« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.27

トレキャ!トレンド語学力テスト(Q221~230)

◆◆◆ シンドローム・キャッチ! ◆◆◆ 
 
本年もちょうど折り返し時期。
 
2013年上半期のトレンド用語から、
今年の前半を振り返るとともに
来たる下半期の“シンドローム”をつかむ
ヒントにしていただければ幸いです。

最初に2012年下半期までのおさらいを!
   
では、本日はまず「テスト編」のお届けです。 
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  トレキャ!トレンド語学力テスト
      (Q221~Q230)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・Q221『リアル脱出ゲーム』とは?
ヒント:企業コラボや連ドラ&映画化も。
───────────────────
・Q222『3Dプリンター』とは?
ヒント:簡単にモノづくり出来る時代に。
───────────────────
・Q223『シネ・コン/シネ婚』とは?
ヒント:映画館の新たなコラボ事業。
───────────────────
・Q224『ノマド』とは?
ヒント:どこでも仕事場。
───────────────────
・Q225『4DXシアター』とは?
ヒント:3Dの先行く日本初の映画館。
───────────────────
・Q226『ぷに子』とは?
ヒント:ふっくらぽっちゃり。
───────────────────
・Q227『スクールカースト』とは?
ヒント:学園映画やドラマで認知度UP。
───────────────────
・Q228『ユーグレナ/ミドリムシ』とは?
ヒント:食料にも航空燃料にも。
───────────────────
・Q229『痛系アイテム』とは?
ヒント:元祖は痛車。
───────────────────
・Q230『宮マイラー』とは?
ヒント:式年遷宮も追い風に。
───────────────────

上半期にトレキャ!でレポしたキーワード
のうち10本ほどPickupしてみましたが、
さて、みなさんはいくつ解答できましたか?

    ↓答え

続きを読む "トレキャ!トレンド語学力テスト(Q221~230)"

| | トラックバック (0)

2013.06.26

2013年「春ドラ終盤番付」

こんにちは!
トレキャ!編集部です。 
 
トレキャ編集部&読者ゲストの
ドラマ・マニア5人が、
お気に入り度☆3つまで(5人で15点満点)
つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
1クールごとシビアに連ドラをランキング!
  
前クールまでのバックナンバーはこちら


 <「2013年春ドラ終盤番付」ランキング一覧>
   (サブタイ略)  ※次クール継続

●1位『家族ゲーム』(水10CX)……………☆☆☆☆☆☆☆☆8
●1位『みんな!エスパーだよ!』(金深TX)☆☆☆☆☆☆☆☆8
●番外『あまちゃん』(月金朝NHK)…………☆☆☆☆☆☆☆☆8※
●2位『ガリレオ』(月9CX)…………………☆☆☆☆4
●3位『雲の階段』(水10NTV)………………☆☆☆☆▼3
●番外『八重の桜』(日8NHK)………………☆☆☆☆▼3※
●4位『35歳の高校生』(土9NTV)……………☆☆☆☆▼▼2
●4位『潜入探偵トカゲ』(木9TBS)……………☆☆2
●4位『お天気お姉さん』(金11EX)……………☆☆2
●4位『BAD BOYS J』(土深NTV)……………☆☆2
●5位『確証~警視庁捜査3課』(月8TBS)……☆1
●5位『遺留捜査』(水9EX)……………………☆1
●5位『幽かな彼女』(火10CX)…………………☆1
●5位『第二楽章』(火10NHK)…………………☆1
●5位『刑事110キロ』(木8EX)…………………☆1
●5位『めしばな刑事 タチバナ』(水深TX)……☆☆▼1
●5位『島の先生』(土9NHK)……………………☆1

   ↑IN!
─────<微妙ライン!?>─────
                    ↓OUT!

●6位『クロユリ団地~序章~』(火深TBS)……☆☆▼▼0
●6位『ムッシュ』(月深TBS)……………………☆▼0
●6位『空飛ぶ広報室』(日9TBS)………………☆▼0
●6位『猿飛三世』(木8NHK)……………………0
●6位『白衣のなみだ 第三部 使命』(月金昼CX)0
●7位『鴨、京都へ行く』(火9CX)………………▼-1
●7位『放課後グルーヴ』(月深TBS)……………▼-1
●7位『でたらめヒーロー』(木深TBS)…………▼-1
●7位『タンクトップファイター』(木深NTV)………▼-1
●7位『TAKE FIVE~略~』(金10TBS)…………▼-1
●7位『ヴァンバイア・ヘヴン』(金深TX)…………▼-1
●8位『ダブルス~二人の刑事~』(木9EX)……▼▼-2
●8位『間違われちゃった男』(土11CX)…………▼▼-2
●9位『ラスト・シンデレラ』(木10CX)……………▼▼▼▼▼☆☆-3

 
              ◇

       ~春ドラ終盤番付トーク~
 
   ゴ=Gochy! A=ABBY お=おっと ま=ままぷり 
      ラ=業界人の読者ゲスト「ラムさん」
  (プロットライター兼シナリオライターとして活躍中!)
 
 
                ◆

  
ゴ:今クールはちょっと特徴的なランキングになったかもね。
  まず1位にはまったくタイプの違う3作品の
  『家族ゲーム』『~エスパーだよ!』『あまちゃん』が、
  2位の『ガリレオ』にダブルスコアの差をつけて、同順で並んだこと。
  
  そして、なによりビックリしたのが
  視聴率右肩上がりで
  世間的に評判のよい『ラスト・シンデレラ』
  当番付ではワースト1となっちゃったこと。

  私個人としては、
  え?そこまでダメだった?あのドラマ?
  と思わないでもないが
  ダメ理由は以下スタッフらのダメ出しコメントでご確認いただくとして、
  クール全体の印象としては、
  いじめ問題を扱うドラマが多かったなと。
   
  毎週、あちこちで「いじめ」のシーンが展開され、
  どのイジメがどのドラマでのものなのか、
  頭の中で整理しないと、わけがわからなくなるほど。
  特に『35歳の~』『幽かな~』
  生徒の内訳区別もつかなくなっていた。

  それに比べると『家族ゲーム』の個性の際立ちはハンパなく、
  子供のいじめ問題のみならず、
  家族全員の問題を多層的に、しかも過激に描いていて、
  前評判の悪さをいい意味で裏切ってくれ、
  今クールもっとも印象深い作品になったのではないかと。
  『クイズショー』以来のダーク櫻井ブラック翔ぶりに
  個人的にも「いいねえ~」連発の嵐!だった。
  
ラ:『家族ゲーム』いいねぇ~
  私も、これ好きだす~!翔ちゃんこの役、ハマり役な気がする…ってか、
  この役は上手い!いい味だしてるよね~。
  あの満面の笑顔のラジオ体操からのブラック吉本の表情。たまりません!
  映画版のオリジナルキャストの宮川一朗太が出ていて懐かしかったぜよ!
  初回の冒頭、ずっと無言の吉本と夫妻のシーンから、ぐいっと引き込まれました。
  しかし、これ、本当に面白いから
  もっと評価されてもいいドラマだと思うんだけど。
 
ま:私も今期イチオシは『家族ゲーム』ですね。
  役者が役にぴったりはまっていて、実に面白い。
  櫻井君の内に秘めた性格のいやらしさとか、
  鈴木保奈美の壊れっぷりとか、神木君の優等生ぶりとか、
  このドラマに出ている人、全てが面白いですよね。

A:春ドラ、終盤まできてワタシ的ワン、ツーは
  『あまちゃん』と『みんな!エスパーだよ!』
  NHKの朝ドラにハマったのは何年ぶりだろ。
  朝からこんなに明るく笑えるドラマ、ココ何年もなかったでしょ。
  世のオジサン達がやたらじぇじぇ、じぇじぇ!連発するのはウザイけれど(笑)、
  ヒロインの能年玲奈ちゃん、屈託なくてホントにカワイイ♪
  他のキャストも豪華かつ巧い方達ばかりで、
  クドカンワールド毎朝堪能してます。
  震災前の北三陸の朗らかな日常が震災後どう変わるのか?
  今からドキドキ気になるね!

ラ:『あまちゃん』は面白い~。
  懐かしの映像も流れるし、小泉今日子の子供時代を演じてる子、
  当時の小泉今日子に似てるよね~。
  部屋の小泉今日子のポスターにも笑った。
  とにもかくにもアキが可愛い!
  じぇじぇ!は今年の流行語大賞にノミネートされるんだろうな(笑)
 
ま:ドラマの中で、キョンキョンが
  『潮騒のマーメイド』を歌う場面は、感動しましたよ~。
  歌詞はむっちゃ笑えるんだけど、さすがキョンキョン、
  しっとり歌いあげてくれて、
  あの場面は、YouTubeで何回も見てしまいました。
  東京編では、謎だった春子の東京時代の生活が暴かれるみたい。
  さらに、キョンキョンが今度は松田聖子ちゃんの曲を歌う場面が
  あるという噂も・・・
  ますます見逃せない展開に。楽しみですね~。
  
お:春ドラは、なんとなく夏に向けて弾けてほしい所なのですが、
  乗り遅れ続出。
  『あまちゃん』もそんな感じでみてみたものの、
  なんとなく、もう乗り遅れちゃってる感満載で…。
  
  同じく『ガリレオ』も、一度は見たけど、
  「あれ!?こんなもんだっけ?」と思い、
  そのままフェイドアウト。

ラ:期待してたのになんでこんなにガッカリ『ガリレオ』なんだろう?
  私的ににはキャストに文句はないわけよ。
  新規参加の吉高ちゃんも、ハライチの澤部もいい味出してる
  と思うのに……だよ。
  なんかね、今回湯川先生がさ、
  あまりにも積極的に事件推理に参加し過ぎてる事が
  私のガッカリポイントなんだよね~。
  物理学者の検証心に火が点くポイントが、
  以前ほどはっきりしてないんだよね~。
  事件内容が結局イマイチ天才を引っ張りだすほどの事でもない
  ってとこが致命的なんだろうな。
   
ゴ:やっぱり今回は脚本がね・・・。
  主演の福山本人すら“あんまりな脚本”ってラジオで言ってたもん(笑)
  生瀬さん対決で、湯川が自分じゃなくて栗林さんの生命を危険にさらして
  事件解決するくだりとか、ヒドすぎるって(笑)
  
  新ヒロインの吉高ちゃんも
  ガリレオ湯川センセとのからみよりも、
  先輩ハライチとのからみ(コント)のが断然面白いという…苦笑。

  改めて、湯川センセにとっての最良の相棒は
  栗林さん(いっけいさん)だと再確認しましたけどね。
  どんなヒドイ脚本の中でも、毎回安定した残念ぶりを発揮…(笑)
  あの栗林さんの残念な言動の数々には、まいど心和まされます~(笑)。
   
A:期待していた『ガリレオ』、
  好きなんだけどやっぱり吉高ちゃんより
  柴咲コウの方がヨカッタなあと。
  スピンオフドラマ『内海薫最後の事件』
  やっぱり柴咲コウいいわあ。惜しまれます。
     

ま:今期ドラマは、裸祭りって感じで、
  女性誌でも、イケメン俳優の裸ばかり取り上げられていますが、
  中でも『ラスト・シンデレラ』は、レディコミみたいな内容と、
  予想どおり進む展開に、げんなりしちゃいました。

お:『ラスト・シンデレラ』は、結構期待してて、見始めたのですが、
  寒くて見てられないと思い、録画をやめ、
  でも、結構ネットとかで盛り上がっている風だったので、
  もう一度トライしてみたけど、やっぱ、見てられない…。
  共感性がなさ過ぎるのかな。これ。
  ネット情報に一度は踊らされてみたものの、断念。
   
A:『ラスト・シンデレラ』は、どこかで見たような設定、
  なんかムズガユくなるような演出に、
  ほどなくカラダが全く受けつけなくなりました。

ラ:最初というか、初回見た時には
  おきまりのパターンだけど、好きかも~と思ってたんだけど、
  これがさ、2話目ですでに早送り状態。
  で、三話で完全に捨てたわ。
  やたら、視聴率やら話題にはなってるみたいだけど、
  どうにも無理でした。
  男優陣が地味だから、
  篠原涼子ひとりで背負いすぎてて無理してないかい?
  と声をかけたくなったよ。
  で、篠原涼子のキャラだが、一応、美容師だよね?
  見習い美容師でもないのに、髪型にもファッションにも
  かまわな過ぎじゃ~ないでしょうかね。
  フランス人のような、かまわく見えてさりげなくオシャレさんでもないし…。
  たいして、エッチでもないし~。
  見古した内容だし~。飽きた~。
   
ゴ:私は篠原涼子演じるヒロインが、彼女しか演じれんであろう
  イヤミなところがまったくない、なんともカワイイキャラだったので、
  そこは評価してました。
  でも、最終回直前になって、出会いがウソから始まったことを知ったとき、
  あそこまで動揺して、相手の話も聞く余地なし状態になってるあたりが
  これまでのキャラと整合性がとれず一気に興ざめ。
  でも、みんなほどは点低くはないよ、
  これよりつまらないドラマがほかにもっとあったから(笑)。
   
 
お:フェイドアウト作品が多い中で、
  見続けられたのは『雲の階段』
  のし上がっていく感じのドラマは好きですが…。
  終わりに向けて少し失速感があります。
  もっともっと、ドロドロして欲しいけど、
  ラストは非常にわかりにくかったです。
  
ラ:凄い島だよね、全員で無資格医つくりあげちゃうんだもん。
  でも、島に限らず、無医村に近いところは切実な問題だと思う。
  ただ、どうあがいてもラストは破滅しかなく、
  そこに向かっていく人間やら男女関係やらを
  見続けたくなるほどの惹きがなかったな~。
  最終回だけ、見ればいいかなって思って早々に捨てたズラ。
  
ゴ:これ、地味ではあったけど、
  登場人物の心理描写がけっこうエグくて
  小心者の私には心臓に悪い、手に汗握る展開の連続。
  そして、やっぱり最後に巨大爆弾投下するのは、
  女なんですよね>渡辺センセ。
  最終的にどんなオチが主人公に待っているのか…と思っていたら!
  あのラストは現実? それとも、主人公が天国で夢見てる妄想?(笑)
  現実だったら見事なハッピーエンドだけど。
   
 
お:『35歳の高校生』も途中挫折しそうになって持ちこたえました。
   これは、最後まで行けました!ところどころ、早送りでしたけど。
   最終回も、半分早送りしましたけど、最後は思わず、涙ぐみました。
   島の食堂で働くって~って、米倉涼子地味似合わねぇ~。って
   ツッコミどころはたくさんありすぎるんですけど(笑)
   青春ドラマ、結構好きなんで、ま、うっかり涙でしたけど。
 
ま:私も『35歳の高校生』けっこう好きです。生徒役の子がね、みんな今
  伸び盛りの子ばっかり起用されていて、青田買いの意味も兼ねて、見
  ていますよ。

ラ:マジで~(笑)
  『35歳~』は何度見てもビミョ~で、
  持ちこたえられず捨てちゃったよ~。
  だって、35歳の高校生が学校の問題を解決してくって、
  以前やってた『マイボス、マイヒーロー』の方が
  異物を放り込むパターンドラマとしては好きだな。
  しかも、以前、米倉涼子は弁護士だっけ、
  そんな形で学校の暗部に切り込むって役やってたし、
  この中の生徒達も案外すぐにいい子になっちゃうしで、
  面白そうなタイトルだけで、
  内容は普通の学園ドラマだな~って
  思ってしまいました。

 
ラ:『空飛ぶ広報室』は、期待してたんだけど、
  すでに録画もしなくなってしまった。
  もうね、最初のガッキーのキャラが「は?」って感じだったのよ~。
  報道から情報番組に飛ばされたディレクターだからといって、
  取材先の自衛隊のことをまったく調べずに行くなんてこと
  あり得ないでしょ~。
  報道にいたなら尚更、自衛隊ってだけで、
  超、色々下調べして行くと思うんだけど…とか、
  諸々、引っかかるところが多すぎて、
  見続けることができなくなってしまったよ~。
   
ゴ:私は、原作との比較でいうと、
  なかなか上手い脚色だな~と思って見てました。
  キャストでは柚木役の水野美紀と、片山役の要潤がハマりすぎで
  主演の2人がかすむほど。
  むしろ、主演の2人は別の俳優のがよかった気も…。
    
 
ラ:『潜入探偵トカゲ』
  これも、期待値大だっただけに、お粗末な内容に捨てました。
  キャストはよかったし、初回の始まりもよかったんだけど、
  潜入してからが、「オイ!オイ!」ってくらい、
  潜入してます感まるわかりで、なんていうの、
  潜入捜査ならではのスリルがま~~ったく無し!
  期待してただけに残念。
 
ゴ:もうこれにサスペンスとしてのクオリティを求めるのは
  途中で放棄し、あとはただひたすら、
  毎回美しく七変化する松田翔太のコスプレ堪能に徹しました。
  いやあ、ほんと造詣の美しいヒトだよね~(ホレボレ~)
  どんな格好してもサマになる~(ウットリ~)
  

ラ:『ダブルス~』は初回から爆破やらなんやら、
  番宣も大々的にやってた割に、蓋を開けたら、小じんまりした内容。
  ただ、マッチョなキャラかぶりのふたりの刑事が
  あじゃこじゃやってる普通の刑事ドラマになってるよね。
  なんか、もっさりして弾けないドラマだよな~。
  『あぶない刑事』的なことを期待してたんだけど、
  まっ たく、普通の刑事だったな。
  もうさ、坂口憲二はサーフィンで犯人追いかけるとかなんかやって欲しかった。
  無駄な筋肉刑事ふたりって感じで残念だよ。
 
ゴ:ほんとこれは主演キャストのムダ使いだったね。
  伊藤英明と坂口憲二の2人ならではアクションとか、
  丁々発止のせりふの掛け合いとか、
  もっと暑苦しくて(笑)濃ゆいのを期待してたけど、
  まあ~、中途ハンパに薄味だった…。
  お約束のシャワーシーンが一番の見せ場になっちゃってるのは
  刑事ドラマとしてどうなんだ、と。
   
  まだ『刑事110キロ』の石ちゃんのが、
  その肉体的個性が存分に生きたキャラになってて
  “納得感”がありました(笑)
  
    
ラ:『刑事110キロ』ね~(笑)
  普通に人情刑事物語だったね~。これといった感想もないが、
  テレ朝は、筋肉刑事と巨漢刑事祭りだったな。
  
  『TAKE FIVE』は、始まる前から、
  な~んだアメリカドラマの『レバレッジ』みたいだと思っていたら、
  『レバレッジ』に失礼でした。
  まったくもって似て非なるものでしたな。
  どうして、面白くなりそうなのに面白くならないんだろう?
  盗みのテクニックもイマイチだし。
  吾郎ちゃんは、相変わらずいい味出してるんだけどね~。
 
  
ゴ:今期のジャニーズ刑事枠のなかでは
  『お天気お姉さん』の“ゆとり”刑事役の大倉くんがよかったわ。
  あの天然ならでは“間”が…(笑)。
 
  このドラマ、作品としても、
  女版「ガリレオ」風で好きだったし
  サバンチックな武井咲の鉄仮面ぶりも
  これまでのどの演技よりハマってたし、
  脇の佐々木蔵之介や壇蜜の掛け合いも楽しかった。
  個人的には総体評価も高いドラマだったんだけど、
  なんかあまり評価されてないふう…?(笑)
  
ラ:『お天気お姉さん』は、
  「ん!?」『ビブリア古書堂』ですか?
  と思うような武井咲の見た目に苦笑。
  「予測不能なものは嫌いです」って言うけどさ
  お天気もある意味、予測不能な部分あると思うんだけど。
  推理自体は大して面白くなかったんだけど、
  壇蜜さんのお店での4人の会話が好きでしたわ。
  壇蜜さんサイコーです!
  壇蜜さんが出てなかったら、見てなかったかも(笑)
 
 
ラ:『幽かな彼女』は、面白かったんだけど途中から飽きた。
  前田のあっちゃんのあのキャラいい。
  それにしても、SMAPが出るドラマには
  必ずキスマイの誰かが出てるよね(笑)
  面白かったのに飽きたのは、
  学校の生徒が抱えてる問題がどのドラマも同じで、
  毎クールこの手の問題抱えた学校ものがあるから、
  そこんとこで飽きちゃったんだよね~。もったいないな~。

ゴ:香取君の演技は
  コスプレ以外の時はみんな一緒に見えるんで
  (特にセリフの調子がいつも一緒…苦笑)
  もうちょっと演技力つけてもらわないと
  どんなドラマやってもキツい。
  

A:テレ東金曜のドラマ24は、ドラマ好きなら要チェックな深夜枠。
  大好きだった『まほろ~』の後、どんなもんだろ?と見始めたら、
  とんでもないエロエロドラマじゃん(笑)。
  なんたって映画監督・園子温×染谷将太で若杉公徳のコミックをドラマ化。
  スゴイよね~。もちろん監督の嫁・神楽坂恵も御出演です。
  染谷くんがあんなに前を爆発させちゃって、もうどうしましょ(笑)。
  お風呂上り、ビール片手にヘラヘラ笑って毎週見てます。
  見てて、ゆる~く笑えるのが今一番ツボなワタシです。
   
ラ:性春!超サイコー!エロさ爆発!笑う笑う!
  エロでこんなに笑ってる私って(笑)
  なんか、もう、エロいことにしか超能力を発揮できないなんて、
  ステキ過ぎますわ!平和だ~!
  夏帆もここまでお下劣セクシーな役をやるなんて、あっぱれ!
  今までの清純派から、ずるムケちゃった感じで、好きになりました!
  ひたすら、もがいてあがく性春ドラマに拍手~!
  
ゴ:方言パワーってのも、あなどれないと思った。
  原作とは方言の地域は変えてるけど、
  これが標準語での芝居だったら全然おもむき違ったと思う。
  しっかし、楽しそうな現場だよな~(笑) 
  女優陣も、アイドルだろうが、もはやパンツ見せるくらいは、
  当たり前だもんな。 
     
  
ま:深夜といえば『ヴァンバイア・ヘヴン』
  主役の2人がすんごい可愛いいんですよ~。
  ちょっとコスプレドラマっぽいところも、気に入っています。

ラ:ヴァンパイアドラマは日本では受けないって言われてきたけど、
  やっぱり飽きてしまったんだよね~。
  個人的にはヴァンパイアもの好きなんだけど、
  これもイマイチ面白くなくて挫折。
  可愛いし、衣装もいいんだけど、なんだろ…
  2時間ものだったらよかったのかもなぁ。
 
ま:ホラー好きの私としては、
  『クロユリ団地~序章~』オススメです。
  回によって、ドラマの出来にバラつきがあるのですが、
  それでも恐怖の見せ方が、日本のホラーっぽくて、好きです。

A:『クロユリ団地~序章~』は、
  肝心の映画があまりに怖くも面白くもなかったので
  ドラマ見るまでもない感じ。

ラ:私は、映画見てないけど、このドラマ見て、
  見なくてもいいや~って思ってしまった。
  だって、これって、『呪怨』『仄暗い水の中』
  たして割ったような内容で、怖さも面白さもなく
  ただ、まどろっこしいだけ~。
  突っ込みどころ満載で笑えればまだいいけど、笑えもしない。
  一点だけ、ここに『幽かな~』の慎吾ちゃんが住んでたら
  と想像したら笑えたけどね(苦笑)
  とにかく、ガッカリホラーだよ。
 

ラ:『間違われちゃった男』もね~。
  仕方ないっちゃあ、仕方ないんだけど、
  連ドラで見るのは飽きるわ。
  これ、2時間ものなら、きっと面白いんだと思う。
  舞台で面白いのと、連ドラで面白いっていう
  脚本の表現方法が違うんだと思うんだよね。
  宅間さんのオリジナルは連ドラには向かないんじゃないかと思う。
  2時間だったらいいんだろうなぁ。
  『歌姫』の時にもそう思ったけどね。


  『ムッシュ!』は途中まではくだらなくて
  笑いながら面白いって思ってたんだけど、
  3話目くらいから、同じパターンで飽きてしまった(笑)
  会話のテンポと掛け合いが面白かったんだけどね~。
  それが、続かなかったね~。

  『BAD BOYS J』これ、意外とはまったわ~。
  もう、『クローズ』系はどうかな~って思ってたんだけど、
  これは、広島を舞台にしてるせいか、
  『仁義なき戦い』のBoys版なテイストで、結構楽しく見とります。
  ストーリーも結構、ちゃんとしてるから、未見の方は是非!(笑)
 
ラ:『めしばな刑事タチバナ』毎回、
  B級グルメを熱く論争しながら犯人を追いつめていく。
  立ち食いそばや牛丼やレトルトカレーやら、カップ焼きそばetc…。
  わたしゃハッキリ言って、犯人なんぞどうでもいい。
  食べ物のとこだけしっかり見ておりまた(笑)

ゴ:私は、これを見て、改めて
  『孤独のグルメ』の松重豊さんの食シーンは神!
  と思った(リスペクト!)。
  この『めしばな~』での食シーンが、
  私は生理的にダメだったので、
  生理的に不快感を与えずに、見るものがツバをのむほど
  美味しそうに食べる演技というものが、
  相当に難易度の高いものだと再認識。
    
  
ま:『八重の桜』は半年過ぎましたが、
  まだ、会津戦争までいっていませんね~。
  この遅々たる進み具合、いつ八重は鉄砲を持って戦うんだ~。
  イライラしちゃいますね~。
  と思っていたら、
  来週、いよいよ八重も戦いに参加します。
  予告編を見ただけで、鳥肌立ったちゃんですけど。
  綾瀬はるか、格好良すぎるぜ・・・。
  覚馬さんも早くカムバックして欲しい・・・。

ラ:『八重の桜』録画溜まりにたまってるんだけど、
  そうか……まだ会津戦争まで行ってないのかぁ。
  録画した分、消去してもいいかな。
  八重が日本のジャンヌダルクといわれてる、
  あの凛々しく鉄砲撃つ姿を見たくて録画し続けてるんだけど、
  まだなら、溜まった分は、消去でいいかな(苦笑)
  幕末は面白いはずなのに、なんだろね~。このもったり感は。
  じっくり感じゃなくて、もっり感だから飽きるんだろうな~。
  ある程度のテンポは大事なんじゃないかな~。
  誰が主役なんだか、わからなくなってないか~?
  録画したやつ、超早送りで見ても、
  次の週、まだそこ?ってな展開だもんな~。

A:確かに展開遅い。
  でも会津戦争終わったらコレ見所終了なんじゃね?
  そんな気もしてきました(笑)。

お:『八重の桜』は、断続的に視聴中。
  一度見ないと登場人物がわからなくなってしまうという、
  混迷の幕末ですが、NHKのWEBと共に年末までがんばります。
   
                 ◇ 

ゴ:ドラマの楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!
  今回の言いたい放題の春ドラ番付、いかがでしたか?
   
  これは、あくまで終盤時での感想です。
 
  では、次回のドラマ番付で、またお目にかかりましょう!
  See You!


--------------------------------------------
メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」購読はこちらでチェック!

| | トラックバック (0)

2013.06.05

『大阪がインテリア雑貨の聖地に!?』

◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
※5月度ランキング<その他>1位
 
北欧テイストの「タイガー」、遊び心溢れる「ASOKO」ほか、
「Realize」や「ZARA HOME」など続々!
今、雑貨好きの女性の間で、大阪が大注目。

続きを読む "『大阪がインテリア雑貨の聖地に!?』"

| | トラックバック (0)

『旅行店も登場!ドライブスルー店舗、続々』

◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
※5月度ランキング<ビジネス>4位
 
全国各地に増加するドライブスルー店舗。
なかでも群馬県は免許取得率全国1位、
自家用車普及台数3位の地とあり、
変り種ドライブスルーが目白押し。

続きを読む "『旅行店も登場!ドライブスルー店舗、続々』"

| | トラックバック (0)

『“世界の富士山”へ高まる期待』

◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
※5月度ランキング<ニューウェーブ>10位
 
6月の世界遺産委員会での最終決定を前に、
「富士山」の世界文化遺産への登録がほぼ確定となり、
国内外の旅行者増加など“世界の富士山”への期待大。

続きを読む "『“世界の富士山”へ高まる期待』"

| | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »