« 新作シネレビュー『さよならドビュッシー』 | トップページ | 『隠れたベストセラー「県民手帳」に脚光』 »

2013.01.30

アクションドローイン『HERO』見てまいりました

スタッフABBYです。

行ってきました!
韓国発のアクションドローイング『HERO』

日本公演開幕直後の週末午前の回、
会場の「六本木ブルーシアター」は
小さなお子さん連れのファミリーがいっぱい。
 
え?!こんなにたくさんの子ども達も大人と一緒に楽しめる内容なの?
昨年末鑑賞した同じく韓国発の『JUMP』同様、
ノンバーバルなコメディ的なパフォーマンス、しかもドローイングって?!

開演後4人のキャストが揃って
茶目っ気たっぷりにそれぞれ書きなぐった意味不明の絵が
4枚合体してマイケル・ジャクソンになった瞬間、
鳥肌立ちました。
お~、コレがドローイングパフォーマンスなのね!

__
  
そう言えばこのパフォーマンス、
年末のTVのバラエティで見たかも。
だんだん記憶が甦ってきました♪

その後ステージでは、
ダンスしながら、
客席のゲストを巻きこんでコントしながら、
キャスト4人による幻想的なライブドローイングと
先端メディアアートが融合したパフォーマンスが次から次へと
テンポよく進んでいきました。

Img_9798
 
私の印象に残ったのは、
客席のお客様を巻きこんでの大笑いの趣向と、
パフォーマンスを見ながらチョイチョイ出てくる
客席の子ども達のつっこみ(笑)。
チビちゃん達サイコー!

キャストにチョイスされたゲスト、
よく見たらSOPHIAの松岡充さんでビックリ!
なんて場面もありました。

ソレに何と言ってもキャスト4人の素描力が凄かったんです。
竹林にトラや歴史上のヒーローといった大作を木炭で
あっという間に描いていくのを見てるとホントにゾっクゾクしました。

Img_9511
 
ダンスとコメディとアートが融合した今回のパフォーマンスは
オドロキとユーモアに満ちていて、
鑑賞後ホントいいもの魅せて頂いた!
そう感じました。

六本木ブルーシアターでの日本公演は2月24日まで。
ファミリーにも、そしてデートにもオススメですよん♪

           ◆

Gochy!です。

このお正月に「嵐」の松潤がMCしていた
日テレのSP番組
世界1のSHOWタイム~ギャラを決めるのはアナタ~
でも、このショーの中で一番人気とされる
「マーブリング」というパフォーマンスが
披露されていたので、「あ~、あれか!?」と
記憶されている方も多いのでは?

でも、あれはショーの見所のほんの一部!
他にも、ダンスとドローイングによる
息を呑むような超絶パフォーマンが
次々と展開されます!
 
私が特に印象に残っているのは
暗闇の中、光る塗料で
ロマンチックが風景画が描きあがっていく
ドローイングパフォーマンス。
 
ほかにもパフォーマーたちが
それぞれたくさんの歴史上のHEROたち
(それが誰なのかを描きあがる過程で
 気づく瞬間がこれまた楽しい!)を、
大判のキャンパスに、
ひとつの点から、1本の線から
クールなダンスとともに描き出し
気づいたら壮大な歴史絵巻が完成していて唖然!
  
恒例の“観客いじり”も健在で
子供から大人まで存分に楽しめるショーでしたので、
興味ある方は、ぜひ劇場へ!

アクションドローイング『HERO』

六本木ブルーシアターにて2月24日まで
絶賛公演中です。


--------------------------
(関連記事)
「JUMP」見てまいりました
「ノンバーバルパフォーマンス」の魅力(前編)
「ノンバーバルパフォーマンス」の魅力(後編)


|

« 新作シネレビュー『さよならドビュッシー』 | トップページ | 『隠れたベストセラー「県民手帳」に脚光』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16209/56657919

この記事へのトラックバック一覧です: アクションドローイン『HERO』見てまいりました:

« 新作シネレビュー『さよならドビュッシー』 | トップページ | 『隠れたベストセラー「県民手帳」に脚光』 »