 
ゴ:2011年度年間ドラマ平均視聴率TOP10作品のうち、なんと7作品が
  この秋クール作品だったことからも、秋ドラの充実ぶりが、わかろうというもの。
  ちなみにその7作(関東地区ビデオリサーチ調べ、クールまたぎ作含む)とは、
  1位『家政婦のミタ』(24.8%)、4位『カーネーション』(12/7までで19.3%)、
  5位『南極大陸』(18.0%)、6位『江~略』(17.7%)、8位『相棒10』(16.2%)、
  9位『私が恋愛できない理由』(16.0%)、
  10位『謎解きはディナーのあとで』(15.9%)。
  年間1位の『家政婦のミタ』は、最終話でも40%超というオバケ数字をたたき
  出したが、そのミタを僅差で抑えて、当ドラ番の首位に輝いたのは『カレ、夫、
  男友達』。
  
A:今秋のドラマは各局まんべんなく見応えありましたね♪
  中でも『カレ、夫、男友達』『家政婦のミタ』『蜜の味~』、
  この3強にハマりました~。
  『家政婦のミタ』のあのお約束「承知しました」には毎回笑わせてもらったな。
  ミタの雇い主からのどんなムチャぶりにも応えちゃうところがツボ。
  その「承知しました」連発だった最終回の視聴率、フタを開けて見たら40%!?
  暮れの紅白じゃあるまいに(笑)主役の松嶋菜々子、久方ぶりの主役ドラマ
  大ヒットだったけれど、今後しばらくミタのイメージ付いて回りそう。かえって
  やりづらくなるんじゃないか?
  NHKの『カレ、~』も三姉妹三様の恋愛模様にかなり魅せられました。
  夫からの酷いDVの果てに心中未遂まで起こして、結局夫に未練を残したまま
  別れることになった長女のSTORYがイチバン印象的だった。あんなに酷いこと
  されたのにそれでも断ち切れない夫への気持ちって何?愛って本当に不思議。
  叔父&姪カップルの禁断の愛を描いた『蜜の味~』、
  あの2人、とうとう愛を貫きましたねえ。2人の仲を割こうとする叔父妻の菅野
  ちゃんと姪元カレの溝端君、最終回までイイ具合にブっ壊れてたのに、
  ラストでのあの失速ぶりにはオヤオヤ~!?
  変な予定調和にちょっとガッカリな最終回でした。

ま:秋ドラマは久しぶりに充実していましたね。
  高視聴率をたたき出し、社会現象にまでなった『家政婦のミタ』、
  毒舌台詞が話題になった『謎解きはディナーのあとで』。
  NHKの『カレ、夫、男友達』も、最後まで目が離せない展開で、面白かった!
  !『妖怪人間~』は、変身シーンを、毎回、ちょこっと変えるなど、演出にも工夫を
  凝らしていたし、アニメとは違う世界観を出していて、見応えありましたね。
  納得のラストに、泣いちゃいましたよ。

お:秋ドラは、録画を見るのが大変なサイクルで結構、満足でした!
  特に、『カレ、夫、男友達』には、やられましたねー。
  『ビターシュガー』も違和感を感じながらも見続けてしまい、
  大河ドラマで挫折した私も、昨年のNHKドラマは、
  借りを返していただいた感じです(笑)。
  ミタさんは、世間の評判をうけて、見出しまして、その時がミタさんの大告白
  の日だったので、最後三回と、特番で巻き返してしまいました!
  失速したのは『南極大陸』。母は絶賛してましたが。
  あと、まあまあだったのは、『蜜の味 ~略~』と『私が恋愛できない理由』かな。
  最初の期待度より平均的な終わり方でしたけど…。

ラ:秋ドラはブッチギリ視聴率の怪物ドラマが久々に出てびっくり~(笑)。
  まさか誰も40%行くとは思ってなかったんじゃないかなぁ…
  あっ『家政婦のミタ』だけどねって言わなくても分かるか(笑)。
  内容的には普通のドラマだったけど、そのよくある家族崩壊の話に対して
  ミタさんがどう反応するのか?ミタさんの謎って?
  ってとこだけで見続けてしまった(笑)。 だから、もったいないよね、
  ミタさんの過去は謎のままでもよかったんじゃないかと思ったよ~。
  ミタさんの過去ネタは横山秀夫の小説でも遺族に「一生笑わないで下さい」
  って言われて笑うのをやめた刑事がいてそれと同じだったからね~。
  おっと、『家政婦のミタ』の話題だけで終わってしまいそうじゃ~(笑)。
 
  その他のドラマでは大河ドラマ以外のNHKドラマは良かった~
  『カレ~』『ビター~』とかしっかりとしたドラマ作りしてたよね~。
  あとあまり話題にならなかったけど民放では『ランナウェイ~』は
  地味で突っ込みどころ満載ではあったけど、意外に面白かった…。
  『相棒』はもう別ものになってしまったし『深夜食堂』もちと残念な感じだっ
  たし、『南極大陸』に至っては途中で挫折してしまったしと…色々あるけど、
  結局『家政婦のミタ』の視聴率にビックリして他のドラマがぶっ飛んでしまっ
  た秋ドラって感じでしょうかね~(苦笑)。
 
--------------------------------------------
期待度番付&中盤番付はこちらでチェック!

| | トラックバック (0)

2012.01.07

『支援ビジネスも登場!各地で「街コン」普及』

※12月度ランキング<その他>3位
 
04年宇都宮で生まれた「宮コン」をきっかけに全国に拡大。
飲食店にとっては新規顧客の開拓や町おこしにもなり、
参加者は異性との出会いと飲食を同時に楽しめるのが魅力。
支援ビジネスも登場し今後さらに各地に普及しそう。

(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 
 ○『街コン』(過去版で紹介済み)
 ↑1000人の大規模合コンが各地で
 ↑市街地を会場に、巨大合コン
 ↑2012年ヒット予測
 ○『街コン支援ビジネス』
 ↑無料誌発行のぱどが、街コン支援サービスを開始

 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2011-10 7)『宮コン、濱コン…全国に広がる「街コン」』3★★(再)
 └→2010-08 9)『街を挙げての合コン「街コン」がブームに』2★★★※


| | トラックバック (0)

『お一人様ビジネスが拡大』

※12月度ランキング<ビジネス>1位
 
女性一人でも気兼ねなく楽しめるお一人様専用のパスタやラーメン、
焼肉など飲食店が増加中。
また、カラオケやトラベルツアーなどエンタメサービスでも
 “ひとり専用”が続々登場し、好評。

(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 
 ○『お一人様ビジネスが拡大』(過去版で紹介済み)
 ↑カラオケ、ボウリング、レストランも…
 ○『おひとりさまの旅』
 ↑各社からひとり参加限定ツアー、いずれも好評
 ○『ひとりカラオケ専門店 ワンカラ神田駅前店』
 ↑全国初!1人専用のカラオケボックス
 ○『一人専用カラオケ』
 ↑陶酔して歌えるカラオケボックス
 ○『お一人様向けXマススイーツ』
 ↑コンビニ各社から手軽に食べられるスイーツ続々
 ○『焼肉萬野ホルモン舗三休橋店』
 ↑いろんな肉を1切れ単位で注文できる
 ○『NIKUAZABU』
 ↑一切れから注文できる焼肉店が話題
 ○『小ぶリッチ・フード』(過去版で関連情報紹介済み)
 ↑小ぶリッチでヒットを狙う
 ○『「小型調理機」人気』(過去版で紹介済み)
 ↑「個食」化の進行を背景に少人数向けの調理機器続々
 ○『プチ食洗&プチドラム』
 ↑少人数世帯ターゲットの食洗&洗濯乾燥機登場

 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2011-11 6)『ちょっとずついろいろ楽める“小ぶリッチ”』5★★★ (再)
 └→2011-05 5)『「お一人様」向け外食新サービス続々』5★★★※(再)
 └→2011-01 8)『食べ切り一人前サイズが人気』3★★★※(再)
 └→2010-04 3)『プチサイズでカワイイ“姫グルメ”に脚光!』11★★★ (再)
 └→2010-03 8)『小分け&食べ切り~「プチサイズ」ニーズ』2★★★※(再)
 └→2009-10 5)『「おひとり様」満喫ライフ』3★★★※(再)
 └→2009-07 9)『お一人様向けサービスに注目』5★★  (再)

| | トラックバック (0)

『2011年キーワードは“絆”』

※12月度ランキング<ニューウェーブ>3位
 
2011年の世相を表す漢字に選ばれた「絆」の文字に象徴されるように、
震災を機に、人との絆を大切にした人が増えたことで、
“絆”を確かめられるモノやコトへの消費が増加した1年だった。

(「トレンド・キャッチ!」無料版)
    
 ↓参照データも要チェック!
                 
◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
 
 ○『今年の漢字』
 ↑2011年の世相を表す漢字は「絆」に
 ○『キーワードは“絆”』(過去版で紹介済み)
 ↑家族の絆、家族の団らんにこだわった商品が多数
 ○『“つながる”喜びでヒット』
 ↑震災をきっかけに、つながりを感じられる商品に関心が
 ○『つながり旅行』
 ↑年末年始の旅行者は「つながり」目的が増加
 ○『今年の年末年始の過ごし方』
 ↑キーワードは“家族”と“癒し”
 ○『“絆”確かめられる玩具』
 ↑親子、友達、複数での遊びが主流に
 ↑電動プロペラキット「ダ・ヴィンチ」がネット上で話題に
 ↑米国ゲーム賞受賞ゲーム「ボグルフラッシュ」が日本上陸
 ○『“絆”の靴下』
 ↑家族ではける靴下登場
 ○『メガクリスマスケーキ』
 ↑“絆”消費狙い、直径24cm、12人前のメガサイズXマスケーキ
 
 ※バックナンバーの関連記事もチェック!
 └→2011-11 4)『2012年ヒット予測&消費キーワード』9★★★
 └→2011-11 5)『「絆」消費が経済けん引』7★★★※(再)
 └→2011-07 5)『“絆”求め、意外なものに注目が』5★★★※(再)
 └→2011-06 5)『震災で強まった“連帯感”消費』10★★★ (再)
 └→2011-06 2)『震災後の絆ニーズで“婚活”再活性』12★★★※(再)
 └→2011-05 6)『震災後急増!「絆&触れ合い」需要』4★★★※(再)
 └→2011-04 1)『震災後の意外なヒット商品』12★★★※(再)

 

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »