« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.11

何でもアり!?メルボルン・フリンジ・フェスティバルに行ってきた!(後編) by MARS

前編からの続き


“Circalicious”というショーは、昔のミート・マーケットを改装した
雰囲気ある煉瓦造りの会場で、正統なサーカスの演技を美しく見せる構成。
ここの会場では、
メルボルン在住23年の日本人女性のアーティストTomokoさんにも遭遇。
今回、出演はしていないけれど、たくさん教えていただく。

日本人としてフリンジに出演していたのは二人。
舞踏家のYumi Umiumareさん
落語家の笑福亭笑子さん

Yumiさんは、お化けをモチーフにした子ども向け参加型ショー”Kooky Spooks“
笑子さんは古典落語「皿屋敷」を創作し、自作の人形と腹話術などで見せる
大人向けのコメディショー“Absolutely Normal”

6

偶然にもお二人が幽霊ものでのコンセプトで
取材させていただいて、舞台も拝見した。


さらに、“Killjoy”というサーカス

7killjoy

これは、3人の女性出演者たちが美しいサーカス演技をし、
タトゥーの入ったボディのヌードも披露する、大人のサーカス。
サーカスによって自分への自信を取り戻す取り組みを行っている
NPOウィメンズ・サーカスのメンバーで、
ショーでは、女性を束縛するものから解放するというメッセージも込められていて、
自分の殻を壊して自由に大胆に表現することの意味を、全身で力強く見せていた。
もちろんそこには、笑いの要素もたっぷり。

そう、メルボルン・フリンジで観たショーの主な特徴は、
身体表現がねちっこくなく、完全にユーモアになってて、
エロティックというより、とにかくファニーでゲラゲラ笑わせる。
めっちゃ太った人のストリップだったり、ドラッグ・クイーンの過剰な演技だったり、
アニメ声女子の下ネタトークだったり、と、湿っぽさがなくて、底抜けに明るい。
おまけにみな、歌もダンスもうまい。

さすがロングラン・ミュージカルプリシラを生んだ国。
これは映画にもなって大ヒットしたので、観た人も多いはず。
3人のドラッグ・クイーンがオーストラリアを旅するロードムービーで、
それと同じ雰囲気を味わえるショーが、このフェスにはいっぱい!!


なかでも売り切れ続出だったのが、
”How to kill the Queen of Pop“

8howtokillthequeenofpop
©Jacob Laird

3人のドラッグ・クイーンと1人の女性歌手の4人が織りなす、
少女漫画チックなバトル。
英語での台詞だけど、誰でも大体の筋はわかるはず。
出演者とはショーの後に少し話したのだけど、

9howtokill2

さすがプロだなあと思わせる豊かな表情、動きのキレの良さが印象深かった。


メイン会場「アーツハウス」

10

こちらでは、毎晩遅くまでクラブで日替わりイベントがあり、
フリンジ出演者が登場して個性たっぷりの演技を披露。

クィアアイコンである、ジョージ・マイケルへのオマージュをささげるライブや
ドラッグ・クイーン風の女性の超過激なマシンガントークも全て手話の人が訳すという
ディスアビリティの人にしっかり配慮された内容。

11


笑子さんも語っていたが、
「メルボルンは、(アーティストを)育ててくれる町。
自分のネタを固めるには、格好の場所」という。


フリンジ・フェスのプログラム・マネジャーのザンテ・ビーズリーさん

12
 
「 このフェスは、独立系の個人アーティストにはとてもいい機会。
 会場も観客も、どんなアイデアも受け入れるし、NOって言わない。
 排除しないのが主義。
 新しいアイデアを喜ぶ体質。普通でない場所でやることも多い。
 過去には、トイレでやったショーもあるのよ。
 ちなみに、エディンバラ(英国)やアデレード(豪州)の
 フリンジ・フェスティバルが有名で大きいけれど、
 うちはローカル・アーティストが多いのが特徴かしら」という。


ちょうど同性婚を法的に認めるかどうかを決定する郵便での投票の真っ最中でもあり、
街のいたるところで、同性婚に賛成するレインボーカラーのYESポスターが掲げられ、

13yes

ショーでも多くの人が、レインボーカラーをモチーフにした演出が。


滞在最終日、
水曜の夜しかやっていないクイーン・ヴィクトリア・マーケットでのナイトマーケットは、
メルボルン中の観光客が集まっているかのような、ものすごいにぎわいぶり。
そこでもあちこちで大道芸やサーカスパフォーマンスが見られ、

14


お祭り大好きな街メルボルンのフリンジ・フェスティバルは、
自分らしく生きる自由、自分らしさを表現する自由を心から愛する市民によって
30年以上も支えられているんだなあと、思わずにいられなかった。

| | トラックバック (0)

2017.10.10

何でもアり!?メルボルン・フリンジ・フェスティバルに行ってきた!(前編) by MARS

オーストラリアの南端に位置する文化都市、メルボルン。

多民族が住んでいることから、食に関しても
欧米だけでなくアジアの様々な国のレストランがひしめく。

そのメルボルンで、毎年春(日本では9月、10月)に開催されている
メルボルン・フリンジ・フェスティバルに2週間行ってきたので、
その模様をレポート!

1983年から始まった歴史あるフェスティバルで、
今年は9月14日から10月1日まで、18日間にわたる開催。

そもそも「フリンジ(fringe)」とは、
「(肩掛け・すそなどの)房べり、房飾り、(婦人の額ぎわの)切り下げ前髪、
(動植物の)房毛、へり、外べり、外辺、周辺、ほんの初歩、二次的なもの」
という意味だけど、
「常識はずれな」という意味も持つらしく、つまりは、
メインストリームではないアートという、捉え方でいいのではと思う。

今回も、キャッチコピーは「Everything is Art」だ。

1


10月4日から22日まで、
メルボルン・フェスティバルというメインストリーム的な芸術祭典の存在があり、
その本流に乗らない、ある意味自由で挑戦的な、
あるいは前衛的・実験的な舞台が見られる。

ジャンルは、「キャバレー」「サーカス」「コメディ」「ダンス」「キッズ」「ライブ・アート」
「ミュージック」「パフォーマンス」「ソーシャル・イベント」
「ビジュアル・アート」「ワード・アンド・アイデア」で、ショーの数は400以上! 

会場となる劇場、バー、キャバレーも市内に130か所ほどある。
多くが30~70席くらいで、至近距離での演技が楽しめる。

チケットの料金は、無料からだいたい平均25ドルくらい(約2300円)。
ショーはだいたい1時間までなので、夜にハシゴして観ることも可能。
ショーの前後は、パフォーマーと話せたり、

2_2

一緒に飲めることもあったりと、
ライブ感満載のフレンドリーな祭典なのだ。

たとえば、老舗のサーカス・カンパニー「サーカスOZ」の経営する
サーカス劇場「メルバ・スピーゲル・テント」

3_2

は、二十角形の木製の歴史を感じさせる劇場。

その前には、なんと、本物のキース・ヘリングの壁画が!

4


そこで “No Frill’s Cabaret”という2時間のショーが行われた。

半径3mほどの舞台を客席がぐるりと囲み、
サーカス・パフォーマーが一人ずつ舞台で演技を披露する構成で、
たまたま最前列に座った私は、舞台に上げられるハメに!!

紙のウエディングドレスを着せられて、
ろうそくの火が付いたちっちゃなケーキを手渡され、
新郎役(?)のパフォーマーが逆立ちして、足に持った水鉄砲で
その火を消すという趣向なんだけど、私は水にうまく当てられなくて・・・。

いやはや、初舞台だったのに、もっと笑いを取りたかったな~。
ちなみに、演技が終わるとそのケーキをプレゼントされた。

小さな女が大きな女を持ち上げたり、おならでろうそくを吹き消したりと、
笑いのツボがちりばめられ、これだけ近いと迫力も満点。

このほかのサーカスショー“Best of the Board Walk” 
“Can’t Face Cabaret””Papillon”では、
サーカスの技のレベルが高いだけでなく、
わざとパンツが見えるタイトワンピでの演技だったり、
逆立ちで難技を披露しつつズボンを脱いでスッポンポンになったり

Photo

と、まさに大人のショーで、しかも、あっけらかんとした笑いを誘う演出。


つづく

| | トラックバック (0)

2017.10.01

■10月のトレンドアイテム

今日から10月がスタートです。

10月といえば
10月9日「体育の日」、
10月27日「読書の日」(読書週間スタート)
 
ということで、コレに注目デス!
     
───────────────────

     『読書しながらフィットネス!』

───────────────────

 これがあれば、
 読書と運動が同時に出来る!!^^;

◆フィットネスバイクがデスクと一体化!
 ・『エクササイズデスク BGD-780
   (ビーズBauhutte/オープン価格:参考税別7万9000円)
 ・『CITTA(チッタ)BT5.0
   (ジョンソンヘルクテックジャパン/税別14万6000円)
◆ルームランナーがデスクと一体化!
 ・『CITTA(チッタ)TT5.0
   (ジョンソンヘルクテックジャパン/税別14万6000円)

※もちろん、読書だけでなく、
 スマホ見ながら、お仕事をしながら、レッツ!エクササイズ!
 座り時間が多いデスクワーカーこそ、意識的な運動が大事デス!!

さらに、行楽の秋でもあるということで・・・
───────────────────

     『秋の行楽のお供に』

───────────────────

  秋のアウトドアをさらに楽しむ
  このニューアイテムに注目!

◆アウトドア向けの日本酒
 久保田 雪峰
   (スノーピーク+朝日酒造/500ml税別2760円)

◆人をダメにするクッションのアウトドアモデル
 ・『オソトクッション
   (エムール/7990円~)

  
※どちらも、屋内でもお楽しみいただけます!


(「トレンド・キャッチ!」無料版より抜粋)

| | トラックバック (0)

■10月公開の注目シネマリスト


彼女がその名を知らない鳥たち』は
クズ人間、ゲス野郎たちの狂乱演。
でも、凄まじいまでの純愛物語…(泣)

今月はジャニーズによる子弟純愛の競演もアルヨ!
   
       ◆

○『エルネスト』
http://www.ernesto.jp/

○『アウトレイジ 最終章』
http://outrage-movie.jp/

○『ナラタージュ』
http://narratage.com/

○『あゝ、荒野』
http://kouya-film.jp/

○『愛を綴る女』
http://aiotsuzuru.com/

○『アンダー・ハー・マウス』
http://underhermouth.jp/

○『月と雷』
http://tsukitokaminari.com/

○『アヤメくんののんびり肉食日誌』
http://www.ayamekun-movie.com/

○『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-g/

○『アナベル 死霊人形の誕生』
http://wwws.warnerbros.co.jp/annabelle-creation/

○『バリー・シール/アメリカをはめた男』
http://barry-seal.jp/

○『ミックス。』
http://mix-movie.jp/

○『斉木楠雄のΨ難』
http://saikikusuo-movie.jp/

○『ブレードランナー 2049』
http://www.bladerunner2049.jp/

○『先生!』
http://wwws.warnerbros.co.jp/sensei/

○『彼女がその名を知らない鳥たち』
http://kanotori.com/

○『ポリーナ、私を踊る』
http://polina-movie.jp/

○『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』
http://dc-taka.com/ 

| | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »