« 2012年「秋ドラ中盤~終盤番付」 | トップページ | 『「DIY→DIWO」 モノづくりの新潮流』 »

2012.11.30

「ノンバーバルパフォーマンス」の魅力(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     検証!!韓国から世界へ
     ノンバーバルパフォーマンスの魅力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       Text by MARS

前編はこちら

では、
その次に来るヒット作は?と探していて
質の高さと分かりやすさで太鼓判だったのが、JUMP

Main_am

海外公演実績は
2005年のイスラエル公演を皮切りに
世界各国で通算9000回を達成。

2006年にはソウルに初の専用劇場がオープン。
私は2007年の大阪公演で初めて観た。

こちらは、韓国の伝統武術テコンドーやテッキョンなどの
マーシャルアーツ(東洋武術)をモチーフにした、アクション満載の舞台。
  
Jump3m
 
Jump2m

やはり抱腹絶倒の笑いが満載で、
アクロバットのレベルの高さもさることながら、
息もつかせぬテンポのよさが、見どころだ。
やはり、何度でも観たくなる中毒性がある。

Jump12m
 
そして来る12月14日~24日、
開幕10周年の記念公演が、
東京・新大久保の東京グローブ座で行われる。
 
(※東京公演の詳細は下記スタッフABBYの取材レポをご参照あれ)
   
ちなみに、ソウルでは毎秋、
「ノンバーバルパフォーマンス・フェスティバル」
(韓国では、「コリア・イン・モーション」)があり、
これら以外のショーも、ショーケースを見せてくれるので、
昨年足を運んできた。
 
多くのショーが期間中、
通常の半額くらいで観ることができるという、
ショー好きにはうれしいフェスティバル。
今年は9月30日で終わってしまったが、
話題の常設劇場がかなり増えているので、要チェック。
http://www.koreainmotion.com/jpn/index.asp
 
今後、さらに増えていくであろうノンバーバルパフォーマンス。
キーワードは、少人数の出演者をダブルやトリプルキャストなど
何組か控えて、固定ファンをつくること、
専用劇場で低価格の入場料を設定してリピーターを増やすこと、
そして、何より、言葉がなくても誰もが楽しめるという
わかりやすく、かつ、質の高い演出。
これらが揃えば、
ノンバーバルパフォーマンスは定着するといえる。
   
                ◆
  
去る7月、韓国大使館で行われた
『JUMP』開幕10周年記念公演の
製作発表記者会見に出かけたスタッフABBYです。
   
『JUMP』は世界中で通算9000回公演、
350万人を笑いと興奮に巻き込んだ韓国発のアクション笑劇で、
本格的な東洋武術(マーシャル・アーツ)を基盤とした
アクション、ダンス、愉快なコメディを織り交ぜた
全く新しいパフォーマンスの舞台。
 
何が新しいってこのパフォーマンスは
今注目のノンバーバル(非言語劇)なんですね。
セリフを必要としていないから
年齢も国境も越えて誰もが楽しめる内容になっているわけ。
そこが全世界から支持されているわけです。

日本公演では 
2007年に東京、大阪、
2011年に福岡、
2012年に名古屋、
そして
2012年12月14日~24日、
日本では4回目にして
開幕10周年を記念した公演が
韓流の聖地・新大久保の東京グローブ座で上演されることに。
  
ほぉ~、
そこまで全世界の人々を魅了してきたパフォーマンスって
どんなもんなの!?
と気持ちが上がってきたところで、
女優の笛木優子さん(写真左)が登場。
 
P7100080
 
笛木さんって10年以上前に韓国ドラマでデビューした逆輸入女優さんよね。
笛木さんと共に『JUMP』のキャスト数人も登場。
苗木さんのお隣から
チョ・サンホンさん、ジョ・フンヨンさん、キム・セミさん、ジャン・グンさん。
 
パフォーマンスのさわりも魅せてくれました。

P7100070

鍛えぬかれた肉体美、東洋武術の躍動感!ふぅ~、溜息モンでしたよ。

この日のイケメン大賞はチョ・サンヒョンさんでしたが、
カラダも含めた総合的なワタシのお気に入りは
ジョ・フンヨン君(↓一番左)でキマリ♪

P7100083

なんでも、今回の10周年記念日本公演は
選りすぐりのメンバーを揃えているんだそう。
一つの役に数名のキャストがいて、様々な組み合わせで
地元公演やツアーをまわるというなかで
今回は日本人受けするようなルックス、スタイル、筋肉美等
を元に選ばれた9名が来日予定。
日本通や、日本好きな方も多くて、日本語が上手なキャストもいるって。
そういえばジョ・フンヨン君、日本語がお上手だった~。   
 
笛木さんとキャストの方の質疑応答では
1つの舞台を作り上げるためには半年の練習が必要などなど、
日頃の地道な鍛錬が素晴らしいパフォーマンスを支えているんだなあ
と感心しました。
  
今まで、韓流にまるで気持ちが持っていかれなかったワタシですが、
実際に生でパフォーマーさん達を見ると、やっぱりドキドキしちゃいました。
来月の日本公演にはぜひ行かせて頂きます♪
で、見てきました!

◆JUMP開幕10周年記念公演(12月14日~24日)
  チケット絶賛発売中

  尚、公式サポーターに、
  人気急上昇中の超大型K-POPグループ「Apeace」が就任!
  12/15、16、19に
  「Apeaceメンバーと行く『JUMP』スペシャル観劇会」
  も予定されてるみたいよ~♪
  募集は12/2(日)迄ですのでお早めに! 


|

« 2012年「秋ドラ中盤~終盤番付」 | トップページ | 『「DIY→DIWO」 モノづくりの新潮流』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/56214961

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノンバーバルパフォーマンス」の魅力(後編) :

« 2012年「秋ドラ中盤~終盤番付」 | トップページ | 『「DIY→DIWO」 モノづくりの新潮流』 »