映画・テレビ

2017.09.01

■9月公開の注目シネマリスト

『そして父になる』の是枝裕和監督と福山雅治の
再タッグ作三度目の殺人
“弁護には必ずしも真実は必要ない”
 ということと
“三度目”
 の意味すること…
観終わった後に深い余韻の残る作品です。
   
       ◆

○『二度めの夏、二度と会えない君』
http://www.nido-natsu.com/

○『トリガール!』
http://torigirl-movie.com/

○『ギミー・デンジャー』
http://movie-gimmedanger.com/

○『ダンケルク』
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

○『三度目の殺人』
http://gaga.ne.jp/sandome/

○『散歩する侵略者』
http://sanpo-movie.jp/

○『あしたは最高のはじまり』
http://ashita-saikou.jp/

○『ナインイレヴン 運命を分けた日』
http://nineveleven.jp/

○『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』
http://amazing-journey.jp/

○『エイリアン:コヴェナント』
http://www.foxmovies-jp.com/alien/

○『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
http://tamioboy-kuruwasegirl.jp/

○『あさがくるまえに』
http://www.reallylikefilms.com/asakuru

○『50年後のボクたちは』
http://www.bitters.co.jp/50nengo/

○『あさひなぐ』
http://asahinagu-proj.com/

○『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
http://namiya-movie.jp/

○『プラネタリウム』
http://planetarium-movie.com/

○『ユリゴコロ』
http://yurigokoro-movie.jp/

○『パーフェクト・レボリューション』
http://perfect-revolution.jp/
 
○『亜人』
http://ajin-movie.com/
 

| | トラックバック (0)

2017.08.01

■8月公開の注目シネマリスト

『ワンダーウーマン』の太もも最強!(笑)

セクシーだけど、いやらしくない
まるでご神木のように神々しい太ももが
世界を救うアクション・エンターテイメント!

主演のガル・ガドットにすっかり虜!
しみたーっ!シビれた!泣けた!惚れた!
続編期待! 

       ◆

○『トランスフォーマー/最後の騎士王』
http://www.tf-movie.jp

○『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
http://warnerbros.co.jp/movie/jojo/

○『スパイダーマン:ホームカミング』
http://www.spiderman-movie.jp/

○『山村浩二 右目と左目でみる夢』
http://www.praxinoscope.jp/DRL.html
 
○『フェリシーと夢のトウシューズ』
http://www.ballerina-movie.jp/

○『LUCK-KEY/ラッキー』
http://klockworx.com/movie/m-405151/

○『ワンダーウーマン』
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

○『関ヶ原』
http://sekigahara-movie.com/

○『エル ELLE』
http://gaga.ne.jp/elle/
     

| | トラックバック (0)

2017.07.01

■7月公開の注目シネマリスト

『銀魂』にはクソワロタデス!笑

福田雄一×「勇者ヨシヒコ」ファンは
心から楽しめマス。

エリザベスの声優は非公開?となっていますので
声当ても、ついでに楽しんでください。

個人的には近藤勲役の中村勘九郎が
衝撃…笑撃…。ふり切れとる…。
しかも
脱いだら、あんなにも、凄い、なんて、
知らなかったヨ…^^;(ゴ)

       ◆

○『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html

○『忍びの国』
http://www.shinobinokuni.jp/

○『ディストピア パンドラの少女』
http://pandora-movie.jp/

○『メアリと魔女の花』
http://www.maryflower.jp/

○『銀魂』
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

○『パワーレンジャー』
http://www.power-rangers.jp/

○『彼女の人生は間違いじゃない』
http://gaga.ne.jp/kanojo/

○『世界は今日から君のもの』
http://sekakimi.com/

○『怪盗グルーのミニオン大脱走』
http://minions.jp/

○『ウィッチ』
http://www.interfilm.co.jp/thewitch/

○『君の膵臓をたべたい』
http://kimisui.jp/

○『東京喰種 トーキョーグール』
http://tokyoghoul.jp/

○『海辺の生と死』
http://www.umibenoseitoshi.net/

○『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
http://thefounder.jp/
 
    

| | トラックバック (0)

2017.06.01

■6月公開の注目シネマリスト


『22年目の告白―私が殺人犯です―』
ぜひ、原作となっている韓国映画の
『殺人の告白』と観比べてみて!
まったく違う切り口&ラストが用意されてます。
    
       ◆

○『ゴールド/金塊の行方』
http://www.gold-movie.jp/

○『海辺のリア』
http://www.umibenolear.com/

○『花戦さ』
http://www.hanaikusa.jp/

○『20センチュリー・ウーマン』
http://www.20cw.net/

○『武曲 MUKOKU』
http://mukoku.com/

○『セールスマン』
http://www.thesalesman.jp/

○『22年目の告白―私が殺人犯です―』
http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

○『キング・アーサー』
http://wwws.warnerbros.co.jp/king-arthur/

○『TAP -THE LAST SHOW-』
http://www.tap-movie.jp/

| | トラックバック (0)

2014.07.31

トレキャ!シネマ番付2014上半期総括(MARS編)

M:今年のアカデミー賞の話題を一気にさらったのが
  それでも夜は明ける

  ルピタ・ニョンゴのアカデミー賞助演女優賞のスピーチはよかった。
  映画の中での彼女は、もう本当に痛々しくって、
  リアルすぎて観ているのがつらかったほど。
  この作品は、映画化までにものすごく時間がかかっただけに、
  ブラッド・ピットはじめ
  関係者の思いもひとしおだった。

  痛々しいといえば、邦画2本。
  私の男と、『渇き。

  過剰な暴力描写や血の描写が、ちょっと引いてしまったけど、
  親子に流れる同じ血のDNAをうまく描いていた。
  呼び合う何か、みたいな。ギリシャ神話っぽいかな。
  
  そんな中、ものすごーいスターをずらっと揃えて
  軽妙なコメディにしてしまったのが、ラスト・ベガス

  ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、
  マイケル・ダグラス、ケビン・クラインというおやじたちが
  同窓会っぽくベガスに集まるというストーリーで
  いくつになっても男ってバカだけどかわいいねと思える傑作。
  ベガスの良さもよく出てたなあ。笑いました。
  
  拾い物だったのが、マダム・イン・ニューヨーク

  インドで大女優のシュリデヴィ、んまー、きれい!!!
  彼女に恋心を抱くローラン役のメーディ・ネブーと言う男優もかっこいい。
  『きっと、うまくいく』のように、インド映画は最近すごくいい感じです。

           ◆                   

  ・『それでも夜は明ける』
  http://yo-akeru.gaga.ne.jp/
  ・『私の男』
  http://watashi-no-otoko.com/
  ・『渇き。』
  http://kawaki.gaga.ne.jp/
  ・『ラスト・ベガス』
  http://lastvegas.jp/
  ・『マダム・イン・ニューヨーク』
  http://madame.ayapro.ne.jp/

| | トラックバック (0)

2014.04.06

トレキャ!シネマ番付オススメ新作レビュー

 スタッフオススメ!現在公開中orこれから公開予定シネマ
      ~トレキャ!シネマ番付より

    現在公開中&これから公開予定の作品から
           オススメ新作レビュー

       ゴ=Gochy! A=ABBY  M=MARS 

  ※随時追加更新予定
  ・アナと雪の女王(公開中)
  ・ダラス・バイヤーズクラブ(公開中)
  ・カンチョリ オカンがくれた明日(5/11公開)
 

続きを読む "トレキャ!シネマ番付オススメ新作レビュー"

| | トラックバック (0)

2014.03.15

2014年「冬ドラ終盤番付」

こんにちは!
トレキャ!編集部です。 
 
トレキャ編集部&読者ゲストの
ドラマ・マニア5人が、
お気に入り度☆3つまで(5人で15点満点)
つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
1クールごとシビアに連ドラをランキング!
  
前クールまでのバックナンバーはこちら


 <「2014年冬ドラ終盤番付」ランキング一覧>
   (サブタイ略)  ※クールまたぎ作品

続きを読む "2014年「冬ドラ終盤番付」"

| | トラックバック (0)

2014.02.05

『テレビ×ネット連動加速』

◆「トレンド・キャッチ!(トレキャ!DX版)より
※1月度ランキング<エンタメ>6位
 
ネット連動型TVコンテンツの増加、
民放5局による初の共同定額配信など
TV視聴のネット連動が進む中、
番組視聴率もテレビ以外のスマホやタブレット等での
視聴を考慮した指数導入の動き。

続きを読む "『テレビ×ネット連動加速』"

| | トラックバック (0)

2014.01.08

見比べシネマ(1)『赤々煉恋』VS『おー!まい!ごっど!神様からの贈り物』

同時期公開作品から
共通要素を持った作品をpickupする
見比べシネマ。

今回の見比べは

【いじめ】【自殺】【あの世とこの世(浮遊霊)】

という共通要素を持つ下記の2作品。

◆『赤々煉恋
 (12/21~角川シネマ新宿ほか全国順次)
◆『おー!まい!ごっど!神様からの贈り物
 ( 1/11~ヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー)
 

続きを読む "見比べシネマ(1)『赤々煉恋』VS『おー!まい!ごっど!神様からの贈り物』"

| | トラックバック (0)

2013.12.14

2013年「秋ドラ終盤番付」

こんにちは!
トレキャ!編集部です。 
 
トレキャ編集部&読者ゲストの
ドラマ・マニア5人が、
お気に入り度☆3つまで(5人で15点満点)
つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
1クールごとシビアに連ドラをランキング!
  
前クールまでのバックナンバーはこちら


 <「2013年秋ドラ終盤番付」ランキング一覧>
   (サブタイ略)  ※クールまたぎ作品

続きを読む "2013年「秋ドラ終盤番付」"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧